和「あなた、いきなり何を言って……」

憂「知ってるんだよ?和ちゃんはお姉ちゃんのことが好きなんだよね?」

和「……」

憂「ほら、私のこと見てよ。私お姉ちゃんそっくりでしょ?」

和「……あなた、一体何のつもりなのかしら」

この、幼馴染の妹に押し倒されて迫られるという奇妙な状況はいかにして生まれたか―――――話は数時間前にさかのぼる。

― ― ― ― ― ― ― ―

和「あら、メール?憂からね……」

『こんばんは。突然すみません。

実は、今はお姉ちゃんが軽音部の合宿でいないんです。

だから、よければ泊まりに来てくれないかなって思ってメールしたんだけど

ダメ、かな?』

和「口調が統一出来てないのは相変わらずね。別に敬語使わなくていいのに」

和「どうせ私も暇だったし、楽しそうね。行ってみましょう」



~平沢家~

憂「本当に来てくれたんだ。ありがとう」ニコニコ

和「当り前じゃない。あなたは私にとっても妹みたいなものなんだから」

憂「妹……か」シュン

和「どうかした?」

憂「い、いや、なんでもないよ。さ、上がって上がって」

和「あら、もう晩御飯できてたのね。一緒に作ろうと思っていたのに」

憂「えへへ、だって和ちゃんが折角来てくれるって言うから嬉しくて」

和「ありがとう、いただきます」

憂「めしあがれ」ニコッ

和「うん、美味しいわ。流石は憂ね」

憂「たくさん食べてね」

― ― ― ― ― ― ― ―

和「ふう、もうおなかいっぱい。ごちそうさまでした」

憂「お風呂ためといたけど、先に入る?」

和「家でもう入ってきたから遠慮しておくわ」

憂「そっか……なら入ってくるね」

― ― ― ― ― ― ― ―

憂「おまたせー」

和「いい湯だったみたいね」


憂「うん。和ちゃんにも入ってほしかったなあ……できれば一緒に」

和「もう、子供じゃないんだから」

憂「うん……」シュン

和「それより、これからどうする?」

憂「……じゃあ、私の部屋に行こうか」

和「え?まあ、あなたがそう言うならそうしましょう」

― ― ― ― ― ― ― ―

こうやって思い返してみれば、明らかに憂の様子はおかしかったのだ。

それらのサインを無視した結果―――いや、わかっていたところでどうしようもなかったかもしれないが―――私はこうして寝室で憂に押し倒されてしまっているというわけだ。

憂「私になら何してもいいんだよ?和ちゃんのすることなら全部受け入れてあげるよ」

憂「あ、お姉ちゃんの声真似もしてあげようか?そのほうが興奮するでしょ?」

和「あなた、こんなことして何に……」

憂「こんなこと、じゃないよ。和ちゃんに振り向いてもらうためだもん」

和「……とりあえず私の上からどきなさい」

憂「駄目。そしたら和ちゃんは私のことなんて見てくれないもん」

憂「いつだってそう。和ちゃんの隣にはずっとお姉ちゃんがいて……いつもだって私の一歩前にいて……後ろから追いかける私のことなんて顧みてはくれなかった」

和「そんなことないわ。あなたのことはずっと大切に思ってきた。」

憂「『妹として』?」

和「……」

和(なるほど、なんか今日は様子がおかしいと思ったら……そこまで思いつめてたのね)

