酔いのせいだか、おしゃべりのせいだか、頭が痛い。
ピリリ、と、ふたたび携帯が着信を知らせる。開いてすぐ閉じ放り投げる。

大きく伸びをして首を回している途中で、
部屋の隅に立てかけられたさわ子のフライングVが目に留まった。

なんとなく気が向いて、膝立ちで移動してネックを掴む。
そのまま胡座をかいて、ストラップを肩にかけてみる。

左手でコードを押さえ、右手を軽く滑らせると、
きちんとチューニングされたきれいな音が響いた。

「……ふふ、さわ子らしい」

さわ子のギターで、ポロポロとお気に入りのフレーズを爪弾いてみる。

「なんか、色々思い出すなぁ」

スイーッと、左指を弦に沿って撫でるように動かす。
アンプを通さないチープな音が部屋にこぼれていく。

「さわ子の話に、感化されちゃったかしらね」

そう呟いて、ちょっと笑う。

「ちょっとぉ!何時だと思ってんのよ」

いつの間にか部屋に戻っていたさわ子が、抗議の声をあげる。

「ああ、ごめんつい」

「やめてよ、怒られるの私なんだからね」

「ごめんってば」

まだブツブツ言いながら、テーブルにチューハイの缶をふたつ置く。
この子、まだ飲むつもり?

「……でも、相変わらず上手いわねえあんた」

ギターを置いて元の場所に戻ると、
テーブルに頬杖をついたさわ子がうっとりした顔をして口角を上げた。

「さわ子に褒められるなんて……明日血の雨が降るんじゃない?」

「たまーに褒めるとこれだぁー!」

やってられねえとでも言いたげな、大げさな身振りで項垂れてみせ、
そのままの姿勢で静かにプルタブを引く。

ピリリ、と、3度目の着信。開いて閉じて、戻す。

「……ねえ、」

「んー?」

「メール、見なくていいの?さっきから何度も鳴ってるじゃない」

「うん、いいの」

目の前に置かれた缶を手の甲でよけて、水の入ったコップを持ち上げる。
口を付けようとしたとき、さわ子がジロリと私を睨んでいるのに気付いた。


「……何?」

「……ねえ紀美、」

「なによ」

「もしかして、彼氏じゃないわよね?」

「何が?」

「メールよ、そのメール!!」

さわ子、完全に目が据わってる。
握りしめたチューハイの缶が、ベコベコと音を立てて変形し始めてるし。

「はあ?違うわよ馬鹿ね」

「だって私の前で見ないなんて怪しいじゃない!!」

「あのねえ……」

「どうなのよ、怒らないからいいなさいよ!」

「いやもう怒ってるし」

「じゃあやっぱり彼氏なのね!」

「噛み合ってないわよ会話が」

「何、いつの間に?誰なの?カッコイイの?イケメンなの?」

「話聞いてる?」

「いくつなの?職業は?年収は?家持ってる?まさか不倫?!いやだ汚らわしい!」

「あーもううるさい落ち着け!」

手を伸ばして額をべしんとはたく。
うひ、と声を漏らして、さわ子が静止する。

「だってぇ……だってぇ……紀美に彼氏が出来たらアタシさみしいぃ……」

はい、泣き上戸入りました。
ああもう本当にめんどくさい。

「……メール、読んでみる?」

「えっ……」

私からの提案に、さわ子が動きを止める。

「多分説明するより読んだほうが早いから」

「え? えっ、でも、いいの?」

戸惑うさわ子に、思わず笑ってしまう。

「直前までの勢いはどうしたのよ。ほら、読んでみなさい?」

ぽいっと放り投げた携帯を、さわ子はアタフタと受け取った。

…………

「……何コレ」

私の携帯を握りしめて、さわ子がすっかり素の顔に戻っている。

「うーん、いわゆるストーカー的な子?」

「何あっさり言ってんのよ。え、何、紀美ストーカーに狙われてんの?」

「んー、細かいこと言うと、職場の女の子なんだけど、なんか好かれちゃって」

「好かれちゃってってレベルじゃないわよ」

コレ!と、携帯の液晶画面を私に向ける。うん、読んだから知ってるわ。

「重役の親戚だかでおおっぴらに拒否できなくて、どうしたもんだかって悩んでるところ」

「あんたねえ、そんなあっけらかんと……」

「てへ」

「てへじゃないわよ」

ぺろりと舌を出した私に、さわ子が呆れた顔を見せた。

「さっき、りっちゃんたちの話を聞いた時、他人事と思えなくてさー」

「もう、早く言いなさいよね……」

ごめんごめん、と片手を掲げて謝る。

「こんなことになってるの知らなかったから、私おささなじみとか言っちゃったわよ」

あ、あれわざとだったんだ。

「まあでも、なんか、」

私はコクリと水を飲み、コップをゆっくりとテーブルに戻す。
目を閉じて深呼吸すると、肺の中の空気を全部出すつもりで長く息を吐いた。

「さわ子と馬鹿話してたら、なんかスッキリしちゃった」

「馬鹿は余計よ」

「うん、よし、決めた」

「ん?」

「週明けに、上司に言うわ。このメール見せて。それでクビになるなら本望」

「大丈夫なの?」

「私を誰だと思ってんのよ?」

小さく息を吐き、そうね、と柔らかく笑ったさわ子に、私も笑みを返す。

「それにしてもさー、」

「うん?」

「紀美、高校の時から女の子にモテてたわよね」

「あんただってそうじゃない」

桜高に通っていた頃のことを、ふと思い出す。
バレンタインにいくつチョコを貰ったか、なんて、さわ子と馬鹿な競争してたわね。

「……なんかもうさ、」

「んー?」

「私が紀美と付き合っちゃおうかなー」

「……はあ?」

「だってなんかもう、色々めんどくさくなっちゃったんだもーん」

唇を尖らせ、子供のように拗ねた顔をする。

「もーんって言われてもね」

「紀美が無職になっても養ってあげるわよ、だって教師だもん!」

「意味が分からないしそんなドヤ顔で言われてもね」

突然、さわ子が動きを止めた。
テーブルにきちんと両手を揃えて、まじまじと私の顔を見つめる。

「……さわ子?どうした?」

「…………」

「さわ子?気分悪い?大丈夫?」

「……紀美、」

「うん?」

「よく見たら紀美って、私のタイプかも……」

「はい、じゃ、そろそろ寝ましょうかね」

「聞いて!ね、聞いて!!」

「もー、酔っぱらいすぎよあんた」

「細かいことを言うと、紀美が男だったらもろタイプ」

「もろとか言うのやめなよ、一応先生なんだから」

まっすぐに潤んだ瞳を向けるさわ子から目を逸らし、盛大に溜息を吐いてみせる。

「ねえ、紀美……。ちょっとお願いがあるんだけど」

「……なに?」

ちらりと視線を戻すと、さわ子は恥じらうように上目遣いで私を見ている。
なんだか嫌な予感がする。いや、むしろすごく面倒臭い予感。

「あのね……」

「もう、早く言いなよ」

「えーっと……」


「好き、って言って?」




おしまい