澪「赤ちゃん」

律「!??」

澪「出来たみたい」

律「!!?」

澪「赤ちゃんの方、」

律「…?」

澪「出来ちゃいました」

律「…!」

澪「やったな!」

律「おい」

澪「ヤったもんな!」

律「おい!」

澪「名前何にする?」

律「おい…」

澪「おいちゃん?どんな字書くの?」

律「そういう意味じゃなくてー」

澪「そうか、まだ男か女かわかんないしな!」

律「そうじゃない!」

澪「律にはわかるのか!?」

律「…はあ」

澪「じゃあなに?」

律「…わたしの子じゃねーだろ」

澪「えっ」

律「えっ」

澪「えっ」

律「何だよ」

澪「えへへ」

律「笑うなよ、可愛いなちくしょう」

澪「やめろよ…照れるだろ」

律「でも真面目に話さなきゃならないんだ、今は」

澪「…そうだな」

律「誰の子だよ」

澪「…わたしのこと、信じないのか?」

律「当たり前だよ!」

澪「律の子だぞ?」

律「そんなわけない」

澪「…今更ヒニンしないでよ!あの時しなかったくせに!」

さわ子「あら、うまいこと言うわね」

律「!?」

澪「あ…さわ子先生」

さわ子「話は聞いたわ」

律「ややこしいのが来た」

唯「なになに~?何の話?」

律「わ、またバカも1人増えた」

唯「ほえ?」

澪「唯、わたし赤ちゃん出来たみたいなんだ」

唯「すごーい!」

澪「律の子だぞ」

律「おいこら話聞け」

唯「へえ、りっちゃんが攻めなんだねえ」

さわ子「そりゃあそうでしょ?」

唯「そっか~」

澪「違うぞ、わたしたちは前半戦と後半戦で交代するから」

律「あーもうバカばっかり」

唯「バカだけにね!」

律「やかましいわ」

唯「それにしても色々びっくりだよ~」

律「奇遇だな、わたしもだ」

さわ子「わたしもよ…ああ、職員会議が憂鬱」

澪「すみません…わたしたちのせいで」

律「いや、多分わたしは関係ない」

唯「まさかりっちゃんにおちんこ付いてるなんてね~」

澪「何言ってるんだ唯、そんなわけないだろ?」

律「そうだ!そんなわけないんだ!」

澪「律には乳首二つと、ク…クリ…」

律「言わんでよい」

唯「クリ…スマスツリー?」

律「そんなもん股間に付いてたらおかしいだろ」

唯「とんだハッピー野郎だよね~」

澪「でも律は、意外と耳がいいらしいぞ」

さわ子「はあ…澪ちゃんってバカだったのね」

律「先ほどの恥じらいはどこへ消えたんだろうな」

さわ子「耳がいいなんて当たり前じゃない」

唯「そうだよ~」

澪「そうなのか?」

律「ああ、真面目な話は遠退くばかり」

唯「和ちゃん、耳はむはむすると『ぁ…』って言うよ?」

澪「へえ、あの和が」

律「そんな関係だったのか」

唯「憂なんてぺろってしたら、『ひゃあ…』だよ?」

さわ子「そして家族にまで」

律「唯のこと見る目が変わりそうだ」

澪「律は『んんっ…』だぞ」

唯「可愛い!」

さわ子「しおらしいわね」

律「もうこいつら本当にやだ」

唯「ねえ、わたしもりっちゃん試していい?」

澪「…だめ!」

律「澪の気持ちは嬉しいけどな、嬉しいけどちゃんと話しようぜ」

唯「えーだってそんなりっちゃん見たいよ!」

澪「今やって見せようか?」

律「させない、絶対」

唯「わたしと二人っきりならいいよね?」

律「バカ野郎」

唯「えー!知りたい知りたい!」

澪「んー、じゃあな」


ベッドを窓辺に置いたのは正解だった。

射し込む月明かりが律の褐色の髪を光らせて、何とも綺麗。

髪にまで愛しい、なんて思わせるのだから…恋とは恐ろしいものだ。


律は顔を背けて、こちらを向かない。

こんな横顔を見せるのはわたしのせいだ。

一糸纏わぬ姿にされ、白いシーツの上に寝かされる律。

頬を包み込むように片手を伸ばす。

こちらを向かせ、目と目を合わせて囁いた。


「律…愛してる」


律「!?」


少し照れたように、唇を噛んで目だけをまた反らす。

