寝室には、もう律がいた。

律を起こさないよう、静かにベッドへ入った。


「…おかえり」


澪「ああごめん、起こしたか?」

律「ううん、今ベッド入ったとこ」

澪「そうか、よかった」

律「…唯のとこ、行ってたんだろ?」

澪「…知ってたなら、来ればいいのに」

律「唯とムギはともかく、梓あたりにビンタされちゃうよ」

澪「何で?」

律「…澪を、泣かせたから?」

澪「もういいんだ、忘れろ」

律「…引越し、いつ?」

澪「卒業式の次の日だよ」

律「…そっか」

澪「家具とかはあっちで揃えるから、心配するな」

律「…見送り、行ってもいい?」

澪「もう、心配するなって」

律「わたしが行きたいんだ」

澪「そっか…」

律「ごめん、わがままで」

澪「ううんありがとう、来てよ」


それから、向こうとこっちを行ったりきたり。

必要なものを揃え、生活できるよう配置した。

やっぱりどこか、律との家に似ていた。


卒業式は淡々と行われた。

はかま姿のわたしたち。

梓や憂ちゃんも来てくれて、みんなで写真を撮った。

同じ家に居るのに、律とは別々に家を出た。

遠くで、ゼミの子たちと写真を撮る姿が見える。

わたしの写真には、一枚も写っていない。

卒業式の写真で、律と一緒の写真がないのは初めてだった。


そのまま4人でご飯を食べに行った。

最後の夜も、律は顔を出さなかった。


明日にはこの家とも…律ともお別れ。

人生の半分以上を過ごした律と、4年間暮らしたこの家に別れを告げる。

ふいに目が熱くなってくる。

でも泣かない。

固く目を閉じて、1人で眠りについた。


律「おはよ」

澪「早いな、昨日遅かったんじゃないのか?」

律「うん、でも何か寝れなくてさ」

澪「わたしもなんだ」

律「そっか」

澪「お茶淹れるよ」

律「あ、わたしがやるよ」

澪「そうか、ありがとう」


そこから、何も話さなかった。

話したいことがたくさんありすぎて、何を話せばいいのかわからなかった。

沈黙が続く。

時間はどんどん迫る。

残酷だな、もう2度と会わないのに。


澪「…そろそろ行かなきゃ」

律「そうか、じゃあ出よう」


2人で駅まで歩いた。

思えば何度も往復した道。

並んで歩くのは久しぶりだった。

なのにまだ、何も話せない。


とうとう駅に着いてしまう。

わたしが切符を買って、その横で律は入場券を買っているようだった。

改札を通っても、律は付いてこない。

駅前のコンビニの前で、タバコに火をつけていた。

その姿を遠目に眺めていた。

やっぱり様になってる。

きっとこの光景を、わたしは忘れないよ。


短くなったタバコを灰皿に消し入れて、律はこっちに向かってくる。

逃げるように、ホームの中ほどのベンチへ向かった。

誰も居ないこの駅。

腰掛けると、それを追うように律が隣に座った。


律「あのさ」

澪「ん?」

律「元気でな」

澪「…そっちこそ」

律「ああ」

澪「今まで、本当にありがと」

律「何だよ、辛気臭い」

澪「だってもう、会えないから」

律「…そう決めたのは、わたしなんだよな」

澪「そうだぞ、忘れたとは言わせないから」

律「忘れない、澪のことも」

澪「…もう、そんな風に言うなよ」

律「本当だよ、忘れない」

澪「…やめて、泣いちゃうよ」

律「…ごめん」

澪「ねえ、これ返す」

律「…まだしてたんだな、指輪」

澪「うん、何かもう体の一部みたいになって」

律「澪が捨ててよ」

澪「ダメだ、わたし捨てられないから」

律「…わかった、もらうな」

澪「はは、傷だらけになってる」

律「4年もつけてりゃそうなるよ」

澪「大切にするって言ったのにな」

律「わたしも澪のこと、そう言ったのに」

澪「…お互い、出来なかったのかな?」

律「…どうだろ」

澪「…わかんないな」


ホームにアナウンスが鳴り響く。

電車がこちらに向かってくる音が聞こえる。

もう、本当に最後なんだ。


澪「…電車、来ちゃう」

律「…澪、好きだよ」

澪「…言わないって、言ったじゃん」

律「…ごめん、本当にごめん」

澪「…やめてって」

そう言って俯いた。

涙があふれ出そうだった。

「澪」

呼びかける声に、顔を上げる。

不意にニガくて、せつない香りがした。


わたしの唇に、律の唇が押し当てられた。


「…バイバイ」


最後に聞いた言葉は、涙声で震えていた。

律の頬に涙が伝った。

その粒が落ちて、固いコンクリートにシミを作る。


それを目で追っていると、律が背中を向け歩き始めた。

段々、視界がぼやけていく。

ぼやけた律が、小さくなっていく。


電車が止まって、ドアが開く。

乗らなきゃ。

流れ出そうな涙を袖に含ませて、立ち上がった。


電車は動き出す。

初恋が今、幕を閉じた。

大切な時間の中に、立ち止まっていられない。


イヤホンをはめて、流れ出る音楽に耳を澄ます。


「いつか誰かとまた恋に落ちても」


――あなたが教えてくれた愛を、忘れない

忘れてやらないよ。どんなに胸が苦しくても、忘れない。


――あなたはいつまでも、わたしの運命の人

親友だったり、恋人だったり。大切な役目は全て、律だったから。


――あなたはいつまでも、わたしの心の中にいる

心の中に、いつも律だけの場所を作っておくよ。


――わたしもあなたの心にいれればいいのに

わたしのこと、忘れないでね。バイバイって、思い出してね。


――今も、これからもずっと、あなたはわたしの運命の人。

もう会えないけど…大好きだよ、律。今も、きっとこれからも。


今はまだ悲しい love song

新しい歌 歌えるまで

奥から奥から、涙が溢れてくる。

泣かないって、決めたのにな。

外では手も繋げなかったのに。


最後の最後で、やっと人目を気にせず恋人らしいこと出来たな。


きっと、あんなことされなきゃ、わたし泣かなかったよ。

なのに、何で。

わたしたち、もう終わったんだぞ。


知らない景色に目を向けて、さっきの感覚を思い出していた。


さようなら、わたしの幼なじみ。

さようなら、わたしの初恋の人。

さようなら、わたしの運命の人。



―――最後のキスはタバコのflavorがした。



終わる。