梓「両方……です」

紬「もう、可愛すぎますっ!」ギュッ

梓「にゃ……」ガバッ

紬「ケーキ食べる? それとも、このままエッチする?」ドキドキ

梓「……」

梓「エッチ……する」ポソッ

紬「そう。じゃあ……どうして欲しいか言って?」

梓「は、はい。私にいっぱいエッチな事して下さい……」

唯「……」

梓「たくさんペロペロされて、気持ちよくなりたいんです……」

律「わぉ」

梓「だから、だから……」

澪「……」

梓「私の事、いじめて……下さい」

紬「ふふっ、だって」

唯「あずにゃん、もうすっかりエッチになったね~」

梓「にゃ……! ゆ、唯先輩……?」

律「いや~、本当可愛いなあ梓は」

澪「昨日あんなにしたのに……本当変態さんだな」

梓「み、皆さん……い、いつから?」

律「ケーキ食べ始めた辺りかな。ポ~ッとしながらケーキ食べててさ~……」ニヤニヤ

唯「私もあずにゃんにケーキ食べさせて欲しいな~」

梓「そ、そんな所から……ですか」

澪「ふふっ、ずっとその格好だもんな。なんか……うん、エロかった……」

梓「澪先輩までぇ……」

律「で~、梓。さっきの言葉なんだけどさ~」ニヤニヤ

梓「にゃ……」

梓「は、はい……」ゾクゾク

律「もう、めちゃくちゃにしていいって事だよな~?」

梓(ふ、二人の時はドMだったくせに……)ゾクッ

唯「りっちゃん。そこはもう聞く必要ないんじゃない?」

梓(うう、唯先輩は相変わらず……いじめっぷりがすごいです……)

澪「そうだな。じゃあ……」

梓(澪先輩なら、優しく犯してくれて……)

紬「ふふっ。それなら、まずはケーキを持ってくるわね~」

梓(私はみんなとケーキを食べさせっこ……)

梓「ケーキを食べたら……そのまま……」

梓「ペロペロ……して下さい!」

唯「あずにゃ~ん」

律「梓~」

澪「梓」

紬「梓ちゃん」

梓「は、はい……」ゾクッ

梓「まだまだいっぱい……。いっぱい、いじめて下さい……」





[[戻る>





部室

ガチャッ

梓「こんにちわ~」

紬「あら梓ちゃん」

梓「あ、ムギ先輩……だけですか?」ムラッ

紬「ええ、今日はみんな忙しいみたいで……部活に来るかわからないんだって」

梓「そ、そうなんですか~」

紬「あ、お茶飲む?」

梓(……)

梓(襲いたい……)ムラムラ

紬「~♪」

梓(ああっ、先輩のお尻エロいなあ……太ももだってムチムチしてて……)

紬「~♪」

梓「はぁ、はぁ……」ズイッ

紬「あ、そう言えば」クルッ

梓「にゃ!」ピタッ

紬「ど、どうかしたの?」

梓「あ、いえ……その……」

梓(抱きつこうとして、失敗しちゃったよ……)

梓「……」モジモジ

紬「ふふっ、そう言えば。最近欲求不満なんですって?」

梓「は、はい……」

紬「ね。今日は誰も来ないみたいだし……」

紬「私と、してくれる?」

梓「い、いいんですか?」


梓の家

梓「た、ただいま~」

梓(なんだろう、ムギ先輩が言ってたの……)

紬『じゃあお家で待ってて~。私、ちゃんと準備してくるから!』

梓(準備って、なんだろう?)

梓「……」ムズムズ

梓「ううっ、家に来るとムラムラするよ~!」

梓「ち、ちょっとくらい……なら」

梓「っ……」コスコス

梓「んっ、自分でも……気持ち良い……」クリクリ

梓(や、やっぱりパンツすごいぬるぬるしてる……こんなの、前は無かったのに……)

梓「はぁ、はぁ……んっ」クチュッ

梓(が、我慢させる先輩たちが悪いんだから……)ヌチュ

梓「んっ! んっ、あ……イ……イク……」

梓「んんっ!」ビクッ

……ピンポーン

梓「っ!」ピタッ

ピンポーン

梓(また……邪魔するぅ……)ピクピク


ガチャッ

紬「こんにちは~」ニコニコ

梓「い、いらっしゃいです……」フラフラ

紬「お邪魔しま~す」

梓(うう、余計ムラムラする……)

