梓「なにその計画」

憂「あずにゃんを調教して……ねこにゃんダンスを踊らせるつもりだったのに……」

梓「ふぅ~ん? ま、残念だったね」

憂「……なにか、なにか手は」

梓「唯わん離さないでね。しっかりおさえてて」

唯「わんわん!」

憂「お姉ちゃん……はっ!! そうだ!!」

梓「……つっけちゃうよ~、憂わん憂わん~」ワキワキ

憂「……お姉ちゃん。ふぅ~」

唯「わふっ!!? わふうううう!!!?」

梓「ん?」

唯「……」

憂「…………クス」

梓「?」

憂「まずは離してお姉ちゃん」

唯「わん」スス

梓「なっ!! 唯わん!! なんで命令に背いてるの!!」

憂「そして梓ちゃんにのしかかり」

唯「わ~ん!」ピョン

ズシン

梓「重っ、にゃあああ!! どうしてどうして!! 私はご主人様だよ!!」   

憂「クスクス……つめが甘かったね梓ちゃん、いやあずにゃん」

唯「くぅ~ん、くぅ~ん!」

梓「ッ!! 唯わん!! 憂をつかまえるんだよ! 私じゃない!!」

唯「わぅうう!! ぐるるる!」

梓「なんで言う事をきかないの!!!  ねぇ!!」

憂「体が思い出したんだよ。本当のご主人様をね……ッ!!」

梓「なっ!! にいい!!!!」 

唯「わ~ん♪」


憂「ふふ、どう? 飼い犬に組み敷かれるダメ主人の気分は」

梓「むぐ、むぐぐ……!!! あああああ!! はなせ~!!」

唯「がぶがぶ」

梓「にゃああ!!」

憂「お姉ちゃん。あずにゃんのその耳あてを外して」

唯「わん!」ガサゴソ

梓「ひゃ、だめぇ! ……これがないと……これがないとあああぅ!!」

憂「……あずにゃん。思い出すんだよ。誰がほんとのご主人様か」

梓「ノー!! 許してつかあさい!!」

憂「悪ふざけが過ぎたね? でも許してあげる。私は優しい優しいご主人様だから」

梓「あわわわわわ」

憂「クスクス……調教はちょっと厳しいけどね?」

梓「にゃああああ!! 嫌だああああ!!」

憂「いくよ? 3、2、1、 ふぅ~♪」

梓「ふにゃあああああああ!!!?」


……


唯「ん~おいし~、やっぱり憂のご飯は世界一だよ~」

憂「えへへ、ありがとっ!」

唯「あずにゃんもいっぱい食べてね~」

梓「にゃーにゃー」

憂「は~、でもやっぱり首輪は必須だね。これだけでこんなにおとなしくなるんだもん」

唯「うんうん、やっぱり首輪しないとしっくりこないよねあずにゃんは」

梓「にゃご」

憂「あーでも良かったー。これでやっと平穏な生活になるよ」

梓「にゃー♪」

憂「ね? この後買物いっていい? 首輪してるしもうふたりきりでも大丈夫だよね?」

唯「うん、さっきみたいなことにはならないよ」

梓「にゃー」

憂「うん!」

梓「にゃ~」

唯「えー食べさせてほしいの? もーあずにゃん甘えすぎー」

憂「あははっ行儀わるいよ~」

唯「憂ー、ついでにさー、たい焼きとアイスがあったら買ってきてー」

憂「わかった。仲良くまっててね」

唯「あ、そうだ。私たち外にお散歩いってくるよ」

憂「そう? わかった。鍵もっていってね」

唯「了解です。ごちそうさま!」

梓「にゃ~」

憂「お粗末さまでした」

唯「よし、早速いこうよ!」

梓「にゃー」

唯「そうだ外行くときは首輪と猫耳はずしてあげないとね」カチャカチャ

梓「にゃー」

唯「……はい、とれたよ」

梓「どもです」

唯「やっぱり普通のあずにゃんも可愛いねぇ」

梓「そ、そうですか?」

憂「ふふ、いってらっしゃい」

唯「いってきま~す」

梓「いってくるね。あ、ごちそうさま!」

憂「えへへ」


……


テクテク

唯「ねーあずにゃん」

梓「なんですか?」

唯「手つながない?」

梓「飼猫と手つなぐんですか?」

唯「いまは普通のあずにゃんだよー。ね?」

梓「普通のあずにゃんとなら手つなぐんですか?」

唯「え?」

梓「いえ、なんだかそれって……普通じゃないような気がして」

唯「ん~……あっ、う、うん。そっか」

梓「手をつなぐといったら、やっぱりそれなりの関係じゃないと……」

唯「……あのさ、私たちって……どうなのかな」

梓「そうですね、なんか最近ベタベタしすぎたせいで距離感がわからなくなってます」

唯「か、かもねー、あはは……」

梓「……唯先輩」

唯「?」

梓「平沢あずにゃんじゃなくても……ただの中野梓でも、甘えていいんですかね」

唯「えっ?」

