梓(なんか嫌な予感がする)

梓(てかいつもどおりな感じで来ても良かったんじゃん)

梓(なにやってるんだろう私)

梓(はやく荷物おいて、この邪魔くさい耳と尻尾外したい)


……


唯「ほい、ここが部屋ね。ってしってるか」

梓「お邪魔しますー、ふー疲れた、猫の真似は大変ですね」

唯「いっぱいくつろいでいいよー」

梓「はい、これからお世話になります唯先輩」

唯「あ、その前に」

梓「はい?」

唯「服脱いで」

梓「……? あ、そっか私服に着替えましょうか」

唯「ちがう。脱いで。すっぽんぽんだよ」

梓「え?」

唯「え? 猫さんが服きるの?」

梓「はい?」

唯「そんなのおかしいよ。さぁ脱いで~♪」

梓「なっなんでですか!」

唯「猫は人間の言葉をしゃべるの? それもおかしいよ」

梓「ね、猫って……ごっこ遊びでしょ!?」

唯「……ん? 平沢あずにゃんになったんでしょ?」

梓「だからそれは憂をなんとかするためっていうか、ちょっとした悪戯心で」

唯「……ん? いやいや、平沢あずにゃんは平沢あずにゃんだよ。猫だよ」

梓「ちょ、ちょっと唯先輩……なんですかそのマジな目は」

唯「うふふ、うれしいなぁ。私一度猫飼ってみたかったんだー。にゃーん♪」

梓「……あんなの軽い冗談ですってばぁ」

唯「むぐぐ、わかってるよー。だからさ、ごっこ遊びでいいからちょっとだけ、ね?」

梓「で、でも裸はさすがに……やりすぎじゃ」

唯「じー」

梓「うっ……」

唯「あずにゃんがいい子ならたくさん可愛がっちゃうよ? 愛猫だもん」

梓「……ゴク……抱っことか……?」

唯「そんな程度じゃないよ。もっともっと良い事してあげる」

梓「にゃふっ!? もしかしてひざまくら……!?」

唯「可愛い私のあずにゃん」サワサワ

梓「にゃ……」

唯「さぁ、この可愛い首輪をつけようねあずにゃん」

梓「な、なんですかそれ……てかどこからっ」

唯「飼猫は首輪つけないと。ね? 当然でしょ?」

梓「じ、じゃあそれつけるんで服は勘弁してくださいよ……さすがに恥ずかしいんで」

唯「ま、とりあえずつけてみ。可愛いよ。ほれ」

梓「は、はい……」

カチャリ

唯「ほい! これで完全にうちの猫だよ。平沢あずにゃん!」

唯「名前書いとこうね。『あずにゃん』っと! ふふふ、よしよしよしよし」

梓「にゃ、にゃあ……」

唯「さぁて次は服かな~むふふふ」

梓「!!? にゃにゃー! にゃーにゃー!」

梓(あ、あれ……? にゃあしか喋れない……え? なんで?)

梓「にゃにゃー!!?」

梓(嘘ぉ! ほんとにしゃべれない、ちょ、これは……)

唯「でも大丈夫だよ。首のトコにハイテクなバイリンガルがついてるからね」

梓「にゃおおお……」

唯「いまのあずにゃんの気持ちはちゃんとわかるよ」

梓「にゃあ……」

唯「ま、私はもともとあずにゃん語がわかるから、これはどっちかっていうと憂用かな」

梓「にゃああにゃあああ!!」

梓(早く外してください!)

唯「なになにー」


 【早く脱がしてください】


唯「ほら見て、私の端末にこうやって表示されるんだよ」

梓「にゃにゃにゃー!!?」

唯「へぇーやっぱ脱がしてほしいんだ。そうだよね猫に服着せるなんてある意味虐待だよ」

梓「にゃー! にゃーっ!!」

梓(こんなの聞いてないです!)


