}ト.、                    ,.イイ
         |}::.\              //::.::}
         |..トヽ::.:\ ,. -―――- ..._,..イ::./イィ::.{ 
            {く`' ヽ:/: : ‐: : : : : : :‐- 、: : 、/ 孑リ
           ∨z/: : /: : : : : : :\: : : : \: :\zV
          ∨: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : 〈、
          /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
         ,': /ニ7⌒!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!
           /: :.|: :./  V\: !   ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,
        /: : :ハ: :|     ヾ   ∨!∨: : : : : : : : :ヽ
         /: : : : :.V:! x=ミ    x=ミ. !: : : : ハ: : : : : :.ハ
      /:/: : : : /: :! 、、  、       、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}
      // |: : : /| :八    - 、    ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V  うんにゃんはいりまーす
      {! 从: i'´ ̄::::>、 `ー '  イ!V /: : /: / |: :/
  _人_    /N::::_:::::/::| ` r ' //:/: /‐く  V
  `Y´    /::::::://:::/:::::|  ><  /:::丁´:::::::::::::V゚}∩  * 
        /::::nんh_::∧:::::}/八. ∨::::::」::::::::::〈ヽ.ノ///〉
 .     /:/| ! // 〉:::::>ヘ.ノ八 ソ::::{::::::::::::/:::}    っ
     //:::::::\__ノ〉::〈:::::::|/ ∧〉::::〉::::::::/::::∧  , ィ´
     /:::::::::::::::::::::/::::::::\::! /:::::>'´::::::::/::::/:::い.ノ):〉
     !:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヾ厶イ:::::::::::::/:::/:::::::ヽノ:/
     |::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::<>:::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::/  *
     `ー七:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::/
      //:::::::::::::::::::::::<>::::::::::/::::/  ヽ:::::::::::/
    /⌒〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::/    `ー‐'  *



唯「さて、尻尾と耳が生えてしまったわけだけども」

梓「唯先輩、にゃーって鳴いてみてください。にゃーって」

唯「にゃ、にゃー……?」

梓「…………」キュン

唯「あずにゃん、顔赤いよ?」

梓「あ、あ、な、なんでもありませんよ」

唯「そ、そう……?」

梓「もう一回……にゃーと言って頂けないでしょうか。手もこう、くいっとひねって」

唯「にゃ、にゃあ」

梓「…………」キュン


……

唯「憂ー、尻尾と猫耳生えちゃったよ」

憂「え、本当?」

唯「うん、ほら、猫耳と……尻尾」

憂「つ、付け根は? 付け根はどうなっているの? 見せて!」

唯「え、憂、息荒いよ?」

憂「大丈夫! だから付け根のところ見せて! お姉ちゃんの付け根がみたいなーって」

唯「う、うん。でも……お尻の上のところだから、恥ずかしいよ」

憂「で、でも、何か重大な病気とかだったら危ないでしょ? ほら、お姉ちゃん、写真撮りたいから見せて!」

唯「え、ちょ憂なにスカート脱がしそんな一眼レフ持って憂待ってパンツはくぁwせdrftgyふじこlp」