澪「……昨日そんなことがあってさ」

和「へえ。猫の話、憂よく覚えてたわね」

澪「そこ?」

和「今日は唯は来てるのかな」

澪「憂ちゃんは、絶対に行かせるって言ってたよ。そうしないと憂ちゃんの交換できないしね」

和「そう。私に手伝えることある?」

澪「いいの?」

和「ええ、もちろん」

澪「ありがとう」

和「そういえば、さっきの都市伝説の話、ちょっとおもしろいわね」

澪「和まで……」

和「人間が人形に滅ばされたのは、人形が自分のネジを巻けるようになったからでしょ?」

澪「そう習ったけど」

和「唯って自分のネジ巻けないじゃない。この年には珍しく」

澪「……」

和「ま、まあなんとなく思いついただけだから。気にしないで」


澪「と、とにかく放課後に協力お願いね」

和「うん」


……

ガチャ

唯「あー、やっと授業終わったよー」

律「眠かったなー実際寝たけど」

紬「お茶入れるわね」

唯「澪ちゃんとあずにゃんはまだかな?」

律「ヒソヒソ(ムギ、昼休みにちゃんとさわちゃんに保証書書いてもらったよな?)」

紬「ヒソヒソ(ええ、澪ちゃんに渡したわ)」

律「ヒソヒソ(よし。そろそろ和が来るころだな)」

律「あー、澪と梓は今日休むってさ。用事で」

唯「ええー。じゃあ私も帰っていいかな。憂が心配だし」

ガチャ

和「ちょっと律!また書類出してないでしょ!」

律「あー!忘れてた!」

和「ほら、これよ」

ドサッ

唯「うわーいっぱいあるねー」

和「今日中に出さないと部活の存続が危なくなるわよ?」

唯「ええー!ひどい!」

和「私にできるのはこれだけだから。がんばってね」

バタン

律「この量はきついな……(いい演技だったぞ和。本当に怒られてるかと思った)」

紬「りっちゃん。私も手伝うから、頑張ろう?」

唯「あ、じゃあ私も手伝うよ!」

律「ありがとな。二人とも(澪と梓、あとは頼むぞ)」


……

ピンポーン

梓「出ませんね」

澪「やっぱり止まっちゃったのかな。昨日合鍵もらっておいてよかった」

カチャ

梓「憂ー。来たよー?」

澪「いた。台所だ」

梓「やめてって言ってるのに、また家事しようとして……」

澪「本当に出来た子だよな憂ちゃんは」

梓「はい、でも出来すぎるから一人で抱え込んじゃうんですよね」

澪「早く新しい憂ちゃんに取り換えてあげないとな」

キリキリキリキリ ピタ

憂「あ、澪さんに梓ちゃん」

澪「保証書、先生にもらってきたよ」

憂「ありがとうございます」

梓「立てる?」

憂「うん。なんとか」

澪「役所まで歩くよ。きついかもしれないけど私と梓でサポートするから」

憂「いろいろすいません」

梓「いいよ。私たち友達でしょ?」

憂「うん!」


……

唯「はあ……」

律「どうした唯?上の空だけど」

唯「やっぱり憂が心配だよ」

紬「りっちゃん、そろそろいいんじゃない?」

律「だな。唯、実は澪と梓は…」

唯「?」

律「取り換えのために憂ちゃんを役所に連れてってるんだ」

唯「え……」

律「昨日憂ちゃんに頼まれてさ。唯には内緒で交換に協力してくれって」

紬「ごめんね。和ちゃんに協力してもらって唯ちゃんをひきとめてたの」


唯「じゃ、じゃあ、今、憂は?」ガタガタ

律「もう役所に着くころかな。あとは交換申請して……」

唯「なんで!!なんでそんなこと!」

律「そ、そうやって唯止めようとするからって、憂ちゃんが」

唯「みんなおかしいよ!交換したら憂が死ぬのに!!!」

紬「あのね、唯ちゃん、言いにくいんだけど……」

唯「おかしいのは私だって言いたいの?もういいよ!憂を助けにいく!」

ダダッ ガチャバタン!



