「みなさん、遅いですね」

「ねー」

声はふたつ、床に落ちている影はひとつ。

「あずにゃんはあったかいねぇ」

「先輩も、あったかいですよ……」

私と唯先輩は、部室のソファにふたりで座っていた。
……と言っても、ただ隣り合って座っている、という訳じゃなく。まず唯先輩が座って、その足の間に私が引っ張られてきて、今の状態の完成。
つまり、私が唯先輩に背中側から抱きしめられている状態。
もちろん、最初は抵抗していた。
……でも。

『あずにゃん』

でも、その甘い声で、耳元で名前を呼ばれて、ぎゅっと抱きしめられて。
背中に先輩の鼓動が伝わってきて、そのドキドキが私にも伝染して。
甘くて甘くて、頭の奥がぴりぴりとしびれた。
こんなの、抵抗できるわけないじゃないですか。

「ずるいですよ」

「んー?」

「……こっちの話です」

唯先輩の匂いがする。肺の中も、唯先輩でいっぱいになる。
外側も内側も先輩で満たされている自分を想像して、身体の芯が、じん、と熱くなる。

「あずにゃーん」

不意に、名前を呼ばれた。

「あずにゃんのうなじー」

唯先輩の言ったそこに、ふっ、と息を吹き掛けられて、びくりと震えてしまう。

「や、やめてくださぃっ……」

うなじに柔らかい感触。そして湿った音。
突然のそれにびっくりして、一瞬何も考えられなくなった。
先輩が唇を落としたのだと気付いたときにはもう、そこには舌が這っていて。

「ひぁ、あっ!?」

つぅ、と。うなじから耳たぶの下まで、唾液でできた一筋の道が作られた。きっと蛍光灯の光が当たって、てらてらと光っているだろう。

「やだぁ……っ」

「嫌?」

ぞくぞくする。
首筋が、耳が、ぞくりと震える。
ちゅ、といつもより大きく響く音。耳に軽くキスされたと思ったら、かぷり、と軽く噛まれる。
耳が熱くて、くすぐったくて、気持ちいいのが全身に広がっていく。
おかしくなりそうで、でも、先輩にしっかりと抱きしめられているから、逃げられない。


「あっ、やだっ……、っは……や、ですぅ……っ!」

「んー……」

さっきまで噛んでいた場所に軽くキスを落としてから、やけにあっさりと引き下がってくれた。
正直、ほっとする。……でも、何かが残る。
もどかしさというか、切なさというか。……何か、足りない?
そんな不思議な感覚が私の中で渦巻いていた。

「じゃあ、こっちは?」

「――ぇ?」


制服の上から、先輩のきれいな中指が、さらりと私の胸を撫でた。乳房の下から、突起の頂上までを、ゆっくりと。

「……あずにゃん」

私の左肩にあごを乗せて、先輩は熱い息を吐く。それが私の頬を撫でて、熱が上がる。
全身が熱くて、ぼーっとする。その感覚に酔っていると、先輩は慣れた手つきで制服のボタンを外し始めた。

「あ、あのっ……!?」

「ん?」

先輩の顔が近くて、ドキドキする。
大きな眼が私をじっと見つめて、ふにゃりと柔らかく微笑んだ。

「や……、なんで脱がしてるんですかっ」

「あずにゃん、可愛いから」

答えになってません、そう言う間にも先輩の指は、するすると制服を肌蹴させていく。


「きれい」

ちゅう、と首筋に吸いつかれて、ブラをたくし上げられる。
その時に先輩の手が突起をかすめた。瞬間、全身がびくりと反応する。
その感覚と吸付かれている感覚と、もうそれだけでとろけそうになる。
平面に近い私の胸が、外気に触れて小さくふるりと震えた。