梓「……い、いえなんでも……ないです」

唯「……ふふ……もちろんだよ……あずにゃん」

梓「だ、だからなんでもないですって!! 忘れてくださいっ」  

唯「…………」

梓「…………あの」

唯「ねぇ、やっぱり手つなご?」

梓「え? だからそれは……それなりの関係以上で……あっ」

唯「うん。だから手つなご?」

梓「い、いいんですか?」

唯「うん。手つなぎたい」

梓「わ、わかりました……そういうことなら」

ギュ

唯「わぁ、あったかいね?」

梓「そうですね……」

唯「あずにゃん。もうあの首輪、いらないよね?」

梓「で、でも……私、まだそんなに素直になれません」

唯「恥ずかしがらなくてもいいんだよ。だっていまこういう関係なんだから」ギュウ

梓「わ、私は唯先輩とは違いますから!」

唯「うん、じゃあこの生活が終わるまでには……」

梓「が、がんばって甘えてみせます」

唯「いや、いいけどね」

梓「え?」

唯「そうやって照れながらオズオズしてるあずにゃんもあずにゃんの魅力のひとつだし」

梓「そ、そうなんですか?」

唯「どんなあずにゃんでも可愛いよ」

梓「可愛い可愛い言わないでください」

唯「顔まっか~」

梓「馬鹿にしてるんですか!」

唯「あははー怒ったー」

梓「もうっ!!」

唯「あずにゃ~ん」ガバッ

梓「うにゃあ! やめてくださいこんなとこで」

唯「じゃあどこならいいの~? あー家? おっけー、じゃー帰ろー」

梓「ち、ちがっそういう意味じゃなくて」

唯「大好きだよ~あずにゃん。首輪なんてなくてもずっと側にいてね~」

梓「いますけど。もし唯先輩が節度のないことをするなら愛想つかしますからねっ!!」

唯「えぇ~じゃあ私もがんばる~」

梓「がんばってください……特に雰囲気づくりとか」

唯「ほぇ~?」

梓「私が甘えられないのは、ある意味唯先輩のせいなんですから!!」

唯「それはなんか違う……」

梓「そうなんですって!! さぁ、もう帰りますよ!」

唯「あずにゃ~ん……」


……


憂「ふーんそっか」

唯「ごめんねういー、おっきい猫さん逃げちゃったーもう帰って来ないかも」

憂「うん、で今日からはそっちの猫さんがうちで暮らすの?」

唯「うん! 猫じゃないけどね。普通のあずにゃん!!」

梓「なんかその言い方ヤです。しょぼいみたいで」

憂「梓ちゃん。いらっしゃい」

梓「うん。お世話になります」

唯「さぁ、あずにゃん私の部屋行こ?」

憂「ところで、ねーお姉ちゃん。普通の梓ちゃんなんでしょ? どうしてずっと手つないでるの?」

梓「!! あーそれは……その」

唯「へへん。もう関係はノーマルじゃないからかな?」

梓「ちょっとぉ! 誤解させるような言い方やめてください! ほんの少し進んだだけです!」

唯「てへ~、今晩でいっきに進むかもねぇ!?」

梓「え? そ、それは……わかりません……ね?」

憂「ふふっ、ごっゆくり~」





                                         デデン

                                         〈 ̄ヽ
                                   ,、____|  |____,、
                                  〈  _________ ヽ,
                                   | |             | |
                                   ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
                                      ,、二二二二二_、
                                     〈__  _  __〉
                                        |  |  |  |
                                       / /  |  |    |\
                                   ___/ /  |  |___| ヽ
                                   \__/   ヽ_____)