澪「もしもし」

唯「澪ちゃん、元気~?」

澪「まあね」

唯「よかった~」

澪「どうかしたか?」

唯「そうそう、りっちゃんのことなんだけどね」

唯「電話しても出なくて、メールも返ってこないんだ~」

澪「…そうなのか」

唯「マンガ返す約束だったんだけどね、りっちゃんいる?」

澪「今いないよ」

唯「そっか~、どうしよう」

澪「わたしが預かろうか?」

唯「うーん、そうだね。お願いしていいかな?」

澪「うん、いいぞ」

唯「どうしよう、今から行ってもいい?」

澪「待ってるよ」


しばらくして、インターホンが鳴った。


唯「お待たせ~」

澪「いやいや、わざわざ悪いな」

唯「ううん、お願いね」

澪「どうする?上がる?」

唯「澪ちゃん、今日のご予定は?」

澪「特にないもないよ」

唯「わたしも~、だからケーキ買っちゃった!」

澪「はは、唯らしい」

唯「一緒に食べよう?」

澪「頂くよ、上がって」

唯「おじゃましま~す」


買い置きの紅茶を淹れる。

とは言えティーパックだから、ムギのお茶には敵わないけど。


澪「はい、お茶淹れたぞ」

唯「ありがと、いただきます」

澪「わたしもケーキ、いただきます」

唯「それにしてもわたし、悪いことしたかな~…」

澪「何が?」

唯「りっちゃん、わたしのこと無視だもん。何かしちゃったかなって」

澪「…違うと思う」

唯「そうかな?」

澪「いや、わかんないけど…最近話してないからさ」

唯「ケンカしたの?」

澪「…別れたんだ、わたしたち」

唯「…え?」

澪「別れようって言われちゃったよ」

唯「何で…?」

澪「うん、えっとな…」


あの日、唯達が帰った後のことを話した。

唯は紅茶から湯気が消えても、ケーキが倒れても。

そちらには目を向けず、わたしの話を静かに聞いた。


別れようと告げられたこと。

律が一生会わなくなることを選んだこと。

その日から、一言も話してないこと。


唯「…変だよ、おかしいよ」

澪「…唯」

唯「そんなの…間違ってるよ!」

澪「唯、いいんだ」

唯「よくないよ、澪ちゃんは好きなんでしょ?りっちゃんのこと」

澪「うん、大好きだよ」

唯「りっちゃんだってそうなのに…」

澪「…どうかな、もう言ってくれないよ」

唯「ううん、わたしでも言い切れる」

澪「そうだといいなって、思うけどな」

唯「なのに、何で…」

澪「いいんだ、もう受け入れたから」

唯「…このままでいいの?」

澪「仕方ないよ、わたしフラれたし」

唯「…わたしが今日、りっちゃんに話すよ」

澪「…唯」

唯「帰ってはくるんだよね?それまで待つから」

澪「唯!」

唯「だって…だって…」

澪「律はさ、幸せって何か考えたんだと思う」

唯「一緒に居ることじゃないの?」

澪「わたしはそう思う、そう思ってたよ」

唯「…じゃあ」

澪「でもさ、わたしも考えたんだ。それだと限りがあって」

唯「限り?」

澪「うん、世間一般に言われる幸せは手に出来ないだろ?わたしたちじゃ」

唯「自分なりの幸せじゃ、ダメなの?」

澪「自分、ならいいんだけど、相手が居るから」

唯「よく、わかんないよ…」

澪「わたしもわかんなかったよ、でもさ」

「仕事も始めて、離れて暮らして、寂しくなっても隣に居ない」

「忙しい毎日の中で、会えない相手を思うだけなんて辛すぎるだろ?」

「…結婚出来るわけじゃないし」

「全員が祝福してくれる関係だとは、とても言えない」

「会っても、また帰る頃には、悲しくて仕方なくなる」

「それならさ、いっそお互いのしがらみなんて、なくした方がいいんだよ」

「そうして、たまに思い出してさ」

「元気かな、幸せになっててほしいな、って」

「律のこと、そう思ってる方が、ずっと…」


唯は声を殺して泣いてた。

わたしも気付けば涙を流していた。

もらい泣きなのか、自分が悲しくて泣いてるのか、わからなかった。


「…ずっと幸せなんだと、思えるよ」


唯に言ったことは、ほとんどが嘘だ。

まだ一緒に居たい。

律のこと手放したくない、そう思ってた。

でも律が選んだことだから、仕方ないんだ。

だから目の前で泣く唯に言って、自分に言い聞かせる。


唯「…言い切れるの?」

澪「今はまだ、無理だけどな」

唯「なら…」

澪「わたしさ…律と付き合い始めた頃、自分でも間違ってるんじゃないかって思ったんだ」

唯「そんなことないよ!」

澪「でもさ、今はこうやって、別れることが間違ってるって言ってくれる唯が居る。

  自分のことのように泣いてくれる、唯が居る…それで少し、救われるよ」

唯「だって…わたしも悲しいよ、2人が別れちゃうの」

澪「ありがとう」

唯「…もう、いいんだよね」

澪「ああ」

唯「本当に?」

澪「本当」

唯「そっか…わかった」


唯は赤い目のまま、黙って残りのケーキを口に運んだ。

冷えた紅茶で流し込んだ後、にっこりと笑った。

紙袋に入った数冊のマンガを残して、帰っていった。


再び、独りになった。

おもむろに立ち上がって、冷蔵庫を開けた。

律がいつ戻るか、今日戻るかはわからないけど。

