唯「りっちゃんのおっぱいには何が詰まってるんだろう」

唯「夢?希望?愛?」

唯「うーん・・・」

唯「澪ちゃんのおっぱいは魅惑の澪っぱいだけど・・・」

唯「りっちゃんのおっぱいは謎いっぱいだなぁ」

律「何ぶつぶつ言ってるんだー?」

唯「謎がいっぱいなんだよ・・・って、りっちゃん!?」

律「おう、りっちゃんだ」

唯「びびびびっくりさせないでよもう!」

律「おぉう?そんなにびっくりしたかー?」

唯「びっくりしたよー・・・心臓が出るよ!」

律「あはは、ごめんごめん・・・それでさっき何言ってたんだ?」

唯「え・・・あー・・・ちょっとわからないことがあって・・・」

律「なんだなんだー、りっちゃんに言ってみろい」

唯「いやー・・・りっちゃんにはわからないというか・・・」

律「むむ、それは聞き捨てならんな!りっちゃんに不可能はない!」

唯「いやーでも・・・」

律「ほらー言え言えー」ツンツン

唯「ちょっ、つんつんしたらこそばっ」

律「このこのぉ」ツンツン

唯「だ、だめだって!あひゃっ」

律「これでもかぁぁ」ワキワキ

唯「ふぅんんっ・・・わか、ったぁ・・・言う、言う!」

律「最初から素直に応じればいいのだよ」

唯「ふぅ・・・ふぅ・・・」

律「さぁ、洗いざらい話してもらおうか!」

唯「それはその・・・」

律「ほほぅ、またくすぐりの刑にあいたいと?」ワキワキ

唯「だ、だめっ!」

律「じゃぁ言ってもらいましょうか」ワキワキ

唯「うぅ・・・」

唯「えーと・・・その・・・」

唯「謎が・・・いっぱいだなって・・・」

律「なぞ?」

唯「じ、人生には謎がいっぱいだなって考えてたんだよ!」シドロモドロ

律「・・・目が嘘ついてるな」ワキワキ

唯「ひぃぃぃぃ!わかった、言います言います!」

唯「り、りっちゃんのおっぱいの事を考えてました!」カーッ

律「なんだ、りっちゃんのおっぱいか」

律「そうか、りっちゃんのおっぱいか」

律「・・・え?」

唯「はい、言ったので今日は帰ります!さようなら!」

律「ちょっと待った」ガシッ

唯「えーと・・・あはは・・・」アセアセ

律「なんでその・・・私のおっぱいを・・・考えてたんだ?」

唯「え」

唯「それはその・・・なんとなく気になったというか・・・」

律「・・・私のおっぱいのことを考えて何しようとしてたんだ・・・?」

唯「いえっ、何もしません!考えてただけです!」

律「・・・本当か?」

唯「はい!本当です!りっちゃんのおっぱいは謎がいっぱいだなぁって思ってただけです!」

律「・・・謎?」

唯「はわわ、何でもないよー」ヒューヒュー

律「吹けないのに口笛吹くな・・・しらじらしすぎる」

律「本当の事言わないとさわちゃんに言いつけるからな!」

唯「そ、それだけはご勘弁をぉぉぉ」

唯「えっとですね・・・」

唯「非常に言いにくいんですけどね・・・」

唯「りっちゃんのおっぱいは・・・」

唯「どうして・・・どうして・・・」

唯「成長しないのか謎だなぁ、って・・・考えてました」

律「」

唯「さぁ、言ったので帰ります、お疲れ様です」

律「」ガシッ

唯「り、りっちゃん?」

律「」ワキワキ

唯「そっ、その手を引っ込めよう?ね?」

律「」ワキワキワキワキ

唯「ひっ、ひあああああああああああああ!!!!!」

数十分後

唯「」ビクンッ・・・ビクンッ・・・!!

律「ふぅ・・・こんなもんか・・・」

唯「ひゃ、ひゃめぇ・・・いっひゃんのてがぁ・・・」ビクンビクン

律「あちゃー、やりすぎたか?」

律「おーい唯ー、戻れー」ペシ

唯「はっ・・・!私は何を・・・?」

律「おう、おかえり」

唯「り、りりりり、りっちゃちゃちゃちゃ」ガクガク

律「怖がりすぎだ!もうしないから安心しろー」

唯「ほ、ほんと・・・?」

律「ほんと」

唯「ほんとのほんとのほんとのほんとの・・・」

律「だーっ!もう!信じないとまたやるぞ!」

唯「信じます信じます信じます信じます」


律「さて、唯には私の胸を侮辱した罰を受けてもらおうか」

唯「えええええ、罰なら今・・・」

律「あれは私個人からの罰だ!そして今からは胸の小さい人全員からの罰だ!」

唯「しょ、しょんな・・・」

律「というわけで、唯には罰として・・・」

唯「・・・」ゴクリ

律「私の胸を大きくしてもらう」

唯「・・・へ?」

唯「ど、どうやって・・・」

律「胸を大きくする方法といえば昔から決まってるだろ?」

唯「ま、まさか・・・!?」

律「そう、そのまさかだよ!」

律(胸を揉まれるぐらいいいよな・・・くすぐってるときの唯に欲情したなんて言えないし)

