唯の心は「澪のかわいさ」という物質でいっぱいに満たされ、どうにかしないと、本当に死ぬんじゃないかというほど、はち切れそうになった。

キスをチュッ、チュッと繰り返す唯。

澪は積極的ではないが、唯のキスを受け止めているようだ。

唯は顔を上げて、澪を見下ろした。

澪は目を閉じてかすかに震えている。

(私、今、すごいドキドキしてる!)

唯にとってもこの先は冒険だった。

そもそも、自分がとっさにこんなことをするなんて思っても見なかった。

澪もっと抱きしめたい。

澪の可愛さを知り尽くしたい。

その衝動が抑えきれない。

(これっていけないこと?)

さすがに唯の頭をよぎる考え。

しかし、どうやら澪は唯を受け入れている。

(澪ちゃんも同じなんだよね?)

唯の根拠のない確信がその考えを追い払った。

そして、唯の確信はそのほとんどが正しい。

(ええい!このドキドキが正しい!)

澪は顔を横にして目をそらしている。

耳まで紅らんでいる澪。

その瞳には涙が浮かんでいたが、唯はその涙が悲しみの為ではないことを知っている。

澪が恥ずかしいときに流す涙。

律や唯がさんざん萌えてきた涙だった。

唯は澪のシャツのボタンを外し始めた。

一瞬、澪の手が唯の手を押さえる。

唯は、「めッ」と澪を睨んだ。

澪の手から力が抜ける。

澪のきれいな肌があらわになった。

澪は顔を横にして目をそらしている。

耳まで紅らんでいる澪。

その瞳には涙が浮かんでいたが、唯はその涙が悲しみの為ではないことを知っている。

澪が恥ずかしいときに流す涙。

律や唯がさんざん萌えてきた涙だった。

唯は澪のシャツのボタンを外し始めた。

一瞬、澪の手が唯の手を押さえる。

唯は、「めッ」と澪を睨んだ。

澪の手から力が抜ける。

澪のきれいな肌があらわになった。

澪に愛撫を加えるのに夢中な唯。

唯の愛撫によって澪は様々な仕草をし、声を出す。

唯は胸がキュンキュンしてたまらない。

唯「澪ちゃん、今の表情、可愛いなぁ・・・、もう一回見せて?ねぇ?」

唯 「澪ちゃんの声、可愛過ぎる!今の声、もう一回、聞きたいなぁ?」

澪はイヤイヤと首を振るが、唯はどうすればもう一度、澪の可愛い仕草が見られるのか、声が聞けるのか学習していく。

澪は恥ずかしいながらも、ちらっと唯の表情を見た。

唯は目をキラキラさせながら、熱心に澪に愛撫をしている。

心から、澪を求めているようだ。

誰にも見せたことがない澪の表情。

誰にも聞かせたことのない澪の声。

唯は極めて熱心に、そして真面目に、それを欲している。

(唯は私を自分のものにしたがってる)

努力して認められたかった。

なんとかして居場所を作りたかった。

でも、唯はありのままの自分を必要としているようだ。

澪の本当の姿、飾ることのない本当の自分。

それをこんなに熱心に唯は探り当て、自分のものにしようとしている!

澪は今、考える頭は持たなかったが心の奥でそれが分かった。

それを唯に与えるには・・・。

別に何もしなくてもいい。

ただ、澪が澪であればいいだけだ。

失ってしまうようなものではない。

澪が澪でいれば唯は満足するのだ。

澪は唯の望むままの自分を晒した。

唯の動きに豊かに反応する澪の心と体。

今、澪は、唯と対等になった。

どんなに努力してもコンプレックスを抱かされた天才肌の唯。

澪が澪であるだけで、それらは雪のように消えてしまうものだったのだ・・・。

澪はまだまだ頭では分からないだろう。

しかし、心の奥に、誰に言われずとも小さな自信が根付いた。

それは同時に、澪のなかの女の目覚めでもあった。

求められても、求められても与え続けることが出来るもの。

唯が澪に求めることによってそれは覚醒した。

澪はまったく素直だった。

何も考えず、心だけでいられる瞬間、忘我の時。

決して唯に翻弄されたわけではなかった。

唯と澪は求め合い、深くつながった。

唯は夢を見ていた。

大好きなアイスを好きなだけ食べている夢。

唯「もう、入いんないよ・・・、憂ぃ」

(ああ、こんな幸せでいいのだろうか。)

その時、脈絡もなく澪が現れた。

唯「あれ?澪ちゃん?」

澪「口のまわりにアイスついてるぞ!」

澪は唯の口の周りをハンカチで拭いてくれた。

唯「ありがとう、澪ちゃん」

澪「ほら、これも食べるか?」

澪はスーパーの袋いっぱいのアイスを差し出した。

唯「ええぇ~?」

唯は嬉しいやら、困ったやらで声を上げた。


その瞬間、唯の景色は暗転した。

唯「アイスはもう~・・・、ん?」

(あれ?アイスは・・・)

唯の目に入ってきたものは締め切ったカーテン、暗い部屋の壁。

しかも、それはどうやら自分の部屋ではない、見慣れないものだった。

きょろきょろ見回す唯。

澪と目が合う。

唯「・・・・・?」

(あれ?あっ!そうだ!)