 【こんなの着てないです!】


唯「だよねだよね! はい脱ぎ脱ぎ~」

スルスル 

梓「うにゃあ……」

唯「大丈夫だよ。お外にでるときはちゃんと服きせてあげるから」

梓「にゃあ……」

唯「それにいっぱいいっぱい可愛がってあげるからねーあずにゃん」

梓「にゃおお……」

梓(それはうれしいけど……ま、一ヶ月だけだしいいのかな。本気で嫌になったら逃げればいいし)

唯「えへぇ~私とあずにゃんの生活がこれから始まる! わーい」

梓「にゃ、にゃー……」

梓(それに、なんか楽しそうだし……唯先輩が喜ぶなら……うん、新手の、プ、プレイだと思って……頑張ろっ)



……



憂「ふーん、それですっぽんぽんなんだ。私結構どん引きしてるけど」

梓「にゃ……にゃああ……」

梓(なんかあっという間に慣れた。自宅裸族って結構いるもんね、それだと思えば余裕余裕)

唯「ね? 可愛いでしょ? 尻尾はなくなっちゃったけど」

憂「う……うん! お姉ちゃんがそう言うならきっとそう! ほらおいでー」

梓「にゃうー……」ストン

梓(憂のひざの上もあったかいなぁ)

唯「あ、見て見て憂」


 【なでなでしてほしい】


憂「へぇーバウリンガルもあるんだ! なんだか懐かしいね」

梓「にゃご」

唯「あずにゃんなでなでーなでなでー!」

梓「にゃっにゃっ!」

梓(ご主人様になでられて嬉しいです! きもちいです!)

憂「あーずにゃん、ほらこれ食べていいよー。クッキー焼いたの」

梓「ふにゃあ」モグモグ

梓(あ、やばい……なんか幸せー)

唯「……」

憂「……」

梓「にゃぁ……にゃあ……」

梓(ご主人様……もっとしてほしいなぁ……)


 【もっとしてほしい】


唯「おぉう、あずにゃん発情してるね」

憂「なでなでなんかじゃなくて、もっと先のことをしてほしいんだよね? ねぇお姉ちゃん!?」

唯「なんか憂のほうが発情してる……」

憂「なんかね、梓ちゃんの可愛さに気付いちゃったよ」

唯「あずにゃんはもともと可愛いよ?」

梓「にゃあん……」

憂「うざカワっていうのかな。さっきまでずっとそんな感じに思ってたけど、いまはホントに猫みたいで可愛い!」

梓「にゃふー」

唯「でしょ?」

憂「お姉ちゃんが梓ちゃん一筋な理由もなんとなくわかったよ」

唯「あずにゃんは渡しませーん!」

梓「にゃあ!」

憂「でもいまは平沢あずにゃんだよ! だから私も!!」

唯「しょうがないな~」

梓「にゃにゃあ!?」

憂「私もあずにゃんを愛でたい!」

唯「おっけー、二人で可愛がろうよ」

梓「にゃうん」

唯「えへ、えへへへっ、しちゃうぞーあずにゃん」

憂「えへへ、お姉ちゃんちょっと笑い方気持ち悪い、えへへ」

唯「憂もおかしいよーえへへへへ」

梓「にゃお……?」

梓(あれ、さっきから私なんか変……あれれ……私って何だっけ。猫? ん?)

唯「あずにゃ~ん♪」

憂「あーずにゃん♪」

梓「にゃあ」

梓(そうだ……私はあずにゃん……あずにゃん……)

唯「あずにゃ~ん♪」スリスリ

憂「あーずにゃん♪」スリスリ 

梓(うん、平沢家の猫、平沢あずにゃん)

唯「えへへっへへへ、もちもちすべすべですなー」

憂「ふにふにしてるー可愛い可愛い可愛い!」

梓(この人たちがご主人様……あぁ幸せ……)


第一話「平沢あずにゃん誕生!」



                                         〈 ̄ヽ
                                   ,、____|  |____,、
                                  〈  _________ ヽ,
                                   | |             | |
                                   ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
                                      ,、二二二二二_、
                                     〈__  _  __〉
                                        |  |  |  |
                                       / /  |  |    |\
                                   ___/ /  |  |___| ヽ
                                   \__/   ヽ_____)



3