紬「これじゃあ今日はペロペロ出来ないわね」

梓「そ、そんなあ……」

梓(いいもん。帰ったら……一人でするもんっ……)

梓「じ、じゃあ皆さん。私はこれで失礼して……」

唯「ちょっと待ったあ!」

梓「な、何ですか唯先輩。私早く帰りたいんですけど……」

唯「ふっふっふっ、ダメだよあずにゃん」

梓「な、何がですか……」

唯「いじめて下さいって言ったよね。私が今日は泊まり掛けでいじめてあげるよっ?」

唯「だから、まだ帰っちゃダメ」

梓「え、えええっ……!」

律「ああ、さっき言ってたやつもあるもんな~」

梓「さ、さっきって一体何の事ですか!?」

紬「ふふっ、梓ちゃんをたくさん焦らして、たくさんいじめる事にしたのよ~」

梓「焦らすって……」

唯「あずにゃん帰ったらさ、一人でしちゃうんでしょ?」

梓「うっ……否定はしませんけど……」

唯「ふふっ、ダメ。私たちが、いじめながら気持ちよくさせてあげるんだもん」

梓「な、何ですかそれ! 変なマネだけは許しませんよっ……!」ドキドキ

唯「大丈夫だよ~。それ以外は一緒にお泊まりするだけだもん」

梓「ううっ、その内容が心配なんですってば……」

梓「ま、まあ泊まるだけなら……いいですよ」

唯「わ~い、ありがとうあずにゃん」

律「頑張れ、唯隊員!」

唯「あれ、りっちゃんたちは?」

律「私は……もう少しいじめられた後の梓がいいな」

澪「私も……ちょっと今日は一人で……」モジモジ

唯「そっか~、ムギちゃんは?」

紬「ふふっ、今日は唯ちゃんにお任せするわ」

梓(先輩たち、みんな私の事をいじめるつもりなんだ……)ゾクッ


梓の家。

唯「お邪魔しま~す」

梓「と、とりあえず私のお部屋へ行きましょう」

梓(ううっ、足がガクガクする。下着もぐっしょりしてて冷たいし……)

唯「は~い」

梓(いじめるって……一体何をするんだろう)

唯「あ、ねえあずにゃん」

梓「は、はいっ!」

唯「夕飯どうしよっか。何か作る?」

梓「あ……あの。出前のお金があるので、それですませちゃおうかなって」

梓(な、なんだ。いきなりギューとか、押し倒されちゃうのかと思ったけど)

唯「あ、でも私お金無いよ?」

梓「よ、余分に貰ってるからそれくらいいいですよ。唯先輩も一緒に食べましょうよ」

唯「いっただきま~す。ありがとうあずにゃん」

梓「は、はい」

梓(ここまで接触、なし)

梓(ううっ、何もないと余計に気になるよぅ)

唯「美味しい~」

梓「ゆ、唯先輩?」

唯「ん~?」

梓「あ、あの。お風呂一緒に入りません?」

梓(これなら……さすがにのってくるは)

唯「え~、いいよ~。あずにゃん一人でゆっくり入りなよ~」

梓(えっ?)

梓「あ、あの。いいんですか……?」

唯「当たり前じゃん、あずにゃんの家なんだもん~」

梓「……」

唯「ごちそうさまでした~。あれ、あずにゃんまだ食べ終わってないの?」

梓「わ、私はゆっくり食べるタイプなんですよ。それより先輩、先にお風呂どうですか?」

唯「いいの?」

梓「はい、ちゃんと沸かしてありますから」

梓(唯先輩がお風呂に行ってる間に、一人で……)

梓(ムラムラしすぎて、ご飯どころじゃないよぉ……)

唯「じゃあ、いってきま~す」タタタッ

梓「……ふう、よし」


梓「んっ……」スッ

梓(ぐっしょり。音すごいや……)クチュクチュ

梓「あっ、あっ……」

唯「いい忘れたけどさっ」ヒョコッ

梓「んにゃっ!」

唯「……そろそろ憂が着替え持ってきてくれるはずなんだ」

唯「だから、来たらお風呂場まで着替え、持ってきてもらえるかな?」

梓「はっ、はい……」

唯「ありがとう。それと、一人でしちゃダメだからね」

梓「うっ……」

唯「じゃあ、お風呂借りるね」タタタッ

梓(ううっ、せつないよぉ)