唯「・・・・わっ!そうだ、澪ちゃんちに来てたんだっけ!」

澪「あ、あぅ、ゆゆゆ唯・・・、あのさっ、」

なぜだか、澪はあわてている。

(?・・・どうしたんだろ?澪ちゃん・・・。)

その時、つい先刻までの記憶が蘇った。

唯「くっ、くくく・・・」

唯は突然身体をまるめて、痙攣でもしているように身体を揺すり、くぐもった声を出し始めた。

(澪ちゃん、可愛かったし、暖かかったな~。)

澪「ゆ、唯?どうした?唯?大丈夫か?」

澪は唯の背中をさすった。

(澪ちゃん、優しいなぁ!)

唯「・・・たよ。」

澪「え?な、なんだって?」

唯「すっごい可愛いかったよ、澪ちゃん・・・!」

唯はばっと起き上がり、澪を押し倒した。

もう一度、澪の可愛いところが見たかった。

澪「ちょ、いやーっ!!」

澪は両手で顔を隠そうとしたが、唯はもう手慣れたものだ。

の両手首を掴んで、開かせる。

澪の顔をじっと見つめる。

視線をそらす澪。

唯「だめっ!澪ちゃん、こっち見て!」

(駄目だよぉ、澪ちゃん。もう、私、澪ちゃんのこと随分分かっちゃったんだから!)

強気な唯。

澪「・・・・」

澪は黙ってしまう。

唯「こっち見るの・・・。」

澪は逆らえずにそーっと唯の方を見る。

もう耳まで顔が紅らんでいる。

(う~ん、飽きないなぁ・・・。)

澪の目が唯を見つめる。

唯は先ほど、澪の可愛さを満足行くまで堪能したせいか、幾分余裕があった。

(なんだかすごく優しい気持ち・・・)

つーっと澪の瞳から一筋の涙が零れる。

(あれ?また、澪ちゃん、泣いてる・・・。強引すぎたのかな・・・)

唯は心配になった。

唯「なんで泣くの?嫌だった?」

澪はふるふると頭を横に振った。

(ほっ)

唯「そ、良かった。」

(なら、もっかいキスしとこ。)

唯は優しく自分の唇を澪のそれに重ねた。

その行為で、唯にとっての冒険と言おうか、イベントと言おうか・・・、それはは幕引きとなった。

気持ちが切り替わっていく。

興味が急速に移り変わる。

(私、運動して、寝て・・・。お、お腹が減ったなぁ・・・)

唯「澪ちゃん、私、お腹減っちゃった。なんか食べにいこ!」

唯はベッドから這い出て、ぱっぱと衣服を身につける。

澪「あ、ああ、そうだな・・・。」

澪ものろのろとベッドから這い出てきた。

そして、気付いたように言葉を足した。

澪「ま、まったく唯はどんなときでも食べることだけは忘れないな!」

さすがに唯も澪の精神構造が以前よりもよく分かるようになった。

(さっきまであんなだったのに、澪ちゃん、すましてる!)

唯「ムフフ」

そんな澪も可愛いと唯は思った。

澪「な、なんだよ・・・?」

むきになる澪。

唯「なんでもないよ。行こ?・・・ムフフ。」

唯も悪趣味だ。

さすがに三年間、律と一緒に澪をいじりたおしてきただけあって、澪の弱みを握るともう、いぢめたくて仕方がなくなってくる。

唯が「ムフフ」と笑うだけで、そのたびに真っ赤になり、涙目になる澪。

(お腹減った・・・。)

めまいのしそうな空腹を覚えつつ、「ムフフ」を繰り返す唯であった。

二人は歩いて近所のファミレスに向かった。

(お腹が空いた・・・。)

唯は早くファミレスに到着したかったのだが、どうも澪が後からとぼとぼと歩みが襲い。

唯は澪の手を握った。

早く、澪を連れてファミレスへ行くのだ。

澪は恥ずかしそうに俯いた。

(やっぱり澪ちゃんもお腹が減ってるんだな!)

唯は澪に笑いかけた。

「ふんす!」

一つ気合いを入れた唯は澪の手を引いて、道を急ぐ。

(ごはん、ごはん!)

唯もたまにりりしい顔をする。

可愛そうな澪は唯のりりしい横顔を見て、大誤解をしていたのだが、まぁ、当人がプラスに納得しているのならそれでいいだろう。




戻る
17 ※紬編