梓「澪先輩……不潔です」

澪「そんなぁ……」ガク

紬「澪ちゃーん♪」


梓(……澪先輩は、本当に不潔ですね)

梓(手に入らないから諦めて別の玩具に乗り換えるなんて、私にはとても真似できませんよ)


律「あははは!」

梓(……私は諦めませんよ)

梓(どんな手を使ってでも、この忌々しい女の手から憂を取り戻してみせますから)


部活終了後

律「おい。体育館倉庫で話ってなんなんだよ、梓……」

梓「律先輩。最近、憂と付き合ってるらしいですね?」

律「……それがどうしたんだよ」

梓「女の子同士ですよ? 気持ち悪いとは思わないんですか?」

律「そんなの……あたしたちの勝手だろ! 憂だってあたしのことを愛してるんだ、何も問題なんてない!」

梓「ふぅん、そうですか。でもぉ……本当にそうですかね?」

律「なんだと……」

梓「もしかしたら、あっちには律先輩より好きな女の子がいたり」

律「いい加減にしろよ梓! いくらお前とはいっても、それ以上変なこと言ったら……」

梓「……ウザったいなぁもう」サッ

律「?」


プシュー

律「いっ!?(ス、スプレー!?)」ヨロ

梓「ふふふ、防犯用の催涙スプレーのお味はいかがですか、先輩」バシンッ

律「きゃっ……!」バタン

梓「へえ、女の子らしい悲鳴も上げられたんですね、先輩。少し見直しましたよ」グイ

律「くっ、ちくしょう! 離しやがれ馬鹿野郎!!」ジタバタ

梓「言われなくても、縄で縛りつけたらすぐに離してあげますよ」マキマキ

律「くそ……何のつもりだよ、梓……?」

梓「まだ解りませんか? だから私、律先輩のこと大っ嫌いなんです!」ビリリ!

律「うわ、な、何してんだ、やめろバカ!////」

梓「はぁ……はぁ……ふふ、いいざまですね先輩。後輩に縛れて裸に剥かれて……すごく情けない姿ですよ……」ニヤニヤ

律「うあ……や、やめろぉ……見るじゃ……ねえ……////」

梓「はぁ……この薄汚い身体が憂を誘惑したんですね……ほんと、忌々しいです……!」ガシッ

律「ぎぃっ……!? い、た……爪……食い込んでっ……!」

梓「よくも……よくも憂を……!」ギリリ…ジワ…

律「いやぁぁぁ!! いたいっ、いたいよ、お願いだからやめてぇぇぇ!!!!」ボロボロ

梓「はぁ……はぁ……ふん、根性無しですね。てっきり男勝りかと思ってましたけど、所詮はただの雌豚でしたか」

律「う……あ……」ポロポロ

梓「はは、にゃははは! 涙と鼻水でグシャグシャですよ、汚い顔ですねまったく!」

律「あず……さ……もう……許してくれよ……」

梓「許す? バカ言わないでください。先輩が憂を私に明け渡すと誓うまで、拷問はずっと終わりませんよ?」ニコニコ

律「…………」

梓「それとも、もう誓ってくれます? 憂を私にくれるって」

律「……誰が、誓ってたまるか……!」

梓「ですよねー、そうこなくっちゃ!」

梓「うーん、でも苦痛による拷問はさすがにダメですよねぇ。死んじゃったら怖いし」

律「…………」

梓「……ふふふ、じゃあ……こうしちゃいましょうか」


クチュ

律「っ……!?」ビクン

梓「あれ、感じちゃいました? いけませんよぉ、憂というフィアンセを差し置いて!」ニコニコクチュクチュ

律「あっ……あ、あぁっ!?////」

梓「……ふふ」ヌル…

梓「ペロ……最低なヒト。憂の女の子にいじられて感じちゃうなんて」

律「うっ……うぅ……」ポロポロ

梓「……(それにしても、今の律先輩……)」

律「えぐっ……うぅっ……」ポロポロ

梓(なんだろう……すごく……)

