日曜日

ピンポーン

梓「……はっ」

澪「すー、すー」

梓(誰か……きた?)

澪「すー、すー」

ピンポーン

梓「は、は~い」タタタッ

ガチャッ

梓「あ、あれ? 憂……休みなのに、どうしたの?」

憂「……」ニッコリ

梓「どうしたの。憂? 何か約束してたっけ?」

憂「ふふ~。お姉ちゃんに言われて様子を見にきたんだよ」

梓「そ、そうなんだ~。あはは~」

憂「うん。しっかり我慢してるかどうか……もしかして今日忙しい?」

梓「い、忙しくはないけど~……」

梓(も、もうイッちゃったなんて言いにくいよ~……)

憂「……あれ。その靴、誰か来てるのかな?」チラッ

梓「う、うん。澪先輩がちょっと、ね」

憂「へえ~。こんな朝から?」

梓「……」

憂「それとも、お泊まりかな?」ニコニコ

梓「う、うん。泊まり……」

憂「そうなんだ~。ちゃんといじめてもらった?」

梓(いじめられすぎて、イッちゃったけど……)

憂「じゃあ、お邪魔しま~す」

梓「えっ、えっ?」

梓(お部屋には……全裸の澪先輩が……)

憂「ふっふ~ん」ガチャッ

梓「ま、待って!」

澪「すー、すー」

憂「わ……」

梓「あ、あはははっ……」

憂「ふふっ、いっぱいしたんだね~」

梓「う、うん」

憂「……その割には、なんかスッキリしてる?」

梓(ドキッ!)

澪「うう~ん……」ゴロン

憂「ねえ梓ちゃん」

梓「ん、んっ?」

憂「澪先輩……いじめちゃう?」

梓「……!」

憂「ねっ?」

梓「う、うん!」

憂「ふふっ、そうこないとね~」ニコニコ

澪「う、う~ん……」

梓「澪先輩。先輩」ユサユサ

澪「ん。あ、ああ……おはよう梓~」ギュッ

梓「にゃっ! い、いきなりっ……」

澪「んふふ~。可愛いなあ」チュー

梓「んむ~んむ~」バタバタ

澪「ふふっ、いい子」ナデナデ

梓「にゃあああ……」

憂「……もう。いじめる前に捕まってるじゃない」

澪「ふ、ふあああっ! な、何でう、憂ちゃんが……」

憂「おはようございます」ニッコリ

澪「な、何で!」サササッ

憂「隠さなくてもいいですよ。お姉ちゃんに言われて梓ちゃんの監視です」

澪「梓の?」

憂「はい。一人で絶頂に達しないように……ふふっ」

澪「えっ? 梓なら昨日トイレで……」

梓(あわわわわ!)

憂「昨日……?」

澪「……普通に私がイカせちゃったけど」

梓「にゃ……」

憂「へえ……そうなんだ。じゃあ」

憂「いたずらは梓ちゃんにしないとね」ニッコリ

梓(あぁ……)ゾクゾク

憂「澪先輩も、手伝ってくれますよね?」

澪「……うん」

憂「おいで~。梓ちゃん」

梓(はい……)

憂「澪先輩」ゴニョゴニョ

澪「……んっ。私は別にいいけど」

梓「?」

憂「ねえ梓ちゃん」

梓「はい?」

憂「いたずらする前に聞くけどさ……私と澪先輩、どっちとチューしたい?」

梓「ふ、ふぇ?」

澪「もちろん、私だよな?」

梓「え、ええっと」

憂「梓ちゃん。どっち?」ニコニコ

梓「……両方したい」

憂「ふふっ、そういうのはダメだよ~」

梓(そんな事言ったってぇ……)

澪「ねえ梓……」ギュッ

梓「せ、先輩。ち、近いですよ……」

澪「梓は私とチューするんだもん、な?」ズイッ

梓「う、う……」

憂「梓ちゃん。私の事嫌い……?」

梓「う、うい……?」

憂「私だって梓ちゃんと……したいのに」ギュッ

梓(にゃああ、ふ、二人ともくっついてきて……)

