唯「澪ちゃん可愛い!」

澪「え、あ、ありがと//」

唯「ムギちゃんも可愛い!」

紬「あらあらうふふ」

唯「あずにゃんも可愛いー!」ダキッ

梓「あう・・・//離してください」

唯「・・・」

律「おい!」

唯「りっちゃんはまあ、普通かな」

律「ガーン」

唯「あ、でもでも、りっちゃんはかっこいいよ!」

澪「そ、そうだよ!律はか、かっこいいよ//」

紬「りっちゃんは男の子だったらモテモテね♪」

梓「律先輩はイケメンですね」

律「う、うわあああああん」  ダッ ガチャ バタン!



トボトボ

律「私って・・・可愛くないのかな」

律「よく考えたらそうだよな・・・澪とムギは綺麗だし、唯と梓は可愛いし・・・
  私は引き立て役だったのか。はは」

律「はあ、かっこいいだのイケメンだの言われたって私は女だぞ。
  嬉しくないっての」

男1「あーあ。なんで俺モテねーのかな。ファッションとか気を使ってるのに」

男2「そんなもんただしイケメンに限るに決まってんだろ。
    お前がいくらオシャレな服着てもジャージ着たイケメンには勝てねえんだよ」

男1「イケメンになりてえなあ・・・」

男2「カッコよく生まれたらどんなに人生楽しかったか・・・」

律「・・・」

律「・・・!そ、そうか!男は女の子にかっこいいって言われたいんだ!」

律「みんなからイケメンって言われる私の立場は、男からすれば相当うらやましいわけだ!」

律「だったら、男として生きていけば私の人生バラ色!?」

律「よっしゃあやるぞ!」



律の家

律「ふう。しかし男っぽい生き方って言ってもなにすりゃいいんだ」

律「やっぱり高校生の男は女の事しか考えてなさそうだからな。
  誰か女の子をデートに誘うか」

律「澪に電話して……いや、それじゃいつもと変わらないよな」

律「男のことを聞くにも、うちの部には男と付き合ったことある奴いないからなあ・・・」

律「いや、待てよ。あの人なら」


……

さわ子「話って何?りっちゃん」

律「さわちゃん!私を、男にしてくれ!」

さわ子「……は?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さわ子「なるほど。それで男になりたいと」

律「うん」

さわ子「それにしても男のことで私に相談するなんて。目が高いわね」

律「消去法で仕方なくな」

さわ子「ああん?」

律「ナンデモナイデス」

さわ子「とにかく、男になるには生半可な覚悟じゃだめよ。わかってる?」

律「私は男になるって決めたんだ!覚悟はできてる!」

さわ子「ふふふ。いいわ。ついてきなさい」


……

さわ子「はい。そこに座って」

律「おう」

さわ子「ほい」ヒョイ

律「あ!カチューシャ取るなよ!」

さわ子「あのねえ、普通男がカチューシャなんてしてる?」

律「してないね……」

さわ子「でしょ。それに前髪下ろしたりっちゃんはイケメン度急上昇よ」

律「おかしーし……」

さわ子「おかしくねーし。とりあえず適当にワックスでスタイリングして……まあこんなものね。 はい鏡」

律「うわ!かっこいいかも……」

さわ子「まだまだこれからよ。次は衣装ね」


さわ子「ジャジャーン!」

律「スーツ?」

さわ子「まあそうだけど、正確にはちょっと違うわね。
    澪ちゃんと言ったらメイド服だけど、メイドの男版と言えば?」

律「えっと、執事?」

さわ子「正解!りっちゃんには執事さんになってもらいまーす!」

律「さわちゃんに頼んだ私が馬鹿だったよ。帰る」

さわ子「ちょっと!」


さわ子「待ってりっちゃん!」

律「嫌だ!なにが執事だよ結局コスプレじゃん!」

さわ子「男になりたくないの?」

律「!」

さわ子「コスプレもできないような覚悟で、男になりたいなんて言ったの?」

律「せ、先生」

さわ子「もういいわ。りっちゃんの気持はその程度だったってことね」

律「待ってください!」

さわ子「……」

律「さわ子先生!コスプレがしたいです…!」

さわ子「よろしい」ニコッ


律「着てみたけど…」

さわ子「似合ってるわよ。背の低さを差し引いてもなかなかのかっこよさだわ」

律「そりゃどうも(もう何のためにここにいるのかわからなくなってきた…)」

さわ子「あとは言葉使いね。男っぽい『だぜ!』口調も捨てがたいけど今回は丁寧な感じで行きましょう」

律「はあ・・・」

さわ子「一人称は、まあ執事だから『私』でいいんだけど、それじゃ変化が少ないから『僕』にしなさい」

律「ぼ、僕う!?」

さわ子「復唱して。僕は律です。よろしく。ニコッ」

律「ぼ、僕は律です。よ、よろしく…」ニコッ

律「(恥ずかしいいいいい)」


……

さわ子「こんなもんかな。じゃあ頑張りなさい」

律「へ?」

さわ子「だから、私からしてあげられるのはこれだけよ」

律「ちょっとちょっと!それじゃあコスプレしてへんな口調でしゃべらされただけじゃん!
  私が聞きたかったのは、なんつーか男としての立ち居振る舞いとかそういうので」