その姿を見届け、そっと口づけを落とした。

頬に触れていた手は、少し上にずらす。

すると、先ほど愛しいと思った髪が指の間に入り込んだ。

耳の形をなぞるように、指を滑らせる。

重ね合っていた唇が離れ、わたしの頬にあたたかい息を触れさせた。


次は、空いてる方の耳まで唇を持っていく。

軽くキスして、息をかけて。

そうして少し焦らした後、やっと舌を這わせた。

その時を待っていたかのように、律は熱っぽく声を漏らした。


「んんっ…」


律「!!」


~~

澪「こんな感じ、かな?」

律「かな?じゃねえよ!」

唯「うわー!」

律「なげえわ、恥ずかしいわ」

唯「すごい!いやらしい!」

澪「元々文芸部志望だからな」

さわ子「ないものが勃ちそうだったわ」

律「さわちゃん!」


※>>29さわちゃん、あんたはとっくに薹が立ってるだろ


さわ子「あ、ごめんなさい生徒の前で」

律「違うんだ!いいんだよ!」

さわ子「やだ、何か急に興奮し始めた」

唯「はしたないね~」

澪「こんな奴を親に持つなんて…この子大丈夫かな…」

唯「澪ちゃん泣かないで、よしよし」

さわ子「>>29まだピチピチだふざけんな」

澪「ひいい!」

律「さわちゃんにはちんこ付いてないよな?」

さわ子「当たり前じゃない」

律「だろ?付いてないだろ?」

さわ子「疑うなら…見せてもいいけど」

律澪唯「結構です」

さわ子「そうかいそうかい」

律「見たくはないよ、でもな!」

唯「なになに?」

律「じゃあ、実際はどうだ?さわちゃん」

さわ子「うん…ちょっと濡れた、かな」

唯「わたしも~」

澪「わ、我ながらわたしも…」

律「何言ってんのこいつら」

さわ子「何よ、りっちゃんが言わせたんじゃない!」

律「わたしが聞きたかったのは別の言葉!」

澪「何だよ?」

唯「勿体ぶるね~」

律「付いてないものは、勃たぬ!」

さわ子「当たり前じゃない」

律「だろ?でも男女のエッチってどうするんだ?」

さわ子「勃ったちんこをこう…ぶち込むのよ」

唯「さわちゃん、生々しいよ~…」

律「そしてそして?」

さわ子「動かして…フィニッシュよね」

澪「…うわ~」

律「問題はそこだ!」

律「わたしにはちんこがない、つまりは勃たない」

さわ子「…!」

律「さわちゃんは気付いたようだな」

さわ子「まあね」

律「最初から気付いて欲しかったけど」

さわ子「…それもそうね」

律「だからわたしとどれだけエッチしようが…つまり!」

唯「澪ちゃんに赤ちゃんは、出来ない…?」

律「ジャストミート!!」

澪「何…だと…?」

律「だって種が出るとこないだろ?むしろ種無しなんだが」

唯「でもエッチはしてるんだよね?」

澪「うん…毎晩のように…」

律「言うなよ」

さわ子「まあ、ほどほどにしなさいね」

唯「じゃあどうやって赤ちゃん出来たの?」

澪「…指?」

唯「りっちゃんの指が、おちんこ…?」

律「ないない」

唯「どうしよう、何度もりっちゃんに触られたからわたしも…」

澪「…律、どういうことだ!」

律「そういう意味じゃないだろ…大体こっちのセリフだ」

さわ子「じゃあ、何で澪ちゃんは…」

澪「…舌?」

唯「舌を!?」

さわ子「入れるの!?」

律「澪はちょっと黙ってような」

澪「わたしたちの問題だぞ!?」

律「いやわたし関係ない」

澪「まだそんなこと言うんだな…」

さわ子「澪ちゃん…」

唯「りっちゃん、ひどいよ…」

律「 えー」

唯「澪ちゃん、子どもはどうする気?」

澪「産みたい…でも」

唯「でも?」

澪「…律の負担になるのは、やだ」

さわ子「澪ちゃん……」

律「わたしは蚊帳の外のようだ」

唯「…自分は関係ないって言ったくせに」

律「 あー」

さわ子「…周りがなんと言おうと、わたしは味方だから」

唯「さわちゃん…」