憂「ねえ、黙ってないで何か言ったら?」

和「そうね。愛してるわ、憂」

憂「へ?」

予想もしなかった言葉にぽかんとしていると、和ちゃんにいきなり抱き寄せられ、そしてくるりと体の上下をひっくり返される。

あまりの出来事に、頭の中が真っ白になる。

憂「え?えええ?ちょっと、和ちゃん、何を……」

和「あなたが悪いのよ?私だってこんなことされたら理性が吹っ飛んじゃうわよ。ちゃんとどきなさいって忠告はしたわ。それを聞かなかったのはあなたでしょう」

憂「そうじゃなくて!いやそれもだけど!さっき、愛してるって……」

和「そのままの意味よ」

憂「だ、だって和ちゃんはお姉ちゃんのことが好きなんじゃないの?」

和「誰がそんなこと言ったかしら?」

憂「だってさっき……」

和「否定しなければ肯定?世の中そうとは限らないわよ」

憂「じゃあ、和ちゃんがお姉ちゃんのこと好きっていうのはただの勘違い……?」

和「ええ」

憂「で、でもでも!妹みたいって言ってた!」

和「私は妹に恋をする。何か問題でも?」

憂「あ、あはは、そうだね……それは、なんとも、えーっと、その、私……」

和「赤くなっちゃって、可愛いわね」

憂「……和ちゃんのばかぁ!」カアッ

和「知ってるわよ、それくらい」

憂「違うもん!和ちゃんは賢くてかっこいいもん!」

和「馬鹿なんじゃなかったのかしら?」ニヤニヤ

憂「……もう!いじわる!」

和「そうよ、私はいじわるなの。だからこれから私が何をするか……わかるかしら?」

憂「え、えーっと……」

和「好きにしていいんだったわよね?」

憂「あはは、和ちゃん、落ち着いて、ね?」

言葉を続けようとした私の口を和ちゃんの唇がふさいだ。

柔らかな感触に一瞬我を忘れる。

触れていたのは少しだけだったはずなのに、私にはずいぶん長く感じられた。

和「はじめて、だった?」

恥ずかしさと驚きで声が出ないでいると、再び唇を奪われる。

自分で質問しておきながら、返事を待たずキスとは確かにいじわるだ。

でも、大好き。

最初のキスは驚きで何が何だか分からなかったけれど、今は幸福感につつまれている。

和「ぼーっとしてどうしたのかしら?いきなりキスは厭だった?」

憂「嫌じゃないけど……積極的でびっくりした」

和「いきなりあんなことしたあなたに言われる筋合いはないけど……私だってずっと我慢していたの」

和「私ね、親友の妹に恋をした自分が怖かった。この気持ちは捨てなきゃいけないんだって、ずっと思ってた。もし、この思いを伝えたら、三人の関係がダメになっちゃうんじゃないかって」

