紬「誰かしら?はーい!どうぞー」


聡「失礼します、姉のドラムスティックを届けにきたのですが…」

律「聡っ…!」

聡「あっ姉ちゃん!練習なのにスティック忘れただろー?」

律「ああ…ありがとう…さと…じゃなくて田井中さん」


聡「あ、うん…スティックは大丈夫だよ…持ってくるときもゴム手袋してたから…」


律「ふ~んそう…も…もう良いだろ?帰れよ…」


聡「あ、うん…それじゃ」
ガチャリバタン

律「さーてスティックもあったしやろっか」


唯「そうだね!」


梓「今日は休みだしたくさん練習しましょう!」


澪「よーし気合いいれてやろう!」

紬「おー♪」

ジャーン♪

梓「今のかなり良くなかったですか?」

唯「うんうん!バッチリだった!」

紬「唯ちゃんギター上手♪」

唯「え?いやいやそれほどでも~」

澪「りっちゃんも良かったな!」

律「そう?いつも通りを意識してやって見たんだけど」

梓「やっぱり律先輩は多少はしってても力強いドラムのほうが良いです!」

唯「ずいぶん遅くなっちゃったねぇ」

律「今日は終わろう!」

澪「よーしかたずけるぞ!」

梓「今日は久しぶりに充実しました」

紬「そうね♪」

律「よーし!皆忘れもの無い?」

皆「大丈夫でーす!」

律「よし!じゃあ帰ろっか!」

皆「おー!」

(テクテク)

皆「ペチャクチャ」

律「ムギ達とはここでバイバイだな~」

紬「そうね…寂しいわ」

唯「うん!またあしたねー」

梓「お疲れさまです」

律澪「またあした~!」

澪「今日は宅練以外で久々に練習したよ」

律「そうだね!澪ちゃん宅練とかやって偉いよね~!私も頑張んなきゃ♪」

澪「あんまり頑張りすぎてからだ壊さないでね…」

律「大丈夫だよ♪澪ちゃん優しいから…その…好き…//」

澪「あ、ありがと…//」

澪律「ペチャクチャ」
(テクテク)


?「すみません!!」

澪「ん?」

律「なんだろ?」

イケメン「あの…!秋山澪さんですよね…?」

澪「へ?私?そうですけど…」


イケメン「あの…これよんでくれませんか…?」


つ『手紙』

澪「手紙…ですか?何の?」

イケメン「見ていただけばわかると思います!それじゃ…ぼくはこれで!(ニコッ)」

(タッタッタ)

澪「ドキッ(カッコイイ人//)」

律「もしかしてラブレターじゃない!?みてみようよ~」

澪「ま、まさかラブレターなんかじゃないよ!ははは(ドキドキ)」

澪「一体何の手紙かなーなになに?」

澪「……」


澪「////」


澪「ボンッ…パタリ…」

律「えっ!!澪ちゃん!どうしたの!?起きて!なにかいてあったの?」

澪「ら、ラブレターだった…」

律「な、なにぃ~!」

澪「どどどどどどうしよう…明日返事下さいって…」

律「そそ、そんなこと私にきかないでよ!」

律「ていうかさっきの人かっこよかったじゃん」


澪「そ、そうだね…//ああいうの初めてだから緊張したよ…」

(テクテク)


律「ふ~ん……」

澪「ハァ…………」(ポー)

律「もう私の家だから…またあしたね」

澪「うーん」(ポケー)

律「…………」


ガチャリ

律「ただいま~………」

聡「あっ!姉ちゃんお帰り!今日父さんも母さんもいないからご飯適当に食べてってさ」

律「…」

聡「てか、姉ちゃんドジすぎだろ~(笑)練習に行くのにスティック忘れるなんてさ~♪」

律「…(ワナワナ)」

聡「俺が気づいてよかっただろ?できる弟でしょー俺?」

律「…!(ブチッ)」

ビターン!

聡「いだぃっ…何するん…」

ビターン!バチーン!ドゴッバコッ
ガッガッガッ

聡「痛い…痛いよ姉ちゃん!やめてくれよ…うごっ…」

律「ただでさえ…イライラして…るのに…お前の…せいで…もっと腹がたつ…だろうが!」

ボコッ…ガンッ…ドゴッ…ガッ…バシッ…ガスッ…ゴンッ…ビシャッ…バチンッ…


聡「す、すみまぜんでじだぁ…ゆ、許して…」


律「飯なんて一人でたべてこい馬鹿!」

タッタッタ…バタ-ン

聡「ひっ…ひっ…痛い…痛いよぉ…ぐぅぅ…」



~律部屋~

律「うぅぅぅ…澪の馬鹿…(シクシク)」

律「そういえば…」

律「私って澪にしっかりとした告白みたいなことしてない…」

律「てことは…澪があのイケメンと付き合ったとしても…浮気でもなんでもないし…私には澪を縛る権利なんて…」

律「ちゃんと…伝えなきゃ!」

律「あの男と勝負だ!」

律「こうしちゃいられない!電話しなきゃ!」


Trrrr…………………

律「でない…澪の奴考え過ぎて寝ちゃったな…」

律「留守電に…いや!やっぱり直接言おう!明日会ったときに言おう!」

律「よーしもう寝ちゃお寝ちゃお~」



~翌日~

律「ふぁ~ぁ…はやく準備しなきゃ!」

ドタバタ

聡「あ…姉ちゃんおはよう…」(脚を引きずる)