ピンポーン

憂「お邪魔しま~す」

梓「あ、憂……」

憂「着替え持ってきたよ。お姉ちゃんは?」

梓「お風呂行ってる。私が持ってくから大丈夫だよ……」ガクガク

憂「うん、お願いね。それより梓ちゃんさあ……」

憂「お姉ちゃんたちにペロペロされてるんだって?」

梓「!」

憂「ふふっ、お姉ちゃんからのメールに書いてあったよ。いじめて焦らしてるんだって」

梓「ううっ、意地悪だあ……」

憂「……ねえ梓ちゃん、下半身つらい?」

憂「も、もしよかったらね。私の舌……使っても、いいよ?」

梓「憂……!」

憂「ね、お姉ちゃんには内緒。私の舌でよかったら……」レロッ

梓「い、いいの……?」

憂「……」コクッ

梓(そんな可愛い表情見せられたら……我慢出来ない)

梓「う、憂……!」

憂「どうするのが、いいかな?」

梓「え、えっとね。えっと、私の言う通りにして」

梓(ヤバい、興奮する……)

梓「床に座って……私の股の高さに顔持ってきて……」

憂「んっ。この辺かな」チョコン

梓「う、うん。そしたら……ベロ出して」

憂「ほ、ほうかな?」ペロッ

梓「うん、憂はそれだけでいいから……あとは……」ハァハァ

憂「あ、あふさちゃん?」レロッ

私は夢中でスカートをたくしあげ、下着を脱ぐ。

露になった、湿った部分を……私はそのまま、親友の舌に直接押し付けた。

憂「んんっ!」クチュッ

梓「はあっ、はあっ……憂」

梓(気持ちいい、腰、止まらない……)

憂「ふっ、ふ……」グチュクチュ

憂の舌が、私の膨らんだ部分を優しく舐めている。

彼女なりに刺激を与えてくれているようだった。

梓(あっ、イク、イク……)

憂「んっ、んんっ!」グチュ

憂も私の腰が早くなったのを察してか、舌に力を入れてくる。

梓(もうすぐ、もうすぐイケる……!)

憂「……!」

そう思った次の瞬間、憂の舌の動きが止まった。

梓「ふ、ふぁっ……な、なんで辞めちゃうのういぃ……」

私はとっても情けない声を出していた。

自分でもエッチだなって思うくらい。

憂「お……お姉ちゃん」

梓「えっ……」

唯「何やってるのかな、あずにゃん。気持ちよさそうにしてさ」

梓「こ、これ……」

……。

憂「んっ……ん」ペロペロ

梓「あっ……はっ」ビクビク

唯「はい、憂。少しゆっくり……そう。そこで一回ストップ」

憂「ん」

梓「はぁ、はぁ……」

唯「はい、またゆっくり舐めて。そう、舌先で……あずにゃんのクリだけをねちっこくいじめてあげて」

その場で、私へのお仕置きが始まりました。

クリトリスに快感を与えてくれるけど、絶対にイク事が出来ないゆっくりなペースで、私を慰めてくれています。

憂の舌が気持ちよすぎるのが、私にとって余計につらい所です。

梓「い、イキたいよぉ……イカせてくださいよ、ゆいせんぱぁい……」ビクビク

唯「あ、吸っちゃだめだよ。あくまでソフトに……ね」

憂「んっ、ペロッ」

梓「も、もう少しで! もう少しでイケるのにぃ……! もっとたくさんペロペロしてよ……!」

憂「ん……チュッ」

唯「ダメだよ。今日はイカせてあげない……お仕置きなんだから、ね」

唯「ふふっ、憂も明日から一緒にいじめてあげるからね」

憂「うん……お姉ちゃん……」

唯「うふふっ、いい子だね憂は」

憂「ふふっ」ペロッ

梓「んっ、んっ……!」

梓(私たちの夜は、まだ始まったばかりでした)


梓の部屋

唯「あずにゃ~ん」ギュッ

梓「な、なんですかぁ……」ガクガク

唯「ふふっ、いい具合に膝がガクガクしてるね?」

梓「だ、だって……憂が30分もねちねち舐めるから……」

唯「だってイカせちゃったらお仕置きにならないでしょ?」ギュッ

梓(ううっ、ムラムラする……お風呂上がりの唯先輩、いい匂い……)

唯「あ、あずにゃんお風呂は?」

梓「は……はい。入りますけど……」


脱衣場。

梓「って、なんで唯先輩もついてくるんですか!」

唯「見張りだよ~。さっきの様子じゃあ……お風呂で何するかわかんないしね~」ニコニコ

梓「あ、あれは……憂が優しく言ってくれた、から」

唯「妹の舌をこすりつけオナニーの道具にしちゃう変態さんだもん。だから見張ってないと……ね」

梓「ううっ……」

唯「はい、ヌギヌギしようね~」

梓「にゃ! そ、それくらい自分で出来ますよっ!」

唯「いいからいいから~」スルスル

唯「ほらあずにゃん、足あげて。ズボン脱がすから」

梓「は、はい……」スルッ

唯「……うわぁ。あずにゃん、パンツヤバいよ~? 濡れやすい体質なねかな?」

梓「し、知りませんっ!」

唯「はい、脱いで脱いで~」

梓「は、恥ずかしいぃ……」ヌチャ

唯「中、テカテカしちゃってるよ。ちょっと黄色くて……すごいエッチ」

梓「そ、そんなとこ見ちゃダメですよっ!」パッ

唯「可愛いなあ、あずにゃんは」

梓「もう……」

梓(でも何だろう、やっぱりちょっと、ドキドキする……)


