和「次、わたしいいかしら」

紬「どうぞどうぞー」

律「おお、こゆびたててマイクもってる!なんかかっこいい!」

唯「んふふー」ぎりぎり

澪「ぶくぶく」

和「ボエーーーーーー!!!!!」

唯「……」

澪「……」

律「……」

紬「……」

しばらくして……

和「……どうだったかしら?」

紬「……ぁぅぁぅ」

唯「……よかったとおもうよ!」にこー

律「酔いざましにはなったな」

澪「たすかったよ」けほけほ

和「あら、うれしいわ。ありがとう」


律「つぎ、唯のばんだぞー」

唯「この曲うたうの!」にこにこ

紬「あれ?これデュエット曲ね」

澪「!!」ぴこっ

唯「そっかー、じゃあ」

澪「わたしわたし!」ぴこぴこ

唯「和ちゃん、いっしょにうたお!」ぎゅう

和「え?い、いいけど……」

澪「……ちぇ」

唯「わたし飲みものとってくる」

澪「あ、わたしもいっしょにい」

唯「澪ちゃん、コップかして」ひょい

澪「あ……」

唯「いってきまー」とてとてとて

律「いってらー」

澪「……なんだょぅ」


すうじかんご……

紬「きょうはたのしかったわあ」

律「またこような!」

唯「和ちゃんもいっしょだよー」ぎゅう

和「はいはい」

澪「ゆいー、わたしにもぎゅうー」

唯「えい」ぺし

澪「……いたい」

和「こら、唯」

唯「いーの」つーん

澪「……」

澪(なんだよう、唯のやつ)

澪(和にばっかりいちゃいちゃして)

澪(なつはあんなに、わたしにこだわってたくせに……)

澪(もう、あきちゃったのかな)

澪「……むすっ」

唯「?」


よくじつ!

ピンポーン

憂「はーい」

憂「こんなじかんにだれかな?」がちゃ

澪「おはよう、唯いる?」

憂「あ、澪さん。おねーちゃんなら和さんといっしょに、さきにいきましたよ」

澪「……そっか、ありがと」

憂「あの、よかったらわたしといっしょにいきませんか?」

澪「いや、いいよ。またね」とたとた

ガチャバタン

憂「……」うるうる


唯「でね、それでねー」
和「そうなんだ」

澪「ゆーいー」

唯「あ、澪ちゃ……わわっ」

澪「いっしょに学校いこーよー」

唯「にゃ……やだよっ!」わたわた

澪「そういうなよ。ゆーい、んー」すりすり

和「あらあら。わたし、さきにいくね」

唯「あー」

澪「んー」ごろごろ


きょうしつ!

唯「和ちゃん、おはよー」

和「おはよう唯。澪もあらためておはよう」

澪「へへー、おはよう」べたべた

唯「は、はにゃして!」ぺちぺち

和「ふたりとも、あしたは気をつけて。おおきな台風がくるみたいだから」

唯「澪ちゃんクラスちがうでしょ!」ぐぐぐ

澪「まだだいじょーぶだよ」ぐぐぐ

和「きいちゃいないわね」

唯「和ちゃーん、勉強おしえてー」

澪「わたしがおしえてあげるよ!」ずいっ

唯「和ちゃんがいーの」ぷいっ

澪「んなこといってー、また追試になっちゃうぞ?」

モブ「え?唯って追試になったの?」

モブ「追試がゆるされるのって、小学校までだよねー。キャハハハ」

唯「……」カアァ

澪「あ、ごめ……」

唯「ふんっ」ついっ


おひる!

唯「んふふー、おひるおひるー」にこにこ

和「唯、お客さんよ」

唯「お客さん?……あっ」

澪「ゆっいー!たまにはみんなでいっしょにたべようよ!」ぱたぱた

唯「澪ちゃ……」

澪「律とムギが、部室でまってるぞ!ほら、いこいこ」ぐいぐい

唯「澪ちゃん、きょうはわたし、和ちゃんと……」

和「いいじゃない。いってらっしゃいよ」

唯「あ……」


部室!

ガチャ

澪「唯つれてきたぞー」にこにこ

紬「あら、いらっしゃい」

律「めずらしいなあ、澪がなにかを主催するなんて。なあ唯」

唯「そ、だね」へんにゃり

律「?」

紬「澪ちゃんの卵焼き、おいしそうね」

澪「ありがと!でも、唯のから揚げの方がおいしそうだよ。みてみて」

律「あれ?唯、あんまりハシがすすんでないぞ」

唯「……ん。和ちゃんと、いっしょにたべたかったな、って」

ガタッ

澪「……あっそ」

律「みお?」

澪「けっきょく唯は、わたしより和のほうがいーんだよな。よくわかったよ」

唯「澪ちゃん!?」

澪「わるかったな、ふたりっきりの楽しいじかんをジャマして!」

紬「み、澪ちゃんどうしたの?おちついて?」おろおろ

唯「澪ちゃん、わたしそういうつもりじゃ……」

澪「なにさなにさ、合宿のときなんか、勝手にヘンなカンちがいしておこったくせに!」

唯「!!」

澪「もういいよーだ!唯なんか知らないから!お幸せに!」

ガチャバタン!

