律「よっ」ガチャ

梓「あ、律先輩。今日は早いですね?」

律「おう、なんてったって掃除当番サボってきたからな!」

梓「戻れ、今なら遅くない」

律「ひでぇ!私は必死に梓と二人きりになれる時間をだなぁ」

梓「不正は駄目です」

律「ちぇー」

梓「・・・」

律「何してんの?」

梓「むったんと戯れてます」

律「そっか」プニプニ

梓「なんですか?」

律「別に」

梓「ほっぺつんつんしないでください」

律「減るもんじゃないだろ」

梓「そうですけど・・・駄目です。恥ずかしいですし」

律「へいへい、わかったよ」

梓「わかればいいんでs」

律「と見せかけて、とう!」バッ

梓「いやああぁぁぁぁ!!」パシーン!!

律「!!?!?」

梓「触らないで」

律「」

梓「絶対に、触らないで」

律「そ、そんな言い方しなくてもいいだろ・・・」シュン

梓「ごめんなさい」

律「な、なんd」

梓「なんて言うと思いました?」

律「」

梓「私は謝りません。だって悪いことしてないし」

律「わ、わかったよ・・・もう触らないよ」

梓「はい、是非そうしてください」

律「・・・」

梓「・・・」

律「・・・隙あり!」プニッ

梓「もう、おっぱい触らないでくださいよ」

律「おぉ・・・!」

梓「どうしたんですか?」

律「梓の胸でも触ったらぷにってなるんだな」

梓「どういうことだコラ」

律「っていうか」

梓「?」

律「怒らないのか?触るなって」

梓「左手ならいいんです」

律「えっ」

梓「だから、左手だったらいいんです」

律「おっぱい触っても?」

梓「えぇ」

律「撫でても?」

梓「もちろん」

律「あそこは?」

梓「許可しましょう」

律「・・・右手だったら?」

梓「ブチ殺す」

律「なんで!?」

梓「・・・はぁ」

律「なんだよ」

梓「それ、見えないところにしまってください」

律「念のため確認するけど、それって右手のことか?」

梓「もちろん」

律「・・・」スッ

梓「うん、わかればいいんです」

律「なぁ、なんで右手h」

梓「こっちおいでー」

律「え?」

梓「・・・」ジー

律「あ、左手のこと?」

梓「えぇ。可愛い可愛い左手のことです」

律「か、可愛いとか・・・///」

梓「ほら、おいで」

律「よっと」スッ

梓「えへへ。マッサージしてあげるね」ニコニコ

律「お、おう」

梓「いつもドラムで頑張ってるもんね」モミモミ

律「あ、気持ちいい」

梓「がんばりやさんは好きだよ」モミモミ

律「なぁ、右手だって頑張ってるぞ?」サッ

梓「すりつぶすぞ」

律「・・・」サッ

梓「今一瞬変なのが見えたけど、気のせいですよね?」ニコッ

律「はい、右手なんて出してないです」

梓「うん、だよね」モミモミ

律「えぇ、もちろんですとも」

梓「・・・」ギュー

律「ん?」

梓「律先輩の手、あったかいです」

律「ばっ///離せよっ///」

梓「嫌ですよ。絶対いや」

律「じゃーん」スッ

梓「失せろよ右手」

律「」

梓「え、なんで出てくるの?空気読めないの?なんなの?」イライラ

律「あ、はい・・・」

梓「ひっこめよ」

律「・・・」スッ

梓「・・・えへへ」ジー

律「今度はどうした?」

梓「ん?いや、マメできてるなーっと思って」

律「おう、なんてったってドラマーだからな」

梓「ホント、左手は頑張りやさんだなぁ」

律「右手にもあるけd」

梓「右手の話はしないで」

律「・・・」

梓「いいこいいこ」ナデナデ

律「右手の努力も認めてあげてくれ」

梓「いや」

律「即答かよ」

梓「・・・左手、好き」エヘヘ

律「なんでこんな部分的に愛されてんの私」

梓「あ、左手だけじゃなくて、その・・・ちゃんと律先輩のことも好きですよ」

律「右手は?」

梓「嫌い。奈落に沈め」

律「」

梓「っていうか右手ってなんだっけ」

律「お前それはひどすぎるだろ」

梓「ふん」

律「なぁ、私の右手は、えっと、梓のこと好きだぞ?」

梓「・・・ちょっと右手出してください」

律「・・・!」パァァァ

梓「ほら、早く」

律「お、おう!」スッ

スパーン!!!