お風呂中

梓「……」

唯『じゃああずにゃん、ゆっくり入ってね。私? 部屋で待ってるよ~』


梓(唯先輩、さっきお風呂入ったもんね……)

梓(ふう、少し落ち着いたかも)チャプチャプ

梓(まだちょっとムズムズするけど……)

梓(はぁ……)

梓(お風呂から出たら、またいたずらされちゃうのかな……あ、考えたらまた……)ブルブル

梓「で、出よう。一人でしたら怒られるもん」

梓(次は……何してくれるのかなあ)

ガチャッ

梓「ゆいせんぱ……あれ、電気消えてる?」

唯「すー、すー……」

梓「寝てる。私のベッドなのに……」

唯「くー」

梓(可愛い……寝顔)ムラッ

梓「ゆ、ゆいせんぱい?」ゆさゆさ

唯「すー、すー……」

梓「お、起きないと襲っちゃいますよ~。逆襲しちゃいますよ~」

唯「すー……」

梓「……」

梓(ちょっとくらい、いいよね)

梓「んっ……」チュッ

唯「んー……」

梓(く、唇。やわらかい)ペロッ

梓「はぁ、はぁ……んっ、んっ……」ペロペロ

唯「……」

梓(が、我慢できないよ……)スッ

唯先輩の胸を触りながら、私は自分の下半身を慰め始めました。

お風呂で洗ったにも関わらず、もう下着はすっかり濡れていて……。

梓「ゆ、ゆい、ゆいぃ……」クチュクチュ

梓(私、発情期みたい……)

今まで抑えていた興奮が爆発したかのように、私は唯先輩のお口をペロペロしていました。

唯「……」グイッ

梓「ふ、ふひゃっ!」

唯先輩の右手が、私のズボンの中に侵入してくるまでは……。

唯「なに、やってるのかな?」

梓「んっ、んっ……」ペロペロ

興奮していた私の舌は、喋る唯先輩の唇を舐め続けています。

梓(発情期だもん、発情期だもん!)

唯「んっ、ぐっ……ぷは!」

梓「て、抵抗しちゃダメですよ。わ、私……襲ってるんですから!」

唯「うん、聞いてたよ。どうするのかな~って思ってたけど……」

梓「ゆ、唯先輩が我慢なんてさせるから!」

唯「だ~め」ギュッ

唇をズイッと近付けるが、今度はそれを許してくれない。

抱きしめられて、私は唯先輩にのしかかる形で……固まってしまった。

唯「もう、本当にあずにゃんはエッチだね。パンツまたぐしょ濡れだよ?」クリクリ

梓「ひゃうん!」ピクッ

梓「や、ゆ、唯せんぱ……」

唯「それに私の事襲いながら呼び捨てにしてたよね? そんなに興奮しちゃった?」クチュ

梓「……」ビクビク

唯「可愛いなあ、あずにゃん。だからいじめたくなっちゃうんだよね~」

梓「お、お願いします、イカせてください……も、もう私」

唯「ダメだよっ」クリクリ

梓「あっ、んっ……!」

唯「……あ、イカせてはあげないけどさ」

梓「?」

唯「気持ちよくなりたいんだったら、私の舌を使ってもいいよ」レロッ

梓「せ、先輩の……?」

唯「さっき憂にしてたみたいにさ。あずにゃんの気持ちよくなりたい場所……押し付けてもいいよ」

梓「……ごくっ」

梓「イ、イッちゃダメなんですか?」

唯「それはダメだよ~。すん止めしてすん止めして……限界までいじめちゃうよ」

梓「……!」ゾクゾク

梓(それヤバすぎるくらい、いいかも……)

唯「ふふっ、嬉しい?」

梓「にゃ! う、嬉しくなんかないですよっ! ムラムラばっかも大変なんですよ……!」

唯「ふふっ、可愛い」ナデナデ

唯「で、どうするの? 私の舌使う? 使わないなら今日は寝ちゃうよ、学校もあるしさ」

梓「う……」

唯「どうするの~」ペロペロ

梓「ほ、ほっぺた舐めないでください!」

梓「……や」

梓「やります、その……舌、使います……」


3