先輩たちが卒業しちゃってから一ヶ月。

この一ヶ月は新歓ライブの準備で何かと忙しく、我を忘れて練習に打ち込んでたから忘れてたけど。

それもひと段落ついて、改めて先輩たちがいなくなった部室を見渡してみると・・・・

一人でいるわけでもないのに、何だか寂しさが込み上げてくるようで・・・・

純 「練習終わりーっと。さぁ梓。かえろぉ?」

梓 「うん・・・・」

憂 「どうしたの、梓ちゃん?」

梓 「ううん。なんでもないよ」

憂 「なんでもないって顔じゃないけれど・・・・ どうかしたの?」

純 「ははぁ、わかった!新歓も終わったのにまだ入部希望者が来ないもんだから、たそがれちゃったなぁ?」

梓 「違うよ。いや、ま。それもちょっとはあるけど・・・」

純 「んじゃ、どうしたってのさ」


言えないよなぁ。

先輩たちと会えなくって、超さみしいよー!なんて・・・


憂 「じゃ私こっちだから。また明日ね」

純 「あいよ、おつかれー」

梓 「純、おじさんみたい。じゃあね、憂」

憂 「あはは。ケンカしないでね?それじゃー」

梓 「行っちゃったね。さ、私たちも行こう」

純 「うん。ときに中野クン。君、今わたしに何と言ったね??」

梓 「純おじさん」

純 「にゃろー!」ぐりぐり

梓 「あきゃっ!痛い!ごめ、ごめんって!モップが!モップが髪にからまる!!」

純 「それで?」

梓 「え?」

純 「梓ちゃんは、なんで元気がなかったのかな?」

梓 「何のことだか、さっぱり分からない」

純 「とぼけっぷりが中途半端ですよ。つか、気づかないとでも思ってた?」

梓 「もしかして純って鋭かった?」

純 「まったく」

梓 「じゃあ、純の勘違いだよ」

純 「なわけないでしょ。ここ数日ずっとそんな感じだし。一緒にいりゃ気がつくって」

梓 「鈍い純の勘違いじゃない?そういえば”鈍”と”純”って字、なんだか似てるよね」

純 「お前のツインテールをモップにしてやろうか?」

純 「私だけじゃなく、憂も心配してたんだよ」

梓 「うん、ちょっとだけ元気がなかった」

純 「あっさり認めた!?」

梓 「憂に見破られていたなら、誤魔化しは効かないからね」

純 「なんだろう、この気持ち。寂しいような切ないような」

梓 「ごめんね」

純 「まぁ良いけど」

梓 「あっさりしてるね」

純 「そこが私のいいところ」

梓 「浅漬け並みのあっさりさだね」

純 「褒めてんの?けなしてんの?」

梓 「先輩たちがさ。いなくなっちゃって、今までは忙しくってセンチになってる暇なんてなかったんだけど」

純 「ふむ」

梓 「落ち着いたら、急に部室がガランとしてる気がして。おかしいよね。純や憂も来てくれてるのに」

純 「ふむふむ」

梓 「なんでだろ。練習はしないし人に変なあだ名つけるし。ずーっと頭を悩ませてきた先輩がね」

梓 「いざいなくなったらさ、物足りなくて。周りの景色まで殺風景に見えてきちゃって」

梓 「おかしいね」

純 「寂しいのか」

梓 「だね。認めたくはなかったけど」

純 「会いに行ったら?」

梓 「へ?」

純 「新歓終わってちょっとは余裕もできたんだし、先輩たちも入学からしばらく経って落ち着いたでしょ」

純 「会いに行ってきなよ。唯先輩に」 

梓 「え?な、なんで唯先輩?」

純 「え?」

梓 「え?」

純 「だって・・・ 唯先輩でしょ?」

梓 「もしかして純、鈍くない?」

純 (変なあだ名をつけてたの、唯先輩だけだったじゃん。自分で言っておいて・・・)

