憂「なぁに?お姉ちゃん」

唯「こっちこっち」ポンポン

憂「???」トコトコ

唯「うーいー」ギュー

憂「ひゃっ」

梓「!?!?」

梓「そんな・・・し、姉妹で・・・」アセアセ

唯「うーいーうーいー」ギュゥゥゥ

憂「ど、どうしたのお姉ちゃん?」

唯「えへへ、あずにゃんのお勉強だよー」

憂「これがお勉強・・・?」

梓「う、憂もなんでじっとしてるの!?はやく離れないと出来ちゃうよ!!?」

憂「え?何が出来ちゃうの?」

梓「何って・・・赤ちゃんが・・・赤ちゃんが出来ちゃうよぉっ」カーッ

憂「赤ちゃん・・・?」

唯「憂、いいからいいからーぎゅーってしよ?」ギュー

憂「よくわかんないけど、わかったよお姉ちゃん」ギュー

梓「にゃぁぁぁあぁあぁ!?憂まで!!!!」

梓「憂がそんなえ、え、えっちな子だったなんてっ」カーッ

憂「えぇ!?なんで!?」

唯「ほら、あずにゃんよく見てー」ギュー

梓「そんにゃっ・・・赤ちゃんが出来る瞬間なんてはじゅかしくてみれまへんっ!!!」グルグル

唯「見ないと勉強にならないでしょー・・・しかも赤ちゃんは出来ないし・・・」

憂「梓ちゃん顔真っ赤だし、赤ちゃんとか・・・どういうこと?」

唯「実はね、かくかくしかじかまるまるうまうまなんだー」

憂「そ、そうなんだ・・・」アゼン

梓「まったく・・・姉妹揃ってとんでもないです!」プンプン

唯「ねぇあずにゃん、私たち抱き合ってたけど赤ちゃん出来てないでしょ?」

梓「そ、それは確かにそうですけど・・・」

憂(出来ててもすぐにはわからないよ梓ちゃん・・・)

唯「ということは、抱き合っただけじゃ赤ちゃんは出来ないってことになるでしょ?」

梓「う・・・でもお父さんが・・・」

唯「お父さんはきっと、あずにゃんを男の人に取られたくなかったんだよ」

唯「現にあずにゃんは男の人に近づかないでしょ?」

梓「はい・・・」

唯「私もあずにゃんに男の人に取られちゃうのは嫌だけど・・・女の子同士じゃ赤ちゃんは出来ないんだよ」

梓「・・・本当ですか?」

唯「うん」

梓「信じて・・・いいんですか?」

唯「うん」

梓「じゃ、じゃぁどうすれば赤ちゃんは出来るんですか?」

唯「えーと・・・受精すれば赤ちゃんが出来るよ」

梓「じゅせい・・・?」

唯「男の人から出るものを、女の人の中に入れると出来るんだって!」

憂「お、お姉ちゃん大胆・・・///」

唯「この際恥ずかしがってられないよ!あずにゃんにちゃんと教えないと!」

憂「そ、そうだねお姉ちゃん・・・!」

梓「その・・・男の人から出るものを飲むと出来ちゃうんですか」

唯「うーん・・・飲むっていうか・・・下のお口で飲むっていうか・・・」

梓「し、下のお口?」

憂(どうしてお姉ちゃんが隠語をっ!?)

