梓「それで?そのあとはどうなったんです?」

律「えっ…も、もう終わりだよ」

梓「えぇ~そんなんじゃ駄目です!参考になりません!」

律「な、なんだよ参考って…」

梓「そこまでいったのに付き合わないなんておかしいです!」

律「おかしくねーし!」

梓「律先輩は澪先輩のこと好きなんでしょう!?好きなんですよね!?好きです!」

律「決め付けんな!」

梓「で、何も言ってあげないで登校ですか?」

律「何を言ってあげればいーとゆーんだ中野君」

梓「えっ…た、例えば…これからはずっと俺の隣で手を握っていてくれないかい?……とか」

律「キャラ違うし!」

律(それと似たようなこと考えてたとかいえねー!)

梓「今の例はアレでしたけど…なんかないんですか?洒落た一言とか」

律「……」

(律「澪、なんなら私に永久就職するか?」)

律「……………」

梓「あ、律先輩がゆでダコみたいに」

律「うわあああ!私はなんて恥ずかしい発言をー!」

梓「落ち着いてください!スティック振り回しても過去は振り切れませんよ!」

梓「もう律先輩は駄目だ。ヒステリックにスティック振り回してドメスティックバイオレンスだ」

梓「それにへたれだし…はぁ、唯先輩への告白の参考にしようと思ったのになぁ」

紬「まぁ告白?」

梓「えぇ…律先輩が男らしく澪先輩に告白してくれればよかったんです」

紬「りっちゃんは女の子よ?」

梓「わかってますよ。わかってて言ってるんです」

紬「ってりっちゃんが澪ちゃんに告白ですって!?」

梓「えぇ。あ、律先輩ならあっちですよ。」

紬「はいっ!」

梓「はぁ…」

梓「はぁ…憂も唯先輩にチョコあげるんだろうな…」

梓「憂のチョコに勝てるわけないもんなぁ…チョコで唯先輩の気を引く作戦は使えないね」

憂「あ、おーい梓ちゃーん!」

梓「噂をすれば来たね憂」

憂「?…ねぇ梓ちゃん。梓ちゃんもチョコつくるんだよね?」

梓「うん」

憂「じゃあ一緒につくろうよ!きっと楽しいよ!」

梓「くっ…笑顔が…その笑顔が私にはつらい」

憂「?」

梓「でも駄目…私は唯先輩の笑顔が見たいんだ!」

憂「?」

梓「ごめんね憂。私、1人で頑張ってみるよ」

憂「そっかー。残念だね」

梓「はぁ…憂輝いていたな…バレンタインを一番楽しんでいるね」

梓「あれは絶対すごいのつくって唯先輩にあげるよ…全身チョココーティングとかそういう次元の」

純「おーい梓ー」

梓「噂をしなくても来るね純」

純「なに言ってんの?それより一緒にチョコつくらない?澪先輩にあげるんだ!」

梓「やめとくよ純。そしてやめときなよ純」

純「え?」

梓「その想いはきっと届かない。じゃっ」

純「……」

放課後になりました
文化祭が終わっても私達は集まります
限られた時間だけど、みんな一緒にいたいから

梓「失礼します」

律「む、やっときたかー」

澪「梓、大変だったんだぞ?」

梓「なにがですか?」

律「ムギの奴が暴走してだな…」

あ。思い出した。私がムギ先輩をけしかけたんだっけ…

紬「うふふ。梓ちゃーん!」

梓「きゃっ!」

梓「ムギ先輩?唯先輩みたいに抱きつかないでくださいよ」

紬「梓ちゃん、唯ちゃんに告白するんでしょう!?」

なんで知ってるんですか

澪「ムギの意識を私達から逸らすために律が…」

律「お互い様だぞう、梓」

梓「そうですか…」

本当のことだけどさ
唯先輩がまだ来てなくてよかった

梓「唯先輩には言わないでくださいよ?特に律先輩」

律「わかってるよ~」

澪「え?本当に告白するの?律の冗談じゃなくて?」

梓「…えぇ。すみません、本当です。私は唯先輩が好きなんです」

澪「…そっか…」

澪先輩すみません。戸惑わせてしまって
でも伝えたいんです

紬「とっても素敵!」

ムギ先輩、その反応はどうかと思いますよ

律「梓、応援してるよ。私達に出来る事なんてたかがしれてるけど」

梓「いえ、お気持ちだけで十分ですよ」

紬「陰ながら見守ってるわね!ファイトー!」

梓「ほんとに見守らないでくださいね?」

澪「届くといいな、梓…」

梓「はい。澪先輩もですね」

澪「えっ!?」

さわ子「頑張ってね梓ちゃん。諦めちゃだめよ」

梓「ナチュラルに話に加わってきますね先生」

さわ子「もうチョコはつくったの?梓ちゃん」

梓「いえ…どうしようか迷ってるんです。ムギ先輩が持ってくるような高級なチョコは無理だし」

梓「憂みたいにおいしいチョコもつくれないし…」

和「愛情のこもったチョコに優劣はないわ」

澪「わ!和じゃないか」

律「びっくりしたなもう」

さわ子「私が呼んだのよ」

梓「和先輩…でもおいしいほうが唯先輩だって喜びます」

和「唯の好みなら私が知ってるから大丈夫。一緒につくりましょう、梓ちゃん」




唯(おぉ…息が白いや)

私は1人冬の寒い道を歩いている
もーりっちゃんたら。いきなり今日の部活は休みですなんて言われても困っちゃうよ
部活っていってもみんなでムギちゃんの持ってきてくれたお菓子でティータイムするだけなんだけどね

唯「今日の夜には雪が降るね…」

みんなで雪だるまとかつくりたいな。そんな年じゃないかもしれないけど

唯「もう最後だもん…」

りっちゃん達とは同じ学校にいけるけど、放課後ティータイムはいつまでも放課後だけど

唯(和ちゃんもあずにゃんも、さわちゃんも純ちゃんもクラスのみんなとも…)

