梓「はい! えっと、こうやって体に塗りこんで」サワサワ

唯「いいよいいよー。真っ白になるまでねー」

梓「い、いきますよっ!」

唯「ちょっと待って。今度は正面からいこう!」

梓「えっ! 正面~!!?」

唯「裸でだっこしあう感じ。えろいね~~あずにゃんえろえろ~」

梓「うっ……」

唯「ほれ、飛び込んでおいで。おっぱいあるよ」

梓「ゆい先輩っ!」ダキッ

唯「おおお!! 子猫ちゃん!」

梓「こ、これで動けばいいんですよね!!? 間違ってませんよね!?」

唯「どぞ」

梓「……よし」ヌルヌル

梓「…………」ヌチョヌチョ

梓「…………」ヌチョヌチョ

唯「……えらい真剣だね」

梓「きもちいですか?」ヌルヌル

唯「うん。まぁまぁ」

梓「まぁまぁですか」

唯「やっぱする側はコレおっぱいないと……あ、ごめ忘れて」

梓「……うぅ、ひどいです」

唯「じゃあ次はチューね。はい、んー」

梓「ちゅう……? えっ!? チューするんですか!?」

唯「は? ……チューくらいするでしょ」

梓「……チューくらいって」

唯「ヤなの?」

梓「チューは好きな人とするって……本に書いてあったので」

唯「えー何それー! でも私あずにゃんのことすきだよー」

梓「あの、そういう好きでチューしちゃっていいんですかね……」

唯「…………はぁ、だめだこりゃ」

梓「え? はむっ!?……んちゅ……チュプ……んぅふっ!!!」

唯「……チュプ……チュパ……んむ、おいひい」

梓「はっ……ちょ、ちょっと!!」

唯「こんなに顔が近くにあったらチューするでしょ普通」

梓「そ、そんなぁ……私、はじめてだったのに……」

唯「はじめて……? えぇ……マジですか」

梓「うぅ……グス」

唯「あずにゃん……いくらなんでもチュー未体験でここで働くなんて……」

唯「あ~~! ってことはあっちもはじめて!!?」

梓「あっちって?」

唯「えっちのほう!!」

梓「……はい。初めてです……」

唯「うそ~、えー、初出勤ですいませんってレベルじゃないよコレ!!」

梓「あ、あのあの……すいません」

唯「すいませんって……すいませんってあずにゃん!!!」

梓「うぅ……ごめんなさいごめんなさい」

唯「だめだ、歴戦のソープ王といえどこんな強敵は初めてだ」

梓「私……がんばりますから……怒らないで……おねがい……」

唯「え? 別に怒ってないけど……」

梓「怒らないで…………怒らないで……いやぁ!! ぶたないで!! いやあああ!!」

唯「ちょっ……あずにゃん……?」

梓「いやだいやだいやだ!! なんでそんなことするの!! いやあああああ!!」

唯「……ほえ? ……ちょ、ちょちょ、待ってよ!!」

梓「やめて!! 痛いよ!!  ぶたないで……いい子に……してるから」

唯「あずにゃん……?」

梓「ヒッグ……うっく……ごめんなさいごめんなさいごめんなさい私が悪かったです」

唯「……あの」

梓「私がいい子にしてなかったからですだからごめんなさいごめんなさいぶたないでください」

梓「もう痛いのはいやです。暗いのもいやです。ご飯がほしいです」

梓「おねがいしますお父さんお母さん許してください。おねがいしますおねがいします」

唯「…………」

梓「おねが…………ヒック……グス、します」

唯「あずにゃん……」

梓「……」

唯「泡ながすね?」

梓「……」

唯「……」ナデナデ

梓「ひっ……いやあ」

唯「いい子いい子。あずにゃんはとってもいい子」ヨシヨシ

梓「……」

唯「ね? そうだよね? ……落ち着いた?」

梓「……」

唯「体ふこ? 風邪引いちゃう」

梓「……」

唯「勝手に拭いちゃうよ。 ほら立って」

梓「ヒッグ……グス」

唯「大丈夫。私は絶対にひどいことしないから」フキフキ

梓「……」

唯「ごめんね、チューしちゃって。怖かったよね」フキフキ

梓「……いえ」

唯「さぁ、拭いたよ。ベッド戻ろ? もう今日はおやすみ」

梓「……」

唯「おやすみ……あずにゃん」


……


梓「んぅ……ふぁ……あれ」

唯「スピー……zzz」

梓「あ、いま何時だろ……もう夕方だ……」