律と夕食がしたい。

律と、話がしたい。

そう思って、夕飯の支度をした。


…気持ちは変わらないよ。

時間が足りないせいとは思えない。

でも、もうふたりは戻れないから。


澪「おかえり」

律「…ただいま」

澪「よかった、帰ってきて。ごはんは?」

律「…まだだよ」

澪「出来てる、一緒に食べよう」

律「…澪」

澪「もうすがり付こうなんて、思ってないから安心して」

律「…そうか」

澪「唯が来たよ、律のこと心配してた」

律「ああ…電話とか、出なかったからかな」

澪「マンガ預かってる、テーブルにあるから」


久しぶりに話した。

何日ぶりだろう、わからないや。

意外にもわたしは、きちんと目を見て話せた。

律は何だかぎこちなくて、言葉に元気がないように見えた。

その分、わたしはたくさん話した。


澪「明日、向こうの家探しに行くよ」

律「…そうか、気をつけてな」

澪「うん、やっぱ向こうは高いんだろうな」

律「そうだろうな、ちゃんと払えよ?」

澪「当たり前だろ、律こそ1人で払えるか?」

律「何とかなるよ、きっと」

澪「しなきゃいけないんだよな、1人暮らしだもん」

律「…そっか、寂しくなるな」

澪「…はは、律が言い出したくせに」

律「…ごめん」

澪「謝るなよ、また辛くなる」

律「…うん」

澪「…好きだよ」

律「言うなって…」

澪「言わせてよ」

律「だって…」

澪「大丈夫、諦めてるから」

律「そっか…」

澪「ありがとうな、今まで」

律「…こちらこそ」

澪「今日からまた、一緒に寝ようよ」

律「…それは出来ない」

澪「何にもしないよ、ただ律風邪ひいてるだろ?」

律「大丈夫だから、これくらい」

澪「ダメだ、じゃあわたしがソファーで寝る」

律「させられないよ」

澪「じゃあ一緒に寝よう、本当に何もしないから」

律「…わかった」


その日から、また同じベッドで寝た。

寝息を立てる律を横に感じながら、壁に顔を向けた。

手を伸ばせば触れられる距離。

そこに愛しい人が居ても、わたしは触れてはいけない。

もう、そう決めたから。


次の日、電車に乗り込む。

座ると途端に目を閉じた。

律からのメールは来るはずなくて、携帯はカバンにしまったままだ。

いつもより、この時間が長い気がした。

こんなに遠かったんだな。

気付かなかった。

本当に離れ離れになっちゃうんだ。

実感したよ。


向こうに着いて、最初に入った不動産屋で部屋を決めた。

ワンルームの、とても狭い部屋だった。

1人だから、このくらいで大丈夫。

独りだから、このくらいがちょうどいい。


思った以上に早く決まって、その日のうちに帰れる時間だった。

だけど、敢えて向こうのホテルで1泊した。

入居は卒業すぐ、という話をつけてきた。


それからも心配してくれていた唯にメールを打った。

引越し先が決まった、と。

すぐ返事が返ってきて、お別れ会をしようと提案してくれた。

卒業式の1週間前。

場所は、唯の家。

メンバーはわたしと唯、ムギ、梓。

律の名前はそこになかった。

当日になって唯の家へ向かうと、もう他の3人は揃っていた。

たくさんの料理は、憂ちゃんが手伝ってくれたものらしい。

ムギも梓も話は聞いたようで、律の話題は一切出なかった。


紬「寂しくなっちゃうね~」

澪「そんなに遠くないし、遊びに来てよ」

唯「絶対に行くね!」

澪「うん、みんなならいつでも大歓迎だ」

梓「わたしも行きます!」

紬「わたしも~!」

澪「3人は実家に戻るんだろ?」

唯「うん、まあほとんど憂と2人暮らしだけどね~」

梓「憂、すっごく喜んでました」

紬「相変わらず仲良しね~」

澪「…じゃあ、こっちに残るのは律だけだな」


わたしの言葉に、3人が黙った。

唯に関しては、また泣きそうな顔をしている。


澪「ムギも梓も、話は聞いてるんだろ?」

紬「…そうね」

梓「はい…聞きました」

澪「あいつのこと、悪く思わないでやってほしい」

唯「澪ちゃん…」

澪「困ってるようなら、助けてやってほしい」

紬「…うん、わかった」

梓「澪先輩は…本当にそれでいいんですか?」

澪「…ああ」


そう言って、缶ビールを口にした。

少し、苦かった。

一気に飲み込んで、のどの奥に消し去った。


唯「澪ちゃんも泊まっていきなよ~」

紬「澪ちゃんも一緒のほうが楽しいよね~」

梓「そうですよ、お願いします」

澪「ううん、今日は帰るよ」

梓「そうですか…」

澪「ありがとう梓、でも気を遣わなくていいから」

梓「そ、そんなんじゃ…」

澪「今はもうちゃんと話せるし、平気だよ」

紬「…だって、梓ちゃん」

唯「残念だね~あずにゃん」

梓「…そうですね」

澪「じゃあ帰るよ、おやすみ」

唯「おやすみなさ~い」

紬「おやすみ~」

梓「…おやすみなさい」


3人の優しさに、少し泣きかけた。

でも泣かないよ、そう決めたから。

火照る頬に冷たい夜風が当たる。

冬の夜空は澄んでいて、とても綺麗だった。


向こうは星も見えないんだろうな。

そんなことを思いながら、家に帰った。


5