唯「ま、まぁ詳しくは知らなくてもいいの!とりあえず男の人に近づかなければ赤ちゃんは出来ないの!」

梓「男の人に近づくと出来ちゃうんですね・・・」

唯「うん、まぁその覚え方で間違いないよ」

梓「絶対・・・ですか?本当に信じますよ?」

唯「もちろんだよ、あずにゃんに嘘なんかつかないよ!」

梓「わかりました・・・私、唯先輩を信じます!」

唯「あ、あずにゃん!」

梓「唯先輩!」

憂「お姉ちゃん・・・よかったね・・・梓ちゃんも・・・」ウルウル

憂「それじゃぁ私は部屋に戻るね、今夜はゆっくりしていってね」

唯「うん、ありがとう憂!」

梓「付き合せてごめんね」

憂「ううん、解決したみたいでよかったよ」

唯「さて、あずにゃん・・・ここからが実践だよ!」

梓「えぇ!?まだやるんですか!?」

唯「これからあずにゃんには・・・」

梓「・・・」ゴクリ

唯「一晩中、私に抱きついててもらいます!」

梓「・・・へ?」

梓「なに言ってるんれひゅか!?」カーッ

唯「その名の通りだよ」フンス

梓「ひ、一晩中唯先輩に・・・やっぱり赤ちゃんが」

唯「こら!それはさっき出来ないって言ったでしょ?」

梓「うぅ・・・でも心の準備が・・・もし出来たらって・・・」

唯「んもう、じゃぁもしもだよ?もしあずにゃんとの間に赤ちゃんが出来たら、私が責任取る!!」

梓「へっ?せ、責任って・・・」

唯「あずにゃんと結婚するんだよ!」

梓「結婚・・・ええええええええええ!?おかしいですおかしいですダメです絶対おかしいです」アセアセ

唯「お、落ち着いてよあずにゃん!」

梓「す、すいません・・・」

唯「あずにゃんは私と結婚するの、嫌?」

梓「嫌じゃないです、嫌じゃないですけど・・・女の子同士じゃできません!」

唯「それは知ってるんだ・・・」

唯「確かに本当に結婚は出来ないけど、事実婚っていうのがあるんだよ!」

梓「事実婚・・・」

唯「だから、ね?今夜は一緒に抱き合おう?」

梓「・・・は、はいっ!」

唯「よしよし、あずにゃんはいい子だねー」

梓「もうっ、子供扱いしないでください!」

唯「あはは、ごめんごめん」


唯の部屋

唯「さぁ、あずにゃん!おいで!」ポンポン

梓「ほ、本当に抱きつくんですか・・・?」

唯「私に二言はないよ!」フンス

梓「うぅ・・・帰りたい・・・」

唯「んもー、こっちだってば」グイッ

梓「にゃんっ!?」

ポスッ

梓「な、何するんで」

ギュゥゥゥ

梓「!?あっ、あっ、赤ちゃ」

唯「ほら、赤ちゃんは出来ないよー」ナデナデ

梓「ふにゃぁ・・・」トロン

唯「あずにゃんあずにゃん」ギューナデギューナデ

梓「ゆい・・・せんぱ・・・」

唯「あずにゃんもぎゅってして?」

梓「はい・・・」ギュ

唯「もっとぎゅーって」ギュー

梓「ゆいせんぱいっ・・・!」ギュー

唯「ふふ、あずにゃんにぎゅってされるの初めてだね♪」

梓「ふわふわで・・・あったかくて・・・すっごく気持ちいいです・・・」

唯「いつも暴れてたもんねー」

梓「やぁ・・・それは言っちゃだめですっ・・・」

唯「ごめんごめん」

梓「唯先輩がこんなに気持ちいいなんて・・・なんだか眠く・・・」トロン

唯「このまま寝ようよ、あずにゃん」

梓「は・・・い・・・」

唯「おやすみ、あずにゃん」

梓「おやすみなさい、ゆいせんぱい・・・」

zzz



次の日、学校

唯「あーずにゃん♪」ダキッ

梓「あ、唯先輩おはようございます」

唯「おはよー」スリスリ

梓「唯先輩ばっかりぎゅってしてずるいので私もやってやるです!」ギュー

唯「むむむ、負けないよ!」ギュゥゥゥ

梓「こっちだって!」ギュゥゥゥゥゥ

律「なぁ・・・澪」

澪「あぁ・・・ムギ」

紬「えぇ・・・2人とも」

律澪紬「この1日で何があった・・・?」

唯「あーずにゃん♪」ギュー

梓「唯先輩♪」ギュー

おしまい