唯「グゴー……ムニャムニャ」

梓「あれ、私何で…………ああっ!!」

唯「アジュニャ……ムニュムニュ」

梓「すいませんおきてください! おきて!!」ユサユサ

唯「ほぇ……ふぁーあ……おはよー」

梓「ごめんなさい!! お客様、私ったら!!! ほんとごめんなさい!!」

唯「ゆい先輩。だよ」

梓「いえっ!! 大変申し訳ありません。本日の代金は結構です。私がオーナーに謝りますので」

梓「ですからなにとぞ……なにとぞ当店を……うっ……グス」

唯「……ふぅむ……この後どうしよっかなー」

梓「……お客様……それでも気に食わなければ私を好きにしてください」

唯「えー、だってそんなことしても意味ないし。もう時間だし」

梓「ごめんなさい!! なんて謝ればいいのか」

唯「そうだねー……んーじゃあさー、アフター付き合ってよ」

梓「アフター……ですか? ってなんですか?」

唯「あーそれはね。この後一緒にどっか行こ!ってこと」

梓「えっと……でも私、お金とかなくて」

唯「私がだすにきまってんじゃん!! まだあずにゃんは仕事中!!」

梓「そうなんですか……でも、お店が……謝らないと」

唯「そんなのいいっていいって、いい子にしてたって言っとくから。さ、服着ていきましょう」

梓「服……あぅ、裸だったんだ……」

唯「それとも時間ギリギリまでいいことするー? ふへへへ」

梓「え、あの、ゆい先輩がお望みならもう何してくださってもかまいません」

唯「あ、うそうそ冗談。ひどいことは絶対しない。はい服きましょう」

梓「はぁ……わかりました」

唯「内線内線」

唯「あ、私。アフターね。ちょっと気に入ったから」

唯「え~、高いって。まぁいいけどね……」

唯「それじゃいつもどおり裏からでる。お金はベッドにおいとくね」

唯「そんじゃあねー」

唯「はい終わり。ね? すごいでしょ? 常連パワー」

梓「は、はぁ……」

唯「いこいこっ! 手つないでいい?」

梓「わかりました」

唯「よーし、どこ行こっかなー!」


……


梓「外ではサングラスかけるんですか」

唯「一応ね。バレたらいやだし」

梓「CDだしてるって言ってましたよね? ゆい先輩って結構有名人なんですか?」


唯「んー、かもね」

梓「すいません。私なんかで」

唯「かわいいよー」

梓「こんなこと聞くのも失礼かと思いますけど、ゆい先輩って女の人が好きなんですか?」

唯「うん」

梓「即答なんですね」

唯「ビアン界では有名な話」

梓「有名人……すごいなぁ」

唯「ほんとに私のこと知らないんだね……ふふ」

梓「ごめんなさい……テレビ……ないんで、貧乏ですから」

唯「……そっかぁ。苦労するねぇ」

梓「なにもないんですよ私……だからあんなトコでしか働けません」

梓「高校を途中でやめてから……ずっとアルバイトで生計を立ててました」

唯「……両親は」

梓「えっ……いや……もう、いないです」

唯「いない……?」

梓「ふたりとも事故で死んじゃったんです……二年前の◯◯高速の玉突きしってます?」

唯「あっ……ごめんね……無神経なこと聞いて」

梓「いえ、サイテーな人たちでしたから」

唯「……あずにゃん、だめだよそんな事言っちゃ」

梓「でも、あんなサイテーな人間でも……死んだら悲しいんもんですね……」

唯「……」

梓「その後親戚にひきとられましたが……そこでも私……ダメで」

梓「逃げ出すようにこの街に逃れてきて……」

唯「……」ナデナデ

梓「それで行き着いた先がソープって……馬鹿ですよね私」

唯「……」ナデナデ

梓「この先どうなるんだろう」

唯「ねぇ、あずにゃんの今のおうち行ってみていい?」

梓「え?」

唯「もっと知りたいな。あずにゃんのこと」

梓「ゆい先輩……だめですよ、お客様にあんなのみせられません」

唯「私、大丈夫だから。信じてくれない?」

梓「そうですか……わかりました。ならさっきのお詫びということで」

唯「うん!」


……


梓「つきましたよ……」

唯「ここ……?」

梓「はい……このアパートです」

唯(アパートっていうか、なにこれ……ボッロォ……)

