…帰路にて

梓「澪先輩、手を繋いでいいですか?」

澪「ん?別にその位もう断らなくてもいいんだぞ」

梓「いえ澪先輩は私と付き合ってるのを隠したがってる様なので」

澪「そんな訳ないだろ!ただ梓には迷惑掛けたくないから……」

梓「関係ないです」ギュッ

澪「梓……」

梓「みんなにどう思われようが私は澪先輩が好き」

澪(かわいい手だな……私の指に必死に絡んで……)



…田井中家前

和「遅かったわね律」

律「また待ってたのか和」

和「……あまり驚かないのね」

律「そりゃ二度目だし……で、何?また飯食ってくのか?」

和「今日はいいわ」

律「そう?なら何でわざわざ……」

和「ふふっ律、この間の続き期待してた?」

律「し、してねえし!」

和「まあ用件を言うわ。明日うちに来なさい律」

律「ええ?」

和「これ地図だから」

律「土曜だし別に構わないけど……それだけなら電話とかでも」

和「それだけじゃないわ。もう一度直接会いたかったのよ」

律「……」カァー

和「じゃあもう帰るわね」

律「も、もう行っちゃうのかよ!」

和「そうだ忘れてた」チュッ

律「あっ……」

和「じゃあね~!」

律「お、お~!(何だよほっぺかよ……)」



…平沢家

唯「ただいまぁ~!」ガチャ

シーン

唯「あれっ?うい~……」

憂「……」スヤスヤ

唯「おっおお、ね、寝とる!(いたずらのチャンス!)」

憂「んん~?お姉ちゃん?」

唯「あっ、起きちゃった……」シュン

憂「何で残念そうなの?」

唯「今日りっちゃんファンクラブ入ったんだよ~」

憂「りっちゃんファンクラブ?」

唯「会員制でね、仲間内しか入れない秘密のクラブなの」

憂「怪しい怪しいよお姉ちゃん」

唯「和ちゃんと私とムギちゃんしかいないんだけど……憂も入らない?」

憂「良く分からないけど私はお姉ちゃんにどこまでもついて行くよ」

唯「うい~!」ヒシッ

憂「お姉ちゃ~ん!」ヒシッ



…雨の土曜日

和「良く来たわね律」

律「う、うん……」

和「緊張しないでいいわ。今日は私しかいないから」

律「よっ余計緊張するよそれ!」

和「何?エッチな事、想像した?」

律「あぐっ……ち、ちが」

和「間違っちゃいないけど」

律「正直に言うな!」



…和の部屋

律「あ、あのさぁ和……んぐっ」

和「……」チュッチュウッ

律「……ぷはっ……いきなりキスするなアホッ!」

和「何かしら?」

律「アルバム見たいなって言おうと思ったんだけど急に和が」

和「ああ、アルバムね……確かここら辺に……」

律「おい……何で無駄に身体をクネクネさせてるんだ?」

和「だって誘ってるんだもの」

律「ここまであからさまだと逆に萎えるわ」

和「そんな……」バサバサバサッ

律「おいおい写真落ちたぞ……ってこれは……」

和「あっしまった……ショックのあまりに」

律「わ、私の写真……?」

和「私の家宝だから触らないでよ」

律「目の前に実物がいるだろ実物が!」

和「……だって写真なら私を裏切らないし」

律「何だよそれ……私が信用出来ないの?」

和「律はまだ澪が忘れられないでしょ?」

律「今は和が好きだよ本当に」

和「白々しいわ」

律「ああもう……めんどくせぇな!」ガシッ

和「ちょっと律!何をするの!?」

律「こっちは和に散々お預け喰らって悶々としてたんだ!」

和「ら、乱暴にしないで!」

律「やだ」スルッ

和「ちょっといきなり下なんて……あっダメッ!」

律「和のあそこ……ちょっと濡れてる」

和「い、言わないでよ……バカ」カァー

律「そう、その照れた顔が見たかったんだ」

和「ひどい……こんな人だったなんて」

律「幻滅したか?」

和「ええ、これ以上は許さないわ」

律「知らないね!」ガバッ

和「ダメよ!まずはお風呂に入るの!」

律「風呂?唯がザリガニだらけにしたという?」

和「今そんな事を思い出させないで」

律「分かった風呂だな、ザリガニ風呂」

和「……まあ分かってくれたならそれでいいわ」

律「で、今は何匹いるの?」

和「一匹もいないわよ」

律「そうか……環境が悪かったんだな」

和「人とザリガニは共存出来ないの。残念ながらね」



…風呂場

和「ふふっ、こうして誰かとお風呂に入るなんて久し振り」

律「そっか。背中流してやるよ和」

和「あんまりゴシゴシしないでよね」

律「こうやって身体に泡をつけて……」

和「え?」

律「人間スポンジ~!なんつって!」クシュクシュ

和(り、律の胸が直接背中に!?)

律「ほれ気持ちいいか?気持ちいいんか和?」

和「律ったらこんな破廉恥な事して……」

律「へへへ何だか変な気分だぜ。和のおかげで吹っ切れたと言うか」

和「だったら背中よりもこの方がいいんじゃない?」クルッ

律「わっ……ちょちょっとタンマ!」

和「大丈夫メガネないし良く見えないし、それ程恥ずかしくはないわ」

律「……メガネないと、もっとかわいいんだな和って」

和「……」カァー

和「し、信じられないわねっ!ベタすぎ!」

律「ははっその照れた顔好きだなぁ~」

和「……だんだんあなたのペースになってきたわね」

律「そりゃそうだよ。りっちゃんをなめちゃいけないよ~」

和「じゃあリードしてもらおうかしら」

律「もっもちろんだ!覚悟しろよ!それっ!」コシュコシュ

和「はぁっはっ……いいよ律……」ソッ

律「和……和……」ハァハァ

和「くぅ……はうっ……も、もうっ……」ギュッ

律「あっああっ……和ぁっ私もうっ」ゴシュコシュコシュッ

和「もっもういいんじゃないかしら!」バッ

律「のっ……和ぁ……」

和「これ以上やったらのぼせちゃうから!ホントに!」

律「うぅ……分かった……」

和(唯を説き伏せてる感覚に似てるわこれ)

律「じゃあ早く上がって続きしよう?」

和「え、ええ……」



…和の部屋

律「和~!覚悟しろげへへへ~!」

和「律、盛りすぎよ」

律「もう外れちゃったのよん。安全装置みたいのがカチッと♪」

和「まあいいわ……好きにして」

律「和っ……」チュプッ

和「んぐっ……」チュクチュク

律「ぷはっ……和とのキス気持ち良すぎて変になりそうだ……」

和「ふふっ本番はこれからよ」

 その後、私達はお互いを貪る様に愛撫し、抱き合った。
女同士ではあったけれど、私達は確かに一つになっていた。
当初私もここまでするつもりはなかったが、
律の言う安全装置とやらが外れた結果だろう。

 いつの間にか、律は寝息を立てて眠ってしまっていた。
静か過ぎて、雨音がより強調されて聞こえていた。

和「ねぇ律……」

律「……」スヤスヤ

和「こんな関係がいつまで続くか分からないけど」

律「……」スヤスヤ

和「唯やさわ子先生も好きだったけど律やっぱりあなたが」

律「……」スヤスヤ

和「私が今まで出会った人の中で一番好きよ」

律「……くくっ……くせえ台詞……」

和「あっ……お、起きてたの……別にいいけど」カァー

律「私もさ……和のその照れた顔、大好きだよ」


おわり