紬「……ほらみてー、マンボウ」ぷくぷく


律「……」

唯「……」

律「……なあ唯」

唯「……あ、あに?」でろり

律「澪はいま、ちょいと調子わるいから。ゆるしてあげてくれ、な?」

唯「……ちがうよ」

律「なにが?」

唯「わたしが、ゆるしてもらわなくちゃ……」めそ



紬「マンボウよー、だれかみてー」ぷくぷく



放課後……

澪「……こんにちは」

唯「あ、澪ちゃ」

澪「つーん」

唯「うぅ……」

律「……」

紬(ヒラメの方がいいかしら?)

唯(どうしよう……澪ちゃんおこってるよ……)

唯「澪ちゃん、あのね」

澪「ぷいっ」

唯「えっと……」

澪「つんっ」

唯「あうぅ……」へんにゃり

唯(澪ちゃんおこってるから、きょうはひとりでれんしゅーしないと……)

唯(……)

唯(ここ、どうすればいいんだろ……)

唯「んー、んー」

澪「……」うずうず

律「……なあ澪」

澪「んー?」

律「もうゆるしてやってくれよ……かわいそうだよ」

澪「……ぃゃ」ぷい

紬「お茶にしましょ。ね?」にこにこ

唯「……わーい、ありがと」げっそり

律(もうやつれてる……)

澪「……」はらはら

唯「……おいしいなー」

紬「あ、唯ちゃん!カップ!」

唯「ほえ?」

カチャッ だばー

唯「あ、あちちっ!」

澪「ぁっ!」

紬「唯ちゃん、だいじょうぶ!?」

唯「うぅ……」じわー

澪「ゆいっ、なかないで!ほら、わたしがふいてあげるから!」ふきふき

律「お……」

唯「……みお、ちゃん?」

澪「……あっ」

唯「ありが」

澪「ごめん、きょうはさきにかえる」ついっ

唯「あ……」

澪「バイバイ」

ガチャバタン!

紬「……」

唯「……」

律「……あのばか」

唯「……どうしよう」

紬「唯ちゃん……」ぽむぽむ

唯「このまま、ずうっと澪ちゃんと口きけないままだったら……」じわー


澪『ゆいーおわかれだよー』

唯『澪ちゃん!?』

澪『唯はわたしなんかきらいだもんな、だからさよなら』

唯『まって!わたし澪ちゃんきらいなんかじゃないよ!』

澪『わたし長万部いくんだー。だから永久にグッバイー』

唯『やだあ!澪ちゃんまって!はなしをきいてよぉ!やだああぁぁぁ……』


唯「う゛う゛う゛う゛う゛~」ボロボロ

紬「唯ちゃん!?」

唯「澪ぢゃんおぢゃまんべいっじゃやだああぁ!う゛う゛う゛う゛う゛~」ボロボロ

律「あー、よしよし。あいつはどこにもいかないぞ」なでこなでこ

唯「ひっく……ひっく……」ぷるぷる

紬「唯ちゃん、ほら!マンボ」

律「それ、もういいよ」

紬「……」しゅん

唯「……っく、ぐすっ……」

律「おちついたか?」さすさす

唯「……りっちゃん、ムギちゃん」ぐすっ

律「んー?」

唯「わたし、あしたあやまりたい。なんとかして、澪ちゃんにあやまりたい……」

律「そうだな、なかなおりしような」にこっ

唯「……ん」にこ

律「お、わらったわらった」にしし

紬(そうね、それがいちばんね。でも……)

紬(おてんきが、ちょっと心配ね……)


よくじつ……

唯「……」

ざああー

律『……まあほら、だいじょうぶだよ。なかなおりが、いちにちずれただけだから』

唯「……むー」へんにゃり

律『せっかく休校になったんだから、なかなおりの方法かんがえるのはどうよ?』

唯「……ん。そうしよう、かな」

律『あるいはいちにち、澪のことわすれてパーッとあそぶとか』

唯「むり」

律『ほえ?』

唯「澪ちゃんわすれるなんて、むり」

律『もしもーし、よくきこえなかった』

唯「なんでもない」ぷい

律『んじゃ、まったなー』

唯「……りっちゃ」

律『んー?』

唯「……でんわ、ありがと」

律『どういたしま……そこだ!旋風裂斬!』

唯「……なにしてんの?」

律『めざすは打倒・憂ちゃんナコだぜ!』

唯「ゲーム……」じと

ガチャン

唯「さて、と……」

ガラララ、ピシャーン!

唯「うなー!」びくぅ

唯「ぁぅう……憂まだかえってこないのかなぁ」ぷるぷる

ガチャ

唯「!!」ぴここん

憂「ふうー、すっかりぬれちゃった」

唯「おかえりーういー!」ぎゅう

憂「ただいま、お姉ちゃん!アイスたべる?」なでこなでこ

唯「ん。……いま、気分じゃないの」

憂「そっか……あ、さっきね。澪さんにあったんだよ」

唯「!?」ぴこっ

憂「学校にわすれものとりにいくんだって」

唯「……それで?」ぴこぴこ

憂「んーと、そのときは買いもののまえだったから、あめふってなかったんだよね……」

唯「……」うずうず

憂「澪さん、カサもってなかったんだけど……だいじょうぶかな?」

ガタッ

唯「ういー!ちょっとおむかえいってくるね!」ばびゅーん

憂「はやっ!?」


3