授業中

梓「……」

梓(あっ、携帯なってる)

梓(澪先輩……から?)

澪『お昼休み、部室で待ってるよ』

梓「?」

梓(なんなんだろ、用事ならメールで言えばいいのに)

梓(まあ……いっか)


ガチャッ

梓「澪先輩?」

澪「ああ、梓。待ってたよ」

梓「……どうしたんですか、一体」

澪「……」

澪「昨日の事、律に聞いたよ」

梓(ん~……何話したんだろう)

澪「ふふっ、ずっと布団の中でイチャイチャしてて……終始いじめられっぱなしだったんだって?」

梓「なっ!」

梓(……なるほど、律先輩はそういう意地っ張りキャラなんですね)

澪「それ聞いてさ~……私も梓と遊びたいな~、って思って」

梓「み、澪先輩もですか?」プルッ

澪「なっ、いいだろ梓~」ギュッ

梓「ひ、ひゃっ」

梓(いい匂いが……)

梓「べ、別に……澪先輩とならいいですけど」テレッ

澪「えへへっ、いい子いい子だ」ナデナデ

梓「ふにゃ……私、優しくされると弱いんです」

澪「ふふっ、優しくいっぱいいじめてやるからな~」ギュー

梓「は、はい……」

澪「梓……チュッ」

梓「ま、待って下さいよっ。部室でなんて、で、出来ませんよ……」

澪「ちょっとだけだから、な?」

梓「で、でも」

澪「……梓のココ、びっくりするくらい濡れてる」クチュッ

梓「あんっ……」

澪「この濡れ方、もしかして相当我慢してた?」

梓「ううっ、だって……唯先輩も律先輩も焦らすばっかりで……」

澪「……」

梓「だ、だからずっとムラムラして……パンツだってすぐ濡れちゃうし」

梓「は、早く……私を気持ちよくして下さい」

澪「ふふっ、大変だったな梓」ナデナデ

梓「澪先輩……」ギュッ

澪「あ、でもさ……やっぱりちょっと梓の事いじめていいかな」

梓「い、いじめて下さい! わ、私……イカせてくれるなら何でもします!」

澪「……」

澪「じゃあ早速さ……」

梓「はい……」

澪「パンツ脱いで」

梓「は、はい?」

澪「ふふっ、昨日律に似たような事やってただろ。アレだよ、アレ」

梓「ほ、本気ですか? まだ午後の授業だってあるのに……」

澪「大丈夫だよ、スカートの中なんてわからないよ」

梓「ううっ……わ、わかりましたよ」ヌギヌギ

澪「真っ白いのなんてはいてたら……ほら、すごい汚れてる」

梓「み、見ないで下さいよぅ……」

澪「くんくん」

梓「か、嗅いじゃダメ!」

澪「ふふっ、これは預かっておくからな」

梓「うぅ……じ、じゃあ澪先輩も!」

澪「んっ?」

梓「澪先輩もノーパンで過ごしましょうよ、一緒がいいです!」

澪「ん~……梓が脱がせてくれたら、いいよ」

梓「えへへ~、それじゃあ……」ガッ

澪「梓、ちょっと待って」

澪「手で脱がしちゃあ、ダメ」

梓「え……」

澪「梓の口で、脱がしてほしいな……」

澪「えへへっ、なんか恥ずかしいけど……」ピラッ

梓(黒の……大人っぽいパンツ)

梓「こ、これをお口でですか?」

澪「ほら、脱がせていいぞ」

梓「……あ~ん」ハムッ

梓(こんなの、噛んで力入れれば一発で……)

澪「歯……立てちゃダメだからな」

梓「……!」ビクッ

澪「ふふっ」

口を使って脱がす……つまり、立っている澪先輩の前にひざまづく形になっている。

梓(どうしよう……)

澪「早くしないと休み時間終わっちゃうぞ?」

梓「う、ううっ……」パクッ

澪「んっ……そ、そこ……」

私は澪先輩のアソコの辺りを、ちょっと強く唇で挟みました。

ここが一番噛みやすいからです。

梓(ついでに、ちょっと味見です……)ハムッ

澪「ちょ、ちょっと梓っ……」ビクン

梓(あ、布と愛液の味、美味しい)

