唯「みんなは昨日恵方巻き食べた?」

梓「そう言えば昨日って節分でしたね」

律「あー、家は毎年食べないわ」

唯「そうなんだ?」

律「だって恵方巻きって黙って食べなきゃいけないんだろ?」

紬「そうねぇ」

律「やっぱ食卓ってのは賑やかじゃないと面白くないよ」

唯「澪ちゃんの家は食べた?」

澪「私も食べなかったよ」

唯「澪ちゃんの家もかー」

澪「うん。豆まきはしたけどね」

律「鬼の役は勿論澪だよなぁ!?」

澪「黙れ!」

唯「ムギちゃんは?」

紬「私は食べたよ!」

唯「おぉー。流石ムギちゃんだね」

梓「唯先輩は食べたんですか?」

唯「憂が作ってくれたよ~」

唯「で、昨日憂と恵方巻き食べてたんだけどね」

唯「エホーってどっちかなぁって話になったんだ」

律「そういえばどっちなんだろうな」

梓「年によってちょっとずつ違うらしいですよ」

唯「ムギちゃんは恵方を向いて食べた?」

紬「ううん。特に気にしないで頂いたわ」

澪「今年の恵方は確か……あっちの方じゃないの?」 ユビサシ


ガラッ


恵「澪たん!」

唯澪律紬梓「」


恵「ねえ澪たん今私の方を指差したでしょ!?」

澪「いや…えっちょっ……」

恵「ねえ澪たん澪たん!澪たんに呼ばれた気がして飛んできたんだよ!」

澪「恵方を指したんですけど……」

恵「だから恵の方をを指差したんでしょ!?澪たん!みおたん!みおたんたん!!」

澪「だから……」

唯律紬梓「」


律「え~っと、まずどうして曽我部さんがここにいるんですか?」

恵「だって澪たんが……」

澪「ひぃっ」

律「真面目に…お願いします」

恵「本当はお世話になった先生たちに会いに来たのよ」

恵「そしたら真鍋さんにばったり会っちゃって」

唯「和ちゃん最近学校に残って勉強してるもんね~」

恵「「軽音部の部室に行けばみんな居ますよ」なんて言うもんだからついつい来ちゃった」

澪(和ーっ!)

