梓「ダ、ダメです。もっとペロペロして下さい! ゆ、許しませんよ!」グイッ

澪「そ、そんなに押し付けても、チューしてあげない。まだ……私気持ちよくなってないんだから……」

梓「っ~……じ、じゃあ澪先輩を気持ちよくさせたら!」

澪「ふふっ、やっぱり二人で気持ちよく……な?」

梓「は、はいっ!」

梓(……あれ、なんか騙されてる気もする)

梓(でも……もう限界)ムズムズ

澪「じゃあ梓あ~ん」

梓「……はい?」

澪「えいっ」

梓「む、むぐっ!」

梓(これ、私の……パンツ!)

澪「ふふっ、美味しいか?」

梓「ん~! ん~!」

澪「私の涎と梓のがぐちょぐちょに混ざった……」

梓(私のパンツなのに……)

澪「ほら、離しちゃだめだからな? しっかりチューチューしないと」

梓「は、はひ……」チューッ

澪「あはは、梓も変態さんだ~。んっ」ペロペロ

梓「ひ、ひゃ……」

自分のパンツをしゃぶりながら、お耳をペロペロされて……。

梓(きもちいよぅ……)

感じちゃう私は、やっぱり変態さんです。

梓「んっ、ふっ!」チューチュー

澪「梓の胸はちっちゃいけど……可愛いなあ」

簡単に服をめくられて、胸と下半身が露になります。

もちろん口には私のパンツをくわえたまま……。

澪「んっ、ふっ……」ペロペロ

梓(澪先輩、そんなにおっぱいばっか!)

梓「ひ、ひゃも……」プルプル

澪「……♪」ペロペロ

梓(おっぱいばっか、ダメですってばぁ……)

澪「あ~ずさ」

梓「?」

澪「苦しくないか?」

梓(大丈夫……ですよ)コクッ

澪「そっか。じゃあ……」スルッ

梓「っ、ぷはぁ。あれ、と、取っちゃうんですか?」

澪「次は……こっち」

梓「それは……澪先輩の下着……」

黒い下着が、私の目の前でヒラヒラと揺れている。

梓(澪先輩がはいた……すっごく汚れた下着……)

澪「欲しい?」ニッコリ

梓「ほ、欲しいですっ!」

澪「ふふっ、じゃあ……」スルッ

梓「な、何でまたパンツはいちゃうんですか……?」

澪「部室の続き。お口で脱がせられたら……チューチューしていいよ」

梓「つ、続きします……」パクッ

澪「あんっ」ビクッ

梓「ふ~、ふ~……」モグモグ

澪「お、今度は早……」

梓「んむっ」スルッ

澪「……脱がされちゃった」

梓「ん~ん~♪」チューチュー

澪「やった、みたいな顔して可愛いなあ、そんなにチューってしたかったのか?」

梓「ふ、ふぁい」ヂューッ

澪「くすっ……エロ猫」

梓「に、にゃ……」チュッ

澪「じゃあそのまま……触って」クパァ

梓「ん……」

梓「ふぁっ」クリクリ

澪「んっ、あっ」ビクビク

澪(あ……)

澪「あ、梓……ストップ!」

梓「ふっ?」

澪「イ、イキそう……」

梓「……プイッ」クリクリ

澪「あんっ、あ、あず……」

梓(イクならイッちゃって……私も早く……)クリクリ

澪「あ、あっ……!」

梓(イキたい……)

澪「イク、イク、あ……!」

澪「っ……っ」ビクッ

梓「はふ、はあ……(先輩、イッちゃった)」

梓「ふふっ……」

澪「バ、バカぁ……」ピクピク

梓「ふ、ふふっ。ぷは、気持ちよかったですか?」

澪「う、うん……」

梓「えへへっ。じゃあそろそろ私も……」ウズウズ

梓(!)

