梓(し、仕方ない……)

―ちゅっ

梓「……」ドキドキ

律「こ、これでいいか、ムギ?」ドキドキ

紬「ええ、十分よ♪」

憂(私でさえ、まだ一回しかちゅーしてないのに……)ムッ

憂(何でもアリになってきたわね……ようし)

紬・唯「王様だーれだ?」

憂「は、はい、私……」

律(憂か……ここらでまともな命令に戻りそうだな)

澪(憂なら安心だな、とりあえず変なことは言わなそうだし……)

憂「じゃ、じゃあ……その……」

紬(……わくわく)

憂(さっき配ったとき、紬さんのカード見えちゃったんだよな……)

憂(たしか紬さんは3番だったはず……ようし)

憂「さ、3番の人に……」

紬(わ、私だわ……)ドキドキ

憂「1番人が、自分のパンツを脱いで、3番の人の頭にかぶせて……」

憂「"ほら、嬉しいんだろ、この雌ブタ"って言いながら何度も踏みつける」

澪「う、憂ちゃん……?」

律「な、な……」

憂(うふふ、紬さん、さっき梓ちゃんに無理矢理ちゅーさせた仕返しよ)

梓「……」プルプル

唯「う、憂……どこでそんなことを覚えたの……?」

憂「い、いや、たまたまこないだテレビでそういうのやってて……」

唯「そ、そうだったんだー」

澪(そんな番組、地上波でやってる訳が……)

律「ま、まあいいか……それで一番は誰だ?」

梓「わ、私……」

憂「……え?」

憂(し、しまった、まさかあずさちゃんが一番だなんて……)

梓「う…ぅ…」

憂(あずさちゃん、泣きそうになってる……)

澪「な、なあ梓、さすがに今回はやらなくても……」

憂「そ、そうだね、さすがに私も言い過ぎたよ」

紬「ダメよー、王様の命令は絶対なんだから♪」

憂(つ、紬さん?なんで嬉しそうに……)

律「うーん、でもまあ一回やらなかったら、その後もなんだかしらけちゃうしなー」

律(ま、まあ私は関係ないし……)

梓「う……」

梓「や、やりますよ、やってみせます!」

唯「あ、あずにゃん、そんな涙目になりながら言わなくても……」

梓「べ、別に泣いてなんかないです、むしろこのくらい、いくらでもやってやるです!」

憂(ああ……あずさちゃんが完全にヤケクソモードに入っちゃった……)

紬「ほら、まずはパンツを脱がないと……」ワクワク

梓「う……」

憂(だから紬さんはなんで嬉しそうに……)

梓「ちょ、ちょっと脱いでくるから待っててください」

―たたたっ


―たたたっ

紬(うふふ……)

梓「ぬ、脱いできました……はい」

紬「……これをかぶればいいのね」ドキドキ

―さっ

澪(ムギのやつ、なんの躊躇もなく……)

憂(あずさちゃんの脱ぎたてパンツだ……)ドキドキ

憂(紬さん……羨ましい……)ドキドキ

憂(……はっ、ってことはもしかして……)

憂(あずさちゃん、今ノーパンかしら……)ドキドキ

憂「……」チラッ

梓「そ、それで、これからどうしたら……」

憂「……」ドキドキ

憂(や、やっぱりやってよかったかも……)ドキドキ

すかさず横たわる紬

紬「ほら、梓ちゃん、ほら♪」

澪(……なんかムギ、嬉しそうじゃないか?)

梓「う、嬉しいんだろ、この雌ブタ ///」

―げしげし

紬(……悪くないわ)ドキドキ

憂「……」ドキドキ

憂「も、もういいよ、ストップー!」

紬「……あら、もう終わり?」

憂「ほら、紬さんも、いつまでパンツかぶってるんですか!」

―さっ

紬「ああ……」

憂(あずさちゃんのパンツ……)ドキドキ

憂「こ、これは私が預かっておきます///」

紬「よーし、じゃあ次いくわよー♪」


―こそこそ

憂「ね、ねえ、あずさちゃん……」ヒソッ

梓「な、なに?」

憂「こ、今度私にもやってね ///」ヒソヒソ

梓「……?」

紬(憂ちゃんもなかなかやるわね……)ドキドキ

紬(ようし……)ドキドキ


紬「はい、王様だーれ?」

唯「はーい、私ー♪」

律「ま、また唯か……」

澪(変なのにならなきゃいいけど……)

唯「じゃあね、じゃあねー……」ドキドキ

紬「唯ちゃん!」

唯「……ん?」

紬「とびっきりすごいのをお願いね♪」ワクワク

唯(と、とびっきり……とびっきりすごいの……)

唯(……よーし)

唯「4番の人が……好きな人を大告白ー!!」

梓「……え?」ドキッ

律(そ、そんなのアリなのか……?)