律「……」

ギィーバタン

律「澪の家に急げ!」

ズダダダダダ



~澪家~

ピンポンピンポーン

律「あー!澪はやく出てよ~!」

澪母「はーい?あらりっちゃん……よね?髪型変えたのね似合ってる…」

律「そんなの良いから澪は!!」

澪母「澪…?澪ならもう出たわよ?」

律「なんてこった!あの男に会いにいったんじゃ?」
律「こうしちゃいられない!」

ダダダダダダ

澪母「あらあら、綺麗になったけど性格は変わらないわねぇ」

律「どこだ澪ー!とりあえず通学路を探そう!」

タッタッタ

律「…!!」

律「あれは!?昨日のイケメン?」

律「あいつについていけば澪の元にいけるんじゃ!」

律「よし!」

イケメン「…」(テクテク)

律「…」(ソロソロ)

律「(こっちって確か公園じゃ…?)」(ソロソロ)

律「……!」

律「(澪だっ!?)」



~公園~

澪「おそいな…」

イケメン「秋山さん!来てくれてたんですね!」

タッタッタ

澪「あっ//来た…うぅぅ緊張するぅ//」

イケメン「おはようございます」

澪「あ、あの…おはようございます//」

律「澪の奴顔真っ赤だし…オッケーするのかな…するんだろうな…」(コソコソ)

イケメン「あの、お返事聞かせていただけるんですよね…?」

澪「はい…考えてきました…」

イケメン「真剣です!お願いします」

澪「……」

律「ううう~…よりによってなんでこんなタイミングに見つけちゃったかなぁ…」(コソコソ)

澪「…」

イケメン「…」

澪「…」

イケメン「あの…?」

澪「はい…決心できました!」

イケメン「はい」

澪「私はあなたとはお付き合い出来ません…ごめんなさい…」

イケメン「えっ…!?」

律「えっ!?」

イケメン「何故…ですか?」

澪「私…すきなひといるんです!だから…ごめんなさい…」

イケメン「そう…ですか…いや!わざわざお返事いただけてうれしかったです!だから…好きな人と幸せになってください!」

タッタッタ

澪「あっ…行っちゃった…緊張したぁ…」

律「…(澪…)」

澪「疲れた…少しベンチでやすも…」(ペタリ)



律「澪っ!!!」

澪「へっ…!?」(ビクッ)
律「澪ぉ…(ウルウル)」

澪「律?いつの間に?まさか見てたのか?」

律「うん…」

澪「そうか…まあ、そういうことなんだよ(ニコッ)」

律「澪!お疲れのとこ悪いけど!」

澪「へ?」

律「もっと疲れさせちゃうかもだけど!しっかり言う!澪!私は澪が好きだっ!付き合ってください!」

澪「…!?(ドキッ)」

律「しっかり伝えたことなかったから!今伝えた!返事くれ澪!」

澪「……ズルイよ律は(ニコッ)」

律「へ?」

澪「今日わたしが伝えようと思ってたこと先にいっちゃうんだもん//(ニコッ)」

律「へ?てことは?」

澪「律、ずっと一緒にいようね//」


律「あ…//や…や…やったぜーーー!これで晴れて正式に結ばれたんだな!よっしゃー!」


澪「まったく、男言葉丸だしだぞ?」

律「あっ//」


澪「ふふふ♪そのままの律も大好きだから良いんだよ」

律「ふぅぅぅ…」(ヘナヘナ)
澪「ど、どうしたの?律」

律「安心したら力ぬけちゃった…」


澪「えぇぇ!?立てる?学校遅れちゃうよ!」


律「澪ちゃんがぁ…き、キスしてくれたら立てるかも…」


澪「えええぇ//」

律「じゃきゃ立てない!立たないもん!」


澪「いまここで?」

律「うん」

澪「私初めてなんだけど…」

律「私も初めて」

澪「えええぇ//恥ずかしい//」

律「ダメなの?」

澪「ダメじゃないけど…」
澪「ど、どこにするの?ほっぺで良い?」

律「えっ?してくれるの?ほっぺで良いよ!」

澪「じゃ、じゃあ…誰も見てないよな?」

チュッ

澪「うぅぅぅ…しちゃった…恥ずかしい//」

律「///」(デレデレー)

律「澪ちゃ~ん!もっとして//」

澪「むり!恥ずかしすぎてここじゃできないよ」

律「むー!じゃあ私がしちゃえ~」

チュッチュッチュッチュッ


澪「いやんっ…くすぐったいよ律やめて…あっ…あうぅ//くぅぅ//」


律「ふぅ~満足した~!もう大丈夫学校行けるよ!」

澪「りっちゃんのケダモノ///」



~音楽室~

律「ということで私達付き合うことになりました~」
唯「ひゅーひゅー!」

梓「もうとっくに付き合ってると思ってました、まぁおめでとうございます。でも練習に支障が出ないようにしてくださいね!」


律「はいはい!相変わらず梓は固いぜー!」

梓「なんか律先輩ガサツな感じにもどってないですか?」

紬「そういえば…」


律「あぁそれ?澪に言われちゃったんだよ~!『おしとやかな律は私だけにしか見せちゃダメ』ってさ~」

澪「なっ!言うなって言っただろ馬鹿律!」

唯「え~かわいかったのに…」

梓「でもそのほうがしっくり来ますよ」

紬「ふふふっ♪」


澪「まったくお前って奴は!ガミガミガミガミ!」


~FIN~