平沢家

唯「ん~……」ペラッ

憂「あれ、お姉ちゃん何読んでるの? また漫画?」

唯「違うよ~、今日あずにゃんに借りてきたんだよ。これこれ~」

憂「えっと……誰にでもできる催眠術? 梓ちゃんこういう本読むんだね~」

唯「面白そうだから借りてきちゃったんだよ」フンス

憂「催眠術かぁ~……」

憂「それってちゃんと効果あるのかな?」

唯「ん~、やってみる~?」

憂「お姉ちゃん出来るの?」

唯「誰にでもできる、だから大丈夫だよ! ええっと、じゃあソファーに座って座って」

憂「う、うん……」ポフッ

唯「それで……とりあえずリラックス。深呼吸深呼吸」

憂「スー、ハー、スー、ハー」

唯「うんうん。じゃあ目を瞑って……」

憂「……」パッ

唯「えっと……憂はお姉ちゃんの事が大好きになる!」

憂「……」ビクッ

憂「……」

唯「……ってあれ、何も変化ない?」

憂「も~、だってお姉ちゃんの事大好きなんだから変わるわけないよ~」

唯「そ、そっか~……うう~ん、じゃあ食後にアイスを持ってきてくれる……!」

憂「それもいつも通りでしょ、お姉ちゃん」クスクス

唯「んん~……おかしいなあ」ペラペラ

唯「えっと、合図を決めて……手を叩く音を……ふむふむ」

唯「よ~しわかったよ憂! じゃあもう一回!」

憂「はいはい」クスッ

唯「目を瞑って……そう」

憂「……」

唯「ずばり、憂はお姉ちゃんが大好き過ぎてとてもエッチな子になっちゃん」パンッ!

憂「……!」ビクッ

憂「……」

唯「今度は……どう?」

憂「……もう、変な催眠にしないでよ~」クスクス

唯「あれ~? 何にもない?」

憂「あるわけないよ~」

唯「む~、失敗かあ~……明日あずにゃんにこれ返そうっと」ペラペラ

憂「ふふっ、あ、私アイス持ってくるね~。お姉ちゃんはテレビでも見てて」

唯「は~い」


テレビ中

唯「あはははっ」パクパク

憂「……」ジーッ

唯「美味しい~」パクパク

憂「……」ジーッ

唯「ん、どうかした憂?」

憂「アイス……食べたい……」

唯「ふむふむ、じゃあ可愛い妹に一口あげようか。はい、あ~ん……」スッ

憂「……違う」

唯「へ?」

憂「そっちに付いたアイスじゃない……」

唯「? どういう意味でい……」

憂「お姉ちゃんのお口に入った……アイスがいい」ガバッ

唯「!」

憂「お姉ちゃん、お姉ちゃん……」ペロペロ

唯「ふぁ……ま、まっ……んんっ」クチュ

憂「アイス、美味しい……お姉ちゃんのアイス美味しい……」ペロペロ

唯「い、いきなり……なっ……」

憂「お姉ちゃん、お姉ちゃん……!」ペロペロ

唯(私……妹にチューとペロペロされちゃってる……)

憂「お姉ちゃんのお口美味しいよぉ、美味しい……」ペロペロ

唯(夢中で舐める……憂が……)

憂「お姉ちゃぁあん……」クチュクチュ

唯(可愛い……)

唯(で、でもちょっと待って憂……)グイッ

憂「はぁ、はぁ……!」チュー

唯(ち、ちょっと……ご、強引すぎるよ、ういぃ……)チラッ

【誰にでもできる催眠術】

唯「!」

唯(も、もしかしたら……手拍子で……)

憂「お姉ちゃん……次は私がアイスを食べさせてあげ……」

唯(えいっ)パンッ!

憂「……!」ビクッ

憂「……ってあれ、どうしたのお姉ちゃん。な、なんか近いんだけど……」アセアセ

唯(た、助かったのかな?)

憂「あ、お、お姉ちゃんと近いのが嫌とかじゃなくてね。いきなりでビックリしちゃって……」

憂「わっ! アイスひっくり返っちゃってるよ……もう仕方ないなあお姉ちゃんは」

唯「う、憂? もしかして覚えてな~い?」

憂「?」

唯「う、ううん。いいんだ……あ、片付け手伝うからさ」

憂「ありがとうお姉ちゃん~」フキフキ

唯「……」

唯(これは使えそう、ありがとうあずにゃん……!)

憂「……よかった、そんなにこぼれてないみたい。ササッと片付けだけしちゃ……」

唯「憂はお姉ちゃんのお耳とお口をペロペロするのが大好きになる!」パンッ

憂「……!」ビクッ

憂「ん、ん……」ペロペロ

唯「ひゃ、く、くすぐったいよ憂……」ピクピク

憂「らってぇ、お耳美味しいんだもん」ハムッ

唯「く、くわえたまま喋るなんて、憂はエッチだね~」ピクン

憂「ふふっ、お姉ちゃんのお耳とお口大好きぃ」ペロペロ

唯「んっ……む……」ペロペロ

憂「ん~、ちゅっちゅっ」

唯「アイスの片付けは?」クスッ

憂「知らな~い」ペロペロ

唯「……」

唯(これはすごい……)

唯「……」パンッ!