紬「あ、荷物とかどうすればいいかしら?」

梓(紙袋? 何が入ってるんだろ……)

紬「梓ちゃん?」

梓「は、はい。私の部屋を使ってもらえれば大丈夫ですよ。こっちです」

紬「は~い♪」

梓「適当に座って下さい」

紬「は~い」ガサッ

梓「あ、あのムギ先輩。その……」

紬「あ、梓ちゃん。お手洗い借りても大丈夫かしら?」

梓「は、はい。廊下の突き当たりにありますけど……」

紬「うふふ、わかったわ」

ガチャッ

梓「……」

梓(気になる……見ちゃえ)ガサッ

梓「!」

梓「こ、これって……」ガチャ

梓「手錠……かな?」

梓「わ……本物?」

梓「な、なんでこんな物……」ガチャ

梓「……」ドキドキ

梓(これ、どっちが付けるつもりで持ってきたんだろ)

梓「……」ムラムラ

梓「こんなの持ってくる……先輩が悪いんだもん……ね」

ガチャッ

紬「ふう、ありがとう梓ちゃん……て、あら?」

梓「わっ!」ギュッ

紬「わっ……び、びっくり……」

梓「ふふ~、ムギ先輩~」スリスリ

紬「ど、どうしたの梓ちゃん。いきなりくっついてきちゃったりして……」

梓「先輩。ちょっとちょっと……」

紬「あら、腕がどうかした~?」

梓「くすっ、後ろに組んで……えい」ガチャッ

紬「えっ……」

梓「うふふっ……」ニヤニヤ

紬「そ、それは私の……?」

梓「そうですよ~。なんでこんなの持ってるんですか~?」ギュッ

紬「そ、それは……」

梓「もしかして私に襲って欲しかったんですか?」ペロッ

紬「ひゃ……」

梓「ん~。お尻……可愛いですね」モミモミ

紬「ち、ちょっと梓ちゃ……」グイグイ

梓「あはは、本当に抵抗できなくなっちゃうんですね~」ペロペロ

梓「……えいっ」トッ

紬「きゃっ!」

ムギ先輩の体を後ろ向きのまま、優しくベッドに倒します。

興奮していた私の力では、もしかしたらちょっと乱暴だったのかもしれませんけど……。

紬「梓ちゃん……」サッ

梓「あ、先輩。こっち向いちゃダメです」グッ

紬「え……」

梓「後ろ向きのまま。こっちにお尻向けて……膝立てて下さいよ」

紬「そ、そんな恥ずかしい格好、私……」

梓「その方がここ、触りやすいんですもん」クリクリ

紬「んんっ!」ピクッ

梓「あれ……もう濡れてる」クニュクニュ

紬「あっ……」

梓「フリフリの下着……お嬢様らしいですね」ツンッ

紬「そ、そんな事ないわ……」スッ

梓「ふふっ、ムギ先輩。腰浮いてますよ~」コスコス

紬「だ、だって。そんなに触るから……!」ピクッ

梓「いい眺め……スカートとっちゃいますね」スルッ

紬「んっ……」プルプル

梓「先輩、もっとお尻上げて下さい~」ペロペロ

紬「ひゃっ、お、お尻の頬舐めないで……」

梓「だって……美味しそうなんですもん」カプッ

紬「ひ、っ……」プルプル

梓「ほら~。お尻上げないと噛みついちゃいますよ?」ニヤニヤ

紬「んんっ……」ススッ

梓「そうです。もっとつき出して……ふふっ、エッチな格好……」

紬「は、恥ずかしいわ……」プルプル

梓「にゃ~」カプッ

紬「!!」

梓「んっ……」カミカミ

紬「や、やっ。変な感じがする~……!」

先輩の肌を傷付けないように甘く歯を立てて、二回三回とお口の中で転がします。

梓(おいひい……)カミカミ

紬「あ、梓ちゃん。噛んじゃいやああ……」ピクピク

梓「ふふっ。だ~め」ペロペロ

紬「や、あっ……」ガクッ

梓「膝は立てたまま……ですからね」チュッ

紬「ん、は、はい……」ススッ

梓「ふふ~ん。そういえばムギ先輩」

紬「な、何かしら……」

