唯「あ、あずにゃんにあんなこと言ったくせに…」

309  平沢 憂

唯「やっぱり、、、」

唯「…だめだめだめ!みんなもがんばれって言ってくれた
んだから大丈夫!」

唯「よ、よしいくぞう!」

憂「なにやってるの?」

唯「!!!」どきぃっ

憂「…」

唯「う、、い、、、?」

憂「もしかして部屋に入ろうとしてた?」

唯「え、」

憂「おまえホントに気持ち悪いよ?」

唯「あ、あ、、」

憂「消えてっていったよね?なにこんなところまできてるの?」

唯「(これは憂じゃないっ、ちがうんだ!がんばるんだっ)」

唯「ういっ、けがは良くなった?」

憂「…はぁ、会話もまともにかえせないんだ、頭ちょっと
おかしいんじゃないの?」

唯「びくっ」ふるふる

憂「それでさ?この姿みてけがよくなってみえるんだ?おまえは」

唯「え、、そ、そうじゃ」

憂「しんでよ」

~~~~


唯「!!」がばっ

唯「、、ゆめ、、、」

唯「うぅぅぅうぅぅ」ぽろぽろ

唯「ううぅ、、」

唯「、、ひぐ」

唯「寝なきひぐうっ」

唯「、、、」

唯「寝ひっ」

唯「、、、、、、、、」

唯「寝よひいっく!」

唯「…」



…放課後練習中

澪「で?あさまでしゃっくりしてたら眠れなかったわけか」

唯「、、、うん」

律「ははっ、くまがパンダみたいで笑え  がつん!

紬「大丈夫?今日から憂ちゃんのお見舞いいくんでしょ?」

唯「、、、」

がちゃ

梓「ごめんなさい、遅れました」

律「おうっ、梓!鼻水はたれてないか?」

梓「う、うるさいですっっ」

梓「て、、唯先輩どうしたんですか?」

澪「実は、、、」

梓「夢ですか、、(やっぱり相当不安なんだ)」

唯「、、、」

梓「、、唯先輩っ」

唯「…?」

梓「だいじょうぶですっ」ニコッ

唯「あずにゃん、、」

梓「ねっ?」にこっ

唯「…が、がんばるっ!」

澪律紬「(恐るべし、梓)」

澪「そろそろ行く時間なんじゃないか?唯」

唯「ほんとだ!じゃあわたし先に帰るねっ」

律「がんばれよ」

唯「うん!」

紬「ナニかあったら(ry

唯「じゃあみんな、ばいばいっ」

紬「…」

澪律「こりないな、、」


唯「(みんなやさしいな)」

唯「(みんながいかったらわたし、、)」

唯「(立ち直れてなかったかも)」

唯「(もうちょっとで病院だ)」

唯「(もうすぐ憂に)」

犬「わんわんおっ」

唯「うひゃあっ!」

唯「あーびっくりした、、」

唯「いきなり知らない犬に吠えられるなんて幸先わるいな」

唯「、、だめだめっ!くらいのだめっ」


……

309  平沢 憂

唯「(ゆ、ゆめと同じだなんて、、)

唯「ノックしなきゃ、、」そ~

憂「なにしてるの?」

唯「!!!」

憂「来てくれたんだねお姉ちゃんっ」

唯「え?」

憂「そんなとこいないで中入ろう?」

唯「う、うい、、」

憂「お姉ちゃんはとなりにすわって?」

唯「う、うん」

憂「昨日はごめんね?」

唯「!」

憂「わたし、、なんかいろいろ混乱してて…」

唯「…」ふるふる

憂「こわくて、、」

唯「…」うるっ

憂「お姉ちゃんにあんな、、、」しゅん

唯「ういぃぃぃっっ」だきっ

唯「いいよお~~、お姉ちゃんぜんぜん気にしてないからっ」

憂「お姉ちゃん…」

唯「そうだ!お見舞いにましゅまろ持ってきたんだっ、食べるでしょっ?」

憂「うんっ」

唯「お姉ちゃんが食べさせてあげよう!」

憂「い、いいよっ、手はなんともないんだし」

唯「いいからいいから~」

憂「でも~」

唯「ほれほれ~」ずいっ

憂「、、、ぱくっ」

憂「…おいしいっ」

唯「でしょ~?」

唯「まだまだあるからね!」

唯「まだもう一袋あるよっ」

