律「……てな事を梓に言われたんだけど」

和「それって梓ちゃんが律に宣戦布告したって事じゃない?」

律「えっ?まさか梓まで澪が好きってか?」

和「多分ね……まあ同性でもかなり魅力的だからね澪は」

律「マジかよ……あっまさか和まで澪好きって言うんじゃないだろうな?」

和「まさか。好きだけど恋愛感情まではないわよ」

律「だ、だよなぁ~!はっははは!」

和「どっちかって言うと律の方が好みだし」

律「は?」

和「ねぇ律……私と付き合ってみない?」

律「待て早まるな!いい友達でいよう!なっ!?」

和「そんなんじゃこの火照った身体は満足しないの」

律「こっこれ以上近づくな和っ!バリアーバリアー!」

和「そんなデコの反射では私を抑える事は出来ない」

律「やかましい!」ベシッ

和「あっ夫婦漫才っぽい」

律「だからなんだ」

和「相性いいわ私達」

律「強引なやつだな!」

和「冬だと言うのに私の体温はグングン上昇してるわ」

律「キャラ変わってるぞ。真面目なやつだと思っていたのに」

和「バカね。真面目なタイプ程、実はむっつりだって知らないの?」

律「とにかく遠慮する!じゃあな和!」

和「待ちなさい!逮捕する!」

律「冗談じゃねぇや!あばよとっつあん!」


……

紬「うふふふ……何かとんでもない事になってるじゃない」●REC

さわ子「どうしてこうなっちゃったのかしらね」


……

唯「澪ちゃ~んほら見て!雪だるま作ったんだ!」

澪「すごいモアイっぽいな……」

梓「澪先輩冷えたんじゃないですか?温かい缶コーヒーいかがです?」

澪「ありがとう梓」

唯「あずにゃん私のは?」

梓「ある訳無いじゃないですか」

唯「ぶぅ~……あっそうだ澪ちゃんの私にも分けて~♪」

澪「ん?いいぞ」

憂「ダメ!ゼッタイ!」

唯「な、なんでだよぅ憂~」

憂「人のものをねだるなんていやらしいでしょ!」

唯「だって澪ちゃんとその……」モジモジ

梓「そもそも私が買ってきたんですから分け合うなら私とですよ」

澪「お金なら払うよ梓」

梓「結構です。私の勝手な好意ですから澪先輩は気にしないで欲しいです」

澪「でも飲みたかったんなら返すぞ?口つけちゃったけど」

梓「じゃ、じゃあ一口だけ」

唯「ああっあずにゃんずるい!」

梓「ほぅ……お返しします澪先輩」

澪「あれ顔赤くないか梓?大丈夫か?」

梓「へへへっちゃらですっ!」

澪「そうか?どれ」ソッ

梓(みっ澪先輩の額と私の額が合わさってる!)プシュー

澪「う~ん平気そうだな……でもあんまり無理はするなよ?」

梓「ひゃ、ひゃいっ!」

唯「あ、あ、あずにゃにゃにゃん……」プルプル

唯「さっきから何してくれちゃってるのかな?」

梓「暴力反対です唯先輩」

唯「ただのスキンシップだよあずにゃん……」ギュウー

梓「きょ、今日は激しいですね」

憂「お姉ちゃん私には~?」


律「お~い澪~!」

澪「あっ律!どうした?」

律「競争しようぜ競争!前よりは私上手くなってるからさぁ!」

澪「いいぞ。どうせ勝つのは私だがな」

律「おっ言ったな~?その言葉後悔させてやるぜ!」

唯「わ~い澪ちゃんがんばれ~!」

梓「澪先輩、律先輩を涙目にしてやってください」

憂「でも律さんも相当上手かったよ」

和「これは見物ね」

唯「あっ和ちゃ~ん!」ヒシッ

和「唯~!」ヒシッ

憂(1……1……1……1……1……)


……

律「くっ……負けた……ボロクソに負けた」

澪「いや紙一重だったよ。途中までは律がリードしてたし」

律(ていうか抜かれてから追いすがる間もなく置き去りにされたし)

