梓「やはり澪先輩は素晴らしい方です」

梓「尊敬です。感服です。心酔しちゃいます」

梓「いつもクールでかっこいい澪先輩が」

梓「チョコを渡した時に少し焦り出して」

梓「落ち着いた後に、それでも顔は赤いままで」

梓「照れ笑いを浮かべたままお礼を言ってくれる」

梓「このシチュエーションにやられない人って、この地球上に存在するのかな」

梓「澪先輩が人気爆発でモテちゃう理由もよくわかるよね」

梓「まぁ、誰にも澪先輩は渡さないけどね」

梓「……ゴホン、それじゃ最後に唯先輩は――」

~~

梓「――唯先輩、チョ」

唯「この匂い! もしかしてあずにゃん、チョコレート作ってきてくれたの~!?」

梓「あ、ああ、はい、そうです……一応手作りで」

唯「あずにゃんのチョコ! しかも手作り!」

梓「よくわかりましたね?」

唯「顔に書いてあるよ~。あずにゃんは表情に出やすいんだもん」

梓「そ、そんな事ないですよ」

唯「それよりも、これ! 食べていいのかな?」

梓「あ、はいどうぞ。憂に比べたら全然な出来ですけど」

唯「そんな事ないよ~。あずにゃんの作ってくれたものなら最高のごちそうだよ~」

梓「そこまで褒められると気持ち悪いです……」

唯「それじゃあいっただっきま~す!」

梓「ど、どうですか?」

唯「うん、すっごく美味しいよ! こりゃ、あずにゃんは将来パティシエだね!」

梓「それじゃ男の人ですよ。女の人はパティシエールです」

唯「へぇ~、そうなんだ。あずにゃん物知りだね」

梓「一応お菓子職人って言う意味合いみたいなんで、どっちでもいいみたいですけど」

唯「勉強になったよ」

梓「って、そんな事はどうでもいいですよ。それよりも、褒めていただいてありがとうございます」

唯「いえいえ、こちらこそ。美味しいチョコだったよ~」

梓「お口に合ったようで何よりです」

唯「じゃあ早く部室行こう! 多分ムギちゃんもチョコ用意して待ってるんじゃないかな!」

梓「今チョコ食べたのにまだ欲しいんですか?」

唯「今のはあずにゃんのチョコだもん。ムギちゃんからも欲しいし……それに」

梓「それに?」

唯「あずにゃんがチョコ食べてないから。私があずにゃんに手渡しするよ~」

梓「唯先輩……ふふっ」

唯「ふぇ? 何で笑うの?」

梓「手渡しされてもそれは唯先輩のチョコじゃなくて、ムギ先輩のじゃないですか」

唯「えぇ~? 一旦私の手に渡るから私のチョコだよ~」

梓「違うと思いますよ」

唯「細かい事は言いっこなしで! とりあえず行こうよ!」

梓「はい!――」

~~


梓「――はああぁ……これも素敵関係……」

梓「いつもダラダラして練習しなくて、お菓子ばっかり食べてて」

梓「いまだに楽譜をろくに読めなくて、ギターのメンテナンスも疎かだし」

梓「すぐに抱きついてきたり、おかしな事ばっかりする唯先輩だけど」

梓「いつも明るくて、その笑顔に何度も励まされたし」

梓「時折、ズバっと確信めいた事言うから……」

梓「そういう時に、何かこう……ひ、惹かれる時もある……かな」

純「へぇ、そうなんだ」

梓「そうなんだよ……って、純!? いつの間に!」

純「一人で何かつぶやき出した辺りかな? まずはいやしそうな~、の辺り」

梓「殆ど最初!」

憂「ありがとう、あずさちゃん!」

梓「な、何が……?」

憂「お姉ちゃんの事、そんなにわかってくれているなんて。私もお姉ちゃんも喜んでると思うよ!」

梓「あ、あああ……い、今のは忘れて!」

憂「そんなぁ。律さん達の事も凄くよく言ってたし、私感動しちゃった」

純「うんうん。やっぱ軽音部の絆は強固だよ」

梓「ううううぅぅぅぅ…………さ、さっきのは全部無し! 私は何も言ってない!!」

憂「あはは、そうだね」

純「そういう事にしておくよ。ほら、水が凍ったからチョコに付けよう」

憂「その後は氷を溶かして、空洞にスポイトでお酒入れて完成だよ」

梓「くっそ~……」

憂「あれ?」

梓「どうしたの?」

憂「うーん……思っていたよりお酒の量が少ないみたい。足りないかも」

梓「えぇ!? でも、チョコに使う量なんてたかが知れてるんじゃ」

純「それは!」

梓「うわ、びっくりした!」

純「それは、私が目一杯チョコを作ったからです!」

憂「威張って言う事じゃないよ、純ちゃん……」

梓「はぁ……憂、他にお酒は残ってないの」

憂「一応ビンはあったけど、ラベルが剥がされてて何のお酒かわからないの」

純「でも、どう見ても酒瓶だし。これでいいっしょ」

梓「そんなに言うなら純がそっち使いなよ」

純「残念でしたー。私の分は既に確保してあるの」

梓「い、いつの間に……せこい」