恵「そしたら澪たんが私を呼んでるんだもん」

澪「呼んでません!恵方巻きの話をしてただけです!」

恵「じゃあ私が澪たんに恵方巻き食べさせてあげる!」

澪「食べません!」

恵「澪たんは私の事好きじゃないの?」

澪「うっ」

唯「私は曽我部先輩好きー!」

紬「私もーっ」

律「私も!」

梓「私は殆ど関わりが無かったけど……」

恵「澪たんは?」

澪「私も……好きですけど……」

恵「キャーッ!!澪たんかわいいぃぃぃっ!澪たんこれから家においで!」 ギュッ

澪「いや、勉強するんで……」

恵「私が手取り足取り教えてあげるから」

律「どうぞ持ってってください」

澪「律ゥー!」


……

澪「お、お邪魔しまーす(本当に来てしまった……)」

恵「あ、今日家誰もいないの」

澪「は、はぁ。そうですか」

恵「あー。憧れの澪たんが我が家にやってくるなんて……」

澪「先輩が無理矢理連れてきたんですけどね」

恵「澪たん……。絶対N女子大合格してね」

澪「そのために勉強してたんですけどね」

恵「みーおたん!」 だきっ

澪「ひゃうっ!?」

恵「澪たんに抱き着いちゃったー!」

澪「はーなーしーてー」

恵「やだやだ!離れない。澪たん大好きなんだもん!」

澪「我がままを言わないでください」

恵「好きなんだもん!」

恵「好き……」

澪「やめっ」

恵「私の何が駄目なの!?」

澪「澪たんって呼ばないでください」

恵「じゃあみおみおって呼ぶ」

澪「普通に呼んでください」

恵「澪ちゃん」

澪「はいっ」

恵「プクク……『はいっ』だって……かわいい……」

澪「あ~~!もうっ!」

恵「私の彼女になって」

澪「無理です」

恵「嫌です。とは言わないのね」

澪「……」

恵「澪ちゃん大好き」 ぎゅっ

澪「ん……せんぱっホントに!」

恵「いい子いい子」 ナデナデ

澪「くっつきすぎですよぉ」

恵「澪ちゃん、あったかいんだもの」

澪「ううぅ……」

恵「ホントにかわいいなぁ」

ちゅっ

澪「んむっ!」

澪「あ……あ……」

恵「澪ちゃんに私のファーストキスあげちゃった」

澪「わっ私だって初めてだったのに!」

恵「お互いに初めてだったのね」

澪「先輩…いい加減やめましょうって」

恵「やだ。私澪ちゃん大好きだから」

恵「私のお嫁さんになって」

澪「さっきは彼女って言ってたのに……」

恵「彼女にならなってくれるのかしら?」

澪「なりませんよ……」

恵「酷いっ!」 すんすん

澪「あーっ泣かないでください!」

恵「」 すんすん

澪「彼女になりますから!なりますから泣き止んでください!」

恵「やったっ!」 けろっ

澪「う、嘘泣き……」

恵「これからよろしくね澪ちゃん」

澪「はぁ」

恵「澪ちゃん。好き」

澪「あ、ありがとう…ございます」

恵「澪ちゃんも私の事好きって言って」

澪「す、好きです……」

恵「誰の事が?」

澪「そ、曽我部先輩のことが」

恵「恵って呼んでくれないとやだ!」

澪「めっめぐみ先輩」

恵「『秋山澪は恵先輩のことが好きです』って言って」

澪「恥ずかしいです!」

恵「言ってくれなきゃ死ぬ!」

澪「ちょっ早まらないでください!言うから!言いますから!」

恵「はいどうぞ~」

澪「あ、ああ秋山澪はめ…恵先輩のことが……すすす好きです(こっちが恥ずかしくて死にたくなるよぉ!)」

恵「み~お~ちゃ~ん!」 ガバッ

澪「んんー」

澪「何するんですかっ!?」

恵「澪ちゃんとえっちなこと、したいな」

澪「駄目ですー!」

恵「えいっ」

ぷにっ

澪「だからそんなとこ……」

もみもみ

恵「やっぱり大きいのね~」

もみもみ

澪「先輩…!やめっ!」

恵「やわらか」

澪「ふああぁ……」

恵「暑くなってきちゃったわ、ね」

澪「は…はい」

恵「脱いじゃおっかな」

澪「ええぇ?それはちょっと!」

恵「いいじゃない。脱いじゃお?」

澪「はい……」

ぬぎぬぎ ぬぎぬぎ

澪「ってどこまで脱ぐ気ですか?」

恵「どこまで脱いでほしい?」

澪「またそんなことを……」

恵「澪ちゃん、私の胸見たい?」

澪「別に見たくないですよ」

恵「そう」 ションボリ

澪「あ、嘘です!見たいです!」

恵「しょうがないなぁ澪ちゃんは!」

ぬぎぬぎ

ぽろん

澪「わ……」

恵「ほらほら」

澪(意外と小さいんだな……)