梓「んっ、ん……」カプッ

澪「ふぁ……あんっ!」

梓(澪先輩、感じてる……気持ちいいんだ)

澪「あ、梓。そこばっか噛みすぎ!」

梓「しひまひぇんよ、ハムッ」
澪「あ、あずさ~っ……」

梓(ふふっ、ついでに舌でいじめてやるです)ペロペロ

澪「あ、あっ……」ガクッ

梓「……あれっ、何倒れちゃってるんですか。まだ脱がしてないですよ」ニヤニヤ

キーンコーン

梓「あ……」

澪「ふふっ、私の勝ち」

梓「別にいいですもん。澪先輩の可愛い声聞けちゃいましたし」

澪「脱がせられなかったから、梓罰ゲームだからな」

梓「……えっ。そんなの聞いてないですよ!」

澪「ふふっ、まさかタダで私の下着脱がせるつもりだったのかな?」

梓「そ、そんな事言ったって……」

澪「罰ゲーム何にしようかなあ」ワクワク

ガラッ

憂「あ、梓ちゃん。遅かっ……」

梓「……」

純「うわ~、大胆。何よそのスカート丈」

梓「い、一緒だよ普段と」

憂「ふ~ん、まだ続いてるんだね」ニコニコ

梓「……」ぷいっ

憂「ふふっ。ねえ梓ちゃん」

憂(スカートから太ももに垂れちゃってるよ)ポソッ

梓「!!」

純「あれ、なんか……足が濡れて……」

梓「わーっ! わーっ!」

憂「……くすっ」


放課後

梓「ううっ……さんざんだったよぅ」

梓(お股もスースーするし、恥ずかしいし……)

「あははっ、それでね~」

梓「っ!」ビクッ

梓(ふ、不安だよぅ……)


ガララッ

律「あ、梓。お~っす」

紬「こんにちは」

唯「わ~いあずにゃんだ~」ギュ~

梓「ゆ、唯先輩っ! ダ、ダ……」バタバタ

唯「もう~。暴れないの」ギュッ

律「あははは~」

澪「……くすっ」

梓(お股から……垂れちゃうよ……)

紬「梓ちゃん、唯ちゃん。ケーキよ~」

唯「は~い」

梓「ううっ……」

紬「ほら、梓ちゃんもどうぞ」

梓「は、はいっ」ガタッ

澪「じーっ」

梓(澪先輩、ずっとこっち見てるよぉ……)

唯「うふふっ、美味しいよ~」

律「うん。うまうまだ~」

梓「……パクッ」

チリーン

梓(?)

澪「あっ、ごめんムギ。フォーク落としちゃった」

紬「あら、じゃあ今拾っ……」

梓「!」

梓(机の下じゃあ……見られちゃう)

梓「み、澪先輩っ! ちゃんと自分で拾わないとダメですよっ!」ガタッ

律「うおっ! い、いきなり立つなよ梓」

紬「? 別にいいわよ、拾うくらい」

梓「だ、ダメだったらダメです……!」

澪「……」

梓(あれ、携帯? メール?)

澪『下で、足開いてくれたらいいよ』

梓「……!」

澪「んっ?」ニコニコ

唯「あずにゃん?」

律「梓?」

紬「梓ちゃん?」

梓「な、なんでも……ないです」ガタッ

澪「ふふっ」

澪「ムギ、ごめんなフォーク。ちゃんと拾うからさ」

紬「そ、そう? それなら……」

澪「うん、悪いなムギ。じゃあ拾うから……」チラッ

梓(わかって……ますよ……)スッ

澪「ん」カタッ

梓「っ……」プルプル

澪「……」

梓(澪先輩が机の下で……私の見てる……)ピクッ

澪「ふふっ、ごちそうさま。はいムギ、フォーク」

紬「う、うん?」

律「なんだ~澪。ケーキもう食べないのか?」

澪「ん? まだ食べるに決まってるじゃないか」

紬「変な澪ちゃん」

澪「ふふっ」

梓(ちょっと……気持ちいいかも)プルプル

チリーン

唯「っと~、私もフォークがっ」パッ

梓(あ……)バッ

澪(あ……)

