澪「……なぁ本当にやるのか?」

唯「やろうよ~。言い出したのは澪ちゃんだよ」わくわく

梓「正直私も興味あります」

澪「ううう。こうなると思ってたから言わないようにしていたのに」

唯「でも聞いちゃったからには実験しないと」

紬「ちょっと確かめてみるだけだから、ね」

梓「あっ、来ましたよ」こそこそ

ガチャ「ドア」

律「ういーっす。今日も寒いなぁ」

唯「りっちゃん往生せいやぁ!」

すぽっ かぽっ

律「のうわあああああああああああああああああああああああああああああああ」

律「」ぷしゅー

梓「大変です。律先輩の目がゲームスロットみたいに回り出しました!」



律「がろんがろん」

唯「生命の神秘だね」

梓「運命の~ルーレット廻して~」

紬「どきわくどきわく」

―― ちーん

律「ん。皆して何固まってるんだ?」

唯「りっちゃんどう? 一皮剥けた気分は」

梓「皮を被せ直したという方が正しいかと」

澪「あのさ律。突然だけど調子はどうだ?」

律「調子かぁ。うーん何だか元気がモリモリと湧いてくるぞ、絶好調だぜ!」

唯「オレンジだと超元気になる、っと」めもめも

律「ようし。調子がいいところで――全力でお茶にしようぜ!!!」

澪「そこは変わらないのか!」ごちぃん

律「あいとぅわぁ」


唯「」ずびずび

律「んんんー」

梓「」ちろちろ

律「あ゛あ゛あ゛ー」

澪「何なんだその落ち着きの無さは。ちゃんと椅子に座れ」

梓「パンツ見えそうなんでやめて貰えませんか」

律「あのさ、言い出した手前で何なんだけどさ、お茶会って地味でつまんなくね?」

紬「ガーン」

澪「お前からお茶にしようって言い出したんじゃないか」

律「なんて言うか私たちまだ高校生だろ。もっと青春を謳歌するべきっつーかさ」

律「いや、そうに決まってる! ドラマみたいに夕日に向かってダッシュするとかさ」

澪「ふうん。なら、ここにまんまるオレンジのマドレーヌがある。試しにダッシュしてみせろ」

律「よしきた!」ばぐぅ

梓(澪先輩の指ごと齧り付いた!?)


律「」ぷくー

唯「りっちゃんは食べた物をおでこ上に具現化できる能力があるんだね」

澪「何すんだ律、凄い痛かったんだぞ! うう、歯型も残ってるし」

律「だってそーいう意味かと思ったんだもーん」

紬「合宿の時以上のハイテンションね」

唯「いいや、りっちゃんの底力はそんなものじゃないよ。もっと空回りしてこそのりっちゃんだよ」

澪「あのさ、それ元気付ける様な言葉じゃないと思うんだけど」

律「だよな! この程度でめげるなんて私らしくないぜ!」きりっ

梓(貶されていることにすら気付いていない……)

律「隊長についてこい! いいや、今から私が金八先生だ。人という字は支え合って出来ているううううう」

梓「あの。それについて前から疑問に思っていたことがあるんですけど」

梓「金八先生の“八”って漢字、あれって人が支え合えられなかった結果を表わしているんじゃないでしょうか」

梓「だとしたらなんとも情け無い先生ですよね。反面教師が彼の売りなのでしょうか」

澪「それは今言うべき場面じゃないぞ」



かせんじき!

唯「はぁっ、はぁっ。なんで本当に夕日に向かって走る羽目に」たたたた

紬「私は結構走るの好きだけど」ドドドド

律「くおらぁ! チンタラ走ってると太陽が逃げちまうだろ!」

澪「っていうか何でお前だけ自転車なんだよ」はぁはぁ

梓(凄いっ揺れてるっ)