律「いてぇ!!」

梓「右手が私のことをどう思っていようが関係ありません。私は律先輩の右手が嫌いです」

律「私の右手かわいそう」

梓「そもそもなんですか、右手って」

律「お前にもあるだろ」

梓「とにかく、律先輩の右手は悪いヤツです」

律「そんなこと言うなよ。初めて手を繋いで帰ったときだって、右手だったじゃないか」

梓「左手ですよ」

律「あれ?そうだっけ?」

梓「さぁ?」

律「なんだよ!覚えてないんじゃん!」

梓「律先輩こそ!」

律「っていうか、なんで急に右手だけ嫌いになっちゃったんだよ!」

梓「あー・・・お腹減ったなぁー・・・」

律「って、話聞けよぉ!」


梓「あ、ごめんなさい。あまりにもどうでもいい話をするもんだから」

律「どうでもよくない!ぜんっぜんどうでもよくない!」

梓「大きい声出さないでくださいよ」

律「っのやろ!お前みたいなヤツは・・・こうだ!」ガシッ

梓「ぎゃぁー!右手が!!」

律「こうして!」ナデナデ

律「こうして!」ワシャワシャ

律「こうだ!」モミモミ

梓「きゃー!レイプされる!」

律「うるせー!なんで左手で触るのはよくて右手で触ったらレイプなんだよ!ふざけんな!」

梓「知らないもん!」

律「お前が言い出したんだろ!」

梓「他の人を撫でるような右手なんて・・・知らないもん!!」

律「なんだとぉー!?・・・って、え?」キョトン

梓「知らない、もん・・・!!」グスッ

律「えっ、おい・・・梓?」

梓「律先輩の、ばかぁ・・・!」

律「他の人って・・・」

梓「見ちゃった・・・さっき、澪先輩の頭、撫でてるところ・・・」グスッ

律「あ、あれは唯が怖い話をしt」

梓「いいよ・・・聞きたくない・・・」

律「・・・ごめんな」ナデナデ

梓「だから、右手、使わないでください、ってば・・・」

律「・・・どうしたら許してくれる?」

梓「え・・・?」

律「だって、このままじゃ悲しいよ。私も右手も、もちろん梓も」

梓「・・・」

律「なぁ、ごめんって。私が悪かったよ」

梓「・・・」

律「好きにしていいから。私の右手を許してやってくれ」

梓「・・・わかった」

律「・・・」ホッ

梓「じゃあ、手を開いて机の上に置いて」

律「こう?」ペタンッ

梓「逆、爪が見えるように」

律「お、おう」

梓「えーと・・・カッター、カッターどこやったっけ」

律「って、悪い予感しかしねぇよ!!」

梓「え?違うよ、刺したり切ったりしないよ。ただ指の隙間をカッターでトントントン!って」

律「予感的中だよ!!」

梓「とりあえず刺さるまでやろうかと思って」

律「回りくどい!もういっそのこと刺してくれよ!」

梓「え?刺して欲しいの?」カチカチカチカチ

律「いやそういうわけじゃないけど」

梓「・・・」ジー

律「カッター構えながら無言でこっち見るなよ!怖ぇよ!」

梓「・・・」スッ

律「!?」

梓「手、力抜いて」

律「・・・」

梓「・・・」カプッ

律「・・・なにしてるんだ?」

梓「噛んでるの、わかんないんですか?」アンギアンギ

律「いたっ。いや、わかるけど・・・」

梓「・・・」ハムハム

律「なにこれ嬉しい」

梓「・・・」スッ

律「あ、あれ?もういいのか?」

梓「はい。もう気が済みました」

律「じゃ、じゃあ許してくれるのか!?」

梓「はい、いつまでも怒っててもしょうがないし・・・」

律「うんうん」

梓「とりあえずもういいです。子供みたいなこと言ってすみませんでした」

律「いや、むしろ子供にはない発想だと思うけどな」

梓「怒ってる?」

律「まさか。許してもらえてよかったぜ」

梓「えへへ」

律「よっしゃ、許してもらえたことだし、まず盛大にハグしちゃおうかn」

ガチャ

唯「遅れてごめんねー」バタンッ

律「お、来たか!(このやろぉぉぉぉ!!)」

唯「りっちゃんひどいよー。サボるなら私も誘ってくれないと!」

律「あ、あぁ、ごめんごめん(それじゃ意味ないんだっての!)」

澪「駄目に決まってるだろ、全く」

唯「ちぇー」

紬「それじゃお茶の準備しちゃうね」トテトテ

律「おう、よろしくー」

唯「あずにゃーん、聞いてよーりっちゃんが掃除サボったんだよー抜け駆けだよー」

梓「はい、聞きました」

唯「もーズルイよねー?」

梓「まぁまぁ」ナデナデ

律「・・・」ジー

梓「・・・」ハッ

律「・・・」

梓「あ、あの、今のは、その」

律「梓の右手嫌い」

梓「・・・」ソウナリマスヨネー



おわり