律と暮らし始めて1年が経った。

梓は最後までうちの大学と迷い、最終的に音楽の専門学校に進学を決めた。

自分を犠牲にして欲しくない、わたしたちの言葉の後押しからだった。


それでも定期的に会って、惰性のように今まで作った曲を演奏する。

唯や律、ムギまでもミスが目立った。

それに反比例して、梓はどんどん上手くなっていく。

入部した時だって驚くほどの腕だったのに、まだ伸びしろを持っていることに感心する。

なのに、わたしはそれに着いていこうとは思わなかった。


わたしたちの5人の関係に、もう『音楽』は必要なくなっていた。


律は相変わらず、講義には適当に出てバイトの毎日。

わたしは講義とバイトに加え、資格取得のためダブルスクールを始めた。

ブライダル業界で真面目に働きたい、そう思うようになったからだ。


忙しい毎日、我ながらよく頑張ったと思う。

誰かの幸せに携わって、自分も幸せになれる仕事。

やっぱり少し、憧れを持っているのかもしれない。

幸せそうに笑う新婦に自分を重ねた。

今のわたしには、それが出来ないから。


律は応援してくれた。

家事もほとんど担当してくれたし、休みが合わせられなくても文句は言わなかった。

愚痴だって聞いてくれたし、その度抱きしめてくれた。

自分ばっかり辛いと思っていたのは、律に甘えてたせいだろう。


三回生になった。

晴れて、1年でプランナーの資格を取得した。

律はささやかなお祝いをしてくれた。

スケジュールの都合から取れなかった講義を、その年に取る。

律とも、軽音部のみんなともたくさん遊んだ。

バイトも変わらず、出来るだけ入った。

相変わらず忙しい毎日だった。


6月。

社会はジューンブライドへの憧れを、少なからず持つようだ。

この梅雨の時期に結婚したいなんて馬鹿げてる。


その日は式が押してしまい、帰るのが遅くなった。

いつ降り出すかわからない雨。

傘を片手に、よく一緒になる同い年の男の子が、駅まで送ってくれた。

「秋山さんっていつも指輪してるよね、彼氏から?」

「うーん、ちょっと違うかな」

「…悲しい恋なの?」

「…そんなんじゃないよ」

「好きだけど、彼氏じゃないってことだよね?」

「まあ、そうなるかな」

「よかったら、話してくれない?」

「えっと…」

「話したくないならいいよ、ごめん」

「…ねえ、俺と付き合ってみない?」

「…え?」

「好きじゃなくていいよ、でも今みたいに悲しい思いさせないし」

「悲しい思いなんてしてないよ」

「じゃあ何でそんな顔したの?」

「…ごめん、付き合えない」

「いや、俺こそ…でもさ」

「その人のこと好きだから、付き合ってるから」

「…それでいいの?」

「…わかったフリしないで、ほっといて」

「…ごめん」

「ありがとう、もう1人で大丈夫だから」


きっと彼は不倫だとか、そういうものを想像したんだろう。

律は彼氏じゃないし、わたしだって彼氏じゃない。

だからって、女の子が好きで、その子と付き合ってる、なんて言えなかった。

悲しい思いなんてしてない。

心で否定して、何となくやりきれない気持ちになる。

急に律の顔が見たくなって、家路を急いだ。


律「おかえり、遅かったな」

澪「ただいま、式が押しちゃって」

律「雨降らなくてよかったな、疲れただろ?ご飯出来てるよ」

澪「律もまだなの?」

律「澪と食べようと思ってさ」

澪「お腹空いてる?」

律「うん、何で?」

澪「ううん何にもない、食べよっか」


律はその日あったことを楽しげに話す。

それはあまり、耳に入ってこなかった。

半ば惰性のように、箸を口元へ運ぶ。

味もあまり、わからなかった気がする。


律「よし、さげるぞー」

澪「あ、わたしも手伝うよ」

律「いいよ、疲れてるだろ?」

澪「大丈夫、一緒にやろ」


並んで食器を洗った。

ふたりが立つと、この流し台は狭い。

絶え間ない水音。

それにかき消されないよう、奥から言葉を振り絞る。


澪「あのね」

律「ん?」

澪「今日、バイト先の子に『付き合って』って言われちゃった」


わたしの言葉が、あるいは律の言葉が、水音に消されてしまったのかな。

律の声は聞こえてこなかった。

またわたしは話を続ける。


澪「断ったよ、もちろん」

律「…そっか」

澪「好きな人居るって、その人と付き合ってるって」

律「…」

澪「…ごめんね」


ごめんね。

自分で言った言葉なのに、その意味すら危うかった。


律「…何で?」

澪「律のこと好きだから」

律「違うよ、何で謝ったんだ?」

澪「…何でだろう、わかんない」

律「…謝ったら、悪いことしたみたいだぞ」

澪「…ほんと、そうなっちゃうな」

律「したの?」

澪「…ううん、してない」

律「…そっか」


よかった。

消えそうな声で、律は続けてそう言った。

少しだけ、ふたりの間に沈黙が降りた。

それに耐えられなくなったわけじゃない。

ただ、律に触れたくなっただけ。


「ねえ律、ベッド行こう」


