憂「えっと……は?」

梓「言葉を選んでおいて何で『は?』っていうの?」

憂「は?」

梓「ノーモーションなら良いわけじゃないよ」

憂「いや、どうしたの急に?」

梓「だってさ、制服だとちょっとわかりにくいけど、この前憂の家に泊ったときの私服さ」

憂「うん」

梓「上は薄着で出るとこは出てるしさ」

憂「純ちゃんってスタイルいいよね~」

梓「それで問題は下なわけよ」

憂「下って……ホットパンツ?」

梓「そう! それなの!」ダンッ

憂「うるさい」

梓「ごめんなさい。
  でもさ、あれは反則だよね」

憂「は?」

梓「……地味に傷つくからやめて」

憂「で?」

梓「あのさ、純ってスタイルいいのになんていうか……こう足はむちむちしてるよね
  憂も唯先輩もやわらかそうだけど、純はなんかこう……」

憂「なんかパッツンパッツンって感じだよね」

梓「そう! それなの!」ダンッ

憂「うっせぇ」

梓「すみませんでした。
  でもね、そうなんだよ、なんかこう、引き締まってるっていうか」

憂「でも梓ちゃんも足細くてきれいだよね」

梓「私のは、ただ細いだけだよ……」

憂「なに? 自慢?」

梓「私はむしろ足に関してはむちむちのほうが好き」

憂「これだから細いやつは……」

憂「まぁいいや。それで?」

梓「いやそれでですね……ちょっとこう、不覚にもときめいてしまったっていうか」

憂「ふぅん……
  でもホットパンツなら律先輩もお姉ちゃんも時々着てると思うんだけど」

梓「うーん、確かに律先輩も唯先輩もはいてるんだけど……なんだろ?
  律先輩はむしろ私と同じで肉付き悪いからかも
  唯先輩は確かに肉付きいいんだけど……むぅ」

憂「うーん……
  あ、わかった。あの縞々の二―ソックスじゃない?」

梓「それだ!」ダンッ

憂「……(いい加減にしろよ」ボソッ

梓「ごめんなさい許してください私はまだ生きていたいんです」

梓「あの二―ソックスの布が破けそうなくらい広がってるのがいいのかも
  唯先輩と違ってやわらかいだけじゃなく健康的に弾力があるのがさ」

憂「お、お姉ちゃんだって健康的にひきしまってるもん!」ドンッ

梓「あ、対抗するのそこなんだ……
  あとなんでそんなことわかるのよ……」

憂「だって私妹だから!」

梓「なんか一瞬納得しかけちゃったけどかなり危ないこと言ってるからね?」

梓「まぁあのニーソがポイントだって言うのは確かだね
  きっと唯先輩なら足が柔らかすぎてニーソに締め付けられすぎちゃいそうだし」

憂「梓ちゃんはむしろニーソはいてもずり落ちてきちゃいそうだよね」

梓「……グスッ」

憂「ごめん……まさか本当にそこまでとは思ってなかったよ」

梓「……どうせ肉付き悪いもん……
  ……骨と皮だけだもん…………グスッ」

憂「ごめんね、でも梓ちゃんもかわいいよ」ヨシヨシ

梓「ごほん。

  確かにニーソはポイントだった。
  だけど、やっぱりそれも純のあの足のムチムチ感があればこそなんだよね」

憂「うん、言いたいことはわかったよ
  でも、それと最近エロいっていうのはどういう関係があるのかな?」

梓「ああもう、なんでわからないかなぁ?!」バリバリ

憂「急に頭かきむしるほどおかしいこと聞いた覚えはないんだけど」

梓「だーかーらー
  純の体は、すらっとしてて、なのに出るとこ出てて、なおかつ肉感的なの
  これがエロいってことでしょ?
  分かる?」

憂「……(うっぜ」ボソッ

梓「だから最近純がエロいっていってるんじゃん」

憂「ちょっと話を整理していい?」

梓「どうぞ」

憂「泊りに来る前は、エロくなかった?」

梓「うん」

