梓「こんなにいいものをいままで知らなかったなんて」

唯「だれもちゃんと教えてくれないからね」

梓「唯先輩に出会えて良かったです……」

唯「おっと、感謝されるのは嬉しいけどそのセリフはまだ早いんじゃない?」

唯「こっからがセックスの真髄だよ」

梓「……」ドキドキ

唯「これ、触ってみて」

梓「あっ……さっきよりずっと大きくなってます……」

唯「あったかいでしょ」

梓「ちょっと熱いくらいですね……なんか脈打ってておもしろいです」

唯「いまからこれをねあずにゃんが今気持ちよくなったとこにいれるの」

梓「……え?」

唯「私もあずにゃんもいっぺんにきもちよくなれる魔法だよ」

梓「それをいれるときもちいいんですか? 不思議です」


唯「とってもきもちいよ」

梓「わかりました……いれてください」

唯「うん、頼まれなくてもいれる。どっちみち我慢できないし」

梓「我慢?」

唯「こんなかわいいの前にして、いれずに勝ち逃げなんてありえないってことかな」

梓「ふぇ?」

唯「いっきま~っす」

梓「え、まってほんとにはいるんですか!?」

唯「だいじょぶだいじょぶ。ゆっくりするから」

梓「……んっ」

唯「優しくねー」

梓「あっ……ちょ、ちょっとまってくださ……あっ!?」

唯「力ぬいてー」

梓「あぁ……うぅ……」

唯「あずにゃんのここは小さいなー、まだ全然入ってないよ」

梓「え? もう入ってるんじゃないんですか?」

唯「ぜーんぜん」

梓「え? え? でももう、きもちい、ああっああっ!!」

唯「痛くないようにちょっとだけお薬ぬったからね」

梓「あっ、んぅ……」

唯「あずにゃん、私の顔みて?」

梓「うっ、うぅ……唯先輩」

唯「顔真っ赤にしちゃってもーかわいいなー」

梓「なんかっ、あっ、はずかしっ、っていうか……ああぁ」

唯「まだ全然はいってないのにそんなにきもちよくなっちゃって、ずるいなぁ」

梓「あっ、ゆ、唯先輩はきもちいんですか?」

唯「まぁまぁね、入り口あたりちょんちょんしてるだけだし」

梓「あっ、あっ……あああっやっ、きもちっ、んぅ」

唯「そろそろいっかな」

ズプリ

梓「あああっ!!?」

唯「おっ、キツ……あっ!! ああっ!!?」

唯(な、なにこれなにこれなにこれ!!?)

唯(私が感じてる? 百戦錬磨の私が!?)

唯(嘘! 私はセックスの天才平沢唯だよ!?)

唯(遺伝子レベルで恵まれた才能をもってるんだよ!! なのに!!)

唯(この子のあそこは私の超がつくほどの名器すらを凌駕するっていうの!?)

唯(それじゃあまるで……神器だよォ!!)


梓「んぁああっ、はぁ、あああ、唯先ぱぁい!!」

唯「あっ、あずにゃ……あっ、きもちっ……」

梓「あつくておっきぃのがはいってます……ううぁう、あああ」

唯「あずにゃんのおま◯こきつきつだよぉ……あああっ、きもちいよおお」

梓「あああっ、きもちよくなってくだひゃい……あああぅ」

唯「あずにゃん! あずにゃあああん!!」


唯(才能、天才……これはそんな言葉ですましていいレベルじゃない……)

唯(憎らしいほどの気持ちよさ……)

唯(でもいまは考えないで……快楽に身をまかそう)

唯(こんな神器に出会えた奇跡を喜ぼう)

唯(神様……いや、マザーシステム様、あずにゃんをこの世に産んでくれてありがとう)


唯「あずにゃん!あずにゃん!ああああっ!!」

梓「にゃあああぅ! 唯先輩! わたひっ、またっ、おかしく、ああああっ」

唯「いっぱいきもちよくなって! きもちよくなっていいよ!!」

梓「やああああっ!!?」

唯「イッて! いいよ!! 早く!!」

唯(このままじゃ私がもたないよっ!)

