澪「……」

律「おいすー!…てあれ?どうしたんだ澪、青い顔して」

唯「やほー」

梓「どうしたんですか皆さん?」

紬「みんな揃ったから、改めて説明するね」

律唯梓「?」

ドン
律「うわ カビ臭い!」

梓「なんですか?この本」

紬「うん、昨日お父様の書室で見つけた本なの。本の題名は分からないけど、お父様がいうには『人はこの書物によって生かされ殺される』らしいの」

澪「と という本らしいんだ! はい 練習始めような」

律「まてまて…つまりどういう事だ?」

紬「うん 例えば…」

ペラ
紬「このページにはね『唯ちゃんがくしゃみする』て書いてあるの」

梓「?」

律「…で?」

唯「へっくちっ!!」

律梓「………」

紬「ね?」

律「まてまてまてまて…どこから突っ込もうか」

律「なんで「唯ちゃん」なんて単語が偶然開いたページに書いてあるんだよ?」

紬「それは知らないわ」

梓「…唯先輩が偶然くしゃみしたのは?」

紬「だから絶対なのよ」

唯「つまり…どういう事?」

澪「だから!偶然開いたページに書いてある事が絶対起こるって事だろ!」

梓「はあ…なんかスゴい本ですね」

唯「すごいね!お金持ちになる。て書いてあったらお金持ちになっちゃうんだ!」

律「どういう仕組みか分からないけど…確かにスゴい か」

紬「………」

澪「はあ…なんで良い事しか想像しないんだよ、お前たち…」

唯「ほえ?」

澪「…例えば…し…死ぬとか書いてあった死んじゃうんだぞ!?絶対に!」

シーン…

律「それは…やだな」

梓「開かなければ何も起きないんですよね?」

紬「ええ‥開かないければページに何が書いてあるか分からない…」

ペラ…

律澪紬梓『!!!』

唯「え?」

澪「おい!今の話聞いていなかったのか?この本は怖いって話してたよな!」

律「落ち着け 澪!」

梓「唯先輩…それで…ページには何て書いてあるんですか?」

唯「うん…えーっと…『平沢憂が100万円を得る』…だって…」

律「な ん だ と ?」

♪ー♪♪ーー♪ー♪
唯「あ 電話」

唯「もしもーし」

憂『あっ!お姉ちゃん?わたし!大変だよ!100万円当たっちゃった!!』

唯「えーっ!!!すごいよ 憂」

憂『うん、純ちゃんが付き合って て言うから試しに1枚削るクジ買ったら…』

唯「帰ったら札束でぶって♪」

憂『あ 支払いは1ヶ月後なんだって』

唯「そうなんだ」

唯「わかったよ。今部活中だから帰ったら詳しい話聞くね うい」

憂『わかった ごめんね お姉ちゃん 早く帰ってきてね じゃ』

pi
唯「…憂がクジで100万円当たったて…」

梓「!!」

律「…まじか」

澪「………」

律「よし!次!次のページ見てみようぜ」

澪「ダメだ」

紬「…そうね…たまたま良い事が書いてあったからいいような物だけど…大事にならない内にやめましょう」

梓「そんな…唯先輩だけずるいですよ」

唯「えへへ」

律「だいたい…そんなに危ない本なら、何でムギは持ってきたんだよ?」

紬「…お父様の書室でこの本を開いてしまったの…そこに書いてあったから…『この本を放課後みんなに見せる』て」

澪「……」

梓「……」

律「……」

ペラ

律「おいっ!!」

唯「え?」

澪「何してんだよ!」

梓「唯先輩…もしかして、わざとやってるんですか?」

唯「ち 違うよ!?次は何が書いてあるか気になって…」アセアセ

紬「それで…何て書いてあるの?」

唯「えっと…『>>』??」

梓「何だこれ?」

梓「記号?」

律「意味わからん!次はどうだ?」

澪「お おい!律」

ペラ
律「なになに…『中野梓が平沢唯に……///」

梓「な なんですか?私と唯先輩が何て書いてあるんですか?」

律「いやぁ…『中野梓が平沢唯に濃厚な接吻』だって」

唯「なんと!」

紬「あらあ♪」

澪「しかも…梓から唯に?ちょっと有り得ないけど…」