恵「小さいって思った?」

澪「えぇーっ!?思ってないですっ」

恵「本当は?」

澪「ちょっとだけ……」

恵「小さい胸は嫌い?」

澪「そんなことないですよ」

恵「じゃあ、触って」

澪「だからそれはちょっと」

恵「お願い!」

澪「……分かりました」

澪「……触ります」

ぺたん

恵「もっと強く触っていいのよ?」

澪「強く…ですか」

恵「ほら、こう掌でがしっと」

澪「こ、こう?ですか」

ぎゅむっ

恵「ん……気持ちいい」

澪「…そうですか」

恵「あら、もうやめちゃうの?」

恵「もっと続けて」

澪「はい」

むぎゅ むぎゅ むぎゅ

恵「あっ。澪ちゃん……もっと!」

澪「恵先輩……」

恵「こっちの胸も、お願い」

澪「はい。気持ちいいですか?」

恵「きもちぃ。気持ちいいっ」

澪「私も…先輩の胸柔らかくて、気持ちいいです」

恵「はぁ…はぁ……澪ちゃん……」

澪「えーと、次はどうすれば」

恵「澪ちゃんの好きにして」

澪「好きにって、そんなこと言われても」

恵「お願い。澪ちゃんのやりたいように、ね」

澪「分かりました」

澪「ここ触っても…いいですよね?」

恵「ここって……」

澪「ここです」 ツン

恵「んっ!いい、乳首…いい!」

澪「先輩…かわいい…」

恵「摘まんで!引っ張って!くりくりして!」

澪「凄い…触るたびに先輩の体、ビクンってなる……」

恵「やっぱりベーシストって指がプニプニしてて…はぁ……気持ち、いいっ」

澪「先輩の、食べたい」

恵「うん。食べて」

澪「いただきます」 チュッ

恵「はぅっ」

澪「美味しい…先輩の乳首、ぷっくりしてて美味しい」 ちうーっ

恵「あ!吸っちゃっ!」

澪「ん…はぁ」 かぷっ

恵「あぁ…澪ちゃん……澪ちゃん!」

恵「はぁ……はぁ………」

澪「艶々光って、いやらしい……」

恵「も、もう!澪ちゃんの唾液じゃない?」

澪「そうでしたね」 チュパッ

恵「あ、またっ!?」

澪「先輩、好きです!」

恵「私も!好き!」

恵「澪ちゃん…私、いっぱい濡れちゃったわ」

澪「えっ。濡れちゃったって……」

恵「あそこが…」

澪「は、はあ」

恵「だから、お願い。最後まで、いい?」

澪「…分かりました」

恵「下も脱ぐから…澪ちゃんも、服脱いで」

澪「はい」


ぬぎぬぎ……


恵「澪ちゃんの裸とっても綺麗ね」

澪「恥ずかしいですよ」

恵「じゃ、いいかしら?」

澪「はい……上手くできるかどうか分かりませんが」

恵「ううん。私もよくわからないから……」

澪「じゃあ…行きますよ」

恵「んっ」

ぬぷっ

恵「痛っ!」

澪「あ、ごめんなさい!」

恵「あ、その、ごめんなさい。びっくりしちゃっただけなの……」

澪「そうですか……」

恵「もう、大丈夫だから」

澪「はい」

恵「ごめんね、もう一度お願い」

ぬぷっ

澪「もうちょっと、奥まで入れてもいいですか?」

恵「うん、お願い」

澪「はい」 ヌプ

恵「あっ!澪ちゃんの指ぃ……」

澪(先輩の中、あっつい…)

恵「澪ちゃん。指、動かしてみてくれる?」

澪「あっ、はい!こんな感じ……ですか?」

恵「あぅん」

澪「先輩?」

恵「はぅ…」

澪(気持ち良くなってくれてるのかな?だったらこのまま……)

ぬぷぬぷ

恵「あっ!あっ!あっ!」

澪「もっと気持ち良くなってくださいね」

恵「んんっ!」

恵「……澪ちゃん」

ぬぷぬぷ

澪「はい?」

ぬぷぬぷ

恵「好き」

ぬぷぬぷ

澪「私もです。恵先輩」

ぬぷぬぷ

恵「澪……ちゃ、あっ!何か!来る!」

澪「えっ」

恵「そのままっ!続けて!んっ」

恵「ぁぁぁああああ゛あ゛あ゛ーー!!」


~~

澪「先輩、大丈夫ですか?」

恵「あっ」

澪「先輩…あの後気絶しちゃうからびっくりしましたよ」

恵「あ……」

恵「服、着せてくれたのね」

澪「はい。あの、下着はその…汚れたから……」

恵「…なんかスースーするわ」

澪「先輩、何か飲みます?」

恵「あ、じゃあ冷蔵庫にあるもの適当に出してくれる?」

澪「はい」

恵「澪ちゃん?」

澪「なんですか?」

恵「好きよ」

澪「私もですよ」

澪「はい、どうぞ」

恵「ありがとう」

恵「ねえ澪ちゃん、これ、覚えてる?」

澪「え?色紙……?」

『めぐみへ みおたんより』

澪「うっ……」

恵「あのとき澪ちゃんに貰ったサイン」

澪「まだ取ってあったんですか……」

恵「ずっと取っておくわよ。澪たんがくれたんだもん」

澪「また澪たんって言った……」

恵「こうなったのも私が澪ちゃんにストーキング行為してたからなのよね」

澪「あの時は本当に怖かったんですよ!危ない人に狙われてるのかと思って……」

澪(本当に危ない人だったけど)

恵「ごめんね」

澪「もういいですけど」

恵「澪ちゃん?」

澪「はい?」

恵「好き」

澪「何度目ですか?」

恵「何度でも言うわ」

澪「じゃあ私も何度でも言います」

澪恵「好き」






唯「澪ちゃん今頃何してるかな?」

梓「曽我部先輩と一生懸命お勉強してるんじゃないですか?」

紬「私たちも澪ちゃんに負けないように頑張らないと!」

律「おわり」