唯「あずにゃんはどういう仕事するの?」

梓「ギターの製作だとか、修理だとかを請け負う、楽器屋のメンテナンス係です」

紬「ギター作れるの!?」

梓「ええ、クラフトのコース取ってたんで」

律「何だ、演奏したいんだと思ってた」

澪「わたしも…何か意外だな」

梓「音楽技術を学んでいくうちに、自分のギターが嫌いになった時期があって…

  それでも音楽、むしろ楽器に携わっていたくて、それで」

唯「そっか~、上手くても悩むことがあるんだね」

梓「…ただ上手くなるだけなら、努力で何とでもなりますよ」

紬「後はセンスってことね」

梓「ええ、その点では唯先輩を追い越せませんでした…悔しいですが」

紬「そんな唯ちゃんは幼稚園だよね?」

唯「そうだよ~」

律「唯に子どもを任す親…心配だろうな」

唯「失礼な!これでもちゃんと資格取ったんだよ~」

澪「頑張ってたもんな、昔からの夢だろ?」

唯「うん、まあ自分では覚えてないんだけどね」

梓「でもすごく似合います」

律「一緒に遊んでる姿だろ?」

梓「そうです、目に浮かびますよね」

唯「この人たちほんとひどいよ…」

澪「ムギは輸入雑貨扱う会社だっけ?」

紬「うん、そうよ~」

唯「駅前にお店ある会社でしょ?わたしあそこ大好き~」

律「買い付けとかやるのか?」

紬「最初は販売員からなんだけど、知識つけた後は仕入れや買い付けだって」

梓「海外まで行くんですね、何かかっこいい」

唯「でもムギちゃんはお父さんの会社に入ると思ってたよ~」

律「な、もったいない」

紬「わたしが望まなかったし、父がダメだって」

澪「そうなのか?」

紬「最初から狭い世間に入ってしまうと、自分で何も学べないからって。

  もちろんゆくゆくは、家族の手伝いをしたいなって思ってるよ」

律「…ムギらしいな」

梓「…そうですね」

唯「りっちゃんは今のバイト先だっけ?」

律「そうだぞ、就活もせずに運いいだろ?」

梓「そうですね」

律「後輩に言われると何かムカつく!」

紬「でも本当、音楽に関われる仕事で良かったね」

律「本当は音大でも出なきゃ、楽器屋に就職って難しいからな」

唯「そうなんだ?」

律「うん、大手じゃ名の知れた音大出の店員がごろごろいるよ」

梓「そうですよ、専門の友達だって落ちまくってます」

澪「じゃあ本当に律は運良いんだな」

律「そりゃあ伊達に学校サボってバイトしてないぞー」

澪「威張るところか!」

紬「まあまあ澪ちゃん」

唯「頑張ってたのは澪ちゃんが一番知ってるんだから~」

澪「…まあ、そうだな」

梓「澪先輩はブライダル関連の会社ですよね?」

澪「ああ、ブライダルのプランナーだよ」

紬「頑張ってたもんね~」

唯「本当、ダブルスクールなんてよくやるよ~」

律「…マジでな、よく頑張ったよ」

紬「あらあら」

唯「熱いね~」

梓「アツアツです」

澪「やめてくれっ」

唯「自分たちの結婚式もプラン出しちゃうんだね~」

紬「その時は呼んでね?絶対よ!」

澪「はいはい、約束するよ」

梓「楽しみにしてます」

唯「…でも、離れ離れになっちゃうんだね~」

澪「うん、まあ…近いし大丈夫だよ」

紬「澪ちゃんたちなら大丈夫よ、ねえりっちゃん」

律「…わたし、本当に応援してるからな」

澪「…何だよ、そんな真剣な顔して」

唯「見せ付けてくれるね~」

紬「澪ちゃん顔赤~い」

梓「お酒のせいではないですね」


そう笑いあって、夜は更けていった。

結局誰もつぶれず、飲み会はお開きになった。


澪「みんな泊まってけばいいのに」

唯「そんな、2人のジャマは出来ないよ~」

紬「そうだそうだ~」

律「ムギかなり酔ってるな…」

梓「そうだそうだ~」

唯「あずにゃんも重症です」

澪「…置いていっていいぞ?」

唯「ううん、タクシー拾うから平気だよ~」

律「気をつけるんだぞ~」

唯「はーい、片付けて手伝わなくてごめんね」

澪「気にするな、またな」

律「おやすみ~」

唯「おやすみなさ~い」


騒がしかったこの部屋が、一気に静まり返る。

テーブルの上の食器や空き缶をふたりで片付けた。


流し台の前に並んで立つ。

水は冷たいけど、アルコールに火照った体には気持ちよかった。


澪「つぶれはしなかったけど、結構酔ってたな」

律「うん、梓なんて首まで赤かった」

澪「わたしのこと赤いってからかったくせにな」

律「…なあ、本気で思ってるよ」

澪「何が?」

律「…応援してる、頑張ってな」

澪「…何だよ、急に改まって」

律「澪ならやれる、信じてるよ」


「離れ離れでも、大丈夫かな」

そう聞こうとした。

自分でそう思ってても、律の口から聞きたくて。

愛しい声で「大丈夫だ」って、言ってほしくて。

聞こうとしたのに、聞けなかった。

次に、律がこんなことを言うから。


律「もう澪は、1人でも大丈夫だよ」

澪「…え?」

律「別れよう、わたしたち」

急に…何?

どうして…?

聞き間違えた、では済まされないほどしっかり、その声は響いた。


頭が真っ白になる。

その中にこだまする、律の声。


…律、何でそんなこと言うんだ?


