澪ちゃんには、りっちゃん。
 私には、あずにゃん。
 ムギちゃんは、私達を優しく見守ってくれてる感じ。
 私達をぱっと見たら、そう思うかもしれない。

唯「……私、澪ちゃんが好きなんだよ」

澪「だっ、だから、何なんだよ……」

唯「独占、してよ……澪ちゃんが私を独占してくれたら、私も澪ちゃんを独占出来るから、だからっ」

 ……ああ、私、ズルい。
 こんなに難しいことを、澪ちゃんに決めさせようとしてる。
 本当に、ズルいよね。

澪「……あのさ、唯」

唯「うん」

 力も気持ちも入ってない声だよ。
 ……やっぱり駄目だったかな?
 まあ、今までの私の行動を考えると、信用してもらえなくて当たり前なんだけども。

澪「私には、ちょっと、私が唯を独占するっていう状況が想像出来ないんだよ」

唯「……そっか。ごめんね、変なことゆっちゃって」

澪「ん……」

 駄目、だったみたい。
 抱き着いたまま眠っちゃうくらい安心出来る人で、そんでもっていつでもどこでも抱き着きたくなっちゃう人って、そうそういなかったのになあ。

唯「じゃ、じゃあ、私……帰るね。お説教はあとで……失恋の傷が治るまで、待ってね」

澪「……待て」

唯「んう?」

澪「しっ、失恋したなんて、勝手に決めるんじゃないっ!」

唯「……へ? ……ほええ!?」

 まるで、タックルみたいに。
 私が荷物を拾おうとしてたところに、澪ちゃんが飛び付いてきた。

澪「唯ぃぃっ!」

 ばたん、と私が尻餅をつく音。
 でも澪ちゃんはしっかりと私の腰に腕をかけてて、その力は段々強くなってきてる。

唯「み、澪ちゃん……?」

澪「んぅ……ゆ、唯っ! 寂しいこと言うなぁ! 私だって唯が好きなんだからぁ!」

唯「んくっ」

澪「あ、あの……き、気持ちが一方通行だと思うな!」

唯「んぅ……み、澪ちゃん……?」

澪「わかってたよ、唯の気持ち! でも私、こんな恥ずかしがり屋だから! 自分の思い込みかもって考えたら、何も出来なかったから!」

唯「うん……」

澪「勇気、出せなくって……本当に、唯が私を好きだって思えるまで、何も出来なかったんだよ……!」

 制服越しに、お腹の辺りがじわじわと熱くなってくる。
 湿った感じが広がってきて……ああ、澪ちゃんってば泣いちゃってるんだ。

唯「……澪ちゃん。大丈夫、っていうのも変かな……私、誰よりも澪ちゃんが好きだよ……だから、泣かないで?」

澪「ん、ぐす……っく、ゆ、唯……?」

唯「うん、いきなり独占欲ってのは、澪ちゃんには難しかったかなあ」

澪「ん、んぅ……?」

 誰よりも欲しい、抱き締めたい、自分以外の誰にも抱き締めて欲しくない。
 私はこんな感じだけど、きっと、澪ちゃんの考えてる独占欲とあんまり違いはないと思う。

唯「えいっ」

澪「ふぷっ!?」

唯「私、澪ちゃんも好きだけど、澪ちゃんのおっぱいも同じくらい好きだから……澪ちゃんにも、私のおっぱいを好きになってもらえたら嬉しいな」

 ぎゅって、澪ちゃんが私を抱いてくれたように、優しく。
 澪ちゃんの顔を真っ正面から、私の胸の谷間に埋めるように。
 ちょっとズレてても構わない。澪ちゃんがその気でいてくれるなら、きっと。

