梓「本当意味わかんない・・・」

梓「何で・・・何でさっきまであんな気持ちだったのに・・・」

梓「嬉しいって・・・すごく嬉しいって感じてる私がいるの・・・?もう・・・やだ・・・やだぁ・・・」

憂「え・・・?」

梓「なんで・・・?」

梓「あれだけ胸が痛かったのに・・・憂にそんな事言われちゃったら痛みが消えて」

梓「憂の事すきって気持ちがふくらんできて・・・」

梓「意味わかんない・・・」

梓「ずるい、ずるいよ・・・憂は」

え・・・?私の思い届いた・・・?

嘘・・?

梓「そんなに水浸しになって」

梓「震えて」

梓「顔くしゃくしゃにして」

梓「私の為に一生懸命で・・・」

梓「そんな憂を見ちゃったら私憂の事信じるしかないじゃん・・・」

・・・届いた、届いたんだ・・・信じて・・・もらえたんだ・・・嬉しい、嬉しいよぉ・・・

憂「あ梓ちゃん・・・ごめんね、私・・・ごめんなさい・・・ぐす・・・ぐすっ」

梓「・・・うぃ・・・本当に・・・本当に・・・信じても・・・いいんだよね?ぐすっ」

憂「うんっうんっ!おねがい・・・しまふ・・・ひっく」

梓「う・・・嘘だったら・・・ダチョウの真似しながら・・・東京タワーから飛び降りて・・・もらうから」

憂「うんっ・・・うんっ!」

梓「憂は・・・ひぐ・・・ずっと私の・・・ものでもいいの・・・?」

憂「ぐすっ、うんっ・・・うんっ!梓ちゃんじゃないと・・・いやだ・・・ょ・・・・。」

梓「もぉ!ばか・・・ばかばかばか!!」


・・・

澪「唯いいのか?憂ちゃんの事好きだったんだろ、このまま諦めちゃって・・・いいの?」

唯「・・・うん、いいんだ、それにあんなの聞かされたら私・・・」

澪「唯が憂ちゃんに気持ちを伝えられなかった理由・・・姉妹だから・・・か・・・」

澪「難しいよな・・・例え告白が上手くいったとしてもそういうものにはきっと世間体っていうものがからんでくるだろうし・・・」

澪「憂ちゃんの事を思えば思う程気持ち伝えにくかったんだよね・・・」

澪「だけど・・・憂ちゃんはそんなの気にしなかったと思うな・・・女の子同士という壁を破った憂ちゃんと梓を見てるから言えるのかもしれないけれど」

唯「・・・・それでももういいんだ、こんな事になっちゃったのは私のせいだし・・・」

唯「それに二人の気持ちしっちゃったから・・・私にはあんなに幸せそうな二人の幸せを乱そうなんて思えないよ」

澪「そっか・・・」

澪「・・・・・・まぁでも初めて相談された時はびっくりしたよ」

澪「唯が部活に励んで憂ちゃんとの時間をなくしていったのは姉が妹に恋なんて・・・」

澪「迷惑がかかると思って憂ちゃんの事をじょじょに頭から離れさせようとしてたんだよな」

唯「・・・」

澪「でもある日憂ちゃんに寂しいって言われて自分が必要だって言われた気がして感情が爆発してしまった」

澪「そしてまた気持ちが抑えられなくなり過剰なスキンシップに繋がった、だよね?」

唯「・・・部活は本当に楽しかったよ、それに」

唯「ちゅーとかは・・・最初は恥ずかしかったけど、憂の事好きだったから・・・」

唯「いっぱいしたいって思っちゃったんだ、それがいけない事って分かってても・・・」

唯「いつか・・・いつか憂が私の気持ちに気付いてくれるかなって期待・・・しちゃってた、・・・私ばかだよね」

唯「それが結果的に憂を苦しめちゃった、ごめんなさい憂、梓ちゃん」

澪「・・・唯、唯が憂ちゃんを大切にしどれほど好きだったのかは痛い程伝わってくるよ、だからそれほど好きならやっぱり」

唯「ありがとう澪ちゃん優しいね!でも、大丈夫だよ、こうなったのは当然の報いだし」

唯「あずにゃんなら憂の事大事にしてくれるもん」

唯「なんてったって私達軽音部の自慢の後輩だからね!」

澪「・・・・・・」

澪「そっか、分かった、唯がそこまでいうならもう何も言わないよ」

唯「今まで相談にのってくれてありがとう、聞いてくれるだけでも気持ちが楽になってたんだあ、本当にありがとう」

澪「・・・ああ・・・力になれなくてごめんな」

唯「んーん全然だよ」

澪「なぁ唯」

唯「ん?」



澪「・・・何でそんな今にも泣きそうな顔で・・・強がるんだよ・・・」



・・・

・・・
・・・
・・・
・・・

♪本当の声を隠して 口ずさむこのメロディ♪

憂「もしもしお姉ちゃん?今?うんうん梓ちゃんと一緒だよ」

憂「うん、うん、もぉお姉ちゃんったら//」

憂「うん、え?梓ちゃんに?う、うんいいけど・・・」

梓「唯先輩?」

憂「うん、梓ちゃんに代わってほしいって!はい!」

梓「もしもし唯先輩?・・・はい、はい」

梓「いえ、もういいですよ、何回も謝ってくれたじゃないですか」

梓「え?はい!!それは・・・は、はぃ・・・しあわせに・・・ごにょごにょ//」チラ

憂「?」

梓「・・・」ブンブン

梓「わかりました、では失礼します、また明日学校で!」ピ

憂「お姉ちゃん何て?」

梓「んー?何でもないよ、言うの恥ずかしいし・・・」ボソ

憂「えー教えてよぉ、梓ちゃん♪」

ダキッ

梓「あっちょ、胸、胸あたってるよ//」

憂「ぁぅ//梓ちゃんのえっちぃ//」

梓「えっちなのはう、憂じゃん!//」

憂「あ梓ちゃんが私をえっちな子にしちゃったんだもん・・・//」

梓「な、何言ってるのぉ//」

憂「うぅ//梓ちゃんのばかぁ」

梓「な、なにそれー!!」

憂「きゃー!」

梓「まてぇ~!!」



~おわれ~