紬(うふふ……まぁまぁね、唯ちゃん)ドキドキ

唯「よーし、4番は誰だー、4番ー♪」

澪「……」

澪「私……トイレ」

律「あ、おい澪、どこに……」チラッ

律「……って、澪4番じゃないか!」

―たたたっ

律「おい待て、逃げるな澪!」

澪「ひ、ひぃ……」

紬「うふふ、捕まえた……」ドキドキ

澪「ご、ごめん、勘弁して……」ウルウル

紬「ダメよ~、みんなやってるんだから~♪」

梓(……予想以上にハードになってきた)

唯「澪ちゃん、誰が好きなの?」ニヤニヤ

澪「う……」ドキッ

律(澪……何て言うんだろう……)ドキドキ

澪(まさか、好きな人に好きな人を聞かれるとは……)

澪(……ここで言ったら告白になっちゃうじゃないか)ドキドキ

澪「え、え~っと、その……」ドキドキ

唯「うんうん」

澪「好きな人は……いない……かな」ドキドキ

律「……」ホッ

唯「えー、なにそれ、ずるーい」

澪「しょ、しょうがないだろ、いないもんはいないいんだから……///」

律「よ、よし、次行こうぜ次」アセアセ

澪「……」ドキドキ

澪「で、でも……どうしても一人言わなきいけないんだったら……」ドキドキ

律「……」ビクッ

澪「まぁ、その、どうしても一人あげなきゃいけなければの話だけど……」ドキドキ

澪「……ゆ、唯かな///」

律「……!!」

唯「……へ?」

紬(……あらあら)ドキドキ

澪「い、いや、当然恋愛対象とかじゃなく、"友達として"とかそういう……」ドキドキ

律「……」

澪「……そういう訳でもないわけでもなくない、って言うか……その……」ドキドキ

澪「ま、まあ私が知ってる人の中では一番ってことで……あの……」ドキドキ

唯「……?」

唯(よく分かんないけど、これからも仲良くしようってことかな……)

唯「そっか、じゃあこれからもよろしくね、澪ちゃん」ニコッ

澪「……え、う、うん///」

律「……」ムカッ

梓「……」ムッ

憂「……」ムッ

紬(唯ちゃん、あのテレながら結構本気の告白を軽くスルーするなんて……)

紬(……や、やるわね)ドキドキ

律(くそ、あの二人、いい雰囲気になっちゃって……)

梓(澪先輩、あんなに顔真っ赤にしちゃって……)

梓(……どう考えたって、本気じゃない)

梓(それにしても、全然気が付かなかったな、まさか澪先輩も唯先輩の事を……)ドキドキ

梓(い、いや"も"ってなによ"も"って、私はもう憂のことが一番なんだから……)

憂(わ、私が好きなのはあずさちゃんだけど……)

憂(……やっぱり、お姉ちゃんを誰かに取られるのは我慢できないな)

紬「はーい、次行くわよ、みんな引いてひいて!」


紬「やった、私が王様♪」

紬「じゃあね、じゃあねぇ……」ドキドキ

律(ムギのやつ、また変な命令にするんじゃないだろうな……)

紬「3番と5番が……」

紬「ポッキーを両端から食べていく///」

澪「な……」

律(……くそ、やっぱりこういうのか)

律「3番誰だ、3番!」

梓「わ、私……」

憂「……!!」

憂(紬さんったら、なんであずさちゃんばっかり……)ムッ

唯「わー、あずにゃんが相手かー」

梓「……え?」ドキッ

澪「ま、まさか唯が5番か……?」

唯「えへへ……、そうだ、ポッキーまだ残ってたよね、私持ってくるよ」

―たたたっ

澪(唯とあずさがポッキーゲーム……)

憂(お姉ちゃんとあずさちゃんがポッキーゲーム……)

澪・憂(や、やだ、そんなの絶対見たくない……)

唯「持ってきたよー」

紬「じゃあ、始めましょうか」ドキドキ

梓「……」パクッ

紬「ほら、唯ちゃんはこっち側を……」

唯「あー、私チョコ付いてる方がいい!」

―ぱしっ

梓「ちょ、先輩、何を……」

唯「えへへ……」パクッ

梓「……!!」ドキッ

澪(あ、梓が一度くわえた側を口にいれた……)

憂(な、なんてこと……これじゃすでに間接……間接……)

紬(……やるわね、唯ちゃん)ドキドキ

唯「これで食べていけばいいんだよね?」

紬「そうよー」ドキドキ

梓「……」ドキドキ

唯「よーし」

―もぐもぐ

梓(せ、先輩、進むのはや……んん)