唯「んうー♪」

澪「む……んぅ、ふう……」

唯「……澪ちゃん。苦しくない?」

澪「ふぁ、だ、大丈夫……だよ……」

 無意識なのかそうでないのか、ふにふにと、私の胸に顔を押し付けてきてる。
 澪ちゃんってば、かぁわいいんだぁ。

澪「んっっ、んにゅ……ゆぃ……唯のおっぱいも、やっぱり気持ちいいよぉ……」

唯「ん。でも、私は澪ちゃんの方がおっきくて、感触もいいと思うけど」

澪「……大きさじゃないんだよ。感触も。要は、相手が誰か、ってことじゃないのかな」

 小さく呟きながら、澪ちゃんはまた私の胸を堪能するように、ふるふると顔を左右に振ってみたり。
 こりは……ちょっと、気持ちいーかも。

唯「んっ、んんぅ……澪ちゃん。あんまりそうされると、変な気分になっちゃうよ」

澪「……ごめん。でも、もうちょっとだけ、こうしていたいんだ」

唯「いいよ、このくらい我慢するから……そのうち我慢出来なくなっちゃいそうだけどね」

 澪ちゃんにこうやって甘えられるの、気持ちいーだけじゃなくって、とっても嬉しいよ。
 私の気持ちが全部伝わったわけじゃないんだろうけど、少しでも伝わったっぽいからね。

唯「澪ちゃん。私、澪ちゃんが大好きだよ。女の子として」

澪「……私も。唯のことが、好き……こうして、抱き着いてると……幸せな気分になる……」

 それはきっと、私と同じ気持ちだよ?
 でも、澪ちゃんはまだ、この気持ちをまともに受け入れられないと思うから。

唯「えへへ。可愛い、澪ちゃん」

澪「んなっ!? あ、あっ、私は……別にそんなつもりじゃっ!?」

 ……ほら、離れちゃった。
 すごく残念だけど、仕方ないかな。

唯「澪ちゃん……お説教、する?」

澪「……いや。明日にしよう。また明日、居残りしてくれないか」

唯「うん。明日もいーっぱい抱っこしてあげるね?」

澪「お、お、お説教だってば!? 明日こそは必ずするからな!」

唯「はいはい。んじゃ、今日は遅いし、もう帰ろ?」

澪「ああ……」

 澪ちゃんが荷物を背負うのを見ながら、私も帰る準備をする。
 この調子なら、しばらくの間はお説教されなさそうだね。

唯「ねぇ、澪ちゃん」

澪「うん?」

唯「大好き」

澪「ひゃあ……!?」

 うわ、ぼんって顔を真っ赤にしちゃって。
 これじゃ、私の気持ちを全部伝えるのは難しそう。

澪「あ、う、あぅ、はうう……」

唯「んっと……ほら、澪ちゃん。そろそろ私達も帰ろうよ」

澪「ぁぅ……」

 固まって動かない澪ちゃんの手を取って、部室を出る。
 その時、ものすごく小さな声で、澪ちゃんが呟いたのが聞こえた。

澪「わ、わっ、わわわ……私も……好きだよ、唯……」

 恥ずかしがりーの澪ちゃんにとっては、すっごく勇気がいることだったと思うんだよね。
 握ってる手にも力が入ってて、緊張してるのが伝わってきてるし。
 でも、だから、私は、照れながらこう答えた。

唯「えへへへ……ありがと、澪ちゃん。嬉しくて泣いちゃいそう」

澪「そっ、それはそれで困る!」

唯「じゃあ泣かないよ!」

澪「なっ、何だよ、からかうなよぉ……全く、唯は……」

 からかってなんかないよ。
 澪ちゃんが困るなら、どうしても我慢出来ない時にしか泣かないよ。
 だけど、今がその時だから……泣いてもいいよね?

澪「おっ……おい、ちょっと、唯!? いきなり泣き出すなよ!?」

唯「んっ、ぐす……嬉し泣きだよ。澪ちゃんのせいだからね」

澪「ん、もう……唯は、本当にズルいよな……」

 うん、寝てるふりして起きてたのとか、ズルいことはしたけど、今はどのズルのせいなのかわかんない。
 ぽろぽろ涙を零していると、澪ちゃんがさっきみたいに私を抱き締めてくれた。
 おっきくてやーらかい、ふにふにの胸に。

