梓「にゃご……」

唯「ちょ、あずにゃん! 重いってば!」

梓「……にゃあぁ」

唯「ちょっとりっちゃーん! あずにゃんがにゃあしか言わなくなった!」

律「あー……いいんじゃない、なんか微笑ましいよ」

澪「梓……ホンモノの猫みたいだ」

紬「猫耳……猫耳はどこいったかしらっ!」

唯「みんなーなんとかしてよー! これじゃ私ケーキ食べられないよ」

梓「にゃご……! にゃ~ん♪」

唯「ちょ……いいって、あーんとかいいって……」

梓「……」

唯「あーん……」モグモグ

梓「んー」

唯「あっ、あずにゃんも食べるの? はい、あーん」

梓「にゃあーん」

唯「そういえばさー、なんで今日は猫になりきってるの?」

梓「にゃー……にゃぁああ……にゃにゃあ」

唯「そっか……そうなんだ……」

梓「ふにゃあ……」


律「おいなんか普通に意思疎通できてるぞ」

澪「唯怖い!」

紬「さしずめ飼主様と愛猫ってとこかしら」

律「あんなでっかい猫いらないな」

澪「私もペットほしい」

律「ほらぁ~りつ猫だぞ~」

澪「帰れ」

律「うん」

紬「えぇ~~」


梓「にゃーお、にゃん」

唯「それは大変だねー寂しいねー」

梓「にゃあ……」

唯「じゃあしばらくそうしといていいよ! 私の膝の上きもちーでしょ!」

梓「にゃあ!」

唯「えへへ~ごろごろ~」

梓「にゃあ、にゃにゃあにゃあ!」

唯「だよね~」

律「おい唯! 通訳通訳!」

紬「通訳してほしいにゃんにゃん!」

澪「こっちは何のことか全然わからないんだ」

梓「あ、両親が先日から長期で家あけてるんですよ、それで最近少し寂しいなと」

律「しゃべったああああああああああああ!!!」

紬「りっちゃんそういうのいいから」

律「…………うん」

澪「なんだー、それで唯に甘えてたのかー」

梓「甘えてるんじゃないです。お互いの寂しさを埋めあってるんです」

唯「え? そうなの?」

梓「ん? そうでしょ?」

唯「お互い?」


梓「唯先輩の家もほとんどご両親いないじゃないですか……にゃん」

唯「でも憂がいるし」

梓「じゃ、じゃあ寂しくないんですか……にゃん」

律「そんな無理ににゃんつけんでも……」

唯「まぁ寂しいっていえば寂しいのかもねー」

梓「にゃあ!」

唯「え? なに?」

梓「にゃーにゃーにゃー、にゃー?」

唯「んー、あー、いいアイデアだけどね。憂がなんていうかな」

梓「にゃーにゃんにゃごにゃーにゃー」

唯「もちろん私は賛成、それがいいよ! てか楽しそう!」


澪「にゃーにゃーうるさいなぁ……」

律「なんのことか全然わかんねー」

紬「え? 普通わかるでしょー普通ー」

律「じゃあ教えてくれよムギー」

紬「…………うそですにゃん♪ てへっ」

澪「うわっ」

紬「…………ごめんなさい」

梓「にゃーにゃんにゃんにゃん」

唯「ふむふむ、うむ!」

梓「にゃごにゃんにゃにゃーにゃーにゃん!」

唯「おー、おっけぃ! じゃあそれでいこっかあずにゃん」

梓「にゃー!」


律「なんか結論でたみたいだぞ」

澪「唯っ、通訳通訳」

唯「ってことで今日は早速帰ります」

梓「さよならですにゃん」

ガチャリ

バタン


律「通訳しろよおおおおおお!!!」

紬「にゃああああああん!!」

澪「すっごいもやもやする!! まさにこれが『もやもや時間』!!」

律「は?」

澪「……うん、ごめ」

紬「結局なんだったのかしら」



平沢家