さわ子「産みたいって思うなら、授かった命は大切にするべきよ」

澪「さわ子先生…」

さわ子「もし親御さんが反対するなら、わたしも頭下げるからね」

律「…わたしだって、澪が産むって言うなら応援する」

律「進学やめて働くよ、バイトになっちゃうけど」

律「父親にはなれないけど、2人目の母親にならなれるし」

律「誰との間の子でも、澪の血が通ってるなら愛せるって誓う」

律「たださ、澪が浮気したならそれは悲しいよ」

澪「律…」


律「だから…教えてくれ、何があった?」

澪「べっつに~?」


律「」

唯「ぶほっ」

さわ子「軽っ」

澪「だって浮気なんてしてないし、律としかエッチしてない」

律「じゃあ何で妊娠するんだよ…」

さわ子「澪ちゃん、妊娠は確実なの?」

澪「はい、多分…」

さわ子「じゃあ、何でそう思うの?」

澪「生理が来ないんです」

さわ子「いつから?」

澪「ずっと…ですね」

さわ子「りっちゃん以外に、セックスしたことはないのよね?」

唯「セックスだって!大人な言い方!」

律「黙ってろバカ」

唯「はーい」

澪「はい、ありません」

さわ子「妊娠じゃなくて、ただの生理不順じゃないかな?」

律「そうだよ、わたしも着いて行くから病院行こう?」

澪「うん…わかった」

律「さわちゃん、明日澪を病院連れて行くよ」

さわ子「そうね…わかった、二人とも欠席しなさい」

律「ありがとう、さわちゃん」

澪「ありがとうございます…」



―――次の日。


澪「律!生理来た!すごい!お腹痛い!すごい!」

律「おお!!マジか良かったな!」

澪「うん!だから学校行こう!」

律「えーせっかくサボれるのに?」

澪「コラコラ、わたしたち受験生だぞ」

律「そうだな…行くか」

唯「あれ…澪ちゃん、病院は?」

澪「生理がやっと来たんだよー!」

律「そういうわけだ!」

唯「そっか、よかったね!」

さわ子「はあ~職員会議は回避したわね」

律「結局それか」

澪「今日はお赤飯だ!」

律「そんな大げさな~」

澪「みんなそうだろ?」

唯「最初はそうだったね」

律「そうそう、父さんと聡にバレるのが恥ずかしかったよ」

唯「うちなんか憂の方が先だったから、『何でお赤飯なの?』って聞いちゃった」

澪「え…パ お父さんにもバレちゃうか」

律「何を今更」

唯「…澪ちゃんって、プール見学したことないよね」

澪「うん、皆勤賞だ」

唯「毎晩のように、りっちゃんとエッチしてるんだよね…」

澪「そうだぞ?」

律「言わなくてよろしい」

澪「あ…でも今日は出来ないな…」

律「うん…あれ?」

唯「それで、今日はお赤飯?」

澪「そうだってば」

唯「 あー」

律「気付くのも来るのもおっせー」

唯「そういえば最近、ムギちゃんもあずにゃんも部活来ないね~」

律「お茶とケーキは用意してあるのにな」

澪「休み時間もどっか行っちゃうし」

律「何してんだろ?」


――部室の倉庫。


紬「じゃあ、和ちゃんね」はむはむ

梓「ぁ…」

紬「次は、憂ちゃん」ぺろっ

梓「ひゃあ…」

紬「りっちゃんはどうだったっけ?」

梓「んんっ…」

紬「はい、梓ちゃん本人」

梓「…にゃんっ」


……

唯「ムギちゃんとあずにゃんは快楽の奥底に落ちてしまいました」

律「そこには愛情なんてなくて、ただ肉欲だけのつながりだ」

澪「わたしの妊娠騒動の日も、部室の倉庫で乳繰り合っていたんだ」

唯「するとね、2人は聞いてしまうのです!」

澪「唯と和、そして憂の秘め事」

律「別に秘めてなかったじゃねえか」

唯「そしてりっちゃん澪ちゃんの熱い夜のこと…」

澪「次の日ムギは、梓に新しいプレイを持ちかけたんだ」

唯「ムギちゃんはわたしと澪ちゃんに」

律「梓は和、憂ちゃん。そしてわたしになる…そういう遊び」

唯「多分…そういう遊びだよ」

澪「その辺は想像でいいじゃないか」

律「終わる」