ある日のこと……


唯「うい~、帰ったよ~」

憂「お帰りなさい、お姉ちゃん」

紬「こんにちは、憂ちゃん」

憂「あ、紬さんこんにちは……て、え?」

唯「へへへ~」ムギュー

憂「お姉ちゃん、何で紬さんに抱きついてるの?」

唯「だって、ムギちゃん暖かいんだもん。一家に一台欲しいくらい!」

紬「あのー、もう室内なんだし……離してくれないかな?」

唯「えー、もうちょっと~」

憂「お姉ちゃん、紬さん困ってるよ。あまり迷惑かけちゃダメだよ?」

紬 (もはや、どっちがお姉さんかわからないわね……)

憂「ほら、お姉ちゃんっ」ギュー

唯「わわ、わかったから引っ張らないで憂」

憂「もーう。ごめんなさい紬さん、お姉ちゃんが迷惑かけて」

紬「ううん、気にしないで」

唯「ふぅ……それじゃ改めて。たっだいま~、憂」ダキッ

憂「きゃっ、も、もうお姉ちゃんったら~」

紬「ふふ、それじゃ私はこれで」

憂「あれ、紬さん上がっていかないんですか?」

紬「ええ、それじゃあね唯ちゃん」

唯「うん、ムギちゃんまたね~」

憂「……」

憂(一家に一台かあ……)

憂(……抱きついてみたい、かも)


……

憂「て、こんなことがあってね」

純「いや、真顔でそんな話されても困るんだけど」

梓「憂って意外と人にスキンシップ好きだよね」

憂「うん! それに、お姉ちゃんイチオシなんだよ? 興味わくよー、やっぱり」

純「そーお?」

梓「ああ、でもわかるかも。ムギ先輩って体温高くて暖かいらしいし」

憂「梓ちゃんはムギ先輩に抱きついたことととかないの?」

梓「あ、いや、ないかな。抱きつかれたことなら……いや、というか似たようなことなら」

純「へ、へえー……進んでるんだね、梓って」

梓「そ、そんなんじゃないよ。ただ、寂しかったらしくていきなり構ってって……」

憂「で、どうだったの梓ちゃん?」キラキラ

純(憂の目がこれ以上ないくらい輝いている……!)

梓「あー、どうなんだろう……やわらかかかった、かな?」

純「や、やわらかかったって……」

憂「あー、確かに紬さんフワフワしてるもんね」

梓「うん、そうなんだよねー」

純(……あれ? なんかやらしい響きに聞こえてまったの私だけ?)

憂「あー、いいなあ! 私もやっぱり紬さんをムギューってやってみたいなあ!」


「ナニアレー?」ヒソヒソ

「ヒラサワサンガアブナイハツゲンシテルー」  


純「ちょ、ちったあ声のトーン抑えなよ。周りから変な目で見られてるよ!?」

憂「ね、梓ちゃん。何かいい方法ないかな?」

純「聞いてないしっ」

梓「そうだなあ……あ、でもムギ先輩も結構スキンシップ好きだし
  真正面からお願いしたら普通に抱きしめてくれるかも知れないよ」

憂「ま、真正面からなんて……は、恥ずかしくて無理だよー///」

純「私は今まさに周りの視線が恥ずかしいんですが」

梓「大丈夫だって、ムギ先輩そっちのケがあるみたいだし」

純「さりげにとんでも無いこと言ってるよこの娘! どんなケだよ!?」

憂「う、うー……それなら、大丈夫かも」

純「いや、逆にヤバイでしょ! 食われちゃうよ!?」

梓「もーう、純さっきからウルサイよー」

憂「ねえ純ちゃん? 食われちゃうってどういうこと?」(真顔)

純「……はい?」

梓「あー、私もちょっと気になるかも」(真顔)

憂「ね、純ちゃん?」(真剣)

純(な、何この娘たち~……これじゃ私が変人みたいじゃん!)

憂「じ、じゃあ真正面からお願いしてみることにするね」

梓「うん、頑張ってね憂。大丈夫、多分ムギ先輩はあっさり落ちるよ!」

純(……もう私はツッコまないぞ)

憂「あー、でもいざお願いするとなると緊張するなあ」

紬「あら、みんな」

憂「つ、つむぎしゃんっ!」

梓(噛んだ! ドジっ娘!?)

紬「あらあら、どうしたの憂ちゃん。可愛い声を出して」

憂「あ、え、あの、その……」チラッ

梓(頑張れ、憂!)キリッ

純(テキトーにがんばれー)チラッ

憂(う、うん! 私、頑張る……!)

憂「あ、あの。紬さんっ!」

紬「なあに?」

憂「あ、あー、その、だ、だ……」

紬「?」

梓(もう一息だ、憂!)

憂「だ、だ……」

憂「第2回三頭政治のメンバーは誰でしょうかっ!?」

紬「オクタヴィアヌスとアントニウスとレピドゥスね」

梓(な、何で世界史の問題出してんのよーー!?)

純(しかもムギ先輩、間髪入れずに答えた……この人、只者じゃない!)

