唯「というわけで誰か私に催眠術を教えてプリーズ!」

澪「…さあ練習するぞー!」

梓「頑張りましょうね!」

唯「催眠術のかけかたを教えてセニョール!」

律「やかましい!」

唯「えー!?何でぇ!?」

梓「何でもへったくれもないです!何考えてるんですかまったく…」

唯「だってこれは夢でしょう!?思春期の男の子の夢だよね!?」

梓「あなた女の子でしょう」

唯「…はっ!確かにその通りだっ!」

律「…残念な子だ、残念な子だぁ」

紬「うふふふふ~♪」

梓「そもそも憂ならそんな面倒なことしなくても良いようになってくれるんじゃないですか?」

律「さらっと言うなよ梓…」

唯「それじゃ駄目なんだよ!そんなプロレスじゃ意味がないんだよ!」

澪「プロレスって…」

唯「わかりにくいなら大相撲でもいいよ!駄目なんだよ!」

律「要するに行為だけを求めるわけじゃ無いってことか」

唯「そうそれ!エッチしたいだけというなら強姦魔と変わりがないと思うんだよね」

梓「催眠術かけてやらしいことしたら強姦になると思いますけど」

唯「…はっ!確かにその通りだっ!」

律「…残念な子だ、ホント残念な子だぁ」

紬「うふふふふ~♪」

唯「と、とにかく細かいことはいいの!私は憂を催眠術で性奴隷にしたいの!だから教えてモナムール!」

梓「はあ…もう勝手にしてくださいよ。何にしたって私は催眠術なんかできませんし」

澪「私だって知らないぞ」

唯「ええっ!?りっちゃんは!?」

律「できるわけなかんべ」

唯「むぎちゃん!」

紬「ごめんね…人心操作術ならともかく催眠術は…」

唯「そんなあ…4人もいるんだから一人くらい…」

律「お前の中で催眠術はどういう位置づけなんだよ」

唯「どうしよう…これじゃ憂を性奴隷にできないよぉ~!うえええん!」

梓「諦めるといいですよ。じゃあ練習しましょう」

唯「うええええええん!そんな殺生な~!」

コンコン

和「失礼します。ちょっといいかしら?」

和「今、大丈夫?ちょっと確認したいことがあるんだけど。すぐ済むから」

唯「和ちゃん!和ちゃんだぁ~!」

和「…どうして唯は泣いているのかしら」

律「気にすんな、いつものことだ」

和「それもそうね」

唯「和ちゃん!和ちゃん!」

和「ごめんね唯、こっちの話が終わったら構ってあげるから」

唯「は~い!」

梓「飼い慣らしてる…さすが」


和「…うん、これでオーケーだわ。ごめんね、邪魔しちゃって」

律「なあに、気にすんなって!」

澪「お前が原因だろ!」

和「ふふっ、じゃあ、練習頑張ってね。失礼しました」

唯「ばいばーい!」

梓「…忘れてる忘れてる」


唯「はっ!そうだった!待って和ちゃん!お待ちになって!」

和「どうしたのよ唯、馬鹿みたいな顔して…」

唯「約束を!約束を果たしてくだされ!催眠術を教えてくだされ!」

澪「そんな約束してなかっただろ…」

和「催眠術?」

律「あー…唯のやつな、催眠術で憂ちゃんを性奴隷にしたいんだとさ」

和「それは…素敵な計画ね」

唯「和ちゃんならできるよね!?催眠術のかけ方、知ってるよね!?」

和「知ってるわよ」

梓「知ってるんですか!?」

律「あー、そこは知らないわよで通してほしかったなー」

唯「ああ!さすが私の守護天使!守護天使ノドエルよ!」

和「…それはやめてくれない?うち真言宗だから」

唯「さあ!私に催眠術をば教えてグロリアス!」

和「ううん…教えたほうがいいのかしら…?」

律「もうこの際だから教えてやってくれ」

澪「だな。このままじゃ練習にならないし」

紬「催眠術を教えるところ、見てみたいわ~♪」

和「わかったわ。ただし催眠術といっても生徒会式のものよ?それでいいわね?」

唯「もちろん!それに生徒会式催眠術のほうがよく効くよ!」

梓「どこから突っ込めばいいものやら」

和「それじゃあ…そうね、誰か催眠術にかかってほしいのだけど」

澪「へっ!?唯じゃ駄目なのか!?」

和「唯自身にかけたら唯はかけ方を学べないでしょう?」

梓「それもそうですね…」

律「よしわかった!梓、行け!」

梓「やです」

律「じゃあ澪!」

澪「断固拒否する」

律「むぎ…はかけるところを見たいんだよな…」

紬「ごめんね」

律「私ももちろん嫌だから…よし!唯、諦めて泣き寝入りしなさい!」

唯「ええ~っ!?ここまで来てそんなのないよぉ!誰かかかってよ~!」

コンコン

純「失礼しま~す。あの、梓いますか?」

唯「純ちゃ~ん!」がばっ

純「あわっ!?ちょ、ちょっと唯先輩!?」

唯「よく来てくれた!よく来てくれたねえ!」

純「えっ!?ちょ、ええっ!?何!?何なんですか!?あ、梓ぁ!!」

梓「タイミングいいやら悪いやら…」

唯「純ちゃん!私と憂のために一肌脱いでください!」

律「憂ちゃんのためではないだろ」

和「その子に生徒会式催眠術をかければいいのかしら?」

純「催眠術!?…なんかかっこいいですね」

梓「えぇー?」

和「それじゃあ唯、ちゃんと見てちゃんと覚えるのよ?」

唯「わかりました和ちゃん先生!」

澪「語呂悪いな」

唯「じゃあのどちゃん先生!」

和「じゃ、じゃあ始めるわね?いい?」

純「あ、はい。よろしくお願いします!」

梓「純、やめるなら今の内だよ」

唯「ううん、今更やめさせないよ」

純「梓、大丈夫だって。心配いらないよ」

和「じゃあ、大きく深呼吸をして…気持ちを落ち着かせて…」

純「すぅーっ、はぁー、すぅーっ、はぁー」

唯「おお、それっぽい!」

和「それっぽいというかそれなのよ」




2 ※作者別