唯「いやその…澪ちゃんのおっぱいそうやって見ることあるんだって…これ言っちゃいけなかったんだった」オロオロ

憂「やっぱり律さんと澪さんはそういう関係だったんだ…/////」

唯「いやいやしかし、いい形ですなぁ、惚れ惚れするよ…」

憂「ね、ねぇお姉ちゃん、見てる…だけなのぉ?」

唯「えっ、いや…というか憂、早く触ってほしいんだね…先っちょがなんか上向いちゃってるよ」

憂「え、上……あ…」

唯「ほほぅ、これはこれは…」つんっ

憂「んっ!」ビクン

唯「ちょっとつまんでみようかな~、私もさっきつままれたし~」きゅっ

憂「ん、あぁっ!!!」

唯「ほぉ、こりこりしてる!こりこりしてる!」コリッ

憂「こ、こりこりしちゃ…だ、だめぇ…!」ビクッ

唯「ひ、ひっぱったりしてみたりして…」ぐいっ

憂「きゃあっ!?ち、ちくび…の、のびちゃぅぅう!!」

唯「お、おっぱいものびてるよ、憂っ…」ごくり

憂「ち、ちくびばっかり責めないでよぉ~!///」

唯「はっ!そうだね。私は憂のおっぱいを揉む使命を受けていたんだった!」

憂「そんな使命出してないけど…そうだよ…」

唯「ではでは…」もにゅん

憂「あんっ」

唯「下から両の手の平で持ち上げてみたけど…すごいボリュームだねこりゃ…」もにゅんもにゅん

憂「ん…/////」

唯「それにこの手に吸い付くような感触はどうしたことだろう。まさにもち肌!憂、ありがとう!」

憂「?どういたしまして?」

唯「よっと、持ち上げて…」たゆん

憂「ん…」

唯「手を放す!」ぱっ

憂「あっ!」たゆんたゆんたゆんたゆん

唯「おっほぉー、揺れてる!揺れてるよ憂!!」

憂「お、おっぱいで遊んじゃ…めっ」

唯「ごめんごめん、でも憂のおっぱいがいけないんだよ。こんなに触り心地がいいから…」なでなで

憂「あっ…撫でられるの…いい、かも」

唯「ほうほう…」スリッ

憂「!!!だっ、だから指で先っちょ擦っちゃめっ!だよ」

唯「感じちゃうから?」

憂「う、うん…」

唯「じゃあ先っちょは後でね♪」

憂「後でもめっ」

唯「けち~」

憂「ちくび以外なら触ってもいいから…」

唯「うー…あっ!ちょっとまっててね!」たったった

憂「えっ?」

唯「ただいま!はいこれ!」

憂「……絆創膏?」

唯「これを先っちょに貼ればいいと思うのです!」ふんすっ

憂「」


唯「…よし、貼れたっ!」

憂「うぅ…なんだか変な気分…」

唯「これで大丈夫だね!」

憂「でもこれ、取るとき痛くない…?」

唯「大丈夫大丈夫、痛くない絆創膏だから!」

憂「本当に?」

唯「うん。前大丈夫だったよ!」

憂「試したんだ…」

唯「では、おっぱいを揉むのを再開します!」ふんす

憂「あっ…」

唯「指が憂のおっぱいの中に埋まってく…や、やわらかい…」ぐにゅっ

憂「んんんっ!」

唯「おっぱいを…左右に開く!」ぐにゅ

憂「はぁっ…」

唯「閉じる!」ぐにゅ

憂「んっ!」

唯「柔らかくてすべすべで…最高のおっぱいだね、憂のおっぱいは…」もみゅっ

憂「はぁ…っ!あ……も、もういいよね、お姉ちゃん」

唯「え、まだまだこれからでしょ?」もみゅ

憂「んっ、そ、それ以上やられると…ね。ほら、その…代えのね…」

唯「代え??」

憂「う、うん…下も…全部洗濯しちゃったから無いんだ…」

唯「え、何が?」

憂「も、もう、分かってて言ってるでしょ…パ、パンツだよぉ」

唯「ん?パンツがどうしちゃったのぉ?」ニヤニヤ

憂「お、お姉ちゃんのいじわるぅ…」