唯「だ だよねー。私は全然かまわないけど…えへへ、ねー あずにゃん?」

梓「…唯 先輩…」

唯「ほへ?ちょ…」

ンチュ
梓「は…あ…ゆい…せんぱ…い…ンチャ…チュ…ペロペロ…」

唯「んー!んん…んあ……チュプ………はぁ…ペロー…」

律澪「……」

紬●REC



梓「恐ろしい!恐ろしい本です」ホッコリ

唯「…そう…だ…ね…」

澪「もう疑いの余地はないな…この本は本物だ…そして危険過ぎる…」

唯「…そうだね」

律「………」

紬「………」

梓「………」

澪「…お前ら何で黙る…」

梓「…いや~…そんな危険な物でもないんじゃないかと…」

澪「梓もさっき 恐ろしい本だって言ってたろ…」

紬「…あのね 私も危なくないんじゃないかって思うの」スチャ

澪「なんでカメラ構えてんだよ」

律「いやいや…よく考えてみろ」

澪「…何がだよ」

律「ここまで起こった事は『ムギが本を持ってくる』『『唯がくしゃみする』『憂ちゃんが100万手にいれる』『梓が唯にキスする』だろ?」

澪「…だから?」

律「憂ちゃんの100万はスゴいけど、後は大した事ないじゃないか」

唯(律ちゃん…何気にひどい…)

律「…つまりこの本は絶対て言っても、その程度の範囲で死んだりはしないんじゃないか?上手く言えないけど…」

澪「なんだよその甘い考えは!次は悪い事が起こらないって保証もないだろ!」

ペラ…

澪「! 唯!また…」

唯「わ 私じゃないよ!?」

梓「………」ドキドキ

澪「あずさぁーっ!!」

梓「す すみません つい…」

律「それで!なんて書いてあるんだよ?」

梓「え えと…!!」


澪「梓!何だ?何が書いてあるんだ?」

梓「律先輩…」

律「わたし?わたしが何だ?」

梓「ご ごめんなさい…」

律「なんで謝る…あ あれ?」
ガバ シュ プチ プチ プチ

律「何で?手が勝手に服を…///」

紬「あらあらあらあら」●REC

唯「…あずにゃん…書いてあった事ってのは…」

梓「…はい…『田井中律が全裸になる』です」

律「中野おおぉぉーーっ!!」

律「うう……ぐす…」

梓「…れ 冷暖房完備で良かったですね…」

律「良くねえよっ!!…くそ 何でか服も着れないし…」

紬「多分『服を着る』て書いてないと服着れないんじゃないかしら?」

律「なんだと…じゃあ早くページめくってくれよ」

澪「で でも…何か不幸になるような事が書いてあったら…」

律「今の私は十分不幸だよ!梓!いいから次めくれ!」

梓「は はい!」ペラ

梓「………」

唯「…あずにゃん?」

澪「梓、何が書いてあるんだ?」

梓「………」

律「……おい」

梓「……何も書いていません」

紬「えっ!?」

梓「…何も書いてないから何も起こりません…これでおしまいです!」

梓「あ あ あ …」ヌギヌギ

澪「…梓もか…」

唯「なになに…『中野梓が下着姿になる』…なかなか趣がわかってるね!この本」

律「なんだよ趣て」

梓「い いやあああああー…」ヌギヌギ

紬「あらあらまあまあ」●REC

澪「…お おそらしい…」

梓「さ 寒いです…」グス

律「お前は下着つけてんだからマシだ!私なんか真っ裸だぞっ!?」

澪「ど どうしょう…」

紬「このまま二人を全裸&下着姿にしておくわけにはいかないわ。ページめくりましょう」

澪「だ 大丈夫かな?」

唯「このままに出来ないよ…めくるね」

ペラ…


唯「………///」

澪「…なんで顔赤くなってんだよ…また誰か脱ぐのか?」

唯「…ううん」フルフル

律「なんだよー 早く言えよ」

梓「あ また身体が勝手に…あ あ…」

唯「……///」ドキドキ

澪(ホッ…梓か…)

紬「唯ちゃん…何て書いてあるの?」

唯「うん…『中野梓が琴吹紬の胸を揉みしだく』て…」

紬梓『ええぇぇぇーっ!?』

梓「ム ムギ先輩!逃げてください!」

紬「それが…身体が動かないの~♪」

律(嬉しそうだな)

