ガチャ

律「おーいみんな。ご飯作ったから食べてけよ~」

唯「りっぢゃぁ゛ぁ゛ん!」ガバッ


律「うわっ。な、なんだよ」

唯「軽音部やめちゃやだぁぁあ!」ビエーン


律「はぁ?どうしたんだよ」

唯「律ちゃん彼氏について行っちゃうんでしょ」シクシク

律「か、彼氏?いませんけど…」

唯「だってあそこに手編みの…」

律「へ」

梓「…」つマフラー

律「あ!それは…」

唯「律ちゃんの手編みだよね」

律「そうだけど…」

唯「誰かにプレゼントするんでしょ?」

律「い、いやプレゼントしようと思ったけどもうやめたんだよ」

澪「誰にだ?」

律「誰って…///」チラ

唯「やっぱり彼氏に…」

律「だから居ないって!」

梓「片思いの人とか」

律「違う…のか?違わないような気も…」

澪「」ガーン

唯「誰にあげるの?」

律「だからあげようと思っただけでもうやめたんだって」

梓「気になります!」

律「い、いいだろもう」

紬「律ちゃん」ニヤリ

律「」ビクッ

紬「誰にあげるのつもりだったの?」

律「だから…」

紬「 律 ち ゃ ん ? 」ニコニコ

律「う…」

唯澪梓「」ジー

律「その…」

律「………」

律「……ぉにあげようかと」

唯「え?」

律「み、澪にあげようかなって…///」モジモジ

澪「!」

紬 キテマシタワー

梓「澪先輩に…?」

澪「…///」

唯「片思い…?」

律「い、いやそうじゃなくて」アセアセ

律「澪がちょっと前にお気に入りのマフラーが無くなったって言ってたから…」

律「な、なんとなくプレゼントとしようかなって…」

唯「なんでやめちゃったの?」

律「澪がお気に入り見つかったって喜んでたし…」

澪(それで落ち込んでたのか)

律「それにほら。私が作ったやつ色もあんま良くないし…なんか歪んでるだろ?」

唯「そうかなぁ」

律「お気に入りのが見つかったし私のはもういいかなって…」

梓「それで未完成なんですね」

紬「澪ちゃん。律ちゃんに言うことあるんじゃない?」ボソボソ

澪「…」

澪「律!」

律「ん…」

澪「ごめんな律。そこまで作ってくれてたのに、私…」

律「澪が悪い訳じゃないよ…私が黙って勝手にやってんだしさ」

澪「だけど…」

律「いいんだ。それにさ…私のはもういいだろ?お気に入りがあるんだし」

澪「そんなこと…」

律「変だしさ…私の」

澪「そんなことない!」

律「澪…」

澪「律がまだ私にプレゼントしてくれるってゆう気持ちがあるなら…」

澪「私律のが欲しい」

律「…私のでいいの?」

澪「律のじゃなきゃヤダ」

律「ホントに?」

澪「ホント」

律「そ、それじゃあプレゼントしちゃおっかな…」

澪「頼むよ律」

律「わかった///」

唯梓紬「ほ~」

唯「いいないいな~私も欲しいよ~」

律「唯も?」

澪「ダメだ!」

唯「えぇっ」

澪「マフラーは私だけに作ってくれ」

律「澪だけに?」

澪「ああ」

律「しょ、しょうがないなぁ…///」

澪「ふふ」

唯「熱い…熱いよあずにゃん」

梓「はい…」

紬「あらあらあらあら」

唯「あ!そういえば律ちゃんご飯がどうとか言ってなかった?」

律「ん。あぁご飯作ったから食べてって貰おうかと」

梓「いいんですか?」

律「おう」

唯「わーい!速くいこー」バタバタ

梓「走るとあぶないですよ!」

律「澪とムギも行こうぜ」

澪「ああ」

紬「はーい」

~~~

唯「ふぃー」

紬「おいしかったわ~

梓「料理できるんですね」

律「私ぐらいになれば大体のことはできるのさー」

唯「料理ができて手編みの物までできるなんていいお嫁さんになれるよ~」

律「それだけで?」

紬「機械系が苦手みたいだし澪ちゃんと結婚すれば丁度いいんじゃないかしら?」

律「んん!?」

澪「いいかもな」

律「はぁ?///」

澪「冗談だよ冗談」

律「な、なんだよもー///」

澪「ふふ」

紬(澪ちゃんったら律ちゃんに恋人がいなかったから嬉しくなってるのね~)

澪「…ん。そろそろ帰るか」

唯「えーもう?」

澪「あんまり遅くなると危ないからな」

唯「ほーい…」