「にゃ……ぁ……っ」

胸の上のブラが、変な感じ。どうせなら、取ってくれればよかったのに。
そんな考えも、すぐに消えた。

「あ、……っ、せんぱい……!」

その頂点で、先輩の指が、くるくると小さな円を描いていく。
耳をあまがみされて、それだけでおかしくなりそうだったのに。

「あずにゃん、もうこんなに固い……」

きゅっと乳首を摘まれて、くに、と左右に引っ張られる。
私は、何も考えることが出来なくなっていた。

「耳とか、うなじとか。それだけで感じちゃった?」

耳元で囁かれる。
下腹部に、つきんと鈍い痛みを感じた。

「ち、ちが……っ」

今度は肩を舌でなぞられて、力が抜ける。
先輩はそこにも吸いついて、小さな跡を残していった。
私が先輩のモノ、という証。

「違わないでしょ?」

……あ、やばい。
唯先輩の変なスイッチが入った気がする。

「……あずにゃんの、えっち」

ふわりと、先輩の掌で私の胸が包まれる。
唯先輩の手は、とても温かかった。

「きもちいいんでしょ?」

人差し指の腹で先端の突起を押しつぶされると、少しだけ膨らみのある乳房にそれが沈む。


「あずにゃん、声、我慢しないで」

私の胸を弄りながら、先輩が言う。

「ふあ、……にゃぁあっ」

与えられる快感を素直に受け止めると、口から勝手に甘い声が漏れてしまう。
やだ、こんな声。先輩は可愛いって言ってくれるけれど、本当にそうなのかな。
こんなやらしい声、すごく恥ずかしい。

「んー、あずにゃん。ちゅーしたい」

「ふえ……?」

「あずにゃん可愛い。ちゅーしたい。顔見たい。だからこっち向いて?」

顔が更に赤く染まったと思う。熱があるみたいに熱くて、恥ずかしくて。
かお、みられたくない。そう思って、ふるふると首を横に振った。


「えー」

ものすごく残念そうな声を上げられた。
でも、胸を弄る手は止まらない。

「っあ……! や、やめ……」

「やめない。ねぇあずにゃん、こっち向いてよぉ」

頬にキスを落とされる。

「……うぁ……っ」

頬だけじゃなくて、ちゃんと、唇にもほしい。
切なくて、もどかしい。

「わっ……、わかり、ました……っ」

「ほんとっ?」

「はぃ……、て、あ、あれ……?」

腰が上がらない。
足に力が入らなくて、立てない。


「んん? どしたの? 立てない?」

「は、はい……」

先輩が、う~ん、と唸る。
どうしよう、まさか立てなくなるほど気持ちいいなんて。

「じゃ、こうしよう」

「えっ」

視界が、くるりと回る。
そして、眼の前には先輩の顔。

「最初っからこうしてればよかったかな」

そう言って、唇を落とされる。
触れ合う唇と唇。やっと、ちゃんとキスできた。

「ん……、せんぱ、ふわぁ……ぁ」

「あずにゃん……」

ソファの上に押し倒されたんだ。啄ばむようなキスの雨の中、頭の片隅でそう思った。
触れるだけの口付けが、だんだんと深く長くなっていく。
それに従って、私たちの熱はじわじわと上がっていった。

「ちゅ……ん、」

先輩の舌が、私の唇をなぞる。迎え入れようと思って小さく隙間を開けた。
けれど、先輩は中に入ってこずに、あごへと降りていく。

「ん……。ちゅー、ほしかった……?」

妖しく笑って、軽く唇を重ねられた。
そして、首、鎖骨と、なぞりながら降りていく。

「ちゅっ……、ふ」

そして、辿り着いた先は胸。
いきなり乳首を咥えられて、身体がはねる。

「にゃあっ!?」

「……んぅ、こりこりしてるよぉ……?」

「やぁっ、……言わ、ない……でぇっ……」

舌で、歯で。突起をいじめられて、おかしくなりそう。
耳でやられたようにあまがみされて、わずかに残っていた理性なんて吹き飛んでいく。
いけないと思う自分がいて、でも、もっと、もっとと刺激を求めてしまう。

「んぁ、唯せんぱい……、せん、ぱい……っ」

「あずにゃん」

「ふにゃぁ……、あっ、もっと、……っ」


つん、と張り詰めた突起をぺろりとなぞって、唯先輩は唇をそこから離す。
唯先輩の眼が、かすかに細まる。見つめられて、ぞくりとした。

「あずにゃん、今みんな来ちゃったらどうする?」

――――え?

「こんなにえっちぃ姿、みんなに見られちゃうよ?」

言われて、思い出す。
そうだ、今は放課後、部活の時間。
何故か唯先輩以外いないけれど、何か用があって、後から来るのかもしれない。

「ぁ、ぅにゃあ……っ」

「ねぇ、あずにゃん?」

ソファの上に押し倒されて、やらしい声を出していて。制服は乱れて、胸は露わになっている。
やだ、やだやだやだ。こんな姿、こんな、やらしい姿。
唯先輩以外に見られたくない、見せたくない。

