憂「お・ねえ・ちゃん~」

唯「う、うい~……まだぁ……?」

憂「もうちょっとだよ~」

ペタペタ…

ペチョペチョ…

ぬりぬり…

唯「くすぐったいよ~」

憂「もうすぐできるからお姉ちゃん」

憂「お姉ちゃん型のチョコレート!」


こんにちは!平沢憂です。

今日はバレンタインということでさっそくチョコレートを作りたいと思います。

材料は普通にカカオとかなんですけど、今回はハートじゃなくお姉ちゃんの形にしたいと思います。

ハートより、より深い愛が出るんじゃないでしょうか。

憂「ふんふん~♪」

ぺたぺた

唯「ひゃん!そこくすぐったいよぉ」キャキャッ

憂「もうすぐできるから我慢してね」ニコ

唯「う、うん」

ぬりぬり~

唯「はふん……」

憂「はい、もう少し手を上げたほうがいいかなぁ……」

唯「もうちょっと?」

憂「うんうん。そっちのがお姉ちゃんらしい感じがでるよ!」

唯「よーし……ってそろそろチョコが溶けちゃうんじゃないかな??」

憂「う、やっぱり体温で溶けちゃうかぁ……」

唯「ひょーどろどろだあ」

唯「全身あまーい匂い!」

憂「ああ……お姉ちゃん甘くてステキ……」

憂「ちょっと……舐めていいかな」

唯「いっぱいあるからいいよー」アハハ

憂「それじゃあ……」

ぺろぺろ

ぺちゃぺちゃ

憂「チョコだよお姉ちゃん……お姉ちゃんチョコの味だよぉおおおぉおぉおぉお……!!!」

唯「おいしい?憂おいしいの??」

憂「おいしいよ!とってもおいしいよ!」ペロペロ

唯「ほうほう……」

ジー…


ぺろり

唯「!!!!」


唯「はっ!!なんと甘美なお味でしょう!??」

憂「ね??おいしいよね???」

唯「おいひいおいひぃ……」ペロペロ…

憂「お、お姉ちゃん……も、もっとほしい」

ぺろぺろぺろり

唯「ひゃははぁ……くすぐったあぁぃ」

憂「全身なめちゃうよ~」

レロレロレロ~

唯「ああ……憂の口によってだんだんわたしのチョコがなくなっていく」

憂「ペロペロペロ。美味しい」

……

憂「ごちそうさま」ケフン

唯「うううぅぅ……全身べっちょり」

憂「わぁ、大変!お風呂に入ろうね」グイ

唯「ひゃあ~~」

憂「はーい下着脱いで」ポイポイ

唯「ああん」

憂「お風呂場へゴー!」

唯「あ~れ~」クルクル


……

唯「さっぱり!」

憂「キレイに!」

唯「う~ん、しかしチョコレートがなぁ」

憂「等身大のお姉ちゃんチョコは失敗したけど……」

憂「ここに事前に作っていた1/10スケールのお姉ちゃんチョコはあるの!」

ドン!

唯「こ、これがわたしのチョコレート?!」

憂「そう、お姉ちゃんへの愛の結晶……」

憂「味見したら、とっても美味しかったよ!」

唯「う、憂!」

憂「お姉ちゃん!!」

ダキッ!

ぎゅうううぅぅぅぅ……

唯「けど、ホントわたしそっくり。憂に感心しちゃう!」

憂「いつも見てるもん!なにも見なくたってそっくりにできるよ」

唯「ホントかなぁ??」

憂「ほんとだよ~」

憂「ほら、目を閉じればお姉ちゃんの顔がいつだって浮かぶんだから」

憂「お姉ちゃんも目をつむってみて」

唯「ん~」ギュウ

唯「んんん…………」

唯「うぉぉ!!」

唯「見えるよ!憂が見えるよ!!!」

憂「うん!わたしもお姉ちゃんが見えるから!」

唯「うっぅ……憂に言われて気づくなんてわたしもまだまだだね」

憂「ううん。そんなことないよ。お姉ちゃんはわたしにいつも気遣ってくれてるよ」ナデナデ

唯「ふぁぁん……ういぃぃい……ビェエーーン!」

憂「よしよーし」ナデナデ

唯「うぅん……なでられると気持ちいい……」クスン

憂「さ、お姉ちゃん。せっかくだし、このチョコ、食べてみて?」

唯「なんか……もったいないなぁ」

憂「食べないと、めっ!だよ」

唯「やぁん」

憂「ふふ……」

唯「」ジー

唯「わたしがこっち見てるみたい」

憂「可愛いね」ニコ

唯「よし!食べるぞ!」

アーーーン


パクリ



ポキン


唯「もぐもぐ……コリコリ」

憂「……どうかな???」ドキドキ

唯「う…………」

憂「う?……い?」

唯「う、うまあぁぁぁぁぁああぁぁあああ!!!!」ドドーン!

憂「ほ、ホント??美味しい美味しい??」

唯「美味しい!甘くて、けどちょっとほろ苦くて、でもすっきりしてて」

唯「こんなチョコ食べたことないくらい!!」

憂「お姉ちゃんったら」エヘヘ

唯「さすがだよ憂!分身できるだけはあるよ!!」

憂「えへへ~…………ぶ、分身??」

唯「えへへ……、ういったらあっちこっちに増えちゃいけないよぉ」

唯「わたしはうれしいけど、憂がいっぱいいたら困るんじゃないかな~……わたしはうれしいけど」ウヘヘ

憂「お、お姉ちゃん??!!ま、まさか」

憂「味付けで入れた、このウイスキーに酔ったっていうの……?」

唯「うひゃひゃひゃわ」

唯「うーいがいっぱい嬉しいなぁ~」アハハ

憂「お姉ちゃんしっかりして!お姉ちゃん!!」

唯「あふん……」


クルン


バタン…



憂「わっ!」アセアセ


……

お姉ちゃんがこんなにもお酒に弱いとは思いませんでした。

ちょっとおまじないのつもりもあったのですが

悪いことしちゃったなぁと思います……。

でも、よっぱらってても、楽しそうで嬉しそうで

わたしがたくさんいるとお姉ちゃんは嬉しいみたいですね。

えへへ……こっちまで嬉しくなっちゃいます。

そんなお姉ちゃんはわたしのひざの上でスヤスヤと眠っています。

その様子は無邪気な子どものようです。

本当に可愛いなぁ……もう……。

ちょっとドタバタとしたバレンタインでしたけど

こんなお姉ちゃんの顔が見れただけで良かったなぁと思います。

でも、次こそは等身大のお姉ちゃんチョコを完成させたいですね。

次は楽しみにしててね、お姉ちゃん!


                 おしまい