憂「……!」ビクッ

唯「憂?」

憂「お、お姉ちゃん……もう、くっつくのは後でね。今はアイスの片付けしないと!」アセアセ

唯「は~い……あ、憂。それ終わったらアイスもう一個持ってきて?」

憂「……今日はもう遅いから、アイスのおかわり禁止!」

唯「ええ~、そんなぁ~、まだあまり食べてないのに……」

憂「めっ」

唯「……」

唯「……アイスのおかわりを持ってきてくれる」パンッ

憂「!」ビクッ

憂「今持ってくるから。ちょっと待っててねお姉ちゃん」タタタッ

唯「えへへ、アイスアイス~」ペロペロ

憂「美味しい? お姉ちゃん」

唯「美味しいよ~、さっきはちょっとだけしか食べれなかったから……もう最高」ペロペロ

憂「ふふっ」

唯「はい、ごちそうさまでした」

憂「うん。じゃあ私アイスのおかわり持ってくるからね!」タタタッ

唯「えっ、あっ、あの~……」

唯「……」

唯「ああっ、そういう事か~」ポンッ

憂「お姉ちゃんアイス~」タタタッ

唯「えいっ」パンッ

憂「……!」ビクッ

唯「憂?」

憂「もう……アイスはダメって言ったでしょ。これは片付けておくからねっ!」

唯「……」

憂「お腹壊しちゃったら心配……お姉ちゃんのためなんだからねっ」タタタッ

唯(やっぱり一回一回解除しないとダメなのか~)

唯(んん~……じゃあ次は何の命令しよっかな~)

唯「……」

唯(さっきのチュー気持ちよかったな~……ずっとエッチな憂だったら……すごいチューしてくれるのかな)

唯「……」ムズムズ

唯(チューもいいけど、エッチな事して欲しい……)

憂「お姉ちゃん、もう寝る? 私は洗い物があるから先に寝ちゃっても……」

唯「あ、憂」

憂「?」

唯「今日やる事が全部終わって、憂が寝る時になったらさあ~……」

憂「なになに?」

唯「えっと、一晩中……私の……」

憂「んっ?」

唯「私の、おまんこ……犬みたいにずっとペロペロすることっ」パンッ

憂「……!」ビクン


唯の部屋、布団の中

唯(言っちゃった言っちゃった)ドキドキ

唯(ふふっ、憂ちゃんと来るかな~)

唯(……あ、でも抜け目のない憂の事だから)

憂「ごめんねお姉ちゃん、さっきのはずっと演技だったの。エッチすぎるのはダメだよ」めっ

唯「……なんてね」

唯(憂もたまにおちゃめな所あるからなぁ~……)

唯(そんなんだったらすごい恥ずかしい……)うとうと

唯(うん、恥ずかし……)うとうと

唯「……すー、すー……すー」

……。

ガチャッ

憂「……」

ペロペロ

唯(ん……)ピクッ

ペロペロ

唯(なんだろ、お股スースーして……)

ペロペロ

唯(気持ちいい……)ピクン

憂「はぁ、はぁ……」ペロペロ

唯「ん、んんっ……」

憂「おねえちゃん……」ペロペロ

唯「あ、あっ……う、うい?」

憂「……ワン」ペロペロ

唯「……ふふっ、可愛い子犬ちゃんみたい」

憂「ワン……」ペロッ

唯「もっと……舌動かしていいよ」

憂「……」ペロペロ

唯(気持ちいい……)

唯「憂……」

憂「ワン?」

唯「憂のエッチな姿……ムービーで撮ってもいい?」

憂「……」コクッ

唯「ふふっ、可愛いね憂は」

憂「くぅ~ん……」ペロペロ

唯「うん、可愛い可愛い……」ジーッ

唯(憂のエッチな姿をちゃんと携帯に残して……)

唯(これを……ふふっ)ジーッ

憂「……」ペロペロ

憂『ワン……ワン……』ペロペロ

唯『いいよ憂、そのまま舌を動かして……』ピクッ

憂『……』ペロペロ

唯『い、イキそ……あっ……』ビクビク

唯『はぁ、はぁ……あ、まっ……まだ敏感だから舐めちゃダ』

プツッ

梓「はぁはぁ……唯先輩と憂のエッチムービー……」クチュクチュ

梓「……ふふっ。唯先輩に催眠術をかけてよかったです。これから毎晩私の携帯にエッチムービーが……」クチュクチュ

梓「あっ、興奮してきたら私も……」ピクッ

梓「ふ、ふふっ……これから先輩達はどんなエッチをしていくんだろう……」

梓『憂とのエッチを記録して、毎晩私に送る事』

梓「この催眠術……いつ、解除してあげようかな」クスッ