~~~

帰り 玄関

唯「ありがとー律ちゃん」

梓「ごちそうさまです。律先輩」

律「うむ!」

紬「いろいろごちそうさま律ちゃん」

律「うむ?」

澪「おいしかったよ律」

律「おう。あ、後で持って行くから。マフラー」

澪「ん。わかった。待ってるよ」

唯「律ちゃんバイバーイ」フリフリ

律「またな。帰り気をつけろよ~」

梓「はい。またです」

紬「またね~」

ピシャ

律「…よっし」

トントントン

ガチャ

律「やるかー」

律「…」

律「それにしても…」ポフ

紬『澪ちゃんと結婚すれば~』

澪『いいかもな』

律「…」

律「あんな事言うやつだったっけ///」バタバタ

律「…」

律「…」ゴソゴソ

つマフラー

律「放置しててすいません」ペコリ

律「…いざ!」

律「うおー」チクチクチクチク



~~~

律「出来た…」ピラ

律「やっぱでかくね?」

律「…」ジー

律「…持ってこっと」

~~~


みおんち

律「う~ん…やっぱちょっと恥ずかしいな」

律「…」

律「えぇい」

ピンポーン

…ガチャ

澪「あ、律…」

律「お、おっす」

澪「…」

律「えーと…///」モジモジ

律「プ、プレゼントです!」パッ

澪「…」ジー

澪「ありがとう律」

律「いえいえ」

澪「大事にするから」ギュー

律「まぁ…そんなにしなくても」

澪「ずーっと大事にするから」

律「そ、そっか///」

澪「うん」

律(なんかイメージと全然違うぞ!私の方が照れてるし///)

澪「♪」ギュー

律(恥ずい///)

律「そ、そろそろ帰ろっかな~…」

澪「もう?」

律「うん」

澪「じゃあ送ってくよ」

律「え?いいよ寒いし」

澪「マフラーあるだろ」

律「一個しかないし…」

澪「一緒に巻けばいいだろ」グイッ

律「ちょ…」

澪「ほら」クルクル

律「え…あ…///」

澪「行こう?」

律「は、はい」

~~~

澪「…」ニコニコ

律(恥ずかしー///けどなんか喜んでくれてるしいいか)

澪「こうゆう巻き方、恋人みたいだな」

律「えぇ?///」

澪「冗談」

律「な///なんか変だぞ今日の澪…」

澪「そう?」

律「変!」

澪「律がプレゼントくれたからかな」

律「そ、そうか///」

澪「うん」

律「///」テクテク

澪「…」テクテク

澪「手繋ごっか」

律「…冗談はもういいって」

澪「ん」ギュ

律「あ…」

澪「~♪」ギュ

律(くそー///)

~~~

りつんち

澪「ついちゃったな」

律「ん…」

澪「手放すぞ?」

律「ど、どうぞ」

パッ

律「…そ、それじゃあまた明日な」

澪「…律」バッ

律「わっ」

澪「…」ギュー

律「ちょ///」

澪「マフラーありがとな」ギュー

律「い、いいって」

澪「ん…」ギュー

律「///」

澪「…じゃ、またな」ナデナデ

律「あぁ///」

~~~

ピシャ

律「なんだよ澪のやつ。いきなり抱きついてきて…」

律「…」

律「ぐむむ///」バタバタ

律「…まぁたまにはあんなのもいいか。たまには」

律「…」

律「…///」ポッ

ジャー

聡「…玄関で何ニヤニヤしてんだよ。姉ちゃん」

律「うるせー///」ポカ

聡「いてっ」

~~~


よくあさ

律「…」ジー

律「…今日はこれで行くか」

律「…ゴー」

~~~

律「…」テクテク

律「おはよう澪」

澪「おはよう」E手編みマフラー

律「…つけてくれてるんだな。マフラー」

澪「当たり前だろ。宝物だからな」

律「そうですか///」

澪「あれ?律はマフラーどうしたんだ?」

律「へ?あぁ忘れちゃったかな~なんて…」

澪「…」

澪「…しょうがないやつだな。ほらこっちこいよ」

律「…ん」

澪「…」クルクル

律「…///」

澪「いこっか」

律「うん」テクテク

澪「…」テクテク

澪「手繋ぐ?」

律「…繋ぐ」

澪「…」ギュ

律「…」ギュ

澪「…恋人みたいだな」

律「…そうだな///」

澪「…」

律「…///」

律澪 ギュー



おわり



戻る
作者別 ※小ネタです