純「いつの間にっていうか、あんたが妄想してた時なんだけどね……」

梓「うっ……わ、わかったよ、足りなくなったらそっち使うよ」

憂「ごめんね、梓ちゃん」

梓「憂は悪くないよ。それにギリギリ何とかなりそうな感じだし」

憂「うん」


……

梓「――そしてこれが完成したチョコレートです!」

唯「おお~」

律「美味そうじゃん!」

澪「チョコレートボンボンか。これって難しいんじゃないのか?」

梓「いえ、憂に簡単に作る方法教えてもらったので。問題なくできました」

唯「ということは、家に帰ったら憂にも貰えるんだ~」

紬「それじゃあ私、お茶淹れるわね」

梓「あ、ムギ先輩、今日は私が淹れますよ!」

紬「え? 私は別に構わないんだけど……」

梓「今日は特別な日なんですから、たまには後輩の顔を立てさせて下さい」

紬「梓ちゃん……そうね、それならお言葉に甘えさせてもらおうかしら」

梓「はい! では淹れてきますから、先に食べていて下さい」

唯「お酒が入ってて大人の味だね! 美味しい~」

澪「もう食べ終わってるし……」

律「うん、結構いけてるじゃん。梓もやるなー」

紬「上品な甘さね~」

澪「それじゃあ私も……あれ、電話が鳴ってる? ちょっと失礼」

梓(皆さんに喜んでもらってよかった。作ってよかったなぁ)コポコポ

梓「ん、憂から電話? どうしたんだろ」チャッ

梓「もしもし、憂?」

憂『梓ちゃん? 大変だよ!』

梓「ちょ、ちょっと落ち着いてよ!? 何があったの」

憂『ご、ごめんね。えっと、梓ちゃんのチョコ、一つだけお酒足りなくて別なの使ったよね』

梓「う、うん」

憂『あの中身、デスソースっていって、ハバネロ盛り沢山のソースだったみたい!』

梓「え、えぇー!?」

憂『まだ食べてないんだったら、一度中身を確かめた方がいいよ』

梓「う、うん。わかった、ありがとう」

憂『うん、それじゃあ』ガチャ

梓「なんてこったい」

梓「早く食べるのを止めなきゃ! っていうか、そもそも何で酒瓶にソース入れてるの……気付かない私達もあれだけどさ」

梓「それよりも急げ!」

梓「み、皆さん! ちょっと、そのチョコ食べるの止めて下さい!」

唯「ふぇ?」

律「止めろと言われても」

紬「もう澪ちゃんの分しか残ってないけど……」

梓「え!? だ、大丈夫でしたか?」

律「何がだ?」

紬「とっても美味しいチョコだったわぁ」

唯「うんうん。あずにゃんは将来パティシエだね!」

紬「唯ちゃん、それだと男の人よ」

律「女はパティシエールって言うんだぜ。ま、どっちでもいいみたいだけど」

唯「へぇ~、二人とも詳しいね! りっちゃんが知ってるのは意外過ぎだけど」

律「知ってて悪かったな!」

梓(この分なら本当に大丈夫そうだ。という事は残りの1個が例のチョコ?)

梓(異様な雰囲気を醸し出してる……間違いない!)

梓「そ、そのチョコは――」

澪「いやあ、失礼」ガチャ

梓(ひいいぃぃぃぃぃぃ!!)

律「おー、澪。誰からだったんだ?」

澪「ああ、マ……ごほん、お母さんからだ。大した用事じゃなかったよ」

唯「それじゃあ澪ちゃんも早くチョコ食べなよ」

紬「とっても美味しかったわよ」

澪「うん、それじゃあいただき――」

梓「ダ、ダメええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」ドガッシャアアァン!!

澪「うわ! あ、梓!?」

唯「ああ、チョコが!」

律「ドアの方に吹っ飛んでいった!」

さわ子「やっほ~、皆今日はバレンタインよ。チョコ用意してある?」ガチャ

梓「先生!」

さわ子「うん? なぁに、これ」ヒョイ

紬「それ、梓ちゃんの手作りのチョコレートなんです」

梓「そ、それは!」

さわ子「まぁ、そうなの~! それじゃあ遠慮なくいただきまーす!」パク

澪「わ、私のチョコが……」

梓「あああああああああああああああ!!」

さわ子「あら、美味し…………」

唯「とまった」

律「さ、さわちゃん?」

さわ子「…………」サー

澪「な、なんか顔色悪くないか?」

梓「わ、私! 用事を思い出したんで、これで失礼します!」ガチャバタン!

紬「あ、梓ちゃん!?」

さわ子「――――――――!!!!」ビリビリビリビリ

唯「ちょ、超音波!」

梓(振り返るな梓! 一瞬でも立ち止まれば地獄だぞ!)

梓(振り返――うん?)チラッ

さわ子「あ”す”さ”ち”ゃ”~~~~ん”!!!」

梓「うわあああぁぁぁぁぁぁぁああっぁぁぁ…………」

梓(薄れゆく意識の中、私の眼には……)

梓(楽しそうにティータイムを続ける私達の姿が浮かんでいました……)

梓(あはは……あはは……あはは……)




おしまい!