憂「泊りに来て、私服を見てからエロくなった?」

梓「うん
  あ。あとパジャマね。薄い布一枚ってけっこうそそるよね」

憂「ふんふん
  わかったよ」

梓「わかったでしょ?」

憂「エロくなったのは梓ちゃんだよ」

梓「はあぁあああああああああぁあああああああああああぁぁあぁぁぁぁああああんん↑↑↑↑↑↑?!?!?!?!?」

憂「梓ちゃんが純ちゃんをエロい目で見るようになっただけでしょ?」

梓「わ、私エロくなんてないし! 清純派だしぃ↑↑!」

憂「おい落ちつけよ発情猫」

梓「発情なんかしてません~ 私悟りひらいてるしぃ~」

憂「幼児退行してんぞ」

梓「ばぶ~ ほら、赤ちゃんは発情なんてしないでしょ?!」

憂「必死すぎて引くわ……」

憂「じゃあ梓ちゃんは急に純ちゃんが肉付きが良くなってエロい体になったって言うの?」

梓「そうにきまってるよ!
  だって私はエロくなんてないから!」

憂「わぁ、じゃあ明日朝起きたら梓ちゃんがムチムチでボンキュっボンになってるかもしれないね
  ははっ」

梓「……あ、今本気で傷ついた」

憂「目が覚めた?」

梓「覚めたくなかったです……」

憂「戦わなきゃ、現実と(笑)」

梓「くっそー!
  私もボンキュっボンでムチッな体に生まれたかったー!」

憂「だいたいそんな簡単に人が変われるわけないんだから」

梓「そうだね
  最近エロくなったのは……」

憂「純ちゃんは、ずっとエロい体だよ」

梓「……え?」

憂「だから、純ちゃんはだいぶ前からすっごくエロいんだってば」

梓「だ、だよねぇ↑
  (あぶねー! 私がエロくなったって認めるとこだったー!)」

梓「あのさ」

憂「何?」

梓「憂はさ、ずっと純のこと、そういう目で見てたの?」

憂「は?」

梓「……だからそれ」

憂「何言ってんの? 当然じゃん」

梓「あ、そうですよね……
  (当然って言いきったよこの人……)」

憂「お姉ちゃん、抱きつくの大好きじゃない」

梓「うん」

憂「実は私も抱きつくの大好きなんだー」エヘヘ///

梓「うん、それは気づいてた」

憂「なんかね、抱きつくとすごく安心できるんだー
  なんていうか、一緒にいるって実感できるし、お互いにぎゅっとすると心もあったかあったかなんだよ」

梓「あー、それわかる気がする
  特に憂って普段なんか一歩引いちゃう感じするし」

憂「だからね、好きな人はぎゅーってしたいの」

梓「なるほど」

憂「で、ぎゅーってしてきたの」

梓「してきたんだ……」

憂「それでね、抱きつきストの私に言わせればね」

梓「抱きつきストってなによ……」

憂「純ちゃんは視覚的にも触覚的にもかなり高レベルの抱きつかれストだね」

梓「抱きつかれスト……」

憂「ちょっと恥ずかしがりながらも結局受け入れてくれるところとか最高だよ」

梓「あ、それってポイント高いんだ」

憂「でも最近は慣れちゃったのか抱きついても落ち着いてよしよしってしてくれるんだ」

梓「それはマイナスポイントなの?」

憂「ううん。 純ちゃんだしそれはそれで可」

梓「『そうなんだ』以外の引き出しが開かなくなってきそう」

憂「あ、梓ちゃんもかなり高レベルの抱きつかれストだよ」

梓「ありがとう……???」

梓「ちなみに今のところ高位の抱きつかれストってどんな感じなの?」

憂「えっとね。和ちゃんはね、私を全部受け入れてくれるの。それですごく安心しちゃうんだ」

梓「へえ。流石和先輩だね
  憂がもう一人のお姉ちゃんって言うだけはあるね」

憂「お姉ちゃんは、やわらかくていいにおいで、すごくほのぼのするんだ」

梓「あ、わかるわかる