うん、と小さく頷いた律の手を取る。

シャワーも浴びずにベッドへ上がった。

キスして、脱がして、抱き寄せて。

舌を這わせて、柔らかい肌に吸い付いて、自分だけの印をつける。

たったふたり、手探りで覚えた行為。


もっと深い部分に触れたくて、濡れた皮膚の間に指を滑り込ませた。

すると律は、熱い息を一気に漏らした。


「我慢しないで、わたししか聞いてないよ」

その言葉が耳に届いたのか、艶っぽい声を部屋に響かせた。

わたしは律のそんな姿を見ながら、さっきの自分の言葉の意味を探す。


ごめんね。

こんな話してごめんね。

好きになってごめんね。

わたしが女でごめんね。

わたしで、ごめんね。


そこまで言い終わったところで、律は果てた。


少しして、立場が逆になる。

律がわたしに被さって、わたしの声が響く。

愛してるよ、律。

大丈夫だから、わたしたち。

幸せだよね?

わたしの右手を握る律の左手には、指輪が光ってる。

シーツを握るわたしの左手にだって、同じものが在るんだから。

お互いの名前を刻んだ、宝物。


心で問いかけて、結局は自分に言い聞かせる。

そうしてる間に、限界に近づいてきた。

考えはふわっと消えて、わたしは体を震わせた。


その日、ふたりはそのまま眠りに落ちた。


その夜から数日、テーブルに英字の書かれた箱が置かれていた。


澪「ねえ、これ律の?」

律「あ、うん、そうだよ」

澪「タバコ?吸うの?」

律「嫌な奴になろうと思ってさ」

澪「何だそれ」

律「まあいいじゃん、苦手だった?」

澪「自分で吸おうとは思わないけど、平気」

律「何だ、怒るかと思った」

澪「成人してるんだし、いいんじゃないか?」

律「へえ…意外だな」

澪「まあ間違いなく、体には良くないと思うけど」

律「いいんだ、子ども産むわけじゃないし」


「そうだな」とも言えずに、ただ笑顔を作る。

わたしたちには、出来ないことが多い。

だから好きなことを選んで、体に悪くても楽しめばいい。


そんなことを考えていると、律はその箱を持ってベランダに出た。

閉まり切らなかったカーテンの隙間から、姿を見た。

なかなか様になっている。

わたしもベランダに出て、その姿に寄り添った。


次の日、わたしは律に灰皿をプレゼントした。


……

周りが就職活動を始める。

例外なく、わたしも唯も、走り回った。

ムギだって、親の会社に入社するつもりはないと、柄にもなく大変そうだった。

1つ下で、3年制の学校に通う梓もちょうど同じタイミングだった。

ただ1人、律だけはそんな様子がなかった。


澪「律は就活しないのか?」

律「あー、就活な」

澪「焦ったそぶり見えないけど、大丈夫か?」

律「…わたしさ、バイト先に就職しようと思ってる」

澪「もう、決めたの?」

律「店長がさ、これだけシフト入れて、学校行けてないなら自分のせいだって言ってくれてて。

  卒業して、もしわたしが良ければ正社員でって」

澪「そっか、なら安心だな」

律「うん、だから卒業してもわたしはこの家に残るよ」

律「…澪は東京方面で探してるんだろ?」

澪「うん…この辺じゃ仕事ないんだ、残念だけど」

律「応援してるよ、せっかく頑張って資格取ったんだし」

澪「それも使えるかわかんないけどな、就職難って怖いよ」


こんな話するだけで、少し大人になった気がした。

就職したら、離れ離れになる。

でもそこまで遠くないし、遠距離恋愛なんて呼べる距離じゃない。

寂しければ、電話で話せばいい。

それでも寂しければ、会いに行けばいい。


そう思わせたのは、説明会や面接に向かう電車の中でのメールだった。

律はいつも、わたしにメールをくれた。

別に目新しい話題なんてなかった。

それでも何往復もやり取りを交わして、気付けばすぐに目的地に着いていた。


だから、今見るこの景色だって、知らないんだと思う。


何社も受けて、やっと内定までこぎ付けた数社。

結局は、やっぱりブライダル関連の会社に就職を決めた。

無事就職も決まり、必修授業の単位も順調に取得し、後は卒論を仕上げて卒業を待つのみ。


そんな冬の日、久しぶりにみんなで集まった。

わたしたちの家で、卒業目前と題した飲み会だった。

5人では少し狭いこの部屋。

全員が揃うと、一気に騒がしくなった。


唯「何かみんなで会うの久しぶりな気がするね~」

澪「そうだな、なかなか会えなかったし」

律「今日はゆっくりいっぱい飲もうぜ!」

梓「案外最初につぶれるの、律先輩かもしれませんね」

澪「はは、そうかも」

律「黒髪2人、うるさい」

紬「わたし、記憶がなくなるまで飲むのが夢だったの~!」

唯「叶うといいね~」

律「じゃあ始めるか、みんな手元に酒はあるか~?」

梓「大丈夫です」

唯「あるよ~」

紬「ありま~す」

澪「うん、あるぞ」

律「それでは、カンパーイ!」


5つの缶がぶつかって、それを各自口に運ぶ。

料理はわたしと律、ふたりで用意した。

適当につついて、話に花を咲かせる。


3