澪「…どうしたんだ?」

律「どうもしないよ」

澪「待って、わかんない」

律「2回、言わせるつもりか?」

澪「言わないでよ、聞きたくない」

律「じゃあさ、そういうことだから」

澪「何でそんなこと言うの?」

律「思ったんだ、もう大丈夫だって」

澪「大丈夫じゃないよ、まだ一緒に居たい」


蛇口から流れる水を止めようともせず。

その場で律に問いかける。

律はこちらを見ない。

なのに手は止まったままだった。


澪「…離れ離れになるのが、問題?」

律「そうじゃないよ」

澪「じゃあ何?それが嫌って言うなら、わたしここに居るよ」

律「…いつまで自分を犠牲にする気だ?」

澪「何の話かわかんないよ…」

律「大学だってわたしたちに合わせてさ」

澪「犠牲になんしてない、自分で選んだんだぞ?」

律「…今度は努力で手に入れた仕事まで、ダメにするのか?」

澪「律のために何かを失っても…何かのために律を失いたくない」

律「…バカか」

澪「バカでいいよ」

律「…そんなことさせられるか」

澪「じゃあ…じゃあ律が来てよ!

  犠牲にしてるって言うなら…今度は律が犠牲になってよ」

律「…出来ない」

澪「…じゃあ離れても、一緒に居ようよ」

律「…無理だよ」

澪「何が無理なんだ?ちゃんと話してよ」

律「…わたしと居ると、澪は幸せになれない」

澪「わたし幸せだよ?今までだって、これからだって」

律「幸せに結婚して、子ども産んで、それ全部出来ないんだぞ?」

澪「いいよ、律が居てくれるなら」

律「憧れのウエディングドレスも着せてやれない」

澪「…仕事選んだ理由、そんなんじゃないよ」

律「でも…辛いんだ」

澪「…律はそうしたいの?結婚して、子ども欲しい?」

律「ううん、思ったこともない」

澪「じゃあ!」

律「…でも澪がそう出来ないって考えると、悲しくなる」

澪「何だよそれ…」

律「わたしにだって、わかんないよ…」

澪「自分でわかんないこと、わかれって言うのか?」

律「そうだ」

澪「…律」

律「いつまでも依存してちゃいけないんだよ、わたしたち」

澪「…好きだよ」

律「…」

澪「…律は、言ってくれないの?」

律「…言わない」

澪「何で…?」

律「決めたから、もう言わないって」

澪「勝手だよ…そんなの」

律「ごめん…でも、ごめん」

澪「…律、ベッド行こう?」

律「…行かない」

澪「じゃあキスする」

律「…またそうやって逃げるのか?」

澪「…またって?」

律「バイト先の奴に告白されたって時、そうやって逃げた」

澪「逃げてないよ…律に触れたかっただけ」

律「逃げたよ」

澪「違う、大体断ったし、悪いことなんてしてない」

律「…あの時気付けばよかったよ、一緒に居るべきじゃないって」


そう言って、残った食器もそのまま律はソファに座った。

わたしはその場でしゃがみ込み、さめざめと泣いた。

律がつけたテレビからは、甲高い笑い声が聞こえる。

律は、笑っていなかった。

片手にはタバコ。

白い煙が、天井に届かず消える。


ひとしきり泣いた後、立ち上がる。

律の意思は固いようだ。

これが、最後。


澪「ねえ律」

律「…ん」

澪「わたし、そんなの納得いかないよ」

律「…勝手なのはわかってる」

澪「こんな風に別れるなら、この家出るのを最後にする」

律「…澪」

澪「それからもう…一生会わない」


もし、心変わりなら仕方ない。

律に好きな人が出来て、うまくいって結婚なんてしてさ。

わたしがプランした式に出席して、周りなんか気にしないで2人とも泣いて。

涙の本当の理由なんて、わたしたち以外にはわからなくて。


それでも、心から言うよ。

「おめでとう」って。


だけど…こんなの、受け入れられるわけないよ。

納得のいく理由も聞けずに、好きな思いもそのままで…こんな風に別れを告げられても。

友達にだって戻れるわけない。

―――――だから。


「この家出ても一緒に居るのと、一生会わなくなるの、どっち?」



テレビの声に、かき消されないようはっきりと。

これでもう、後戻りできなくなる。

少し時間を置いて、律はゆっくり答えた。


聞こえないフリなんて、出来なかった。

自分が問いかけたんだ。

答えは、それとなくわかっていた。



「…一生、会わなくなる」


何も言わず、リビングを出て寝室に向かう。

独りでは広すぎる、ダブルベッドに身を預けた。

真っ暗な部屋で、わたししかここには居ない。

この世の最後、世界の終わり。

あの時の気持ちを言い表すなら、きっとこんな言葉が似合う。


律はその日、ベッドには来なかった。

涙を拭う手、顔を引っかく指輪も外したくはなかった。

そのままわたしは、涙とともにベッドへ溶ける感覚を味わった。


目覚めると、律は居なかった。

家のものはそのままで、出て行ったわけではなさそうだ。

昨日の食器は片付いていた。


講義があることも忘れ、昨日最後に律を見たソファーへ腰掛ける。

綺麗に畳まれた毛布が置かれてる。

ここで寝たんだな、とわかった。

その毛布を抱きしめて、飽きずにまた泣いた。


それからしばらく、律と言葉を交わすことはなかった。


まだ一緒に暮らしている。

嫌でも顔を見なければならない。

同じ部屋で生活しているのに、わたしたちは独りだった。

共有しているのは、この部屋だけ。


テーブルに置かれた風邪薬。

袋には律の名前があった。

それを気付きながら、気遣う声の1つも掛けられなかった。


そんな時、携帯が鳴った。

唯からの着信だった。


4