きっとなかなか会えなくなるんだ。それはとても寂しいことで

唯「あっ…降ってきた」

明日にはいっぱい積もってるかな。雪合戦とかやりたいな


唯「ただいまー」

我が家はあったかいなぁ

憂「あれ?お姉ちゃん、今日軽音部は?」

唯「今日は休みなんだって~」

憂「そうなんだ…」

唯「ん?憂なにつくってるの?」

憂「だ、だめ!まだだめなの!」

唯「えー?なんでー?」

憂「あとのお楽しみだよ」

唯「ちぇー」




梓「できた…」

きれいなハート型。私1人でつくってもこんなにうまくできないのに

梓「和先輩はチョコづくりまで几帳面なんですね」

和「私は手伝っただけ。このチョコはあなたがつくったのよ」

和「主な材料は…愛かしらね」

梓「な、和先輩!」

和「ふふ」

微笑む和先輩の横顔はとてもかっこよかったけど、寂しそうにも見えた

和「唯をお願いね」

梓「え…?」

和「あの子は人一倍人懐っこい反面、人一倍寂しがりやなのよ」

和「きっと梓ちゃんともずっといたいはず」

梓「……」

和「…だから大丈夫よ。頑張りなさい」

梓「ありがとう、ございます」

私にはお姉ちゃんなんていないけど、もしお姉ちゃんができるなら和先輩がいいな

梓「でも、和先輩も人一倍寂しがりやですよね」

和「え?」

梓「涙目ですよ」

梓「先輩も…寂しいんですよね」

和「そうね…私にも梓ちゃんの気持ちがわかるからチョコづくりを手伝ったのかも」

梓「……」

和「長話しちゃったかしらね。そろそろいきなさい」

梓「和先輩、ありがとうございました!」

和「いってらっしゃい」

梓「はい、失礼します」

和「……」

和「ちゃんと想いを伝えるのよ…私の分まで、ね」

唯先輩の家に向かって足を進める
部室にいっても誰もいなかった。おそらく先輩方が気を使って部活を休みにしてくれたのだろう

梓「私、伝えるんだ…!今年こそ」

純「なにを伝えるの?」

びくっ

梓「は!?純?なんでこんなところに」

純「いや~澪先輩にチョコあげようとスタンバってたんだけどさ…渡せなくて」

梓「なんで渡せなかったの…?」

純「澪先輩にはもう居たみたいだから…大事な人が」

梓「あ…律先輩か…」

純「くやしいけどお似合いだもん…しょうがないよ」

梓「純…」

純「…梓は諦めちゃダメだよ」

梓「えっ…?」

純「唯先輩のこと、好きなんでしょ?友達だもん。わかるよ」

梓「…うん。ありがとね、純」

純「梓、これ持ってって」

梓「これ…赤いリボン」

純「私には必要なかったみたいだから。でも梓には必要でしょ、勇気」

梓「うん」

純「いっといで梓!」

梓「うん!」

純に見送られて私は走った。純からもらった勇気を手にして

純「あーあ…私って漫画とかなら絶対ちょい役だよきっと」

純「…このチョコにが…」




キッチンから甘い匂いがする。私はその匂いにつられて階段を下りた

唯「わーっ!すごい!チョコだ!」

憂「あっ、もうお姉ちゃんたら~後でって言ったでしょ」

唯「おいしそうですなぁ…食べたいですなぁ~…」

憂「うふふ、ご飯の後にね……あっ」

唯「どうしたの?」

憂「お砂糖切らしちゃった…チョコづくりに使って」

唯「もー憂ったら。私、買ってくるよ」

憂「私がいくよお姉ちゃん」