澪「泣くなよ、唯……その、これが独占欲ってやつかもしんないけど……泣いてる唯は、見たくないんだっ」

 澪ちゃんの方から、ぎゅうぅって私を抱き締めてくれてる。
 ……嬉しい。
 嬉しくって、どんどん涙が溢れそうになってくるけど、澪ちゃんを困らせたくない。

唯「ぐすっ……んぅ、ふぅ……じゃ、じゃあ、澪ちゃん。こうして毎日抱き締めてくれる?」

澪「そ……それは……そのぉ、えーと……」

唯「ふにゅむにゅ、んうっ……約束してくれたら、泣き止むよ。澪ちゃんが抱き締めてくれるなら、私の独占欲も有頂天だよ」

澪「意味わかんないけど……いっ、いいよ。今みたいに、他人にバレないような場所でなら、え、えっと、えええと……」

唯「私を独占してくれる?」

澪「……唯が、他の誰にも抱き着かないって約束してくれるなら」

唯「お。澪ちゃんも出てきたみたいだね、独占欲」

澪「私は約束する。だから唯も、私以外には抱き着かないって約束してくれ」

 おお……おおお。
 澪ちゃんにしては大胆な発言だね。
 私を澪ちゃん専用にしようっていう! これは告白と判断……しちゃいけない、よね……まだ……。

唯「うん、約束する。澪ちゃんも必ず守ってね!」

澪「当たり前だろ」

唯「それと、その、ね……不束者ですが、よろしくお願いします……」

 あれ、何だかほっぺが熱いですよ?
 澪ちゃんに抱き着いたりおっぱいに顔を埋めたりしてたのに、改めて意識したら、やたらと恥ずかしいですよ?

澪「うん……こちらこそ、よろしく。唯」

唯「ん……」

 や。
 あれ、ちょっと。
 繋いでる手がすっごく熱くて、握ってると恥ずかしいのに放したくないとか、これどういう感覚?
 思わずぴくっと引いちゃうと、澪ちゃんが強く握り返してきたり。

唯「んっ」

澪「……ど、どっか寄って帰ろう、唯。少し寄り道しても平気だろ?」

唯「う、うん」

 ……はあ。
 私の方が澪ちゃんより照れて恥ずかしくなっちゃうなんて、思ってもみなかったよ。

澪「……なぁ、唯」

唯「なっ、何かなっ!?」

 どうしよう。
 乙女ちっくな期待に頬を染めるのは、本当なら澪ちゃんの方だったハズなのに。

澪「帰る前に、もう一回だけ、その……」

唯「も、もっかいだけ、何っ!?」

澪「そのぅ……唯を抱っこさせてくれないかな。すぐ済むから」

唯「いいけど、すぐ済んじゃうんだ……ちぇ」

 でも、抱っこしてもらえないよりは嬉しいに決まってる。
 だから私はまた荷物を下ろして、澪ちゃんの胸元にすがりついた。
 ぎゅ、って優しく、私の背中を抱き締めてくれる。

唯「……はー。やぁらかいしあったかいし、気っ持ちいーよぉ」

澪「唯、何だかさっきよりも可愛い感じだな……」

唯「うにゅ……うん、澪ちゃんありがと……」

 澪ちゃんこそ、すごく綺麗な笑顔で笑ってるよ。
 これからは、もっと素敵な表情を見せてくれるのかな?
 ……なんて思ったら、もう胸のどきどきは止まらない。

唯「ね、澪ちゃん」

澪「うん、何だ?」

唯「今の私、さっきまでの……澪ちゃんに『好き』って言う前の私と、ちょっと変わっちゃったみたい」

澪「……あんまり変わってないように見えるけど」

 うん。
 澪ちゃんの胸にふにふに甘えて、ぎゅーって抱き着いて、やってることは同じだよね。
 でもね、やっぱり違うんだよ。

唯「私、自分が『澪ちゃんの彼女』になれたんだなって思うと、どきどきして、ほっぺが熱くなって……ぎゅむっ!?」

 顔っ……顔が、澪ちゃんが急に腕を強めるから、本気で埋まって息がっ!?