和「でも、こんなことなら、我慢しないで早く告白してればよかったわね。そうすれば、あなたを傷つけずに済んだのに」

憂「和ちゃん……」

和「ごめんなさい、あなたの気持ちに気がついてあげられなくて」

憂「謝ることなんてないよ」

さっきまでの強気な行動とは裏腹に、今は目を伏せる和ちゃんが愛しい。

和ちゃんの背中に腕をまわし、私からも強く抱きしめる。

そして、こちらからもキスをした。

憂「えへへ、大好きだよ」

和「いちいち可愛いわね、あなた。理性の箍がもう一段階外れたわ」

憂「……え?」

和「まさかキスで終わるとは思ってないわよね?夜は長いんだもの、楽しみましょう?」

和ちゃんはそう言うと、私の首筋に舌を這わせてくる。

初めての感触に思わず声が漏れた。

自分自身でも初めて聞く、恥ずかしい声。

ああ、長い夜になりそうだ。

私の声を聞いた時の、和ちゃんの楽しそうな顔を見ていると、そう覚らざるを得なかった。

和ちゃんはそのまま舌をつつ、と鎖骨へと這わせる。

思わず体がぴくりと動く。それを見て和ちゃんは満足そうに笑う。

鎖骨を舌でなぞりながら、手はシャツの下へと潜り込ませてくる。

脇腹から背中へ、指先で優しく触れていく。

くすぐったいような、何かおかしな感覚が背筋をぞわぞわと這い上がる。

異質な感覚に、思わずシーツをぎゅっと握りしめる。

すると和ちゃんは一旦手を離し、私の頭をゆっくりと撫でた。

和「怖い?」

怖くない、と言えば嘘になる。

でも、今感じる手の温もりは信じられる。

憂「……平気。和ちゃんとなら大丈夫」

私がそう言うと、何も言わずに和ちゃんは私の唇を奪う。

さっきとは違い、舌が私の口内へと入り込んできた。

舌と舌が触れ合い、唾液が混ざりあう。

くちゅくちゅというどこか淫卑な音が頭に直接響く。

それだけで気が遠くなりそう。

でも、和ちゃんは責めの手を緩めてはくれない。

顔を離すと、私の服を脱がせにかかる。

流石に下着姿になれば恥ずかしさが蘇ってくる。

和ちゃんの顔を直視できず、私はぎゅっと目を閉じる。

和ちゃんは片手で器用にブラを外すと、私の胸に触れた。

目を閉じてしまえばかえって触覚は敏感になる。

和ちゃんの指は焦らすように胸のラインをなぞる。

そして、私が小さく声を漏らすと、わざとなのか、音を立ててその先の突起へと吸いつく。

聴覚と触覚の両方を犯されて、声を漏らす頻度は増していった。

ひとしきりの愛撫が終わると、そのまま脇腹、そして臍へと舌を這わせる。

私の全身は敏感になっていて、和ちゃんの舌がとても熱く感じられた。

舌先はさらに私の下半身へと向かう。

太もも、ふくらはぎ、そして足の指の先まで丹念に愛撫される。

どこに触れられても声が出てしまう。

押し寄せる悦楽に耐えかねて体をよじる。

思考力が段々と低下しているところに、ついに和ちゃんは「そこ」へと手を伸ばした。

和「あら、もう染みになってるじゃない」

和ちゃんの挑発するような声。

恥ずかしさで顔から火が出そう。

下着の上からゆっくりと和ちゃんの指がなぞっていく。

自分の息が荒いのがはっきりとわかる。

時折洩れる声は、もはやそれとわかる嬌声となっていた。

それが自分の口から発せられているものと認めたくないほどに甘ったるく媚を含んだ声。

和「可愛い声ね。我慢しないで声を出したらどう?」

それでも、必死で声を堪えようとする。

それを見越したように、和ちゃんが指に力を入れる。

びくん、と体が跳ねる。

それと同時に、大きな声が出る。

和ちゃんは、最後の砦の下着も脱がせる。

そして、「そこ」に舌を這わせる。

私の愛液と和ちゃんの唾液が混ざり、淫猥な音が部屋に響く。

私はもう声を我慢することができなかった。

自分でも驚くほどの喘ぎ声。

和「意外と、憂ってこういうの好きだったりするのかしら?」

憂「そんなこと……ない……もん……」

和「ふうん、そう」

こともなげに返事をすると、ついに和ちゃんの指が私の中に入ってきた。

今までとは全く異質な感覚に、よくわからない声が出る。

何かを探すように私の中を撫でる指先。

それがある場所に触れたとき、私は初めての感覚を味わい、背中を思わず反らせた。