さわ子「大丈夫。あなたなら何人でも女の子を落とせるわ」

律「そ、そうかあ?」

さわ子「手始めに難易度の低い澪ちゃんから落としてみるといいわ」

律「いや、澪は難易度高いだろ!中学の頃何人の男子が泣いたことか」

さわ子「平気よ。澪ちゃんはもともとりっちゃんに惚れてるから。さあ行った行った!」

律「どうしてこうなった……」



澪の家の前

トボトボ

律「しかしこの恰好で外歩くのきっついなあ」

律「この時間は人通り少ないからマシだけど、知り合いに見られたら死ねる」

ピンポーン

澪『はーい』

律「ごめんくーださい」

澪『ああ。律か。今あけるよ』

ガチャ

澪「お待たせ……って」

律「(丁寧に丁寧に)や、やあ」ニコッ

澪「……えっと、り、律?」

律「うん。今日は急に帰って悪かったね。澪」

澪「」タラリ

律「澪、鼻血」

澪「鼻血!?あ、ちょちょっとチョコ食べすぎちゃって!決して律に興奮したわけでは」

律「大丈夫?ほら、ハンカチ」フキフキ

澪「あ・・・///」

律「(いつもならいじるんだけど、今は紳士的な行動を心掛けないとな)」

澪「と、とになく入りなよ//」

律「ありがとう。お邪魔します」

澪「(なんで律こんな格好してるの!?なんでこんな優しいの!?
  ああ私どうにかなっちゃう!)」


……

律「(澪の部屋に来たけど。ここからどうしたもんかねえ)」

澪「//」ポヤー

律「(澪のやつボーっとしてるしな・・・)」

澪「り、律!」

律「なに?」

澪「なんでそんな恰好してるんだ?」

律「これか。さわ子先生に着せられてね。やっぱり似合わないかな?」

澪「そんなことない!すごく似合ってるぞ!
  でもどうして・・・」

律「私・・・いや、僕は男として生きることにしたんだ」

澪「(ぼ、僕って//)」キュン


律「(このままごり押せばいけるか?)」

律「……澪!」キリッ

澪「は、はい!」

律「僕のこと、どう思う?」

澪「どど、どうって、その、カッコいい、かな//」

律「ふふ。ありがとう。澪は綺麗だよ」

澪「あぁ・・・そんな//」

律「(なんて恥ずかしいセリフ言ってるんだ私。でも澪はデレデレ……)」

澪「私、律にだったら何されてもいい……」

律「(え!?なにこの流れ)」


澪「律……好きだよ」

律「(え、ちょ、好きって//)」

律「あ、ありがとう(も、もう落とせたよな。成功だよな)」

澪「りつう……」

律「(なんか変な雰囲気になって来たな。帰るか)じゃ、じゃあわた、僕帰るね!」

澪「待って!」ガシッ

律「へ?」

澪「今日さ、親帰ってこないんだよね……」

律「そ、そうなんだー(なんだその都合のいいシチュは!)」

澪「りつ・・・ん」

チュ

律「ん・・・!」

澪「ぷはっ……ご、ごめん//」

律「……(澪にキスされちゃった……初めてだったのに……)」



澪「律・・・」

律「え、えっと//」

澪「ごめん律!」

ガバッ ドサッ

律「ちょ・・・!(べべベッドに押し倒された!まさか澪がこんなこと)」

澪「……律がいけないんだからな。そんな恰好で私の心に火をつけるから」

律「澪……(すごい力だ。離れられない)」

澪「もう一回、キスしていい?」

律「ちょっと……んっ」

~~~~~~~~~~~~~時間の都合で省略しました~~~~~~~~~~~~~


次の日

チュンチュン

律「う~ん」

澪「お早う。律」

律「うわ!澪!(そうか。澪の部屋で寝たんだっけ。ていうか顔近い!)」

澪「まだ登校まで時間あるからさ。律の寝顔眺めてたんだ//」

律「ていうか今日学校か。私の家に戻る時間なさそうだな」

澪「律?僕っていうのやめたのか?」

律「あ、そういえば昨日はそう言ってたな。面倒だからもういいや」

澪「そうなんだ」シュン

律「あーやばい制服どうしよう」

澪「スーツでいいんじゃない?かっこいいよ」

律「いや、学校なんだからそういう問題でもないだろ……
  まあいいか。一旦家に帰って遅刻していくよ」

澪「私の制服貸そうか?」

律「澪のじゃサイズが合わないだろー。ウエストとかなw」

澪「そ、そうだね。ごめん……」

律「えっ(なんで殴ってこないんだ?)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

放課後 音楽室

唯「澪ちゃんおいーす」

梓「どうも」

紬「お疲れ様♪」

澪「あれ?律は?」

唯「今日は来てないんだよー」

澪「ええ!」


ガチャン

律「みんなーおーっす!」

澪「律!」

唯「りっちゃんなんで授業休んでたの?」

律「いやー結局授業いくのめんどくなっちゃってさー」

澪「もう!ダメじゃないか律ったら!」

コツン☆

律「……」

梓「……」

紬「あらあらまあまあ♪」

唯「み、」

唯「澪ちゃん可愛い!」



おわり・・・でいいよね