律「お前とは何だ、りっちゃん軍曹と呼べ。貴様らの腐った根性を叩き直してやっているんだ」

唯「はいはいはーい。教官なら皆に手本を見せた方が示しがつくと思いますでーす」

律「ふむ。確かにそれも一理あるな、しっかり目に焼き付けておくんだぞ」

よっこらしょういち

律「それじゃちょっくら太陽とハイタッチしてきますか。お土産は黒点あたりを奪ってきてやるぜ」こきこき

律「いくぞおりっちゃんだっしゅうううううううううううううううううううう」

唯澪紬梓「よし、帰ろう」

律「っちょおま逃げんな!」




澪「さて、どうにか鬼教官律から遠ざかることができた訳だけど」

梓「本当にカチューシャの色で性格が変わるなんて非現実的なことが起こり得るのですね」

紬「でもやっぱりベースはりっちゃんのままね」

紬「楽器の方のベースじゃなくて」

澪「……それ位分かるけど。ともかくオレンジの律は元気過ぎて周りが振り回されて疲れる」

梓「ですね。合宿の時がオレンジでしたし、あれを日常にして欲しくはないです」

唯「うんうん。ティータイムの時間が減るのは嫌だなぁ」

澪「で、残りの六色なんだけど……」

かちゃかちゃ

澪「この色を試してみたい」


……

律「よっしゃあ一日経って放課後になった。早速軽音部の活動を始めるぜ!」

ガチャ「ドア」

律「田井中改め田都会りっちゃん参上! なんちゃって、アハハハハ」

唯「暴れん坊りっちゃんさよ~なら」

すぽっ かぽっ

律「ふぎにゃああああああああああああああああああああああああああああ」

律「がろんがろん」ぷしゅー

―― ちーん

澪「っよ、よう律。今度はどんな感じだ?」

律「ん、あぁ澪か。そうだな、なんだか胸が痛いな」

紬「えっ。もしかして急激な変化は体に良くないとか……」

律「この胸の締め付けはそう、澪のせいだ。最近二人だけの時間が取れないから、きっと」きらきら

澪「そんなっ、私、離れてても律の事を考えない日なんて――」きらきら

梓「何なんですかこの茶番」

紬「キテマスワー」

律「ムギ、今日のお菓子も美味しいな。全く流石だよ、君の甘さが心までまろやかにしていくようだ」さらっ

律「唯、今日も笑顔が眩しいな。いつまでも私たちの太陽として輝いていてくれよ」さららっ

澪「ねぇりつぅ。私はぁ?」

律「梓、今日も小さいな。お願いだから背抜かさないでくれ、何気に自分の低身長がコンプレックスなんだ」さらららっ

梓「何故私だけ良い様に言ってくれないのでしょうか」

澪「泥棒猫は少し黙ってろ」

唯「なんか昼ドラみたいな展開になっちゃったね」

紬「これはこれで上の下辺りのシチュエーションだと思うわ」

梓「ハァ。これじゃ練習なんて一向にできなそうですね」

律「ん? 梓は練習がしたいのか。ならば早速始めよう」

梓「おっと、これは意外な反応ですね。別に文句じゃではないのですけど」

唯「ええぇ、もう少しのんびりしてよ~よ」

律「ハハハ。でも私は唯の演奏好きだぞ。いや、演奏をしてる時の唯が素敵だという表現が正しいのかもな」きらっ

唯「りっちゃん……//」

紬「黒はクール気取りのタラシ、っと」めもめも




れんしゅう!

律「えいったあっ」どんどこどこだーん

澪「ふんふーんっ」べんべけべけべーん

梓「あの。一ついいでしょうか」

律「何か問題でもあったかい。梓姫」きりり

梓「……、ええとリズム隊が仲良しなのは非常によろしいのですけど、周りの音もちゃんと取り入れて下さい」

紬「確かにそれは気になったかも」

澪「そっそんなだったか? でも、それは、やっぱり幼馴染だから波長が合うっていうか//」

唯「ハチョウって何? 課長と部長の間くらい?」

紬「唯ちゃん、派閥に長のつく役職なんてないわ」

梓「コホン。ともかくです、これではマトモな練習になりません」

律「そうか。音にまで影響が出てしまうなんて、澪、やっぱりお前は罪な女だな」しゃらら

澪「そんな……//。じゃあ私が罪を背負ったらその十字架に律は寄り添ってくれる?」

梓「頼みますから見えない所でやって下さい」

律「ヤイヤイ」

澪「キュンキュン」

ばたーん

唯「本当に出てっちゃったね」

紬「オシカッタワー」

梓「澪先輩までまともに機能してくれないんじゃ仕様がないですよ。見てるだけで疲れますし」

梓「まぁ結論ですが、黒だとイケメン気取り過ぎて全く収集がつきません」

唯「去年の学祭は黒だったもんね~。あの時のりっちゃんも格好よかったなぁ」

紬「そうねぇ。とりあえず今日の所は諦めるとして、明日はどうする?」

唯「う~んう~ん。真逆の色にしたら乙女になるんじゃないかな」

梓「どうでしょうね。澪先輩なら大まかに把握しているようでしたが、ここにはいませんし」

紬「女は度胸よ、何でもやってみるものよ」てかてか

梓(絶対に変な妄想してる……)



よくじつ!