梓「持ってきた紙袋の中に、こんなのが……」ガサッ

紬「!」

梓「ふふっ、これってローターってやつですよね。ちっちゃくて……可愛い」くすっ

紬「あ、梓ちゃんそれはね……」プルプル

梓「ええっと、これかなスイッチ」

ヴィイイイ

梓「……まずは弱からですかね」

紬「ま、待っ……」

梓「えいっ」スッ

紬「っ……あっ!」ビクッ

紬「んっ……」プルプル

梓「……あんま反応しませんね。下着の上からじゃあ感じませんか?」

紬「そ、そんな事はないけど。こそばゆい感じが……」ピクッ

梓「じゃあこれ、もう止めていいですかね?」スッ

紬「そ、それは嫌……かも」

梓「ふふっ、お尻」

紬「……?」

梓「お尻振ってアピールしてくれたら、気持ちいい所に当ててあげますよ?」

紬「んっ……」フリフリ

梓(いい眺め……ヤバッ、興奮が……)

梓「ふ、ふふっ。よく出来ました……ね」ススッ

フリフリの下着をずらして、クリトリスの位置にしっかりとローターを当ててあげます。

梓「ここですか?」

紬「んんっ!」ビクッ

梓「下着の中、すごいグチョグチョですよ……」

紬「あっ、あっ、あ……」ビクビク

梓「って、聞こえてませんか?」

紬「き、気持ちいいからぁ……気持ちいいからぁ……」ピクピク

梓(はぅ、いじめられてるムギ先輩可愛い……)

梓「か、感じやすいんですね。それとも……手錠なんてしてるからですか~?」ニヤニヤ

紬「り、両方……気持ちいいの~……」ピクピク

梓(あ、もっといじめたいかも……)

梓「ふふっ」グイッ

紬「んんん~っ!」ビクッ

梓「押し当てるの、気持ちいいですか?」

紬「い、いい……」クイッ

梓(このまま、たくさんいじめて……)

……?

梓(あれ、私の携帯が震えてる?)


梓(……澪先輩から? もう、せっかくいいとこなのに!)

梓(仕方ないです。ここは無視してまた後で……)

紬「んっ、んっ!」ピクピク

梓「……」

梓「くすっ、ムギ先輩」

紬「な、なに……?」

梓「今からちょっと電話します。だからちょっと待ってて下さいね」ニヤニヤ

紬「ふぁ、で、電話……?」ビクッ

梓「もしも~し、澪先輩。どうしたんですか?」

紬「!」

澪『ああ、梓。今大丈夫か?』

梓「はい、大丈夫ですよ~」ニヤニヤ

紬「んっ、はぁ……」ピクピク

澪『借りてたCDなんだけどさ。今日会えなかったから明日学校で……』

紬「あっ、あっ……」ビクン

梓「そうですね。でも……いつでも大丈夫ですよ?」

紬「あ、梓ちゃん。ほ、放置はやあぁ……」フリフリ

梓「……お尻振ってもダメですよ」ボソッ

澪『ん、梓?』

梓「あっ、何でもありませんよ澪先輩」

澪『?』

紬「はぁ……あっ……」

澪『……でさ、今日も律の奴がさ~』

紬「んっ、あ……」ヴィイイイ

梓「あはは、そうなんですか」ニヤニヤ

澪『律らしいよな~』アハハッ

紬「んん……あ、梓……」プルプル

梓「……」カチッ

ヴィイイイイイ!

紬「ああっ!」ビクッ

澪『ん……どうかした?』

梓「いいえ。ちょっと暖房の強さを変えただけ……ですよ」

澪『そ、そうか?』

紬「あ、あっ……んんっ!」ビクビク

梓「くすっ、そう言えば澪先輩。今ムギ先輩が遊びに来てるんですよ~」

紬「!」ビクッ

澪『んっ? そうなのか。ムギが来てるなんて珍しいな』

梓「ええ、お土産まで持ってきてくれて……今かわりますね」

紬「……っ!」フルフル

梓「我慢したら、ご褒美……」ボソッ

紬「っ……」

梓「ねっ?」ニッコリ

紬「……」コクッ


10