唯「澪ちゃんカッコいい……」

梓「はい……」

憂「お姉ちゃんかわいい……」

憂「はい……」

澪「でも律ホントに上手くなってたぞ。びっくりした」

律「余裕だな……これが胸の差なのか……」

和「律はそこがかわいいんじゃない」


紬「同意」●REC

さわ子「同意」



…ペンション

唯「ねえねえ澪ちゃん!私と付き合ってくれるか考えてくれた!?」

澪「あ……ああ~……」

梓「決まってます。答えはNOです」

唯「あずにゃんに聞いてないんだけど」

憂「NOだね」

唯「うい~……」

澪「あのさ唯、何ていうかごめん」

唯「ガーン」

梓「ざっ残念でしたねぇ~唯先輩」プクク

唯「笑い堪えてるのバレバレだよあずにゃん……」

憂「うっふふふっふふふっ!」

唯「うい~……」

律「まあしゃあねえよ唯。将来王子様と結婚するとか言うやつだから」

澪「小さい頃の話だろ!ってか良く憶えてるなそんな事」

唯「白馬?白馬に乗ればいいのかな?」

律「落ち着け唯、城も持ってなきゃいけないんだぞ」

さわ子「服なら用意出来るけど」

澪「お前らが落ち着け」

澪「大体律だってトラクターになるとか言ってたじゃないか」

律「あれっ?そこそこ近付いてね?」

澪「その言葉の意味する所が分からない」

律「いや人間の大きさ的に?」

澪「ますます分からない」

さわ子「分かるわ」

澪「ややこしくなるから合わせないでください」

唯「私もアイス屋さんになるためにアイスばっかり食べてるんだよ」

憂「お姉ちゃん健気」

梓「じゃあ私はタイヤキ屋さん」

和「みんな目標に向かって頑張っているのね」

紬「応援するわ」

律「お~何かそれ良いな。方向転換しようかな」

唯「りっちゃんパクリはダメだよ」


……

梓「澪先輩」

澪「ん、梓か?どうした?」

梓「唯先輩をどうして振ったんですか?」

澪「あ、いやその……」

梓「分かってます。王子様でしょ?」

澪「まあ……そうかな」

梓「律先輩ですね?」

澪「えっ」

梓「でもあいにく律先輩は澪先輩の想いには応えませんよ」

澪「何言い出すんだ梓……」

梓「冗談にして、はぐらかして終わりです。そういう人ですから」

澪「……」

梓「私は違います」ギュッ

澪「や、やめろ梓……」

梓「好きなんです。もう諦めない」

澪「すごいな……怖くないのか」

梓「怖いですよ……震えてるでしょ?」

澪「でも告白した……私はダメだ。決意してた筈なのに」

梓「澪先輩の事ずっと気付かない律先輩が悪いんです」

澪「……脈がないってのは分かってたさ」

梓「律先輩を一番良く分かってる人ですもんね」

澪「ああ……でも言わなきゃいけなかったのに……」

梓「いいじゃないですか!私なら澪先輩を受け入れられる!」

澪「ありがとう……梓」

梓「澪先輩……」


律「……」



……

和「どうしたの律?何か元気ないじゃない」

律「えっ?いやっそんな事ないよ!りっちゃん元気!」

唯「和ちゃ~ん!りっちゃんなんかより傷心の私を慰めてくだされ!」

憂「ばっちこ~い」

唯「うい~?」

憂「ばっちこ~い」

さわ子「ドゥフフフフ……」ガバッ

憂「せっ先生!?」

さわ子「私を誘っているのよね?ね?」

憂「ちっ違います!私はお姉ちゃんを……」

さわ子「憂ちゃんもやっぱりか~わいい」サワサワ

憂「やっやだっ!」

唯「さわちゃん!憂に変な事しちゃダメだよ!」

憂「お姉ちゃん!」

律「大変だ助太刀するぞ和!」

和「分かったわあなた!」

紬「ほほ~……いいですねぇ」●REC


……

律「……」

澪「律?どうしたこんな所で一人になって」

律「みっ澪……」

澪「明日でこの旅行も終わりか……寂しいもんだ」

律「澪はあんまり遊べなかったしな」

澪「いや最後に律とも競争出来たしさ、良かったよ」

律「……あのさ澪……あ、梓と付き合うのか?」

澪「えっ……聞いてたのか律?」