……

澪「受付行ってきたけど、混んでるからけっこう待ち時間かかるみたい」

梓「そうですか」

憂「み……お…」

梓「また止まりそうになってる。今巻くね」

キリキリキリキリ…

澪「もう、憂ちゃんは限界に近いんだな」

キリキリ… ピタ

憂「す、すいません」

梓「いいよ。憂、もうすぐ取り換えできるから。一緒に待とうね」

憂「ありがとう、梓ちゃん」

澪「これで憂ちゃんも初交換か。ちょっとうらやましいかも」

梓「そうですか?私は小学校の時一回交換されましたけど、楽しくもなんともなかったです」

澪「楽しくはないだろうけどさ。ちょっと興味あるっていうか?」

憂「くすっ。澪さんも一緒に交換されますか?」

澪「はは。やめとくよ」

「平沢憂さん。交換の準備ができました。受付までお越しください」

梓「やっとですね」

憂「じゃあ、また数日後に。次の私によろしくお願いしますね」

澪「新しい憂ちゃん、楽しみにしてるよ。ひとりで受付まで行けるか?」

憂「はい、そのくらい



唯「憂!!!!!!」

澪「ゆ、唯!?」

梓「先輩!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「はあ、はあ……」

梓「唯先輩、なんで」

唯「二人とも憂から離れて!!」

澪「唯が怒るのも仕方ないけどな、」

唯「いいから離れてよ!」

唯「この人殺し!!!」

澪・梓「!!」

ザワ・・・ザワ・・・

憂「お姉ちゃん!そんなこと言っちゃダメでしょ!
  二人は私のために……!」

澪「唯、憂ちゃん、人目があるからさ、落ち着こう?」

梓「憂もそんな興奮したらネジが止まっちゃうよ」

唯「……」

ツカツカ ガシッ

憂「ちょ、ちょっとお姉ちゃん!?」


唯「憂、一緒に来て。逃げよう」

憂「え?わっ」

カバッ

澪「唯、憂ちゃんを背負ってどこへ……」

唯「教えないよ。憂を殺そうとする人たちには」

スタスタスタ

澪「……」

梓「……」

澪「って、唯の気迫に圧倒されちゃった!追わないと!」

梓「と、とりあえず律先輩たちにも連絡したほうが!」



……

律「もしもし、どうした澪。……なにいいい!」

紬「え?」

律「わ、わかった。また連絡する」

紬「どうしたの?」

律「唯が、憂ちゃんを連れて逃げたって」

紬「そ、そんな!ごめんなさい。私がそろそろ話していいなんて言うから……」

律「ムギのせいじゃないよ。まさかそこまでするとは思えないだろ」

紬「ありがとう。私は家の者に連絡して唯ちゃんたちを探させるわ」

律「おう。私も唯の行きそうなところ探してみるよ」



……

唯「はあ、はあ……」

憂「」

唯「ちょっと休もうかな。おろすね憂」

憂「」

唯「今ネジ巻いてあげるね」

キリキリキリキリ ピタ

憂「お姉ちゃん……ここ、どこ?」

唯「わからない。どこかの山の中だよ。電車にめちゃくちゃに乗って来たんだ。
  ここならしばらく見つからないと思うよ」

憂「お姉ちゃん……なんで…こんな」

唯「憂が大切だからだよ。死んでほしくない。交換なんかしないで今の憂とずっと一緒にいたいんだもん」

憂「ありがとう……おねえちゃ…………」

唯「……」

キリキリキリ ピタ

憂「ごめんね。また止まっちゃった」

唯「大丈夫だよ憂。私がずっとそばにいて、憂のネジ巻いてあげるから」

ギュ

憂「おねえちゃん……」

唯「こうしてれば外でも寒くないよね。あったかあったか♪」

憂「うん。あったか……あったか…」


唯「大好きだよ、憂」

憂「私も……おねえちゃ…だいすき……」

唯「ありがとう憂」

憂「だい……す…」

キリキリ ピタ

憂「ごめんね、何回も巻かせちゃって」

唯「ずっとそばにいるって言ったよ?何回でも何回でも、憂のネジ巻くよ」

憂「お姉ちゃん……私のネジ、もうダメだよね。私、もうすぐ動かなくなるよ」

唯「それでも私と憂はずっと一緒だよ。約束するよ」

憂「お姉ちゃん……私、お姉ちゃんの妹で……よ……か…………」

憂「……」

唯「憂、ネジ巻いてあげるね」

キリキリキリキリキリキリ

唯「私がずっとネジ巻くって言ったもんね」

キリキリキリキリキリキリキリキリキリ

唯「憂のネジ、なかなか巻ききらないね」

キリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリ

唯「おかしいなあ。こんなに巻いたことないのに」

キリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリキリ

唯「……ごめんね憂。今はネジの調子が悪いみたいだから、あとで巻いてあげるね」

憂「」

唯「起きた時寒かったらいけないよね。しっかり温めてあげるね」

ギュー


唯「……ねえ憂。私ね、今度憂に料理教えてほしいんだ」

憂「」

唯「私は憂にギター教えてあげるよ」

憂「」

唯「それで、一緒に・・・えん…そ…うしようよ。あれ?」

唯「そうか。憂のことで夢中で自分のネジ巻き忘れてたよ。えへへ」

憂「」

唯「ういー。私のネジ巻いてよ……あ、今は休んでるんだよねごめんね」

唯「自分で巻くね……」

唯「……」

唯「やっぱり私ドジだなあ。私、自分のネジ巻けないの忘れてたよ」


唯「私ももうすぐ止まっちゃうね。でも、これで憂と一緒に休めるね」

唯「ずっとずっと一緒……に…」

唯「うい…私がみんなと違う理由……わかった気がするよ」

唯「一人でネジ巻けないから、一人じゃ生きられないから……だから死ぬのが怖いのかな」

唯「はは、何言ってるのかよく……わかんない……や…」

唯「憂……そろそろ……おやす……み…」

唯「…………」







律「おーっす!」

澪「おはよう。唯、憂ちゃん」

憂「おはようございます」

唯「おはよー!久しぶりだね!」

律「そんなでもないだろ。二人とも新しい体の調子はどう?」

憂「はい!おかげさまで好調ですよー」

唯「なんかスッキリした気分だよー」

澪「そうか。よかった」

憂「あ、お姉ちゃんここ、寝ぐせってるよ?あ、ネジも巻き忘れてない?」

律「天然は相変わらずか。巻いてやろうか?」

唯「平気だよー。ネジ巻きくらい自分でやるから」

キリキリキリキリキリキリ…



おわり