「せんぱいっ……、もっ……ヤメっ……」

先輩は、私の耳元に顔を寄せて。
そして、甘い熱い吐息を吐きながら囁いた。

「だーめ」

先輩のいじわる。思っただけで、声にはならなかった。
先輩が、片方の胸の突起を摘まんで、捻る。
空いているもう片方には、先輩の舌が蛇のように這う。

「にゃ……ふっ……」

もし先輩たちが来たら。
そう思うと怖くて、見られたら終わりだということをわかっていながら、せめてもと声を塞ぐ。

「どうする? もしみんなが来たら、きっとびっくりするだろうね」

「にゃ、あぁっ!」

声が、我慢できない。
先輩が触れたところ、全部ぜんぶ気持ち良い。


「えっちく、にゃーにゃー鳴いてるあずにゃん見たら、みんなどう思うかなぁ」

とろける頭でぼんやりと想像する。
見られたら、そう思うと余計に身体が熱くなって、びくりと跳ねる。

「ね、あずにゃん」

先輩の声は、匂いは、指は、何かの麻薬みたいに私の思考を奪って、とろけさせていく。

「やぁあ……っ、なんで……ぁ、むね、ばっかり……っ! も、はなしてくださっ……」

先輩は、ぺったんこな私の胸を何度も何度も揉みほぐす。
こんな胸でも、弄ってると楽しいのかな? 気持ち良いのかな?
そうだったら嬉しいけれど。
でも、これ以上ここばかり攻められると、ホントにおかしくなりそうで。

「ん、そんなこと言うけど、離してくれないのはあずにゃんの方だよ?」

言われて気付く。
私は無意識に、唯先輩の頭に両手を回していた。

「そんなにおっぱい、気持ち良かった……?」

先輩の制服が素肌に擦れて、それだけなのに、快感に押し潰されそうになる。
唯先輩だから、こんなに気持ち良くなれる。

「……ね、もうこっちもいいかな?」

するり、と太ももを撫で上げられて先輩の指がたどり着いたそこは、もう恥ずかしいくらいに濡れそぼっていた。

「……ぅ、にゃあ……っ」

つ、と軽く下着の上からすじをなぞられた瞬間。

「あ、あずにゃんっ!?」

「ふぇっ、ここ……はぁ、これっ……以上はっ、もう本当に駄目です……、っく」

これ以上されたら、私ももう止まれなくなる。学校だろうと部室だろうと、そんなこと関係なくなってしまうくらい。
そんなところを見られたら、もう恥ずかしくて死んじゃう。
最悪の事態を思い浮かべると、涙が溢れて言葉にも嗚咽が混じる。

「……」

唯先輩は、目を見開いて驚いていた。
そりゃそうだよね、私が急に泣き出すんだもん。
先輩はちょっと迷った表情で、ばつが悪そうに言った。

「……あー」

唯先輩にしては、妙に歯切れが悪い。うんうんと悩んで、よしっ、と一人で気合いを入れた後に、こちらに真剣な眼差しを向けられる。

「あのね、あずにゃん。りっちゃん達、今日は来ないんだ」


「え?」

思考と涙が止まる。

「実は3人とも放課後に用事があるらしくて。今日は部活はなしってことだったんだけどね?」

けど、なんですか。

「あずにゃんと部室でイチャイチャするのもいいかなー、なんて」

「………………」

「みんなが来るかもってハラハラする中でのえっちもいいかなー、って……」

「……ふぇ、」

止まりかけていた涙がまた溢れて出して、視界がぼやける。
だって、そんな、ひどい。
私、本気で焦ってたのに。

「ご、ごめんね? でもあずにゃん、すっごく可愛かっ……」

「もう先輩なんて知りませんっ!!」




「おっはよー」

「あ、純ちゃんおはよう」

「……ぁー、おはよ…………」

「……憂、梓ってばどうしたの?」

「あはは……」

だるい……。
あれから、唯先輩は家にお泊まりすることになってしまいました。
それでまぁ……、お察しの通りというか、なんというか。

「昨日はお姉ちゃん、梓ちゃんちに泊まったんだー」

ちょ、憂っ!
純に余計なこと言わないでよっ!

「ははーん。そーいう訳ですかぁ……」

ニヤリ、という擬音語が漫画みたいに純の横に見える……気がする。

「ゆうべはおたのしみでしたね!」

「じゅ、純っ!」

「ホンっトに、梓は唯先輩だいすきだねぇ」

「あはは、ラブラブだからねー」

「もーっ、憂までぇ!」

でも、こんな風にからかわれるのも、唯先輩と上手くいってる証拠みたいで。
恥ずかしいけれど、ちょっぴり嬉しくも感じてしまう。

「なにー? ニヤニヤしちゃってー」

「お姉ちゃんのこと?」

「もぉっ、いい加減にしないと怒るよっ!」

こうやって言われるのも良いことなのかなって、ほんのちょっぴり思った。





おしまい!