唯「ふふふふふ…まあ、パンツはブラジャーと違って私が使えるからいざというときは私のを履けばいいと思うのです!」ふんす

憂「え~」

唯「それともノーパンのがいいのかな?」

憂「そ、それはいやだよぉ…」

唯「そうだ!あらかじめ脱いでおけば、濡れる心配ないからいいんじゃないかな!?私ってば天才!」

憂「えぇっ!?/////」

唯「だってもうパンツ無いんでしょ?じゃあ脱がなきゃ!」

憂「も、もう止めるっていう選択肢もあると思うんだけど…」

唯「却下なのです!」

憂「え~」

憂「おっぱいこうやって見られて…触られてるだけでも本当はすごく恥ずかしいんだよ?」

唯「そこがいいと思います」

憂「それなのに、加えて下半身…あそこまでお姉ちゃんに見られちゃうの…?」

唯「いえ、私が興味があるのは憂のおっぱい、ういっぱいのみです!でも、あそこを見せてくれるというのであればやぶさめではありません!」

憂「…もしかしてやぶさか?」

唯「そうとも言います」

唯「でも今日はういっぱいを堪能したいので下はまた今度ということで!」

憂「う、うん…って、また?」

唯「今夜は寝かさないぜ、こねこちゃん」ぱちっ

憂「両目つぶっちゃった」

唯「でも…本当にいいのかな、姉妹でこんなことして」

憂「いきなり素に戻らないでお姉ちゃん」

唯「だって…」

憂「私がいいって言ったから、いいんだよ…」そっ

唯「あっ…ん…憂の胸のドキドキ、すごく早いね…」

憂「ん…」

唯「憂、大好き」

憂「私も大好きだよ、お姉ちゃんっ」

唯「じゃあ、ちょっとういっぱいの味見を…」ちゅっ

憂「きゃっ!く、くすぐったぁい…」

唯「えへ~」れろ~

憂「んっ、んんっ、し、舌がおっぱいを這うように…お姉ちゃん、こんなテクニックどこで覚えたのぉ///」

唯「ふふふ、だてにアイスキャンディーを食べてはいないのです!」

唯「んー、やっぱりこれも邪魔だよね。取っちゃうね」ぺりっ

憂「きゃんっ!あ…」

唯「こんにちは、憂のさくらんぼさん♪そして…」

憂「えっ」

唯「いただきま~す」あむっ

憂「くふぅっ!!!」ビクビクッ

唯「んっんっんっ」ちゅうちゅう

憂「おぉ、おね…ちゃ…だ、だめ、それ…き、気持ちよす…ぎるよ……ぉ」ガクガクガク

唯「んー、ほうはほー?」

憂「く、口にふくんだまま喋ると…おっ、ぱ…いにひ、ひびくよぉ~!/////」

唯「んー?」ころころ

憂「んっ!ち、ちくび責めちゃ…やぁ…っ…」

唯「んふふ♪」ちゅ~~~~

憂「あ、あはぁ…あんっ……んっ」

唯(そろそろ憂の限界が近いようだね…では、最大吸引で先っちょを責めるよっ!!)

唯「すぅ~~~~~…あ、息を吐かずに吸っちゃっ…た……あ…れ?」ばたん

憂「えっ!?お、お姉ちゃん!?お姉ちゃーんっ!!!」


    • ゃんっ

      • ちゃんっ

憂「お姉ちゃんっ」

唯「うーん…あ、あれ?憂?」

憂「おはよう、お姉ちゃん♪」

唯「…あれ?」

憂「どうしたの?気持ちのいい朝だよっ」

唯「え………今までのことは…夢、だった…の?」

憂「お姉ちゃん?」

唯「そっか…そうだよね、憂があんなこと言うわけないもんね…あははは…はぁ~」

憂「もー、ため息なんかついてどうしたの?」

唯「いや、ちょっといい夢を見てさ…」

憂「そうなんだ♪あ、そうだお姉ちゃん。天気もいいしさ、スーパーにさくらんぼ買いに行かない?」

唯「えっ?」

憂「そう、さくらんぼっ♪」ちらっ





唯「夢だけど!」

憂「夢じゃなかった~♪」

唯「夢だけど!」

憂「夢じゃなかった~♪」

おしまい♪