澪「んっ、梓?」

梓「あ、あのその前に、おトイレ行ってきてもいいですか?」

澪「……」

澪「ダメ」

梓「えええっ……も、もれちゃいますよ」

澪「私も、一緒」

梓「一緒……」

澪「ダメ?」

梓「ダメじゃ……ないです」

梓(また、トイレでいたずら……)

澪「じゃあいこっか?」

梓「はい……」

澪「あ、下は」

梓「はいちゃダメですよね。わかってますよ」

梓「澪先輩は……」

澪「どっちがいい?」

梓「はいて……汚して下さい」

澪「ふふっ、わかった」

梓「……」ハムッ

澪「ん~、まだしゃぶるのか?」

梓(私の涎で汚してから……)ジーッ

梓「は、はいっ」テロ~

澪「涎でいっぱいだな」くすっ

梓「は、はいて下さいっ!」

澪「はいはい」スッ

澪「んっ、ネチャネチャする」

梓「い、いきましょ! もれちゃいます」グイッ

澪「うんっ」


トイレ

澪「じゃあ梓」

梓「は、はい……」スッ

澪「おっ、大胆だな。脚なんて開いちゃって」

梓「ま、前に一回だけ。憂に見られて……」

澪「えっ!」

梓「が、学校のトイレで、その……」

澪「……えいっ」ガバッ

梓「ひゃっ! な、なにするんですかっ!」

澪「……お尻まで丸見え」

梓「あ、当たり前ですよっ! え、M字なんて恥ずかし……」

澪「ふふっ、梓の恥ずかしい所いっぱい見たいんだ」

梓「……もうっ」スッ

梓「んっ」フルフル

澪「出そう?」

梓「き、緊張して出ない……」

澪「ん~。じゃあペロペロする」ペロペロ

梓「んにゃっ!」ビクッ

澪「ふふっ、さすがに我慢してるだけあって敏感だな」ペロペロ

梓「ダ、ダメダメ。おしっこ出ちゃいますよ~」

澪「ふふっ」

梓「み、澪先輩にかかっちゃう……」ピクッ

梓(あっ、でもイキそうな感覚も……)

澪「出そう?」

梓「い、イキそうです……」ピクピク

澪「ふふっ、どっちかにしなよ」ペロペロ

梓「じ、じゃあ……イキたい……」

澪「おしっこは?」

梓「が、我慢できません……」

澪「ワガママだなぁ梓は。んっ」ペロペロ

梓「あっ、あっ、あっ……」

澪「どっちも我慢しなくていいからな~」ペロペロ

梓「み、みおせんぱい。チュー、チューして……」ピクピク

澪「んっ?」

梓「そっちのが安心するからぁ……チュー……」ビクン

澪「……くすっ」

澪「じゃあ、下は手で……な」クリクリ

梓「なんでもいいからチュー……」レロッ

澪「甘えんぼめ。んっ」チュッ

梓「はあっ、あ……」ペロペロ

澪「んっ、ふっ」ペロペロ

梓(キス気持ちいい。イク、イクっ……)ビクビク

澪「はぁ、あっ……!」

梓「イ、イク。イっ……出ちゃう、おしっこ出ちゃうよぉ……!」

澪「いいよ。いっぱい、いっぱい出して……!」」

梓「はあ、あっあ……!」

澪「んっ」クイッ

梓「っ……ああああぁっ!」プシャー

梓「はあ、あ……あっ」ビクビク

澪「梓……たくさん出てる……」

チョロッ……チョロロッ。

梓「はあっ、はあっ……」

梓(い、イキながらおしっこしちゃったよぅ……)

澪「……」

梓「もう一回。チュー」

澪「んっ」チュッ

梓「ふふっ。スッキリ……しました」

澪「三日間、我慢しっぱなしだったもんな」ナデナデ

梓「はいっ。やっとスッキリです」ギュッ

澪「わ、わ。梓……抱きつくの待った待った!」

梓「?」

澪「て、手がさ。梓のおしっこかかっちゃったから……」ベットリ

梓「あ……」ゾクッ

それを見て、私はまた興奮しちゃって……。

梓「んっ……」レロッ

澪「あ、梓……?」

そして、なんの躊躇いもなく澪先輩の指とおしっこを舐めとっている自分がいて……。

梓「ふっ、ふっ」ペロペロ

澪「梓……」ゾクッ

澪「……美味しい?」くすっ

梓「は、はひ。とっても美味しいです……っ」レロレロ

梓「もっと、もっとエッチな事しましょうよぉ……」チューッ

澪「ふふっ……梓」ペロペロ

梓「にゃあっ……もっとぉ」

梓「もっとペロペロして……いじめて下さい!」


私の夜は、まだ終わらない。




8