梓「にゃあああう、あああん、やぁ、はぁああ」

唯「ん、ん、んあああっ」

梓「にゃああああああああああああ!!!」


唯「あっ、あずにゃんきもちいよ! 最高だよ!!」

梓「にゃ、みゃ、ああっ、は……あぁ」

唯「いったね! 私ももうすぐいくからおま◯こ貸してね」

梓「ひゃ、あっああああぁん、だめぇあああ」

唯「あずにゃっ、あっ、私、イク、ああっ」

梓「にゃ、にゃ、にゃ、あ、ああ、あ」

唯「イクっ、あ! ああああああっ……!!!」ドプドプ

唯「あ、はぁ、はぁ……はぁー、やばい、ああっ」

梓「な、なんかでてます……」

唯「きもち、よすぎ……あずにゃん……さいこー」

梓「なんか出しました? あついのが……中に」

唯「せーしっていうんだよ」

梓「せーし?」

唯「PENISをつけてるときにイッたら、あ、絶頂って意味ね」

唯「出ちゃうんだよ。それが敗北のサイン」

梓「ってことは私は唯先輩に勝ったんですか?」

唯「ううん、先にイッたからあずにゃんの負けー」

梓「そうなんですか、残念です」

唯「でもきもちよかったでしょ?」

梓「あ、はい……きもちよかったです。すごく」

唯「私もあずにゃんのおま◯こきもちよかったよー」

梓「おま◯こってなんですか?」

唯「って呼ぶんだよ。いま入れたとこ」

梓「お◯んこですか……変なの」

唯「あんまり人前で言っちゃだめだよ? セックスする人しかしらない単語だからね」

梓「わかりました」

唯「もっかいする?」

梓「え? セックスですか?」

唯「うん、次はあずにゃんがこれつけてみなよ」

梓「はい! つけてみたいです!」

唯「ほい、どうぞ」

梓「えっと、これでいいんですか?」

唯「じゃあ横のスイッチ入れて」

梓「んと、はい」

ウィーン
ドウィーン

梓「わぁ! おっきくなりました! みてください!」 

唯「す、すごぃ……」

梓「唯先輩のときよりおっきいですか?」

唯「あはは、やっぱこっちも神器なんだ……」

梓「え?」

唯「あずにゃんの小さい体にはずいぶん不釣合いだね」

梓「そうですか? 結構気に入りました。いまからこれを唯先輩のおま◯んこにいれていいんですよね?」

唯「うっ……」

梓「どうしました?」


唯「いやぁ、随分と凶悪だなぁと思って」

梓「?」

唯「私プロだけどいれられるのはあんまり得意じゃないんだよね」

梓「……へぇー」ムクムク

唯「まだ大きくなるの!?」

梓「私、早く入れたいです! どんな感じなのか知りたいです!」

唯「わ、わかったよぉ、唯先輩のおま◯こで試してみなさい」

梓「えへへ、もちろんこっちでする時もきもちいんですよね?」

唯「きもちいよー」

梓「私もこの白い変な汁でますか?」

唯「せーしだよ、イケばでるよー」

梓「ああそうでした。せーしだしてみたいです」

唯「うん、じゃあしよっか。今度は私が下ね」

梓「はい! では失礼して」

唯「んー、そうそう、そんな感じで覆いかぶさって」

梓「ここであってますか?」チョンチョン

唯「んっ、んっ、あ、うん……」

梓「おもしろいですね」

唯「もうー、はやくいれちゃおうよ」

梓「はい」

唯「ゆっくりね」

梓「ゆっくり、ゆっくり、あ!」ヌルッ

ズブブ

唯「ああああっ!!! んあああっ」

梓「ああああっ、んぅ、はいっちゃいましたぁ」

唯「んっ、ちょ、ああぅ、おっき……あああん」

梓「す、すご……これが……おま……◯こ」

唯「い、いいよその……まま、私がきもちよくなるように」

梓「は、はい……でもぉ、ああっん、んああ」

唯「ふああっ、んぅ、よゆーなさそうだね」

梓「だってぇ……んんっ、唯先輩のおま◯こきもち……あああ」

唯「あずにゃんのもおっきくて……かたくて……んぅ、あっ」

梓「も、もう限界です、わたし」

唯「えー、はやいよー」

梓「うううっ、ああっ、ごめ、なさ」

唯「あずにゃん、ちゅーしながらイッてごらん」

梓「ちゅー……?」

唯「私のここに、あずにゃんのくちびるを重ねるの」

梓「は、はい……んちゅ、ちゅむ、んっ」

唯「チュプ、チュ、んふ」

梓「んんぅ!! んあああっ!!」

唯「んぅ、ん、いいよ、中でビューしちゃって」

梓「にゃ、あ、あ……んにゃあああああっ!!」ビュクビュク

唯「んっ、ああ、あはは、えへ、いっぱい出てる……イッちゃったね」