唯「―♪」

―ちゅっ

澪「……!!」

憂「……!!」

梓「な……な……」ドキドキ

唯「うーん、美味しぃ♪」モグモグ

紬(ちょ、直前までとかで良かったんだけど……)ドキドキ

唯(まさかこんな時間帯にポッキーが食べれるなんて……)

唯(もう一本食べちゃおっかな……でも夕飯食べたあとだし……憂に怒られるかな?)ドキドキ

梓(唯先輩とちゅー……ちゅーしちゃった……)ドキドキ

澪「……」ムカッ

憂「……」ムゥ

律「……」チラッ

律(なかなか白熱してきたな……この後が大変になりそうだ)

紬「よーし、次つぎー」

―さっ

憂(や、やった、私が王様だ!)

憂(……よし、紬さん、もう許さないんだから)

憂(今のうちに、何としてでも紬さんのカードを……)チラッチラッ


唯「王様だーれだ」

憂「わ、私……」

澪「……」ギクッ

律(う、憂ちゃんか……)

憂「じゃ、じゃあ……そうだな……」

憂(こ、今度はあずさちゃんを巻き込まないようにしないと……)

憂(どうしよっかな……そうだな)

憂「よ、4番の人が……」

紬(わ、私だわ……)ドキッ

憂「まず鼻にポッキーを出来るだけ詰めて……」

律(ぜ、前提からそれかよ!?)

憂「そこで四つんばいになって、"私は変態です"って書かれた紙を背中に貼り付けられた状態で……」

憂「……そうだ、頭にブラとかも巻いた方がいいかな」

律「あの……憂ちゃん……?」

憂「そ、その状態で、官能小説を数ページ朗読」

憂「……で、最後に鼻にさしたポッキーを自分で食べて終わり」

唯「う、憂……一体……」

紬(……まぁ)

澪(さすがに、"どこで覚えたんだ"ってレベルじゃないぞ……)

憂(さっきみたいのだと、紬さん、喜んじゃう可能性あるから、これくらいにしないと……)

梓「あ、あの……さすがにこれはちょっと……」

律「大体、官能小説なんて、どこに……」

憂「ぐ、偶然、こないだ学校帰りに拾って……///」

澪(それは本当に偶然なのか……?)

唯「ねえ、かんのう小説ってなーに?」


頭にブラを巻き、鼻にポッキーをさし、四つんばいになっている紬

そして背中に輝く"私は変態です"の文字

紬「まあ、いけないわ、こんなところで……んんっ」

紬「あら、そんなこと言っておきながら、もうこんなになっちゃって……」

紬「そう言いながら、ケイコはメグミの乳首を―」

紬「―」

律(紬のやつ、淡々とこなしてるな……)

憂(ぜ、全然嫌がってるように見えないけど……)

澪「……」ドキドキ

唯「……」ドキドキ

唯(かんのう小説って、女同士の恋愛を書いたものなのかな……?)ドキドキ

梓(憂ったら、あんな本を持ってたなんて……)ドキドキ


―むしゃむしゃ

紬「よし、これでおしまいね」

憂「……」

澪「そ、それにしても、よくあんなの出来たなムギは……」

律「そうだよな、辛かっただろ?」

紬「ええ、さすがにちょっと抵抗はあったけど……」

紬「……でもみんなの反応とか見れて、ちょっと楽しかったわよ///」

憂「……!!」

澪(た、楽しかった……?)

律(なん……だと……)

憂(……紬さん……なんて大きいの……)

紬「よーし、じゃあ次……」

澪「なあ、もう遅いし、次で最後にしないか?」

唯「うーん、そうだねー、もう12時だし……」

律(最後……?まだ私王様やってないのに……)

律「い、いいじゃん、今日はもう徹夜しようぜー」

澪「おい律、さすがにそれは……」

律(それに、澪を唯と一緒に寝かせたくないし……)

紬「そうねー、明日は休みだし……」

澪「ム、ムギまで……」

澪「じゃあ多数決しよう、もう終わりたい人――」


律「徹夜けってーい!」

澪(……な、何でみんなこんなにやる気なんだ?)

憂(ま、まだあずさちゃんと何の絡みもないのよ、このまま終わるわけには……)

梓(憂の部屋に戻っても、どうせ緊張して寝れないし……)

紬「うふふ……ふふふ……」

唯「……ん、どうしたの、ムギちゃん?」

紬「夢だったの……女の子だけで夜通し、色んなことするの……うふふ」ドキドキ

律(い、色んな……?)

澪「そ、そうなんだ……」


11