律「これでも計画だ何だ言ってられるのか…?」

律「澪が毎日こんな目に遭ってるのに…澪は何にも悪くないのに…」

律「………殺してやる」

唯「えっ」

紬「そ、そんなことしたって澪ちゃんは喜ばないわ」

律「じゃあどうしろっていうんだよ!!!」

紬「それは…」

唯「………」

律「アイツが消えれば全部済む話じゃないか!そうだろ!?」

紬「………」

律「…こうしてる間にも澪はひどい目に遭わされてるんだ」

律「………私がやらなきゃ」

唯「待ってりっちゃん!」

律「なんだよ、まだ何かあんのか!?」

唯「私も行く」



~秋山家~

カシャッ

澪「…ぁ……ぅ、ぁ……」ビクッビクッ

さわ子「りっちゃんに送信っと…ちょっとやりすぎちゃったかしら?」

さわ子「まぁやりすぎくらいがちょうどいいっていうものね♪」

さわ子「あら?もうこんな時間!ダーリンをお出迎えしなくっちゃ!」

さわ子「じゃあね澪、もしダーリンとの時間を邪魔したら…」

さわ子「…わかってるわね?」

澪「……ぅ…」コクリ

さわ子「ふふっ♪いい子の澪は引っ越し先でもーっと可愛がってあげる♪」

さわ子「夕飯何作ろうかしら?」ガチャッ バタン

澪(……これでよかったんだ…これで…)

澪(みんなが幸せなら…私はどうなったっていい…)

澪(…ありがと、嬉しかったよ…ごめんな…)