澪「梓~」

憂「梓ちゃん……」

梓(ち、近い近い近い……)クラクラ

憂「どっちの舌がいい~?」レロッ

澪「あ~んして梓。昨日みたいにさ……」ペロッ

梓「だ、だってどっちも美味しそうなんだもん……」

「どっちがいい?」ペロペロ


梓「んっ……」ペロッ

澪「!」クチュ

憂「む~、負けちゃった……」

梓「はあっ、あっ」ペロペロ

澪「ふふっ、可愛い……」ペロペロ

憂「じゃあ私は梓ちゃんの下にチューするからいいもん」スルッ

梓「んんっ……」ススッ

憂「ふふっ、腰浮かせて脱ぎやすくしてくれるなんて。エッチだね」

憂「わ……下着……すっごい汚れてるよ?」

澪「んん~」ペロペロ

梓(それは澪先輩が……)ペロペロ

憂「でも、それがいいのかな。ふふっ」スルッ

梓(早く……下もチューって……)

憂「んっ……」ペロッ

梓「あっ……」ピクッ

梓(そう、そのまま下……)

憂「ふふっ」ピタッ

梓「や、やめちゃ嫌だよ憂……。一回舐めただけなんて……」

憂「じゃあ二回~」ペロペロ

梓「んんっ! ま、また焦らすの?」

憂「うん。昨日イッちゃったなら余計に焦らさないと……ね」

梓「も、もうっ!」

澪「私も……」チュー

梓「やあっ。おっぱいいやぁ……」ピクッ

澪「おっぱい……」ペロペロ

梓「あっ、あん!」

憂「クリトリス……」ペロペロ

梓「やああっ……もっと強く舐めてよ、ういぃ……」

憂「ダメ~」ペロペロ

梓「あっ、あっ……」

澪「ほら、気持ちいいか梓」ペロペロ

梓「気持ちいい……気持ちいいです……! だからもっと強くぅ……」

澪「ダ~メ」

憂「イッちゃった分。もっともっと……いじめないとね」ペロペロ

澪「ふふっ、そうだな」

梓「あ、あっ……」ビクビク


夕方過ぎ

梓「ぁ……ぁっ……」ピクピク

澪「じゃあ私は帰るよ。憂ちゃんは?」

憂「私は今日は梓ちゃん家に。まだいじめないといけませんし……」

梓「っ……にゃ……」ピクピク

涎と愛液まみれになった私が、ベッドの上で悶えています。

気持ちよすぎるけど、イカせてもらえない……一日中全身をペロペロされれば、こうなるのも当たり前です。

澪「じゃあまた、二人とも」バタン

憂「は~い」

憂「じゃあ梓ちゃん……続き、しよっか?」

梓「し、したい……イキたいです……」プルプル

憂「ふふっ」

憂「ダ~メ」


次の日、放課後



梓(はあ……結局ムラムラしちゃってる)

梓(うう、寝起きでも憂にいじめられて、相変わらずトイレまでついてくるし……)

梓(私の体、こんなで大丈夫なのかな)

ガチャッ

梓「こんにちは~……」

紬「あらっ。こんにちは梓ちゃん」

梓「今日は……ムギ先輩だけですか?」

紬「ええ、とりあえずは。今お茶いれるからね~」

梓「……」ムラムラ

紬「~♪」コポコポ

梓(ムギ先輩、いいお尻してるな~。柔らかそう)

梓「……」ムラムラ

梓(そうですよ。なんで私襲われてばっかりなんですか?)

梓(たまには私から襲っても……)ゴクリ

紬「~♪」

梓「む……ムギ先輩!」ギュッ

紬「きゃっ!」

後ろを向いていた所を……お尻とお胸包むように触って、抱きついて……。

梓(間違いなく、変質者……でも)

紬「ま、待って梓ちゃん。何すっ……」

梓(逆に興奮して……ヤバいです)モミモミ

梓「えへへっ。先輩、先輩~」ムニムニ

紬「な、ち、ちょっと梓ちゃん……」

梓(お尻、お尻……あ~、柔らかいよぅ)モミッ

紬「梓ちゃん、ま、待って……あっ」ピクッ

梓「はぁ、はぁ……」ペロペロ

梓(うなじ……美味しい。ヤバっ、興奮する……)レロッ

紬「んっ、んっ……や、や……」ピクッ

梓「はっ、はあっ……」ペロペロ

紬「ダ、ダメ……ダメっ! あっ……」ペタッ

梓「ふ、ふふっ。大丈夫ですか、ムギ先輩……腰抜けちゃいました?」ギュッ

紬「あ、梓ちゃん。耳元で囁かないで……」ピクッ

梓「ムギ先輩が悪いんですよ。そんな襲いたくなるような後ろ姿して……」

紬「はぁ、はぁ……」

梓「ムギ先輩。私も、私も……ペロペロして下さい……」

紬「梓ちゃん……」カアアッ

梓「えっ? こ、これをつけるんですか?」

ムギ先輩がカバンの中から取り出したのは、黒いアイマスク。

ムギ先輩はどうしてこんな物を持っていたんだろう。

紬「これをつけたら……いいわよ」

梓(って言うから……)


