今日もムギちゃんのお菓子美味しかったな。
毎回思うんだけどあのお菓子の名産地って何処なんだろ?


ガッ

唯「いたっ!」

ボーっと歩いていたせいか私は何かに引っかかり背中から転がった。

唯「あいたた…あ、ギー太!」

ケースに入れていたおかげで傷はないみたいだった。

唯「よかったーギー太…ひぃぃっ!」

老婆「………」

気付くと怖そうなお婆さんがこちらをじっと見ていた。

唯「あ、あの、その、何でか知りませんがすいません!」

老婆「………」

あれ?怒られない?

唯「…今の内に」ソーッ

あれ、何だろこれ。

お婆さんの前には『おちる1000円札 売ります』と書かれた札の横に1000円札が置いてあった。

唯「1000円…売ります?」

老婆「………」

唯「ねーねーお婆さん、何でお金を売ってるの?」

老婆「それはお買いになっただけが分かるのでございます」

唯「何だよケチ~」ブー

老婆「お客様は他にもいらっしゃるので」

唯「…値段はどのくらいなの?」

老婆「1000円でございます」

唯「1000円?1000円を1000円って…」

老婆「……」

黙ってないで何とか言ってほしいよ…。

唯「ちょっと待って、1000円なら…」

なんとなくお婆さんの気迫に圧されて買うことになっちゃった。

老婆「お買い上げありがとうございます」

でも得した訳でもなく損したわけでもないからいいのかな?

唯「はっ!まさか偽札かも…」

唯「そこのコンビニで確かめてみよ」


ピンポンピンポン

店員「いらしゃいませー」

唯「あの、肉まん五つください」


お財布から交換した千円を出そうとする。

この時、千円札が光ったような気がしたんだけど気のせいかな。

店員「あ、本日限定で肉まんお一つ十円となっております」

唯「…ほぇ?」

我ながら間抜けな声が出てしまった。

いつものことだけど…。

店員「肉まん五つで50円になります」

唯「あ、はい」

千円札を直し、代わりに50円玉を取って渡す。

店員「ありがとうございましたー」


唯「えへへ。おいしい」パクパク

普段は五百円なのにすごく得しちゃった。

唯「でもあのコンビニずっと使ってるけど限定なんてあったかな?」

唯「うーん…」

唯「ま、肉まんおいしいからどうでもいいや」


家に帰ると憂がご飯を作って待ってた。

唯「ういー、今日不思議なお婆さんにあったよ!」

憂「不思議なお婆さん?」


唯「うん。1000円札を1000円で売るお婆さん」

憂「お姉ちゃん…それって詐欺じゃ」

あ、そう言えば結局使わないまま終わっちゃったんだ。

憂「どこで売ってたのそのお婆さん」

唯「道端」

憂「なおさら危ないよ!」

唯「大丈夫だよ、きっと。お婆さんだし」

憂「…お姉ちゃぁん」

何でか分かんないけど呆れられた。


―次の日


唯「うーん…」

今日は休日。

私は平沢チキン(ぬいぐるみ)を買ったお店の広告を見ていた。

唯「このエイリアンのぬいぐるみ欲しいなぁ…999円か」

今手持ちは1000円とちょっと…多分、買えるよね。

唯「と言う事でデパートへ行って参ります!」

憂「いきなりどうしたの?」

唯「それじゃ憂、お留守番よろしくね!」

バタン

憂「ちょっ、お姉ちゃぁぁん!」

唯「相変わらず無駄に広いなぁ」

目標のデパートに到着。
洋服とか欲しい物が増えそうだったけど、まずはぬいぐるみ店に行くことにした。


唯「おぉ…!」

ぬいぐるみ店に着くと真っ先にエイリアンのぬいぐるみがある所へ入る。
だけどこのエイリアンコーナーにはなぜか私だけしかいなかった。

唯「人気ないのかな?こんなに可愛いのに…」

広告にあったエイリアンのぬいぐるみを一つ取ってレジへ。

唯「これください」

お財布から千円を出し店員さんに預けようとしたら断られた。

店員「その人形、人気無いので処分が決まってるんです。だから無料でお持ち帰ってください」

唯「えっ。でも広告には近日入荷したばかりだって…」

店員「そうなんですが誰も買ってくれませんからね。気持ち悪いのでお客様は10円でも嫌と」

唯「なら、私が沢山買って持って帰ってもいいんですか?」キラキラ

店員「処分に困っておりましたので…ど、どうぞ(こんなゲテモノ人形を?)」

10円って言うもんだから合計十体も買っちゃったよ。

そう言えば、またあの千円を出したら安くなったよね。

『落ちる1000円』って値段が落ちるってことなのかな?

唯「…ようし」

試しに13アイスクリームに行ってみようっと。

夢にまで見たあのアイスが食べられるかも…

唯「すいませーん。ビッグサイズのトリプルデリシャスアイスくださーい!」

例の千円を差し出す。

その時パンパーン、とクラッカーの音がした。

店員「おめでとうございます。あなたは1300人目のお客様でございます」

唯「…え?」

店員「13と付く番数のお客様には特別に13円での御奉仕となっております」

眉毛の太い店員さんはそう言って本当に13円でアイスをくれた。

唯「おいしい」ペロペロ

間違いないよ。
これはきっとどんな物も安くする魔法のお金なんだ。

唯「あのお婆さんはきっと神様の使いか何かなのかな」

これさえあれば大金持ちだよ!