律「オイオイ、もう音楽室は目の前だぜ。そろそろ離れてくれないと流石に恥ずかしいだろ」しゅいん

澪「律が私の心を掴んで話さないから、だから私は律の体を繋ぎ止めるの//」

律「ハハハ。可愛い子猫ちゃんめ、あんまり困らると昨日の続きをしてやらないぞっ」きゃいん

澪「い、いじわるぅ//」

ガチャ「ドア」

梓「行くです唯先輩!」

唯「ヤリ○ンりっちゃんまたね~」

すぽっかぽっ

律「うぼあああああああああああああああああああああああああああ」

律「がろんがろん」ぷしゅー

澪「あああっ! 折角今夜が本番だったのに」

梓「申し訳ありませんが一人遊びで我慢して下さい」

紬「全て脳内イメージで補えば問題なんてないわ」

―― ちーん

澪「白を選んだのか。となると、もうすぐ現れるはずだ」

唯「誰が現れるの?」

律「ホゲー」

梓「あの、律先輩の表情筋肉が一気に堕落したようですが。人間として大丈夫なのでしょうか」

紬「これはちょっと期待できなさそうだわ」

ばたーん

和「ちょっと律! 必要な書類また出さなかったでしょ」

律「えっあああああぁぁ忘れてたあああああああああああああ」

和「全く。あんたが部長なんだからしっかりしないと駄目じゃない」

和「軽音部ばかり規則に緩くしてたら私の肩身が狭くなるでしょ。もう頭下げといたから早く書いて寄こしなさい」

律「ゴメンナザイゴメンナザイ。やっぱりあんたええ人やぁ」かきかき

唯「ふむふむ。白いりっちゃんはズボラなお間抜けさん、っと」めもめも

梓「書類を出そうとしなかったのはそれ以前の律先輩の所存だと思うのですが。私、間違ってないですよね」

紬「細かいことはいいのよ」


澪「まぁ無事に書類は出せたことだし、色を変えた判断は正しかったのかもな」

律「色? 判断? ナンダソレ」

紬「気にしないでいいのよ。それよりお茶いる?」

律「あーそうだな。ムギー、なにかウマイのくれー」

梓(ズボラっていうか抜けてる人って扱いが簡単でいいな)

かちゃかちゃ どぽぽ

律「ホゲー」ごきゅごきゅ

澪「流石にギャップが激し過ぎると萎えるな」

律「ギャップって何がだ? ジェネレーション的な感じか」

梓「ここはあえてGジェネ的な感じで」

律「Gって何だ。私の辞書には載っていないぞ」

唯「おもろい。ッハ、もしかしてこの流れなら……」

唯「りっちゃんりっちゃん。この前貸した千円いつ返してくれるのさ」ふんす

律「えええええまじでか。悪いすっかり忘れてた、今度の小遣い日にはちゃんと返すから。ごめんよぉ」

梓「唯先輩、デタラメな嘘吐かないで下さい。困ってるじゃないですか」


律「プンプン」ぷくぅ

梓「ホラ、皆さんが執拗にいじるから怒っちゃったじゃないですか」

澪「そうやって指摘してる梓も人の事言えないだろ」

紬「反応は面白いけどちょっと可哀想かも」

律「なぁ、お前等さっきから何について話してるんだ?」

唯澪紬梓「なんでもないでーす」

律「ふぅん、そっか。にしても今日の紅茶はウマイなぁ」ずびずび

唯澪紬梓(便利だけど流石に重症だ……)

梓「都合よく前後の記憶も飛ぶようですしね。ちなみに本編で白つけてるカットってありましたっけ」

紬「確か、新勧でメイド服になった時とか」

澪「まず『本編』っていうメタ発言な単語が出たことを先に突っ込もうな」

律「なーなー、頼むから私も輪の中に入れてくれよー」

唯「別に大したことじゃないよ~」

律「ふーん、そうか。茶ぁが骨まで染みるなぁ」ずびびび

梓「何というテンプレートなのでしょう」


梓「もう何でもいいですから変えちゃって下さい、唯先輩」

唯「ほいさ。うーん、じゃあコレかな」

唯「またね~、お間抜けりっちゃん!」

すぽっ かぽっ

律「ぱしへろだんすああああああああああああああああああああああああああああああ」

律「がろんがろん」ぷしゅー

澪「た、確か緑は中々に厄介な……」

―― ちーん

律「ハーイエブリデイ、ナイスティーミーチュー」

梓「どちら様でしょうか。それ以前に何人でしょうか」

律「オー、ツレナイネーアズサ。マイネミーイズタイナカリッチャン」

澪「色々と間違えてるぞ」

唯「ねぇ、りっちゃんの英語の成績ってどんなもんだったっけ」

紬「はっきり言うけれど、全く芳しくないわ」


律「ウーン、ティータイムイズヤッパリサイコーネ。オカシイズベリーデリシャス」

梓「この色だと厄介というより喧しいという言い方のが相応しい気がします」

律「ワッツディジュースピークナウ?」

梓「おっと、こちらは誤魔化しが効きにくそうですね」あせあせ

律「ヘイアズーサ、ソリャナッシングダゼー」

澪「頑張って英語一本に絞ってみろよ。そんなんだから成績が上がらないんだぞ」

唯「緑は英人かぶれになる、っと」めもめも

梓「きつちりしてください!」

律「シューン」

紬「……もしかして。いや、やっぱりそんな事は」

唯「ムギちゃん難しい顔なんてして、どうかしたの?」

紬「唯ちゃん、試しにコレをりっちゃんに食べさせてみて。面白い反応が返ってくるかもしれないわ」

唯「こっこれは伝説の……!」

ぺかー



2