純 「ま、まぁ・・・ 梓が思ってるほどには鈍くなかったってことだね」

梓 「すごいね、純。見直したよ。私の中での株が上がったよ」

純 「ずいぶん低かったんですね。今までの私の評価って」

梓 「とはいえ、忙しくないかなぁ。迷惑にならないかなぁ」

純 「迷ってる暇はないと思うけどなぁ」

梓 「なして?」

純 「なしてって、相手は花の女子大生だよ」

梓 「言い方がいちいちオジサンっぽい・・・」

純 「女子大生といえば、夢のキャンパスライフ!そこでの出会い!合コン!夜の街!ホテル街!ベッドの上!ぷはーっ、よかったぜ」

梓 「イメージが偏っていませんかね、純さん」

純 「まぁまぁ。新生活には誘惑がいっぱいって事だよ。早く連絡しないと、先輩が彼氏を作っちゃうかもよ」

純 「そうなったら、それこそもう梓をかまってる暇なんて無くなっちゃうんだから」

梓 「まさか、唯先輩に限って。それに先輩たちが入ったのは女子大だよ?女子高の三年間でも何もなかったのに・・・」

純 「だからさぁ、新しい環境は人を変えるんだって」

梓 「そんな・・・そんな・・・」

純 「それにさー。共学から進学してきた人とも当然しりあうじゃん?」

梓 「あ・・・」

純 「友達の横のつながりで、それ合コン!やれ交際!そく妊娠!なんて事も・・・」

梓 「あ・・・あ・・・」

純 「グズグズしてたら、次に来た連絡が”私たち結婚しました!”だったって事も・・・!!」

梓 「うえ・・・うえ・・・」

純 「お正月には赤ちゃんの写真入年賀状が送られてくるぞーー!」

梓 「い、やぁあーーー!」

純 (面白いやつだなぁー)

梓 「やだやだ。電話するー!」

純 「おう、ガンバレ」

梓 (携帯ピポパ)

ぷるるるぷるるる かちゃ

唯 「あ、あずにゃん!久しぶりぶりー」

梓 「乱れた私生活は許しませんからねぇえ!!!」

唯 「!?」   


かちゃっ つーつーつー

梓 「次の土曜日に会いにいってきます」

純 「うむ、よくやった」

梓 「じゃ、ここで」

純 「うん、また明日ね」

梓 「うん。あ、えっとさ、あの・・・純?」

純 「ほいさ?」

梓 「ありがとね、背中押してくれて」

純 「ウジウジじめじめな梓なんて、らしくないからさ。唯先輩から元気をチャージしてもらってきな」

梓 「チャージマン梓だね」

純 「そうだね」

梓 「流さないでよ」

純 「低予算アニメで止め絵ばっかだったけど、何気に一枚絵は良作画が多かったよね」

梓 「だからと言って、話を膨らませないで」

梓 「じゃ本当にここで。またね」

純 「うん、また」

純 「・・・・・」

純 「・・・・はぁ、私も人がいいなぁ」

純 「好きな人が側にいないのと、側にいても想いが通じないのと」

純 「どっちがましなんだろう。ね、梓・・・」



土曜日!!

唯の家の最寄り駅!!


梓 「ここで良いんだよね、降りるところ・・・あ」

唯 「うぉーい!あずにゃんーーーー!!!」

梓 「うぁ、大声で叫びながら、向こうで手を振ってるのは・・・///」

唯 「私はここだよーーーー!!!」

梓 「はうぅぅ・・・・ 唯先輩、恥ずかしいから大声は・・・あ、走ってきた」

唯 「あずにゃーーーーーーん!!!!」

がし!ぎゅうううううう!!

梓 「うぁぁぁぅ!急に抱き・・・ちょ、人目!人目がああ・・・・」

唯 「卒業してから初のあずにゃん分補充ーっ!」

梓 「離れ・・・ ちょ、離れっ!!」

唯 「満タンになるまで、ちょーっと待ってね。あずにゃん分タンクが今にも底を尽きそうなんだから!」

梓 「タンクって、何ですかそれ・・・ と、とにかくここでは離れてください!」

ぺちん

唯 「あふんっ! あぅ、あずにゃんのいけずぅ」



到着 唯の部屋!!