憂「も、もう食べられないよ、お姉ちゃん」

唯「ふふっ、ういいぃ」だきつきっ


憂「…」

憂「そろそろ、満足した?なら離してほしいんだけど」

唯「え?」

憂「仲良しごっこは楽しかった?」

唯「え、、なに言って、、」

憂「どうせまた逢いに来るんだと思ったからさ」

憂「最後にもう一回だけ仲良しのふりしてあげたんだけど」

唯「う、、い?」

憂「演技だったっていってるの、大っきらいなお姉ちゃんっ」

唯「…!!」

憂「さ、満足したならそろそろ…」

唯「…」うるうる

憂「また泣くんだ」

憂「どうせ昨日もけいおん部のみんなに泣きついて慰めてもらったんでしょ?」

唯「う、うぅ」ぽろぽろ

憂「だれに慰めてもらったのかな?澪さん?律さん?それとも、、梓ちゃんかな?」

憂「まあどうでもいいや、早く出て」

唯「わあああぁあぁあぁ」だっ

憂「…」



…けいおん部帰り道

律「大丈夫かな唯のやつ」

澪「た、たぶん、、」

梓「同じく、、」

律「おいおい、だいじょうぶですっ、にこっ、じゃないのかよ」

梓「なんかやけにつつきますね、、今日は」

律「そりゃ、きのうの報告もまだだしなっ」

紬「きのう?」

梓「、、やっぱり律先輩だったんですか、唯先輩こさせたの」

澪「、、そうだったのか」

紬「唯ちゃんが、、」

律「で?そのあとは?」

梓「ふられました」

律「え、、」

梓「みなさんもう知ってるんですよね?わたしの気持ち」

澪「ま、まあ…」

律「い、一応な、、」

紬「えっ?」

梓「ならいいじゃないですか」

澪「いいのか…」

紬「なにそれこわい…」

梓「あのあとは」


梓「うう、ひっく、、」

唯「よしよし、いいこいいこ~」

唯「かあいいねあずにゃん、妹みたいだよっ」

梓「!」

唯「あずにゃんを初めて見たときね、こんな妹がほし~、ってなったんだよ」

梓「…」ふるふる

唯「憂は、、どっちが姉かわかんないし」

梓「ううっ」

唯「あずにゃんのほうが妹みたいだよっ」

梓「わああぁぁぁぁあぁあぁ」

唯「あずにゃん、、、いい子だから、泣かないで?」


梓「て感じで、、本人の自覚なく」

澪「罪なやつすぎるな、、」

律「まあ、そういうやつだ、唯は…」

紬「あら?噂をすれば、、あれ唯ちゃんじゃない?」

唯「うううぅぅぅっ」だーーー

澪律紬梓「…」

澪律紬梓「だめだったか、、」



…平沢家前

律「また閉じこもってんだろな、きっと」

澪「どうする?」

梓「おなかがすくのを待ちましょう」

紬「それが一番ねっ」

律「簡単だな、、、」


…捕獲後

律「で、今度はどうした?」

唯「ううふぐ、ひぐううううっ」

澪「ちょっとずつでいいから、、な?」

唯「ひっくひっくひっくひっく」

紬「唯ちゃんなかないで?」

唯「ひぐっっっ、ひいぐっっ」

律「しゃっくりの激しさから相当のことがあったことだけはわかるな、、」

梓「(やっぱかわいい…)」

律「…」

澪「…」

紬「…」

梓「…」

澪律紬梓「(さすがに憂手ごわいな、、ていうか怖いな)」

律「気にすんな、きっと本心じゃないから」

唯「ひぐッッ」

澪「今までずっと一緒にいたんだから、信じられるだろ?」

唯「、、ひいぐっ」

紬「大丈夫っ」

唯「ひくっ」

梓「ねっ?唯先輩」

唯「…」

律「憂ちゃん一人にするのか?」

唯「…」

唯「あじだも、、」

唯「いぐ…」

澪「いい子だぞっ」

律「とりあえずひどいこと言われても一回耐えてみろ」

唯「わがっだ、がんばる」

澪「目を見てはなすんだぞ?」

唯「うん、がんばっでみる」

紬「憂ちゃんを信じて?」

唯「ありがど、がんばる」

梓「あんまり、、がんばりすぎないでください?」

唯「、、、がんばる」



6