憂「お姉ちゃん、おかえりんこ!」

唯「ただいまんもすー」

憂「……チッ」

唯「ういー、帰ってそうそうで悪いけどちょっと相談事が」

憂「相談? 進路? それとも晩ご飯のおかず?」 

唯「ちがうー」

憂「じゃあ何?」

唯「おっきい猫さん飼っていい?」

憂「……猫さん? 拾ったの?」

唯「ううん、ちがうよ」

憂「じゃあ何? ペットショップに行って買うの?」

唯「それもちがうよー」

憂「?」

憂「じゃあ何? ペットショップに行って買うの?」

唯「それもちがうよー。おーい、入っておいでぇー」

憂「え?」

ガチャリ

梓「……にゃあ」

憂「…………」

唯「ね? 可愛いでしょ?」

梓「にゃー」

憂「あ、梓ちゃんなにしてるのそんな格好で……猫耳と……それ尻尾?」

唯「おっきい猫さんだよー」

梓「にゃご。にゃご」

憂「そ、そうなんだ……」

唯「ねー憂ーいいでしょー? 猫さん飼いたいー」

憂「……むぅ」

唯「飼いたいなー猫さん」

憂「……めっ!」

唯「えー」

梓「にゃー!」

憂「どこで拾ったか知らないけど、捨ててらっしゃい!!」

唯「やだよー飼うもん飼うもん!」

梓「にゃあああー!! にゃあああ!!」

唯「ほら猫さんも飼ってほしいっていってるよ!!」

憂「……あのね、お姉ちゃん。そんなおっきい猫を飼うなんてそう簡単にはいかないよ?」

唯「いい子だもん! 賢いもん! ねー?」

梓「にゃごにゃご!」

憂「餌代もかかるし、おトイレの始末も大変だし」

唯「そ、それは……」

梓「に、にゃあ……」

憂「ね? 大変でしょ?」

梓「いや普通に生活費いれるし、トイレとかつかうけど」

憂「あ、普通にしゃべれるんだ」

梓「にゃー、平沢家の猫になりたいにゃー」

憂「梓ちゃん……いや、あずにゃん……ご両親は?」

唯「うん、なんかツアーらしくてね、一ヶ月も家あけるんだって」

梓「にゃあ」

唯「それでね、あずにゃんのお母さんにお願いされちゃって……たぶん」

梓「にゃー、一人は寂しいにゃー死んじゃうにゃー……たぶん」

憂「え? そういう事情なら……」

梓「きたかっ!!」

唯「いいの!? 飼っていい?」

憂「か、飼うっていうか……一ヶ月ほどウチで生活するだけなんでしょ?」

唯「そう! 平沢あずにゃんになるんだよ! 私の愛猫!」

憂「それくらいなら別に……ウチもどうせ私たちしかいないし」

唯「やったぁ! ありがと憂!」

梓「話のわかる妹だにゃー」

憂「さっきからにゃーにゃーうるさいよ!」

梓「……はい」

唯「良かったねーあずにゃん」

梓「……はい、にゃあ」

唯「さぁ! 早速私の部屋いこ! あずにゃんも暮らす部屋だよ!」

憂「え? お姉ちゃんの部屋で寝泊まりするの?」

唯「うん!」

憂「そ、そうなんだ……別にいいけど……」

梓「にゃー! ご主人様の部屋うれしいにゃー!」

憂「あ、待って梓ち……あずにゃん」

梓「?」

憂「お姉ちゃんがご主人様なら、その妹である私もご主人様なんだよね?」

梓「…………」

憂「ご 主 人 様 、だよね?」

梓「……にゃご」

憂「それどっちなの! はっきりしないならもう捨てるよ!?」

梓「う、憂もご主人様……にゃん」

憂「うんうん、それならいいよ! ようこそ平沢家へ! あずにゃん!」

梓「お、お世話になりますにゃあ」

唯「あずにゃーん! 早く早くー!」

梓「にゃ、にゃあ……」

唯「…………ふふ」

憂「…………ふふふ」


2