梓「あ ムギ先輩…ごめんなさい!」

ポヨン
紬「あ…///」

梓「あ 温かいです!ムギ先輩の胸温かいです!」ムギムギムニュムニュムギムニュュ

紬「ん!…あ……はぁ……そ…そんな…強く……は…あ あ あ…」

梓「ごめんなさいムギ先輩!でも違うんです!私の意思じゃないんです!///」ムギムギムニュムニュムギムニュニュ

紬「あん!あ…はぁ…き……気持ち…い……んん!」

律(梓も嬉しそうだな)

唯「た 大変だ!このままじゃムギちゃん悶死しちゃうよ!」

律「唯!早くページめくれ!」

澪「でも そんな都合良く『揉むの止める』なんて書いてあるか?」

律「とりあえず梓が別の行動になるば終わるんじゃないか?」

唯「な なるほど(…どゆこと?)…と とりあえず…えいっ!」

紬「あん!あ…梓ちゃん!…あ…うん…ぅん…あ…は はあ…」

梓「ムギ先輩ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!///」ムギムギムニュムニュムギムニュニュ

ピタ
紬「…あ…あら…?」ハアハア

律「とまった?」

梓「………」トコトコ チョコン

唯「『中野梓がギターの弦を張り替える』」

澪「急に地味になったな」

梓「………」パチン パチン

律「…ツインテールの女の子が下着姿の半裸でギターの弦を張り替えている図て…」
澪「ああ…シュールだな」

紬「つ 次はどんな快感…じゃない…何が書いてあるのかしら…?」


ペラ…

紬「えー…けいおん部5人が…(…'?…A…澪ちゃんこれ…ひっ!?」

('A`澪)「なんだ…てムギ!何だその顔?」
('A`紬)「え?顔?」

('A`唯)「あははははっ!り 律ちゃん!あははは」

('A`律)「唯だって!ブハハハハハwwww」

('A`梓)「………」プチ プチン

('A`律)「ひー…ど どうすんだよ!それこそ『元の顔に戻る』なんてご都合主義だぞ!あははは…」

('A`澪)「と とりあえず次のページを」

ペラ…

('A`紬)「あ『秋山澪が…」

('A`澪)「わ わたしか!?」ドキ

('A`紬)「『秋山澪が田井中律のパンツを頭に被る』」

('A`澪)「!!!」

('A`律)「んな事どうでもいい!パンツでも何でも被ってろ!」

('A`澪)ス…(あ…律のにおい…)

('A`唯)「澪ちゃん…顔赤いよ?」

('A`澪)「そ そうか?それよりムギ次のページめくってくれ」

('A`紬)「うん…はいっ」ペラ

('A`梓)「………」プチン プチ

('A`紬)「まあ!『けいおん部5人が…美少女になる』…ですって!」


澪「あ…戻った」

律「美少女って…別に戻っただけで変わらないな」

唯「つまり、みんな元々美少女だったって事だね!」

律「なにその自信」

澪「なんらかの意志がめんどくさかっただけの気がする」

梓「…ふう…終わった…次は唯先輩の弦をっと…」

律「とにかく服を着させてくれ!このままじゃ私も梓も帰れん」

紬「う うん…次は…」

ペラ…

紬「!!!………///」

澪「なんだ?」ドキドキ

紬「…あの……その…///」

律「…ムギ…とりあえず言ってくれ…」

紬「うん…『琴吹紬が平沢唯の……に…男性器の…はり型を…挿入……』て……///」

唯「え?私の何に…はり型?え?」

澪「男性器のはり型って…つ つまり…バイ…」

唯「え?え?え?」

梓「………ふう」キュ キュ パチン

律「ふう…どうやら絶対てのも終わりだな…」

梓「どうしてですか?」パチン パチン

律「どうしてって…この音楽室にバイブなんて無いだろ?」

紬「そうよね!…でもね律ちゃん…」

律「ん?どした?」

紬「身体が勝手に動くの」

唯「律ちゃん…私も動けないよ?」

律「なんで?音楽室にバイブなんて…」

澪「………」

律「…澪…まさか…」

澪「…ごめん…持ってる…今カバンの中にある…」

梓「澪先輩…」パチン パチ


2