てくてく

律「……」

梓「……あの」

律「んー?」

梓「これってどこ向かってるんですか?」

律「さあ?」

梓「は?」

律「決めてない、けど」

梓「えっ……いやいやいや」

律「おおぅ、そんなに焦るなよ。……とりあえず、街のほう行ってから決めようぜ」

梓「……だいじょぶかなあ」

てくてく

梓「律先輩」

律「おう。なんだ」

梓「歩くの、ゆっくりですね」

律「ああ、もうちょっと早くした方がいいか?」

梓「いえ、このくらいでちょうどいいんですが……」

律「そっか」

梓「……へへ。りーつ先輩」

律「んー?なんだいきなりくっついてきて」

梓「なんでもないです♪」


~~~~まち!~~~~

律「さーって、どこ行くか」

梓「どうしましょっか」

律「あ!……なぁ、楽器屋行ってもいいか?」

梓「あ、はい。いいですよ」

律「な、なんか私たち、ホンモノの軽音部みたいだな」そわそわ

梓「いやいやいや」

梓「で、何買いにきたんですか?」

律「んやー、とくに何ってわけじゃないんだけどな」

梓「……決めてないんですね」

律「なはは、まぁその通りだよ。……でもさ、まがりなりにも音楽やってると、楽器屋って見てるだけで楽しいよな」

梓「ああ、それはあります」

律「よなー?私、お試し用のシンセドラム叩くの好きなんだー」

梓「あー、ドラムはそういうのあるからいいですね。ギターは試し弾きとかあんまりできませんし」

律「しかもさ、壁にかけてあるやつもネックに値札なんか貼ってあって、試しに弦弾いても音でなかったり」

梓「そうそう、そうなんですよ!あれすごい悔しいんです!!」

律「あははっ」

梓「……まぁ、売り物ですし仕方ないんですけどね」

律「その点キーボードはさ、音が出ないヤツ探すほうが難しいよな」

梓「ですねぇ。あ、じゃあキーボード見に行きましょうか」

律「おう!」

律「わ、いっぱいあるなぁ」

梓「律先輩って、たしかキーボードは」

律「うん。前にムギに教えてもらったりもしたけど、ムリだった」

梓「まあ律先輩がドラム以外やってるのも不自然ですしねぇ」

律「それは確かに、自分でもそう思うよ。でも」

梓「でも?」

律「梓がドラム叩いてる絵も、なーんか笑えるよなあ」

梓「むなっ、わ、笑えるとは何ですかっ」

律「だって、こんなちんちくりんが、なぁ。ぷぷぷ」

梓「むむむ」

梓「むー!じゃああっちにシンセドラム置いてありますし、叩きにいきましょう!」

律「え?梓、ドラムできんの?」

梓「なめんなです!たいていの楽器は一通り心得てるです!」

律「マジで?!じゃあ、ベースもキーボードもできるの?!」

梓「(あんまり上手くはないけど)はい、できますよ」

律「はー……なんちゅうやっちゃ……」

梓「さて、やってやるです」ふんす

律「……おまえ、それでもし私よか上手かったら泣いちゃうぞ」

どこどん

梓「はっ、はっ」

律(はぁ……やるなぁ梓)

梓「えいっ」

がしゃん

律(……しかし)

梓「それっ」

どだだだ

律(あの小さい図体で一生懸命体動かしてるサマは……)

梓「うりゃ」

どぱばん

律(……ひどくかわいい)

梓「ど、どうっ、でした、かぁっ」はあはあ

律(ちょっと叩いただけで調息切れてるし)にやにや

梓「な゙っ、なんですかその目、はっ……」はあはあ

律「いやぁ、ぶぇっつにー?よぅく頑張ったねー梓ちゅわん」なで

梓「な、なんですかもぉ」

律「いーや、なんにも」

梓「はぁ……?」

律「疲れたろ、梓。昼メシにしようぜ」

梓「あ、はい。そうですね」


~~~~まくど!~~~~

梓「へー、頼んだら無料でケチャップもらえるなんて、初めて知りました」

律「モスとかでもできるんだぜ。ケチャップがあるとポテトがウマイのよ」

梓「へぇ。ちょっともらってもいいですか?」

律「いーよ。ほれ、あーん」

梓「あーん……って、いやいやいや!!なに恥ずかしいことやらせるんですかっ!」

律「なにが恥ずかしいもんかっ!それとも先輩のお酌は飲めんとか言うつもりか中野ォー!!」

梓「いや、お酌って」

律「いいからさっさとあーんしろよぅ」

梓「も、もぉ……しょうがないですね……」

梓「あ、あーん」

律(目をつぶるあたり、梓の天然は非常に素晴らしい)

梓「はむっ」

律「……ってうわっ?!梓ゆび、指っ!!」

梓「むぐ……?わ、わわわっ!!す、すいません律先輩っ!!」

律(梓が私の指を……)どきどき

梓(り、律先輩の指までくわえちゃった……)

律「い、いやべつにだいじょぶ、だよ。ちょっとびっくりしただけで……」

梓「は、はうぅ……」

律「そ、そんなに気にするなよ。私は全然気にしてないから」

梓「は、はい……」

律(梓の口のなか、暖かかったなあ……)