唯「こ、ここに住んでるの? ひとりで?」

梓「はい……トイレも階ごとに共有ですし。お風呂もありません」

梓「言ったでしょ? 私……ほんとに何も無いんです。0です」

唯(こんなとこ、女の子が暮らすには寂しすぎる……)

梓「入ってください。あ、電気はつけないで。料理するときだけでいいですから」

唯「真っ暗だよー」

梓「すぐ慣れます」

唯「ねーあずにゃアイタっ! 足ぶつけた~」

梓「大丈夫ですか?」

唯「うい、大丈夫っす……」

梓「……あっ」

唯「どしたの?」

梓「あっ……ヒッグ、うぇぇええん」

唯「えっ? えっ? なんで泣くの? ぶつけた?」

梓「うぅ……もう、いや……もういやだ……」

唯「あずにゃん?」

梓「……また、盗られちゃいました。下着……あはは……」

唯「ッ!!!」

梓「こんなボロ屋ですもんね……空き巣なんて簡単……通帳持ち歩いててよかった……グス」

梓「こわいよぉ……こわいよぉ……グス」

唯「あずにゃん! でよう!! すぐに!!!」

梓「でも……私、どこにも行くトコが……」

唯「私のおうちにおいで!! 荷物まとめて!!」

梓「そんなわけには……」

唯「いいから!! こんな危ないとこいちゃダメ!! あずにゃんはだめなの!!」

梓「……ゆい先輩」

唯「いくんだよ!! しっかりしなきゃ!!」

梓「……」

唯「もう私我慢ならないの!! あずにゃんは絶対に笑ってくらさなきゃだめなの!!」

梓「どうして……私なんかに」

唯「いいからっ、いまは行くの!!」

梓「……はい」

唯「タクシー呼ぶからね!! その間荷物まとめといて」

梓「ごめんなさい……」


……


梓「おじゃまします……」

唯「いいよいいよ入って」

梓「あの……ほんとにおじゃましちゃっていいんですか?」

唯「うん。まぁ広いしゆっくりしていってよ」

梓「でも、お金とか……」

唯「んーそれは後で考えよう」

梓「はい……」

唯「こっちこっち!」


唯「ここあずにゃんが使っていい部屋だよ」

梓「部屋までいただけるんですか?」

唯「うん。……どうせ空いてるし、使ったほうがいいんだ」

梓「ありがとうございます」

唯「服も……ん、ここにあるの全部着ていいよ。もう誰も着てないから」


梓「えっ……こんなに?」

唯「うん、たぶんサイズもいい感じじゃないかな?」

梓「お古ですか? それにしては綺麗なような」

唯「まぁね、気にしないで。あとはー、お風呂の使い方とー洗濯機とー」

梓「あの……」

唯「あずにゃんや」

梓「は、はいっ!!」

唯「突然だけど、メイドっていうか、うちで家政婦さんしない?」

梓「家政婦……?」

唯「私さ、実はひとり暮らしなんだよ。でも仕事で家あけることが多くてさ」

唯「掃除もまれにするんだけどこんな広いとなかなか行き渡らないんだよね」

梓「えっと……家政婦……」

唯「うん! いろいろ家事をしてもらうよ。それなら遠慮なくここで暮らせる?」

梓「そうですね……ギブアンドテイクなら……それでも感謝しつくせないですけど」

唯「おっけー! じゃあ今日から私のメイドさんね!」

梓「は、はい! 頑張ります! でも日中はソープが」

唯「あぁ、あれ。あずにゃんクビ。さっき電話してクビにしてもらった」

梓「えっ!?」

唯「てかさ、あずにゃんさー?」

梓「……」

唯「年齢詐称してたよね?」

梓「いえ……18です」

唯「干支は?」

梓「……………………すいません」

唯「ふーあぶないあぶない。手を出してたら私お縄にかかってるとこだよ」

梓「すいませんすいません!」

唯「人気シンガー・ソングライターユイ買春容疑で逮捕! なんて一面にね!」

梓「……あはは」

唯「笑いごっちゃ無いよおおお!!」

梓「ひいいいっ!!」


3