紬「ふふ、急に問題出すなんて。面白いことするのね憂ちゃん~」ナデナデ

憂「! え、あ、ははは……///」

紬「それじゃ、私教室に戻るわね。それじゃあ、梓ちゃんと鈴木さんも」

梓「あ、はい」

純「お元気で~」

紬「ふふ、じゃあね~」トタタタ…

梓「……憂?」

憂「///」プシュー

純「あ、湯気出てる」

梓「緊張しすぎだよー。絶対大丈夫だから、次はちゃんと言いなよ」

憂「う、うんがんばるー///」プシュー

純「……なんで私はこの子らに付き合ってるんだろう」

梓「というわけで、本日二度目のチャンスだよ、憂」

憂「うん、同じ失敗はしないよ」

純「ねえ、なんで私まで付き合わないとダメなのー?」

梓「なんとなく」

純「あっそ」

憂「来た……!」

紬「♪~」

憂「あ、あのっ! 紬さん!」

紬「あら、憂ちゃん。今日はよく会うわね~」

憂「え、ええそうですね。あ、あの紬さん……」

紬「何かしら?」

憂「えーっと、あの……今日はいい天気ですね?」

紬「盛大に雪が降っているけれど……?」

憂「あ、いえそうじゃなくて……あの、寒いですよね、最近」

紬「そうね~、もう冬真っ盛りだものね~」

憂「それで、あの……寒いですし、その、だ、だき……」

紬「?」

憂「だ、だき……ダキアを平定した古代ローマの皇帝はっ!?」

紬「トラヤヌスね」

純(て、また世界史かい! しかも、またローマ時代!)

梓(どんだけローマが好きなのよ。憂!)

紬「もしかして、私の学力チェックか何か? ふふ、大丈夫よ。ちゃんと受験勉強してるから」

憂「あ、いえ、そうじゃなくて……」

紬「?」

憂「……あ、いえ。古代ローマって素敵ですよねー」アハハー

純(憂が壊れた……)

梓(そのローマにかける情熱は何……)

紬「ふふ、変な憂ちゃん」

純(……急な問題に間髪入れずに解答できるあなたも大概変です)

憂「はあ……」ドーン

梓「さて、同じ失敗を二度しちゃったわけだけど」

純「もう諦めたら?」

憂「う……でも、私だってお姉ちゃんと同じことを共有したい。
  お姉ちゃんが紬さんを暖かいって言ったのなら、私だってその暖かさを味わいたいの」

梓「憂……」

純(やっぱり、さり気に危ない発言してるような気が……)

憂「私、最後にもう1回やってみる! 梓ちゃん純ちゃん、力を貸して!」

梓「憂……勿論だよ!」

純「ちょ、ちょっと、待ってよ。なんで私まで付き合わないといけないの?」

憂「お願い、純ちゃん! 純ちゃんの力が頼りなの!」ウルウル

純「う、憂……もーう、わかったよ。こうなったら、どうとでもなれだよ。最後まで付き合うよ」

憂「ありがとう純ちゃん! 私、純ちゃんのこと好きだよ!」

純「(ドキ) す、好きって……もうっ、何冗談言ってるんのよ、うーい」

憂「冗談じゃないよっ」

梓「ねえ憂、純のことどれくらい好き?」

憂「ローマの次くらいに」

純「またローマかよ! しかも私負けてるし! せめて人と比べてよ!」


放課後、部室前……

梓「いい、憂。まずはちゃんと頑張って言ってみてね」

純「それで無理そうだったら、私たちが助け舟だすからさ」

憂「うん、ありがとう二人とも! それじゃ……」

ガラッ

憂「あ、あのっ。失礼しますっ!」

唯「あれー、憂。どーしたのー?」

澪「梓と、あと鈴木さんも」

憂「えっと、あの。紬さんにお話がありまして」

紬「まあ、私に?」

律「一体何なんだー?」

憂「あの、紬さんにお願いがありまして……」

紬「お願い、何かしら~?」

唯「憂がムギちゃんにお願いなんて珍しいねー」

澪(興味津々)

律(聞き耳)

梓「ほら、頑張って。憂」

純「しっかりしなよ」

憂「う、うん……あの、紬さん、私、その私を……」

紬「?」

憂「わ、私……私とプロレスごっこしませんかっ!?」

純「ぷ、プロレスごっこって……」

梓「むう、憂。考えたわね……
  真っ向から抱きしめてというのはやはり恥ずかしい。
  でも、プレロスごっこという名目があれば無理矢理でも
  相手に組み付くことができる……
  まさに、パーフェクトプラン……恐れいったわ、憂……」

純「いやいや、明らかにおかしいでしょ! つーか、ムギ先輩がそんなこと了承するはずが」

紬「いいわよ~」

純「あっさり了承しちゃったよこの人!!」

紬「私、お友達とプロレスごっこするのが夢だったの~」

唯「良かったねムギちゃん、夢がかなって♪」

律「二人とも、がんばれよ」

澪「おめでとう、応援してるよ」

純「あ、あれ? なんでこの人たち普通に受け入れてるの?」

紬「それじゃ、憂ちゃん。始めましょうか♪」

憂「は、はい!」

梓「頑張ってね、憂!」

律「ムギも負けるなよー!」

紬「どんとこいです!」フンス

純(帰りたい……)

憂「そ、それでは……お願いしますっ!」


憂は思考する。
どうすれば、効率よく紬に抱きつくことが出来るか。
もしくは、紬に抱きついてもらうことが出来るか。

紬はパワーに優れており、力比べしても勝ち目はない。
それならば、自らが勝るスピードをもって一気に今の距離を詰めるのが吉。

そして、まずは相手の腰に絡みつきバックを取る。
そうなってしまえば、相手の足をとって速やかにサブミッションに移行できる
そして、後はやりたい放題……

――よし!

作戦を決めて、憂は一気にダッシュをかける。


2