唯「……」

唯「ムギちゃ~ん、私のも交換して~」

梓(あ、危なかったぁ……)


帰り道

梓「はぁ……」トボトボ

澪「ふふっ、可愛い可愛い」ナデナデ

梓「バレたらどうしようかと……ケーキの味だってわからなかったですし」

澪「顔真っ赤にしながらケーキ食べてたもんな~」

梓「もう唯先輩にバレそうになった時はさすがに……」

澪「見られたら、またみんなにペロペロされてたかもな~」ニヤニヤ

梓「っ……」ゾクゾク

澪「まあ、今日は私が一晩中ペロペロするんだけどな~」ギュッ

梓「に、にゃあ……」

澪「お邪魔しま~す」

梓「い、いらっしゃいです」

澪「さ~て……何しよっか梓」ニコニコ

梓「な、何……しましょうかね?」

澪「そこはちゃんと言わないと。裸でお散歩とかさせちゃうぞ~?」

梓「ほ、本気ですかっ!」

澪「ふふっ、冗談だよ」

梓「ほっ……」

梓(でもなんだろう、私。ちょっとドキドキしてる……)

梓「じ、じゃあ……澪先輩に、甘えたい……です」

澪「私に?」

梓「は、はい。こ、この後とかは、たくさんいじめてもらっても構いませんけど……」

梓「でもたまには……ラブラブにくっつくのもいいな~って思って」ニャン

澪「あ、あ……」プルプル

梓「?」

澪「あずさ~っ!」ギュッ

梓「にゃっ!」

澪「可愛いなあ、ああ可愛い!」ナデナデギュー

梓「ふにゃ、にゃ……」

梓「ああっ、いいなあやっぱり……ギュッてされるの」

澪「ん~。唯や律はギュッてしてくれなかったのかな?」ナデナデ

梓「してくれましたけど、いじめられっぱなしで……」

梓「私、愛されてないのかなあって。たまに思っちゃったり……」シュン

澪「……」

澪「それは、きっと違うぞ梓」

梓「ふぇっ?」

澪「みんな梓が好きだから、ペロペロしているんだよ」

梓「で、でも……」

澪「ほら、よくあるだろ。好きな子には意地悪したがる、アレだよ」

梓「ん~……そんなもんですかね」ムニュッ

澪「ふふっ、そうやっておっぱいに甘えるのも一個の愛だけどさ」

澪「いじめるのだって愛情が無いとダメなんだぞ~」ギュー

梓「ふ、ふもふも」

澪「二人に責められてさ、梓は不安だったか?」

梓「……」フルフル

澪「うん、だったら大丈夫だ。二人とも……梓が好きなんだよ」

梓「……」

澪「もちろん、私もな」ナデナデ

梓「澪先輩……」ギュッ

澪「……ふふ、落ち着いた?」

梓「はい、落ち着きました」

澪「うん、よかったよかった」ナデナデ

梓「……」

澪「……」

澪「梓、今からは甘えてもいいけどさ」

梓「はい?」

澪「そのスカート……脱いでくれないかな」

梓「スカート、ですか? 下半身……出ちゃいますよ」

澪「ふふっ、脱いだら甘えてもいいぞ~」ナデナデ

梓「……んっ」シュルッ

澪「うっすら生えてる~」サワサワ

梓「さ、触っちゃ恥ずかしいですよ……」

澪「ふふっ、さ。おいでおいで~」

梓「にゃ~……ん」ギュッ

澪先輩とは、立ったまま抱きついています。

澪「梓、抱きつきながら腰振って?」

梓「んっ、こ、こうですか?」フリフリ

澪「あははっ、可愛いなあ。」ペチッ

梓「にゃっ!」

澪先輩が手を伸ばして……私のお尻を叩いてきます。

澪「あ、柔らか……」モミモミ

梓「いやっ、手つきがなんかエロいですよぅ……」プルプル

澪「ほら、ちゃんとお尻振って」

梓「んっ……わ、わかりましたよ……」フリフリ

梓「お、お返しです」モミッ

澪「んっ」


6