  なんかあの雰囲気にあてられてほのぼのしちゃうよね」

憂「梓ちゃんはなんていうかこう、ベストサイズ?」

梓「なにそれ」

憂「こう、すっぽり腕の中におさまってくれる感じ
  隙間なく埋まるのがすごく気持ちいいんだ~」

梓「そ、そうなんだ
  (めちゃくちゃ恥ずかしい……///)」

憂「それでね、純ちゃんはね」

梓「うんうん」

憂「一度ね、一緒にベットで寝たことがあるんだけど……」

梓「えっ?
  それで? それで?」

憂「こう、すごかった」

梓「何が?」

憂「えっと……すごくムチムチしててね、それでいてやっぱり女の子らしく柔らかくてすべすべで」

梓「うんうん……」

憂「こう、ね?
  ずっと抱きついてると、私と純ちゃんが融けて、一つになっちゃったような感じ……」

梓「……(ゴクリ」



憂梓「……///」




純「ちょっとー、二人で何話してんのよ」




梓憂「きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」ガタンッ!

純「うわああぁあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」ガタンッ!


梓「ちょっと純!
  驚かせないでよ!」

純「私のほうが驚いたわ!
  二人してこそこそと何話してたのさ」

梓「じゅ、純には関係にゃいことなにょ!」

純「どんだけ隠し事下手なのよあんたは」

憂「純ちゃんには関係のないことだよ……」

純「なんか憂に言われると凹む……」

梓「何それ!
  私はどうでもいいって言うわけ?!」

純「どうしろって言うのよ……」

純「で、何話してたのよ?」

梓「えっと、それは……」

憂「今日梓ちゃんのおうちにお泊まりしようと思って」

梓「えっ?」

純「えー! なにそれずるーい!
  梓なんで私はだめなの!?」

梓「ちょ、ちょっとストップ
  憂、ちょっと」

憂「なぁに?」

梓「何考えてるのよ」ヒソヒソ

憂「梓ちゃん、純ちゃんが梓ちゃんおうちに遊びに来たら抱きつき放題だよ」ヒソヒソ

梓「抱きつき放題……」ポー

憂「それに、純ちゃんの私服また見れるよ」ヒソヒソ

梓「私服……」ポー


梓「じゃあ、純も泊りに来る?」

純「行きたい! 超行きたい!」

梓「仕方ないなぁ じゃあ泊めてあげよう」

純「……急に偉そうになったね」

梓「ただし、一つ条件があります
  条件があります」

純「え? 何?」

梓「ホットパンツとニーソックスで来ること!」フフン

憂「は?」

純「は?」

梓「その目やめて……
  立ち直れなくなりそう」



中野家

純「おじゃましまーす」

梓「ああ、あがってあがって」

純「ご家族の方は?」

梓「何その言い方
  今日はってか今週はツアーでずっといないよ」

純「なんだ、緊張して損した
  って、ずっといないの?」

梓「うん、そうだけど?」

純「寂しくないの?」

梓「うーん……
  家はいっつもこんな感じだしなぁ」

純「おうちの人いると思っていっぱい買ってきちゃったよ」

梓「え? なにドーナツ?」

純「うん、まぁドーナツだけど……」

梓「また?」

純「いいじゃん、好きなんだよドーナツ……」

梓「まぁ私も嫌いじゃないけど流石にその量はきついよ……」

純「まぁ3人いれば……あ、そういえば憂は?」

梓「まだ来てないよ」

純「もしかして憂が来るって言ったら唯先輩が私もいくーって駄々こねてるとか」

梓「いくらなんでも唯先輩もそこまでひどくないでしょ……」

prrrr

梓「あ、憂からメールだ」

純「あ、私にも」


2