唯「あ、この服可愛い」

最初は半信半疑だったけど、びっくり!

どんなに買っても10円とか20円なんだからね。

唯「憂にも可愛い服買ってあげよっと」

唯「ちょっと買いすぎたかな…」

両手には持ち切れないほどの紙袋。

唯「タクシーで帰ろ」

タクシーだと楽ちんだね。
あっと言う間についちゃった。

唯「ただいまー!」ドサドサ

憂「あ、おかえ――」

台詞が私の両手に見た紙袋を見た瞬間途切れた。

憂「お姉ちゃん…どうしたのこの紙袋の山」

唯「買ってきたんだよ。デパートで」

憂「ぬいぐるみだけじゃなかったの?お金は?」

唯「全部払ったよ」

憂「そんなお金どこに…」

唯「むふふ。ちょっとね~」

紙袋から憂のために買ってきた服を出す。

唯「はいこれ」

憂「あ、可愛い」

唯「いつもお世話になってるお礼だよ」

憂「ありがとうお姉ちゃん。とっても嬉しいけど…」

未だに憂の顔は下がり眉になっている。

私ってそんなに信用ないかな。

唯「大丈夫だって!何にも心配しなくていいよ」

憂「そこまでいうなら…」

唯「うむうむ」

唯「(次からはもうちょっと自重しよ)」


―週明けの放課後

梓「…あっ、唯先輩ギターメンテナンスしたんですね」

澪「本当だ。綺麗になってるし弦も張り替えれてるな」

唯「わざわざ専門店のトコに持ってったからね!」フン

紬「言ってくれたらウチでできたんだけど…専門店なら高かったでしょ?」

唯「えへへ、そうでもないよ」

律「……うーん」

みんながギー太を見ている中、りっちゃんだけが私を見ていた。

唯「どしたの、りっちゃん?」

律「何か…お前からあたしと同じ匂いがする…」

唯「そうかな?」クンクン

律「そこは敢えてツッコまんぞ」

澪「何言ってんだお前は」

律「いや、あたしも何ってんのか分かんねーんだけど…」

今日のりっちゃんは何か変な感じだ。

律「まぁ、とにかく唯。何事もほどほどにな」

梓「何事って何のことですか?」

律「うーん…何だろ」

りっちゃんはどうも何かが腑に落ちない様子みたい。
それから今日も練習もせずにお菓子だけ食べて解散した。

その日の帰り道。

唯「あ、お婆ちゃん」

この前の道端にひっそりと座るお婆ちゃんを見つけた。

唯「この前はありがとー。おかげでギー太も綺麗になったよ」

老婆「………」

唯「あれ、また何か売ってるの?」

『おちる扇子 売ります』

唯「今度は扇子?」

唯「今度はどんな効果があるんだろ…」

老婆「100円でございます」

唯「100円かぁ…」

多分このお婆さんに不思議な千円使っても効果が無い気がする。

素直に払っとこ。

唯「100円なら普通に払えるしね」

老婆「お買い上げありがとうございます」


唯「この扇子は一体何が落ちるんだろ…」

扇げばいいのかな?

唯「なら…そーればったばった!」




唯「…何も起こらない」

唯「でも100円だしいっか。普通に使えば」

憂「お姉ちゃんご飯でき……だ、誰!?」

唯「え?お姉ちゃんだよ、憂」

憂「その声……お姉ちゃんなの?(こんなにキリッとした顔じゃないよね?)」

唯「もう何言ってんのー?『誰』はひどいよ憂」

憂「だ、だって!そんなにキリッとした顔じゃなかったよお姉ちゃん」

唯「はい?」

憂「もうっとこう、ふにゅっとした感じだったじゃん。目も垂れ目だったし」

さっきから憂は何言ってるんだろ。

憂「きっと鏡見てみれば分かるよ」

唯「鏡なら机の中にあるよ」ゴソゴソ

机の中から鏡を取り出して自分の顔を見る。

唯「か、かっこ唯…」


―翌日

律「誰だお前は」

唯「第一声が酷いよ、りっちゃん」

紬「その声、唯ちゃん!?」

和「ホントに唯…なの?昔の面影すら無くなってるわね」

澪「何か大人っぽくなったな」

律「ちっがーう!唯はこんな色気ある顔じゃねーだろ、もっとこうアホ丸出しの…」

和「分かるわ。常にポケーとしている顔ね」

私の顔ってそういう風に見られてたんだ…。

唯「…あ」

お昼休みに食べようとお弁当忘れちゃったことに気付いた。

唯「ちょっと売店に行ってくるよ」

律「何だ、弁当忘れたのか?」

紬「買わなくても、分けてあげるよ」

唯「大丈夫だよ。そんなにお金かからないから」

魔法の千円札があるからね。


そんなわけでいつもはあんまり使わない売店へ。


唯「へー、結構種類豊富なんだ」

うーん、何にしようかな。
どれもおいしそう…いっそ全部買っちゃおうか。

キャッ キャッ

何だか、えらく周りが騒がしくなった。

唯「何だろ…何かのイベント?」

アッ、コッチムイタヨ!

キャーーッ!

唯「……」

全身を突き刺すような視線を感じる。

純「嘘…あれ、ホントに唯先輩!?」

憂「うん」

梓「雰囲気がガラリと変わってる…」

純「何だかカッコよくなったね」

憂「最初は思わず誰かと思っちゃったよ」

純「うーん…何か、イイよね」

梓「(中身まで変わってなければいいけど)」


5