梓「にゃふ、あふ……あぁ、ハァ……はぁ、きもひい」

唯「はじめてにしてはいい感じだったねー。やっぱ才能あるよあずにゃん」

梓「ハァ……はぁ、そうなんです……か?」

唯「あずにゃんのおち◯ちんとってもきもちいよ!」

梓「おち◯ちんって?」

唯「PENISのことをおち◯ちんって呼んだりするんだよ」

梓「そうですか……」

唯「ねぇ、これでセックスのことわかったでしょ?」

梓「はい。ありがとうございます。勉強になりました」

唯「で、どうだった?」

梓「どうって…………さいこーでした」

唯「きもちよかったでしょ」

梓「…………はい、死ぬかと思いましたよ」

唯「うんうん! これで今日からあずにゃんもセックスファイターだよ」

梓「セックスファイター……嬉しいです」

唯「どんどんセックスして上手になっていこうね?」

梓「はい! 私これから頑張ってセックスしていつか唯先輩に勝ってみせます」

唯「お、それってプロに対して言ってるのかな?」

梓「あ……す、すいません」

唯「ふむ……あ、そうだ。今度アマチュアセックスの大会があるんだけどでてみない?」

梓「大会? そんなのあるんですか?」

唯「プロ以外のセックスファイターが参加できる大会だよ」

梓「私なんかで大丈夫ですか? 超ビギナーなんですけど」

唯「うん! 参加に制限はないから」

梓「大会か……でも、ウチの学校セックス部潰れたんで、どこで練習したらいいか」

唯「ここへおいでよ! 私がいるときは優先的に相手してあげる」

梓「ほんとですか!? あ、でもプロ相手だとお金とか……」

唯「いいよお金なんて、憂の友達だし。それに私にとっても良い経験になるし」

梓「いい経験?」

唯「んー、あずにゃんのおま◯こはレアだからね。プロの世界でもここまでの名器を持ってる人はそうはいないよ」

梓「なら、お言葉に甘えて……」


唯「おっと、私この後指導セックスの予約はいってるからまたね」

梓「あ、はい。今日は本当にありがとうございました」

唯「ファイトがある日はいなかったりするけど、私の予定なら憂に聞いてくれてもいいよ」

梓「わかりました」

唯「大会のエントリーについては憂に言ったらやってくれるから」

梓「はい」

唯「じゃあね、チュ」

梓「んぅ……さよならです」



憂「お、おつかれ~。初セックスどうだった?」

梓「う、うん。さいこーだったよ」

憂「でしょ~? 嬉しいな梓ちゃんもセックス仲間だなんて」

梓「憂はいつからやってるの?」

憂「お姉ちゃんのちょっと後だよ」

梓「このお店は?」


憂「あぁ、このサロンはお姉ちゃんがプロ入りしたと同時に開店したの」

梓「プロセックスファイターもうかるんだ……こんな綺麗なお店……」

憂「勝ち続ければね」

梓「ってことは唯先輩って強いの?」

憂「うん、10年に一度の逸材っていわれてるよ」

梓「へぇー……」

憂「それにね聞いて聞いて! 去年度の新人王、新風杯、若葉杯、若手三冠なんだよ!」

憂「あ、前戯王トーナメント杯は準決勝で負けちゃったけどね」

梓「うわぁ、よくわからないけどすごいんだ!」

憂「セックス界について学びたかったらその辺の雑誌とか持って帰っていいよ」

梓「うん、ありがと。あ、それと今度アマチュアの大会があるって聞いたんだけど」

憂「あー、あるよ。来月のやつでしょ? でもね、あれ申し込み期限過ぎちゃったんだ」

梓「あ……そうなんだ」

憂「ごめんね? キャンセル枠がでたらすぐに教えるから」

梓「ありがとう。それじゃあ私もう帰るね」


憂「また明日学校でね」

梓「うん、じゃあね。唯先輩によろしく」



梓「さて、帰って雑誌読もうかな」

梓「にしてもよかったな……セックスがあんなにいいものだなんて」

梓「えへへ、はやくまたセックスしたいー」

梓「唯先輩の言ったとおり、一度開いたこの欲求は抑えきれないよ」

梓「ああ……どうせなら唯先輩とセックスがしたい」

梓「気軽に大会出るって言ったけど、他の人とすることを考えたら……なんかヤかも」

梓「おっかしいなー、なんなんだろうこの気持ち」

梓「私ってほんとにセックスに向いてるのかなー……」

梓「あ……ッ、また……頭イタ……い」

梓「あ……イタタ、なんだろ……少し風が冷たくなってきたな。早く帰ろう」



セックスファイター梓~覚醒辺~ 【完】



3