唯「いいよ。憂はご飯の準備してて」

憂「そう…?じゃあお願いね」

唯「任された!」

冬の夜はあんまり好きじゃない
寂しい風が吹くから
冷たいのに真っ暗で…とても寂しい世界だ
まるで闇のなかにいるみたい
でも闇の中で白く光り、落ちている雪はとても幻想的だった

唯「私たちもこの雪みたいに…闇のなかでも光っていられるのかな…」

「唯先輩!!」



唯、梓

梓「唯先輩」

唯「あ…あずにゃん」

梓「どうしたんですか、もう夜ですよ」

唯「ちょっと買い物をね、してたよ」

梓「そうですか……唯先輩?」

唯「なに?」

梓「泣いてます」

唯「え?…へへ、そうみたいだね」

梓「寂しいんですか」

唯「そうだね。やっぱり離ればなれになるのは辛いよ」

梓「私も辛いです」

唯「私、ずっと高校生でいたかったな。」

りっちゃんが盛り上げて
澪ちゃんが突っ込んで
ムギちゃんがお茶をいれてくれて
私がお菓子を食べて
あずにゃんが練習しましょうって注意してくれる

唯「そんな今が…とっても心地いいんだ」

梓「…でも、時間は流れていきます」

だれもが今のままじゃいられない
だから今が楽しいのだ
時間は永遠じゃないから
人は時間を楽しめる

梓「私も皆さんとずっと一緒に居たいです」

梓「でも、私はこれから先も楽しみなんです」

唯「どうして?離れちゃうんだよ?なんでそんなことが言えるの?」

梓「信じてますから。また会えるって」

梓「離れていても、いつまでも私たちは放課後ティータイムです」

梓「私たちの未来を私たちで否定するなんて、悲しいじゃないですか」

梓「私はまだ桜高に残りますけど、寂しいですけど、怖くはありません」

梓「皆さんは新しい学校へ進みますけど、思い出は残してくれますから」

梓「私の宝物です」

唯「…うっ…ぐす…」

梓「そんな皆さんに」

梓「ありがとうを言いたい」

唯「うぅっ…うぅふ…」

梓「子供みたいに泣かないでくださいよ」

唯「あずにゃぁん…いやだよぉ…一緒がいいよぉ…」

梓「…はい、これ食べて元気出してください」

唯「ぐす…チョコ?」

梓「はい。どうぞ」

唯「……おいしい。なんだかあったかくなってくる味だね。」

梓「和先輩とつくったんです」

梓「和先輩も寂しいみたいですけど、前を向いてますよ」

梓「唯先輩も前を向きましょうよ!きっと楽しいはずです!」

唯「…うん。そだね。また会えるんだもんね!」

梓「はいっ!」

唯「えへへ。ありがとあずにゃ~ん」

梓「ちょ!抱き付かないでくださいよっ」

ひらりと赤いリボンが落ちる

唯「あれ?リボン?」

梓「…はい。赤いリボンには愛って意味があるらしいです」

唯「愛?」

梓「はい」

梓「唯先輩、ずっと好きでした。ずっと憧れていました」

唯「……そっか」

唯「ごめんね、気付いてあげられなくて」

梓「ほんとですよ。辛かったんですから」

唯「傷つけちゃったかな?」

梓「もう治りましたよ。言えてスッキリしました」

唯「それはよかった」

唯「…私はね、あずにゃん」

梓「待ってください」

梓「返事はとっておいてください」

梓「また会えるんですから」

唯「…そうだね。なら来年のバレンタインは私がチョコあげるよ」

唯「赤いリボンを添えてね」


おわり