澪「わ、私だって同じだっ! すごく恥ずかしいけど、でも、ここで頑張らないと、二度とチャンスがないかもしれないって!」

 ぎゅううううう。

唯「もがもがもがっ」

澪「だ、から、本当は私、恥ずかしすぎて気が遠くなりそうだけど……勇気出して、唯にも私の気持ちをしっかり伝えなきゃって思うから!」

唯「もがっ……んも……もふう……」

 タップ、タップだよ澪ちゃん。
 そろそろ、息が、おっぱいの感触は気持ちいいんだけど、呼吸が続かなくなっちゃう。

澪「あっ……ご、ごめん、唯! つい力が入っちゃって……」

唯「は、はう……はぁ、はぁぁ……んもー、澪ちゃん。ちょっぴりお花畑が見えちゃった……」

澪「ごめんってば、唯……私が悪かったよぉ」

 別に怒ってないし、息苦しかったけどその分気持ちよかったからいいんだけど。
 おろおろ慌てふためく澪ちゃんの姿が可愛くって、私はまた抱き着いちゃって。

唯「んぎゅーう♪」

澪「ふあ!?」

唯「だいじょーぶだよ、澪ちゃん。わざとじゃないってわかってる。澪ちゃんの気持ちも聞かせてもらったし」

澪「そ、そっか……」

唯「でも、抱っこの仕方を覚えてもらわないと、また胸で窒息させられそう……」

澪「ん……だから、それはごめ……んむっ!?」

 えいっ、と。
 澪ちゃんの肩の上に腕を組み替えて、今度は私の番だよ。

唯「……こんな風に、優しくぎゅってするの。思いっきり抱き締めると相手が苦しがるから、力加減が大事」

澪「うん……」

唯「んでね、こおやって髪にすりすりしたり……これも、相手の反応を見ながらね?」

澪「相手、か……唯は誰にでも抱き着いてたからな、抱っこはお手のものか」

唯「もお澪ちゃんにしか抱き着かないし、抱っこもしない。それに……これは、まだ誰ともしたことないよ?」

 ちょっと腕を緩めて、何かと不思議そうに上を向いた澪ちゃんの唇を狙って。
 ちゅ、って。

澪「んっ……!?」

唯「ん……え、えへへ。私の初モノのお味は如何だったかな、澪ちゃん」

澪「ふわぁ……唯と、唯の……ふぁーすときしゅ……♪」

 ど、どおやらお気に召していただけた模様です。
 でも、調子に乗ってもっとしたら、それは逆効果なのです。

唯「わかってくれたかな、澪ちゃん?」

澪「……うんっ」

 きゅっ、って今までで一番優しい抱き締め方をされる。
 ほんの一瞬だけど、キスしちゃったせいで、澪ちゃんの瞳が乙女ちっくになってるよ……。

澪「唯ぃ……んんむむ、にゅむにゅむ……いつも、こんな幸せな気分になってたの?」

唯「抱っこする側とされる側、どっちが幸せかは、お互いの気持ちによるんじゃないかな」

澪「……じゃあ、私は今、最高に素敵な抱っこをしてもらってるわけだ」

唯「抱っこを甘く見ないで欲しいかな!? こんなのまだまだだよ、澪ちゃん!」

澪「ふぇ!?」

 そう、こんなのは抱っこの中でもほんの初歩でしかないんだから。
 私だって真の抱っこ道を極めたわけじゃないけど……澪ちゃんとなら、きっと。

唯「素敵な抱っこに必要なのは、相手を想う気持ち。つまり、私が澪ちゃんを今よりもっと好きになれば……」

澪「……もっと、気持ちのいい抱っこをしてもらえる、ってことか?」

唯「ちっちっち、それじゃあ駄目なんだよ、澪ちゃん」

澪「えっ?」

唯「ほんとの抱っこはね、するのもされるのも、お互いにすっごーく気持ちーモノなんだから」


 澪ちゃんの方から『私を抱っこしたい』って言ってきたのも、それに目覚めたからだと思うよ?
 そうでなきゃ、恥ずかしがりーな澪ちゃんが、自分から言い出せるハズないもんね?

澪「で、でも、私……さっき、唯を窒息させそうになっちゃって……」

唯「さっきはさっきだよ。今は……どうかな、澪ちゃん?」

 私に甘えてる澪ちゃんも惜しいけど、私だって澪ちゃんに甘えたい。
 だから、自分がこんな風に抱っこしてもらえたら嬉しいな、って感じで澪ちゃんを抱き締める。

澪「……ん。きっと、唯を苦しがらせたりしない。唯が気持ちよくなれるように抱っこする」

 今度こそ、澪ちゃんの胸を堪能出来そうです。
 声の調子と表情を見て、私はすっかり安心して。

唯「じゃあ、お願いね。澪ちゃんはおっぱい大きいんだし、ぱふってするだけで、誰でも気持ちよくなれるんだから」

澪「うん……でも、やっぱりさ」

 また腕を組み替えながら、澪ちゃんがひと言だけ呟く。

澪「唯だって、結構……おっぱい大きいじゃないか」

 これに関しては、私はきっと、ずーっと文句を言い続けるんだろうなって思った。


~おしまい!~