梓(律先輩のゆび、美味しかっ……いやいやいや)


~~~~しょくご!~~~~

梓「さて、それじゃ次はどこ行きましょうか」

律「ふーむ、服でも見てくか?」

梓「はい、そうしましょう」

律「梓ってふだんどこで服買ってんの?」

梓「んー、まちまちですよ。出かけた先で良いものがあれば、みたいな」

律「私もそれだわ。澪とか唯とか、『今日は服買うぞ』って決めてから、行きつけの店に行く感じだけど」

梓「ムギ先輩は?」

律「やつは……ナゾだ」

梓「わ、わかるようなわからないような……」


~~~~ふくや!~~~~

店員「よかったら試着とかできますんで~」

律「あ、はーい」

梓「どうですか律先輩、いいのありました?」

律「うん。ほれ」ひらひら

梓「な゙、そんなぞろっとしたやつ着るんですか……なんか意外……」

律「うん。着るよ。梓が」

梓「あーそうですよねぇ確かにそれ律先輩の趣味じゃないでしょうしサイズも小さめだから私が着るとぴったり……って、えええぇぇっ?!」

律「んだよー。そんな驚かなくてもいーんじゃないか?」

梓「いや、驚いたというかなんというか……」

律「まぁなんでもいいや。ささ、試着室に行かむ」

梓「へっ?えっ、ヤですよ私?!」

律「『イヤよイヤよも』?」

梓「『好きのうち』……って何言わせるんですかーっ!!」

律「はいはーい梓ちゅわん、ばんざーいしましょーねー」

梓「ひ、一人で脱げますから……じゃなくてなんで一緒に試着室入ってるんですかっ?!」

律「だってこれ、背中編み上げになってるから一人で着るのはちょい難しいぞ」

梓「そりゃそうかもしれませんが……って、なんで着る前提で話が進んでるんですか?!」

律「いや、そりゃ着るでしょ。かわいい梓は人類の宝」

梓「い、意味わかりません」

律「要は、この服が梓に似合うと思ったから、着てほしいんだよ。私は、梓のかわいい姿を見たい」きり

梓「……」かーっ

律「つーわけだからほら、シャツ脱がすぞ」

梓「わっ!!やめてください危うく騙されるところでしたよ!!」

梓「わかりました、着ます。着ますからとりあえず出てってください。背中の編み上げやってもらうときに呼びますから」

律「えー。梓の裸みたいー」

梓「……そのおっさん発言には流石にひきます」

律「あはは、流石に冗談だよ。わかった、外で待ってるから」

梓「覗いちゃダメですよ」

律(お約束台詞きたああああああ)

梓「……なにガッツポーズしてるんですか」

律「いえ、なんでもございません」

梓「さて」するり

梓「……」じぃっ

梓(……律先輩は、こんな貧相な体みて何か楽しいことあるのかな)

梓「……はぁ。結局見せないんだから杞憂だよね。着替えよっと」するする

梓「なんていうんだっけ、こういう露出の少ない昔のドレスみたいな服のこと」

梓「えーと……ご、ごすろ、り?」

梓(ロリ……)

梓「……自分が幼児体型だって認めてるみたいで、なんかヤだなー……」

律「なにをひがむことがある中野ォ」ひょこっ

梓「わぁっ?!の、覗いちゃダメって言ったのになにしてるんですかっ?!」

ぱしーん

律「あ痛っ☆」

梓「んしょ、んしょ」するする

梓「り、律先輩―」

律「おー、出番か」

梓「はい。背中、結んでください」

律「んじゃ入るぞ」ささ

梓「じゃ、お願いします」くる

律(うわ……梓の背中、すげー綺麗……」

梓「声漏れてますっ!!」

律「すべ」ひた

梓「ひゃうっ?!」

律「うわ、やべー肌すんごいすべすべだ」ひたひた

梓「ちょ、り、りつせんぱ……!」

律「触ってるだけですげーきもちいぞ、これ」ひたひた

つついー

梓「に゙ゃっ?!ゆ、指でなぞるのは……!」

律「つんつん」

梓「んっ、んに゙ゃに゙ゃに゙ゃっ!」

梓「フーッ、フーッ」ぜぇぜぇ

律「ごめん梓……あまりに上玉だったもんでつい」

梓「ぐるるるる」

律「うおぅ、野生化しとる」

梓「に゙ゃっ!に゙ゃあっ!!」

律「おーよしよし」

梓「がぶ」

律「いてぇー?!」

梓「……はっ、な、なんか別のツインテールに憑依されていたような」

律「な、なんだそりゃ……」

梓「すいません、だいじょぶですかリム先輩」

律「誰がリムショットだこら!」

梓「失礼、噛みました」

律「違う。わざとだ」

梓「かみいいだ」

律「名鉄小牧線っ?!」


……

律「……はぁー、なんかどっと疲れたよ」

梓「そうですね……って律先輩、その買い物袋は」

律「ああ、これ?買った」

梓「買っ……?!」

律「さっきのやつな。似合ってたは似合ってたから。また着てもらおーと思って」

梓「いや、えっ?!えっ?!」

律「さーて、次はどこ行くかなー」

梓「んー……じゃ、定番にゲーセンとか行きます?」

律「おっ、いいねー。この私にゲーセンとは」

梓「律先輩好きそうですよねぇ、ゲームセンター」

律「おう。ホームグラウンドみたいなもんだよ」

梓「どんなゲームやるんですか?」

律「ぜんぶ」

梓「え、ぜんぶって」

律「なんでもやるよ。ま、今日は梓もいるしアーケードはナシだな」


4