澪「……り、つ…」

ガラガラガラ…

さわ子「帰ってきたみたい♪はいはーい!」

さわ子「おかえりなさ……あら、りっちゃんじゃない…それに唯ちゃんも」

唯「………」

律「…澪はどこだ」

さわ子「部屋で寝てるわ、ちょっと疲れちゃったみたいね」

さわ子「何しに来たの?挨拶ならもうしたでしょ?」

律「澪を返せ…」

さわ子「あら?おかしいわね、澪ちゃんは自分の意思で帰ってきたのよ?」

さわ子「無理矢理奪い返したところでまた戻ってくるわ」

律「…っ」ギリ

唯「さわちゃん、なんで澪ちゃんに意地悪するの?」

さわ子「…人は誰しも自分の幸せを願うものよ」

さわ子「私は今まで得られなかった分を取り返そうとしてるだけ」

唯「じゃあさわちゃんの幸せって何なの?」

さわ子「女として生きることよ」

さわ子「結婚して幸せな家庭を築きたい…それが私の夢だった」

さわ子「待ちに待って、待ち続けて…ようやくダーリンに巡り会えたの…」

さわ子「ダーリンはまさしく探し求めていた人よ…子持ちって事を除けばね」

さわ子「ま、幸せのためなら障害なんて叩き潰してしまえばいいわ」

律「ふざけんなぁ!!!」バッ

さわ子「おっと」ヒョイ ガスッ

律「ぐっ…」

唯「りっちゃん!」

さわ子「危ないじゃない、それにカッターは人を切るものじゃないのよ」

さわ子「これは没収ね♪」ポイ

律「くっ…ちくしょー!」バッ

さわ子「危ないって言ってるじゃない」ヒョイ

ドスッ

律「か、は…っ」ガクッ

さわ子「何度やっても無駄よりっちゃん」

律「う…ぐっ……澪ぉ…」ポロポロ

唯「りっちゃん…」

さわ子「この行動は、澪ちゃんの写真を公開してもいいってことよね?」カチカチ

律「や、やめろ!!」

さわ子「今更やめるわけないでしょ?先生今すごーく怒ってるんだから」カチカチ

唯「……っ」ダッ

ドンッ

さわ子「きゃあ!」バタッ

さわ子「…そうだったわ、唯ちゃんもいたのね」

唯「はーっ、はーっ」

さわ子「いいわ、唯ちゃんも可愛がってあげ…」ガクッ

さわ子「!…何よこれ」ドクドク

唯「はー、はー…」カタカタ

律「…唯…お前…!」

さわ子「やっと…やっと、幸せが掴めたっていうのに…っ」

さわ子「どうして、みんな、邪魔、する、の…よ…」バタッ

唯「…ぁ……あぁぁ………」ガタガタ

律「唯…なんでお前が…お前は関係ないだろ…?」

唯「か、関係なくなんかないよぉ…大事な仲間だよ…りっちゃん…」ガタガタ

唯「そ、それに、さわちゃんにメールしちゃったの私だし…」ガタガタ

唯「何も知らないでりっちゃんのこと止めちゃったのも…」ガタガタ

唯「だから…だから…」ガタガタ

律「…バカやろー…バカやろー!」ガシッ

律「お前はほんとにバカだ…大バカやろーだ!」ポロポロ

唯「りっちゃん…澪ちゃんのとこ行かなきゃ…」

律「行けるかよ…お前のことおいてなんて…無理だ…」ギュッ

唯「大丈夫だよぉ…だから早く行ってあげて…」



ガラガラガラ…

律・唯「!」

紬「…ごめんなさい、遅かったみたいね」

律「ムギ…」

唯「ムギ、ちゃん…」ガタガタ

紬「…唯ちゃんが…やったのね…?」

唯「………」ガタガタ

紬「…そう…」

律「唯は悪くないんだ!私がしくじったからっ」

紬「唯ちゃんを責めるつもりはないわ…もちろん、りっちゃんのことも…」

唯「…ムギちゃぁん…」

紬「唯ちゃん…大丈夫…今度は私が唯ちゃんを守るわ…」ギュッ

唯「っ、うぅっ、うぅぅっ、っ、ムギちゃあんっ!」ボロボロ

紬「よしよし…りっちゃん、澪ちゃんのところへ行ってあげて」

律「でも、唯が…」

紬「唯ちゃんは私に任せて」

律「………ムギ、ごめん…頼んだ!」ダッ



唯「うぅぅ…っ、ヒック…」

紬「よしよし…」

唯「…ムギちゃん…」

紬「…少しは落ち着いた?」

唯「あの、ね、ヒック、うぃ、憂に、ね、ヒック」

紬「うん、憂ちゃんに?」

唯「ごめん、ね、って、伝えっ、ヒック」

紬「…残念だけど、それはできないわ」

唯「え…っ、なんで…?」

紬「唯ちゃんは私と一緒に逃げるのよ、北海道にね」

律「澪!」

澪「………」

律「澪…?」

澪「………」

律「………」ソロリソロリ

律「………」ジーッ

律「………フジツボ」

澪「ひいぃぃぃ!!!」

澪「って…律!?なんで…」

律「許さないって言ったろ?」

澪「そんな、でも…」

律「…さわちゃんならもういないよ」

澪「い、いないって…まさか!」

律「まぁ細かいことは気にすんな!とりあえず服着ろ!」

澪「!…っ」カァァァ

律「…なぁ、澪」

澪「……なに」モゾモゾ

律「幸せになるために誰かを犠牲にするのって…おかしいよな…」

澪「いきなり何だ…?」

律「…どう思う?」

澪「…私は、その誰かが幸せになるために…自分から犠牲になった」

澪「そうしないと得られない幸せだってあると思う…」

律「そっか…」

澪「自分がどれだけ苦しんでも、誰かが幸せなら…それでいいと思ったから」

律「…お前が苦しんでるのを見て私は幸せなんか感じなかったぞ」

澪「………」

律「むしろ不幸せだったな…だから…」

律「……みんながみんな、幸せになる方法ってないのかな…」

澪「…難しいんじゃないか」

律「そっか…」

澪「………」

律「………」

澪「…でも、さ」

澪「誰かを幸せな気分にすることなら、私たちにだってできるよな?」

律「……?」

澪「私たちも幸せな気分になる…バンドってそういうもんだろ?」

律「!」

澪「難しく考えようとするからダメなんだよ、律は」ニコ

律「澪…そうだな、そうだよな…よーし決めたー!」

澪「き、急に大声を出すな!」

律「本物の武道館に行くまで、澪のこと許さないぞ!」

澪「はぁ!?なんでそうなるんだ!」

律「なんでもだー!ハッハッハッハ」






律「………という夢を見たのだ!」

澪「いやいや」



おしまい