唯(む、胸を大きくするって・・・えっちするってことだよね・・・しかも女の子同士で・・・)

唯「そ、そんなことできないよ・・・」カーッ

律「だ、だめだ!ちゃんと罪を償うんだ!」

律「私や梓に申し訳ないと思わないのか!」ビシッ

唯「はっ!」ガーン

唯「りっちゃんだけじゃなく・・・あずにゃんをも侮辱していたんだね私は・・・」ズーン

唯「・・・わかったよりっちゃん!私、償うよ!りっちゃんにもあずにゃんにも、ちゃんと償うよ!」

律「わかってくれれば・・・いいんだ」ポン

唯「りっちゃん・・・」ホロリ

唯「ほ、本で得た知識しかないのにいいの・・・?」

律(揉むだけの本って・・・どれだけおっぱいが好きなんだ唯は・・・)

律「ま、まぁそれでいいぞ」

唯「わかったよりっちゃん・・・いくよ!」

唯(まずは胸からだよね・・・)

唯「えい」フニュ

律「ひぁっ」

唯(ひぁっだって・・・かわいい・・・)

唯「」フニュフニュ

律「ん・・・」

唯「い、痛くない?」

律「ん、あぁ・・・大丈夫だぞ」

唯「よかった・・・」ムニムニ

唯(今は胸だけだけど・・・次はやっぱり・・・するんだよね・・・)フニフニ

律「んん・・・いいぞー唯、大きくなりそーだ」

唯「りっちゃん・・・本当にまだするの・・・?」

律「・・・唯は嫌か?」

唯「わ、私は・・・」

唯「りっちゃんとならひとつになれる!」ガバッ

律「うおっ!?」

チューッ

律「!?」

唯(えっちのときのちゅーは・・・舌を入れるんだよね・・・!)

レロォ

律「んーっ!?」

チュパッ・・・ンチュゥ・・・

律「んんん・・・」トローン

唯(何これ・・・ちゅーしてるだけなのに気持ちいい・・・)

律(な、なんで唯はちゅーしてるんだ・・・?)

チュプッ・・・ピチャァ・・・

律(でも・・・気持ち良すぎてどうでもいい・・・)

唯「んっ・・・」パッ

律「ぷはっ・・・」

律「ゆ、唯ぃ・・・?」

唯「えへへ、しちゃったね、ちゅー」

律「・・・うん」カーッ

唯「つ、続き・・・する?」

律(ま、まだちゅーするのか・・・?でも気持ち良いしなぁ・・・)

律「・・・」コクッ

唯「うん、わかったよりっちゃん」ヌガシヌガシ

律「ふぇっ!?」

律「ちょ、ちょっと唯ぃ・・・何で脱がして・・・」

唯「・・・あれ?りっちゃんは着たままのほうが良かった・・・?」

律「ど、どういうことだよ・・・」

唯「え、どういうことって・・・続きをしようと・・・」

律「ちゅーするのに脱ぐの・・・?」

唯「ま、まだちゅーするの!?」

律「・・・え?」

律「ちゅー以外に何するんだ・・・?」

唯「そっ、それはりっちゃんが・・・えっちしようって言うから・・・その・・・続きを・・・」

律「なっ」カーッ

律「え、えええっちしようなんて言ってないぞ!?」

唯「えええええ!?」

唯「でも胸を大きくするためにえっちしようって・・・」

律「ど、どんな勘違いしてるんだよ・・・」

律「胸を大きくするのは揉むだけでいいんだよ」

唯「ええええええええええええええ」

唯「じゃぁわたっ、わたし、わたしはわたしは勝手にえっ、えっちをえっちちち」プシュー

律「まったく、唯はドジだなぁ・・・」

唯「うぅ・・・ごめんねりっちゃん・・・」

律「ま、まぁ気持ちよかったからいいけど・・・」ゴニョゴニョ

唯「え?」

律「な、なんでもないっ!」カーッ

唯「ええ・・・」

唯「それより、りっちゃん」

律「ん?」

唯「も、もっかい・・・もっかいだけちゅーしていい?」

律「なっ・・・」

唯「いっかいだけ・・・ね?」

律「ったく・・・い、いっかいだけだぞ?」

唯「りっちゃん!」パァァ

唯「えへへ、りーっちゃん」チュー

律「んっ・・・」チュー



おしまい



2