梓(……可愛い……かも……)ドキドキ

梓「……はっ!?(い、いいいいけませんいけません! な、何を考えてるんですか私は!)」フルフル



梓「ああもう、先輩のせいで私までおかしくなっちゃうじゃないですか!!!!」くぱぁ

律「ひあぁっ!? や、やだ、そんなトコ広げんなぁ!////」カァァ

梓「ダメです、お仕置きです! はむっ……」チュパ、ジュルル

律「い、うあっ、ああああ!!!!」ビクンビクッ

梓「んむ……(すごい……どんどん蜜が溢れて……!)」ドキドキ

律「く……あぁ……!////(な、なんだよこれ……う、憂より……ウマ……!)」

梓「じゅるる(ん……り、律先輩の……お、美味しい……////)」

律「あ、も、もっと……////(もっと吸ってくれ、梓ぁ……!)」

梓「れろれろ、ちゅぱぁ(もっと……もっと出して、律先輩!)」



律「んあ……イ……くぅっ……!」プシップシッ

梓「……んむ……はむはむ」コク…コク…

律「はぁ……はぁ……」

梓「はぁ……はぁ……」

律「……おい、梓」

梓「……なんですか、律先輩」

律「これ……全然拷問になってなくね……?」

梓「……こ、これからです! これから本格的な拷問になるんですよ!」ヌギヌギ

律「な、なんでお前が脱ぐんだよ?」

梓「こ、これは……り、律先輩だけ気持ち良くなるなんて不公平です!」

梓「律先輩にも……私の………お、おまんこ……を、綺麗にしてもらいます!」


梓「さぁ、きっちりご奉仕してくださいね」くぱぁ

律「はむ……」クチュクチュ

梓「ん……上手ですよ、先輩……はぁ、そこ……////」

律「れろ……なぁ、梓……」

梓「ふぁ……な、なんですか先輩……?」

律「ごめんな」

梓「……え?」



梓「……な、なんですか急に?」

律「……あたしさ。自分と憂が良ければ、他はどうだっていいと今まで思ってた」

梓「……身勝手ですね」

律「うん。だから、澪にもあたしたちの関係を、始めは納得させることができなくてさ」

律「……すごく、嫌われた」

梓「当然……ですよ。好いてくれる人を振り払ってまで我を押し通すなんて……そんなの、残酷すぎます」

律「でも、それが結果的には正しいと思ってたんだ」

律「だってそうだろ? 気持ちを偽った恋愛なんか成就するわけない」

梓「…………」

律「けど、それも少し間違ってたみたいだな。あたしたちだけ良ければいいなんて虫が良すぎる」

律「梓や澪も、幸せにならなきゃいけなかったんだ」スル…

梓「っ……!?(な、縄がほどけてる!?)」



律「……梓」ジリジリ

梓「ひっ……い、いや! ごめんなさい、ごめんなさい律先輩!?」アタフタ

ギュウゥ



梓「……え?」

律「そうだよ、自分に素直にならなくちゃな」

梓「り、律先輩?」

律「……梓に憂を渡すわけにはいかないけど」

律「憂の味がたっぷり染み込んだ、あたしの身体なら……」

律「いくらでも食べていいぜ?」くぱぁ

梓「え……」




梓「ええっ!?」

梓「にゃ、ななな何言ってるんですか先輩、狂っちゃったんですか!?」

律「はぁ……はぁ……あ、梓のせいだろ? 梓がそんな可愛い顔であたしを誘惑したのがいけないんだ」

律「なぁ、別にいいだろ?」

律「どうせ憂はお前のことなんて見向きもしないし」

梓「っ……」ズキ

律「あたしから憂を奪い取ったところで、そんな付き合いが長続きする保証もない」

梓「う……あ……」

律「だったらいっそのこと妥協しちゃえばいいのさ、澪みたいに」

梓「せ、先輩……さっきと言ってることが違います……じ、自分に素直になれって……」

律「だーかーらー。素直に妥協しろって言ってんだよ」ニヤニヤ

梓「さ、最低です! やっぱり貴女は……!」

律「嫌なら別にいいぜ? ただ、このことをあたしが口外しないとは限らないけどな」

梓「この……卑怯者!」

律「ハッ! どの口がそんなことほざいてんだか」

梓「くっ……」

律「あたしの愛人になるか、それとも人生終わるか。ま、もう決まったようなもんかな。どうする?」

梓(悔しい……こんな女に……)

梓(……で、でも……)

梓「……こ、これは立派な脅迫です」

梓「だ、だから……」

梓「し、仕方なく……本当に仕方なく……律先輩の……愛人に、なってあげます……です////」

律「へへへ、そうこなくっちゃな!」ギュウゥ

梓「ちょ、律先輩! 仕方なくなんですからね! 本当に仕方なくなんですからね!////」

律「うんうん、わかったわかった。これからたーっぷり憂の残り香を分けてやるからな、梓」

梓「き、期待してますよ、律先輩……たくさん憂の味を持ってきてくださいね?」

律「おうおう。……ん?」

梓「……あれ?」

律「…………」

梓「…………」


梓律「どうしてこうなった」



数日後

律「結局、憂も唯と浮気してたことが発覚して」

梓「4P戦に突入したわけですけど……」

唯「あははは、憂の子宮がぐちゃぐちゃに壊れちゃうくらい激しく突いてあげるよ!」パンパン

憂「ひああああ、お姉ちゃん大好きぃぃぃ!!!!」


澪「おいおい、だったら私たちも参加させてくれよ!」

紬「そうです、仲間外れなんてひどいですよ!」

さわ子「あ、だったら私も……」

和「唯……あはははははははゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいいいいいい唯は誰にも渡さないぃぃぃ」



梓律「どうしてこうなった」


尾張