唯 「ここが私の部屋だよー。さ、入って入って」

梓 「お邪魔します・・・」

梓 「へー・・・・」

唯 「どうしたの?」

梓 「いえ、けっこう片付いてるなって思って」

梓 「先輩のことだから、もっと雑然としてるのかと思ってました」

梓 「足の踏み場がなかったり、汚部屋になっちゃってたり。ふふっ」

唯 「あずにゃんの中の私って、そんなイメージなのー?」

梓 「今日で少しだけしっかり者にレベルアップしたです」

唯 「もう、相変わらず辛口だなぁ。女の子は辛口より甘いのが好きなんだからね」

唯 「というわけで、あまーいお茶を煎れてくるよ。ちょっと待っててねー」

梓 「はい、すみません」

唯 「お待たせー♪ さ、二人きりだけど、久々のお茶会をしよう!ケーキもあるからね」

梓 (ピクン)「ケーキ!!」

唯 「イチゴのショート、好きだったよね。あと、紅茶はロシアンティーです」

梓 (ごくり・・・)

唯 「これまた甘いジャムを入れて飲むんだよ。今日は甘いもの祭りだ!」

梓 「唯先輩、いっつもこんな甘いものばかり食べてるんですか?」

唯 「うん。甘いのだーいすき♪」

梓 「もう、ダメですよ。いくら一人暮らしだからって、好きなものばっかり食べてちゃ病気になっちゃうです」

唯 「若いんだから平気だよー。食べた分は全部エネルギーになっちゃうもん」

梓 「甘い!アマアマですよ、唯先輩!認識まで甘党になっちゃダメじゃないですか、もう」

唯 「ケーキ頬張って幸せそうな笑顔で言われても、説得力はお留守だよー?」

梓 「あぅ・・・だって、美味しいんだもん!」

唯 「あずにゃんと食べるケーキはおいしいなぁー」

梓 「な、なに言ってるんですか、もう・・・」

梓 「・・・でも、ふふ」

唯 「なぁに??」

梓 「ちょっと安心しました。唯先輩、いつもの唯先輩だ」

唯 「んー?」

梓 「あのですね、純が変なことを言うから、それで心配になっちゃって」

唯 「純ちゃんはなんて?」

梓 「実は・・・」


唯 「あははは」

梓 「そんな笑わないでも。本当に心配しちゃったんですから」

唯 「ごめんね。でも、ありがと。くすくす」

梓 「別に・・・」

唯 「すねちゃった?」

梓 「知りません」

唯 「あのね、心配なんか要らないよ?」

梓 「私の心配なんて、よけいなお世話ですか?」

唯 「じゃなくてね。あのね、あずにゃんが嫌がることは私、絶対にしないから」

梓 「それって・・・」

ぎゅっ

梓 「あう。唯先輩・・・?」

唯 「さっきさせて貰えなかった、あずにゃん分の補給」

ぎゅうう

唯 「再開っ」

梓 どきどき

梓 (唯先輩、暖かい。それに顔がすごく近い)

梓 (先輩の吐息が・・・ ケーキの甘ったるい匂いが私の鼻先に・・・)

唯 「あずにゃん・・・・」

梓 「はい・・・」


唯 「二人きりだね」

梓 「うわっ」


さささっ


唯 「えー、なんで離れちゃうのー?」

梓 「すみません。あまりにベタな事を言われたので、とっさに・・・」

唯 「むぅ」

唯 「まぁいいや。ケーキの続き食ぁべよーっと」

梓 「え?」

唯 「え?」

梓 「いや、やけにあっさり引き下がるなと」

唯 「一日はまだまだ長いからね」ニヤリ

梓 「ああ、そういうことですか」


2