激しく反応した私の様子を見て、和ちゃんは満足そうな笑みを浮かべていることだろう。

指の動きがぴたりと止まり、代わりに和ちゃんが話しかけてくる。

和「ねえ憂、ちゃんと私を見て」

憂「うん……」

恥ずかしいけれど、目を開き、和ちゃんを見つめる。

和「嫌なら、やめるわよ?どうするの?」

そう言いながら、和ちゃんは笑っている。

憂「え……」

そうだ、もうやめてと言えばいいじゃないか。

私はこんなこと好きでやってるんじゃない。

和ちゃんに仕方なく付き合ってるだけだ。

憂「や、やめ……」

和「やめ、なにかしら?」

憂「やめ……」

ほら、本心を言えばいい。

憂「……やめないで」

ああ、どうして。

どうして、こんなことをもっとしてほしいなどと思ってしまったのだろう。

和「よくできました。いい子ね」

そう言って和ちゃんは私の頭を撫でた。

私はもう駄目だ。

こんなことをされて、いやらしい声を出して。

それなのに、和ちゃんが愛しくて仕方がない。

和「じゃあ、続けるわよ」

止まっていた指の動きが再開される。

まるで別の生き物のように私の中の弱いところを責め立てる。

頭がどうにかなりそうで、何かをつかんでいないと不安で和ちゃんに思いっきり抱きつく。

和ちゃんは苦しいかもしれないけれど、そうしていないとおかしくなってしまいそうだから。

指の動きが速くなり、私の口を衝いて出る声もより大きく、甘えたものになっていく。

そして、何かがこみ上げてくるような感覚。

背筋を電気が流れるような、そんな初めての快楽。

頭が真っ白になって、一瞬体が自分のものではないように感じられた。

そして、体中の力が一気に抜ける。

一気にどっと疲れが押し寄せてきた。

そんな私に、和ちゃんはキスをする。

今度は軽く触れるだけ。

とても優しい感触。

そして、今度は和ちゃんから抱きしめられる。

とっても温かくて、心地良い。

そのまま、母に抱かれ眠る子供のように、私の意識は夢の中へと沈んでいった。


― ― ― ― ― ― ― ―

唯「ただいまー」

憂「おかえりなさい、お姉ちゃん」

和「おかえりなさい」

唯「ただいまー…って和ちゃんなんでうちにいるの?」

和「あなたがいない間憂が寂しいって言うから泊ってたのよ」

唯「えぇ~ずるいずるい!私も和ちゃんとお泊まりしたかったのに!」

和「はいはい、また今度ね」

唯「絶対だよ!あれ、憂、首どうかしたの?赤くなってる……」

憂「え!?嘘!?」カアッ

唯「今度は顔が赤くなった」

和「今は夏だし、蚊にでも刺されたんじゃないかしら?」

憂「そ、そうだね!さっきから痒いと思ってたんだよねーあははー」アセアセ

和「さ、玄関で立ち話もなんだし、早く上がったらどうかしら?『お義姉ちゃん』」

唯「和ちゃんがお姉ちゃんだって。あはは、なにそれー」

和「笑いすぎよあなた。ちょっと憂の真似しただけじゃない」

和「まあ、将来の練習も兼ねてだけどね」ボソッ

唯「え、何か言った?」

和「何でもないわ」

唯「そっかー。あ、そうだ。アイスある?」

憂「もちろん。お姉ちゃんが帰ってきたときのためにちゃんと準備してあるよ」

唯「やったぁ!アイスーアイスー」

そう言って、お姉ちゃんは私と和ちゃんを玄関に残して居間へと駆け上がっていった。

お姉ちゃんの姿が見えなくなってから、このいじわるな恋人へ恨み事をぶつける。

憂「和ちゃんのバカ……見えるところはだめって言ったのに!」

和「見える所じゃなきゃ、付ける意味ないじゃない。それに、何でもって言ったのはあなたよ」

憂「うぅ……今日は髪下ろして過ごさなきゃ」

和「それも可愛くていいわね」

憂「もう、知らない!」プイ

和「ごめんなさい。拗ねないでよ」

憂「ふーんだ。和ちゃんなんて……」

和「私なんて、何かしら」

そう言いながら、和ちゃんはくい、と私の顔をそちらに向かせ、唇を重ねる。

こんなところでお姉ちゃんに見られたらどうするの、とか、続きを聞いてるくせに口をふさがれたら返事できないじゃん、とか色々考えたけど、結局は大人しく身を委ねることにした。

和「愛してるわ、憂」

本当に和ちゃんはいじわるだ。

このタイミングで、その笑顔。

憂「私もだよ、和ちゃん」



とってもいじわるで―――――でも、大好き。