梓「んしょ」スッ

梓(当たり前だけど……真っ暗)

紬「じゃあ、ここに座って~」

梓「は、はい」スッ

梓(ソファー……だ)

紬「うふふっ」ギュッ

梓「にゃっ!」

紬「アイマスクはどう~?」ペロペロ

梓「み、見えないから……何されるか不安です……」ドキドキ

紬「でも梓ちゃん。口元笑ってるわよ?」チュッ

梓「んむっ!」

紬「……ふふっ、わからないからちょっとゾクゾクするでしょ?」

梓「は、はい……」ゾクッ

紬「さ、どこから触ろうかしら~」

梓「にゃあ……」

紬「あ、あともう一個」

梓「?」

紬「手は……頭の後ろね」スッ

梓「あっ」

紬「ふふっ、何があってもそのままね」

梓「は、はい……」

紬「じゃあ……」プチプチ

紬「わ、下着可愛い。ピンク~」サワサワ

梓「んっ……」ピク

梓(なんか……すごい上着、はだけてない?)

紬「ふふっ、ペロペロ~」

梓「にゃああっ! そ、そこ……脇っ……!」

紬「うふふ、とっても美味しいわ~」ぺロッ

梓「な、なんかくすぐったい……変な感じ……!」

紬「お肌つるつるね~」ジュルッ

梓「あっ、あっ……」ピクッ

紬「うふふっ、腋~」

梓「そ、そこばっかじゃないですかっ!」

紬「だって舐めたくなる体をしているんですもの~」ペロペロ

梓「あ、あ……」

梓(気持ちいいけど、下もぉ……)パタパタ

梓「し、下も……」

紬「あら……どうしたの?」

梓「下も、触って……お願いしますから……」

紬「ん~。どうしようかしらね」

梓「お、お願いです……」ススッ

紬「あらあら。自分から開いちゃって……下着濡れちゃってる?」

梓「も、もう最近ずっとこうなんですよ……我慢ばっかりで……!」

紬「ん~」チュッ

梓「あんっ!」ビクッ

紬「ふふっ、ここも舐めるの好きよ~」ペロペロ

梓「もっと、もっと~……」フリフリ

紬「腰を動かす梓ちゃん、いいわ……」ゾクッ

紬「……でも、一回休憩しましょう?」

梓「や、やだ~! もっとして下さいよぅ……」

紬「焦らすの。私を襲った罰もあるし……ね?」クスッ

梓「うぅ……そんな……」

紬「今日は美味しいケーキがあるから……ね?」スッ

梓「ま、待って! は、離れたら……不安です……」キュッ

紬「ふふっ、すぐ戻るわよ」

梓「……」

紬「ねっ?」チュッ

梓「う、うん……」

紬「うふふっ」

梓(……あ、甘い良い匂いがする)

紬「お待たせ~」

梓「はい、じゃあ……」スッ

紬「あっ、手はおろしちゃダメよ。マスクも外さないの」

梓「えっ……た、食べられないじゃないですか……」

紬「私が、食べさせてあげるの!」

梓「む、ムギ先輩がですか?」

紬「ええ。はい、あ~んして」

梓「……あ~ん」パクッ

梓(あ、苺のショートケーキだ……)

紬「美味しい?」

梓「はい、美味しい……です」

紬「ふふっ。じゃあ……」パクッ

梓「?」

紬「ん~」チュッ

梓「っふ……!」

紬「~♪」クチュクチュ

梓(ケーキと先輩の舌がぁ……ヤバっ……)

紬「……美味しい?」

梓「も、もう一口下さい……」

紬「ふふっ。はい、あ~ん」クチュッ

梓「んくっ、んっ」ペロペロ

梓「あ~……あっ」ペロペロ

紬「……ぷは。もう、ケーキの味無くなるくらい舐めるんだから」

梓「だって美味しいんですもん……」

紬「ふふっ、ケーキが? それとも私の舌が?」

梓「……」


9